ワンダーランド・なぎさ亭

アクセスカウンタ

zoom RSS ちゃん付け→「経済効果」……………(しりとりエッセイ)

<<   作成日時 : 2016/08/15 21:30   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 経済効果という言葉をよく聞く。新幹線開通やオリンピック招致の意義を説明するとき、新聞やニュースショーなんかで、経済効果は何百億といった話を耳にする機会が多い。

 そのたびに僕は思う。経済効果を数値化しなければ物の価値がわからないのか、と。経済効果を一義的な指標にする風潮は危険だ。偏った見方を増長する可能性がある。

 新幹線開通やオリンピック招致といった事柄になると反対意見を唱える人が必ずいる。僕は、経済効果を大々的に喧伝するのは反対派を黙らせたいからではないのか、と勘繰っている。「こんなに経済効果があるのにどうして反対するのか。おまえたちは国家の繁栄を望んでいないのか」という理屈でやりこめるために。

 しかし、経済効果の数字に重きを置く人は負の側面のことをあまり考えていない、と感じる。負の側面とは、新幹線が開通して東京へ短時間で到着できるようになった結果、若者の流出が増大してかえって地方都市が廃れるとか、オリンピックの際に多額の税金を投入して建設したスタジアムやアリーナの維持費を負の遺産として未来に背負わせてしまう、といったことである。新幹線や、スポーツの振興を促すオリンピックには一時的なブームがもたらす経済効果だけでなく、国民の幸福な生活に寄与するという部分がもたらす、容易に算出できないような経済効果も存在する。後者のような形で世に貢献する物を社会資本(ソーシャルキャピタル)というけれども、ならば社会資本としての価値を負の側面と比較する議論があってもいい。でも、たいていは根拠のあやふやな表層的な経済効果の話で終わる。そして、世の中は皆がつながって支え合うもので、めぐりめぐって恩恵が得られるという多くの善人が抱いている考え方につけ込んだキャンペーンが展開される。受益層が政治家やメディア企業、スポンサー企業、大手ゼネコンといったあたりに限定されているにもかかわらず、繁栄や成長といった耳触りのいいスローガンを掲げて非受益層を味方に引き込むのだ。このようにして“成長連合”が形成されていく。

 世界各国でアンケートをとった結果、日本人の幸福度は先進国の中で下位にランクされているのだそうだ。もし幸福度が上位に入ればそれなりの経済効果がある、と僕は思う。将来に対する不安を抱く人が今より半分の割合に減じたときの経済効果でもいい。あるいは、統計によれば年間3万人いるとされる自殺者が5000人を切った暁に表われる経済効果はどうだろう。その場合、幸福を感じる割合は増えているはずで、今よりも思いやりに溢れた、心豊かな社会になっているに違いない。

 でも、以上のような指標を設けると、むしろ経済的損失という文脈で語られるかもしれない。つまり、困っている人々が足を引っぱる存在として非難される、という構図だ。非難するのは簡単で、突っぱねたうえで自己責任論的に糾弾するような文言を実際、目にすることもある。だが、それでは発言者が“正義欲”を満たすだけで、実情は何も変わらない。

 阪神タイガースがたまに優勝したときも、経済効果が数十億円に上るという話題が関西のメディアで語られる。これは一種、冗談の延長線上にある話題かもしれないが、経済効果なんて示されなくてもファンの喜びの量に変わりはない、と僕は思う。ちなみに、経済や市場に多少なりとも興味のある人なら、阪神がずっと下位に低迷していた時代、弱くても人気があるので、選手の給料を上げなくてもいいうえに戦力補強費もほどほどで済み、しっかり黒字だったという、スポーツビジネスの世界ではきわめて稀なバランスシートができあがっていたことに注目するはずだ。奇跡の球団経営だったが、息詰まりの気配を感じて恐れを抱いたか、弱いままでファンを失望させた状態を放置しておくことに罪悪感を覚えるかして、21世紀になると阪神タイガースはチーム強化へ本格的に取り組んだ。さすがに今、当時の阪神そのものというチームは見当たらないけれども、広島カープに似た面を感じないでもない。ホームのマツダスタジアムが連日、大賑わいの中、プレーオフ争いに毎年加わるくらいの成績でファンにそっぽを向かれない状態が続いているうちは経営的にかなり旨味がある、とはいえないか。ただ、広島カープの場合は球場をボールパーク化したことがチーム成績に左右されない経営をもたらしたという要素がある。かつての阪神と一緒にしてはいけないかもしれない。

 話が横道にそれたが、経済効果があるといわれると抗えない雰囲気は危険だ、と思う。とくに支配者層、受益層が確たる根拠も示さずにこの言葉を使ってきた場合、眉に唾をつけるくらいのほうが聞く側の態度としては正しいのではないだろうか。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちゃん付け→「経済効果」……………(しりとりエッセイ) ワンダーランド・なぎさ亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる