アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ラグビー日本代表」のブログ記事

みんなの「ラグビー日本代表」ブログ

タイトル 日 時
ジャパン、一時7点リードも スコットランド、したたかに逆転勝ち〜テストマッチ 日本vsスコットランド
ジャパン、一時7点リードも スコットランド、したたかに逆転勝ち〜テストマッチ 日本vsスコットランド  25日、味の素スタジアムで日本vsスコットランドの第2戦がおこなわれた。観客数は日本のテストマッチ史上最多の3万4073人。前半19分、ジャパンのトライシーンにおける大歓声は、これぞテストマッチのホームゲームという音量だった。先週の第1戦の敗戦内容からいって、ジャパンがスコットランドを射程圏にとらえていることは明らか。この日、味スタへ出かけたファンは歴史の証言者となる可能性があった。しかし、結果は惜しくも5点差の敗戦。勝てるのは3回やれば1回なのか、それとも5回やって1回なのか、ホームとアウェ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/27 06:00
ジャパン、スコットランドへの雪辱ならず 勝機あるも攻め切れず〜テストマッチ 日本vsスコットランド
ジャパン、スコットランドへの雪辱ならず 勝機あるも攻め切れず〜テストマッチ 日本vsスコットランド  18日、豊田スタジアムでジャパンとスコットランドのテストマッチ、第1戦がおこなわれた。昨年のW杯、プール戦で3勝1敗の好成績を収めながら予選敗退に終わったジャパンが唯一、敗れた相手がスコットランド。あのときはジャパンが中3日のハードスケジュールだったこともあり、選手もファンも今度は勝つという雪辱の思いをもって、この1戦を迎えたに違いない。しかし、結果は13点差及ばず。リベンジの機会は次週25日、味の素スタジアムでの第2戦に持ち越された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/20 06:00
細田退場のピンチにも動じず ジャパン、終盤の反撃をしのいで白星発進〜テストマッチ カナダvs日本
細田退場のピンチにも動じず ジャパン、終盤の反撃をしのいで白星発進〜テストマッチ カナダvs日本  日本時間の6月12日朝、バンクーバーでカナダvs日本のテストマッチがおこなわれた。ジャパンはbWリーチ マイケル、FB五郎丸歩など一部主力に故障者が出ていて、HO堀江翔太が今回の遠征には不参加だったものの、海外クラブ組、サンウルブズ組、アジアラグビーチャンピオンシップで代表チームとして戦った面々が集結した。FWが全員、日本生まれの選手で構成されていることもあって、興味津々の1戦。僕は、アジアラグビーチャンピオンシップのメンバー、あるいは今まで代表での活躍がなくてサンウルブズできっかけをつかみつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/16 06:00
大東、前半リードも屈する 東海、全勝をキープ!〜関東大学リーグ戦 第8節(2)
大東、前半リードも屈する 東海、全勝をキープ!〜関東大学リーグ戦 第8節(2)  7日、秩父宮の第2試合は大東vs東海の1戦。これは個人的に楽しみだった試合で、とくにSH同士のマッチアップに興味を募らせていた。大東・小山大輝、東海・湯本睦。大学界のトップレベルにいる2人であることに異論を挟む余地はなかろう。小山は矢富勇毅(ヤマハ)に似た総合フットボーラー。湯本は速いテンポの球さばきを身上とする古風なSHであるものの、運動能力が優れている分、プレーの幅が広い。タイプが異なる点にも妙味を感じた。その他のメンバーも多士済々。最終的に点差は開いたとはいえ、見応えのあるゲームだった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/10 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(120)
ハーフタイムのコーヒーブレイク(120)  地上波で唯一、ラグビーW杯を中継した日本テレビがトップリーグの放映に本腰を入れるという、不確定ではあるものの、ラグビーファンにとってはうれしい日刊ゲンダイの記事がネットメディアに掲載された。しかし、ここで取り上げるのは、そこにリンクされていた記事である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/05 21:30
ジャパン、有終の美! 決勝T進出逃すも3勝1敗で日程終了〜W杯予選プールB アメリカvs日本
ジャパン、有終の美! 決勝T進出逃すも3勝1敗で日程終了〜W杯予選プールB アメリカvs日本  11日(日本時間の12日早朝)、ジャパンは予選プール最後の試合でアメリカを18×28で下し、3勝1敗の成績を収めて帰国の途へついた。前日、スコットランドがサモアに勝った結果、決勝トーナメント進出を逃したとはいえ、堂々と胸を張れる成績である。残した成績に水をさす気はない。でも今にして思えば、プールBにフィジカル系のチームが多く、ゲーム巧者と呼べるのがスコットランドだけだったのが、ジャパンにとっては幸いだったか。最後の試合は、決勝トーナメント進出の可能性が潰えたことなど無関係に、ラグビー人としての... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/14 06:00
ジャパン、サモアに完勝! 決勝T進出へ望みつながる〜W杯予選プールB サモアvs日本
ジャパン、サモアに完勝! 決勝T進出へ望みつながる〜W杯予選プールB サモアvs日本  10月3日、W杯プール戦の3戦目を迎えたジャパンはサモアにほとんど長所を出させない完勝。決勝トーナメント進出へ望みをつないだ。下馬評はサモアが有利。南アフリカに勝ったあと、スコットランドに離されたスコアで敗れたこともあったと思うが、ジャパンはブックメーカー(イギリス公認の賭け屋)のオッズをことごとく裏切るチームである。もし、南アフリカ戦とサモア戦に千円ずつ賭けていれば、いったいいくらの金額を手にできたのだろう。Jリーグを対象にしたスポーツくじ、totoが存在するとはいえ、公営ギャンブルを除いた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/06 06:00
ジャパン、2度目の金星ならず スコットランド、後半爆発〜W杯予選プールB スコットランドvs日本
ジャパン、2度目の金星ならず スコットランド、後半爆発〜W杯予選プールB スコットランドvs日本  23日におこなわれたプールB、スコットランドvs日本戦について記す前に、石原慎太郎氏が1964年の東京五輪の際に著した文章をここに引用しておきたい。これは、スポーツアンソロジー「彼らの奇蹟」(玉木正之編・新潮文庫)の解説で紹介されていた文章である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/26 00:00
ラグビー史上最大の番狂わせ! ジャパン、歓喜の大逆転勝利〜W杯予選プールB 南アフリカvs日本
ラグビー史上最大の番狂わせ! ジャパン、歓喜の大逆転勝利〜W杯予選プールB 南アフリカvs日本  9月19日(日本時間では日付が変わった20日)、ジャパンはW杯初戦の日を迎えた。相手は世界ランキング3位、W杯優勝2回の強豪、南アフリカ。世界を驚かせるというエディー・ジョーンズHCの予言どおり、ジャパンはラグビーW杯史上、否、ラグビー史上最大のアップセットを演じた。僕は終盤に攻め込んだ時間帯あたりから涙を流しながら試合を観ていたが、WTBカーン・ヘスケスが逆転トライを挙げた瞬間、天に向かって拳を突き上げ、言葉にならぬ吼え声をあげた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/21 00:00
予想……ジャパンは1勝3敗、優勝はオールブラックス〜W杯イングランド大会プレビュー
予想……ジャパンは1勝3敗、優勝はオールブラックス〜W杯イングランド大会プレビュー  9月5日、ジャパンはジョージアとのテストマッチをおこなった。ビハインドを背負った試合終了間際に敵陣奥でラインアウトモールを押し込み、このゲームがケガ明けの復帰戦となった途中出場のbWアマナキ・レレイマフィがトライ。13×10の逆転勝利を収めた。最後に取り切っての逆転勝ちはチームに肯定感、高揚感をもたらしたことだろう。ボールを動かしてジョージアの大きなFWを消耗させる策を講じたにもかかわらず、相手のフィットネス低下が予期したほどでもなく、後半に相手を翻弄するところまではいかなかったが、アタック・... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/16 21:30
ジャパン、国内最終戦で完封勝ち いざ、イングランドへ〜テストマッチ 日本vsウルグアイ
ジャパン、国内最終戦で完封勝ち いざ、イングランドへ〜テストマッチ 日本vsウルグアイ  8月29日、ジャパンはウルグアイと国内最後のテストマッチを戦った。40×0の快勝。そして31日、W杯のスコッド31名が発表された。メンバーは以下のとおりである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/01 06:00
ジャパン、国際試合の連敗を4で止める ミス多発も後半に突き放す〜テストマッチ 日本vsウルグアイ
ジャパン、国際試合の連敗を4で止める ミス多発も後半に突き放す〜テストマッチ 日本vsウルグアイ  22日、福岡のレベルファイブスタジアムでテストマッチ、日本代表vsウルグアイの1戦がおこなわれた。ここは2019年W杯日本大会の会場にも選ばれている。球技専用で見やすさは十分、海外から来たサポーターにもそこそこ満足してもらえるのではないだろうか。公園になっているバックスタンドの裏手には河童でも棲んでいそうな沼があって風情もある。そのバックスタンドはほぼ満員の入りで、観客数が1万人を超えると、個々が洩らすどよめきがウォーという大きな音声になって、テレビ中継を観ていても心が湧きたつ。いい雰囲気だっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/24 06:00
ジャパン、接点に負けて速い攻め見えず 豪華メンバーの世界選抜が貫録勝ち〜リポDチャレンジC
ジャパン、接点に負けて速い攻め見えず 豪華メンバーの世界選抜が貫録勝ち〜リポDチャレンジC  8月15日、秩父宮で日本代表vs世界選抜の試合がおこなわれた。ただ、聞くところによると自動発券機でのチケット発券に手間取り、開始1時間前に現地へ到着したのに入場できたのは前半20分を過ぎたころ――というような人が続出したという。日本協会の公式サイトにお詫びの文面が載っていた。世界選抜には海外ラグビーを観るファンなら1度は生で観たい一流プレーヤーが揃っていたし、せっかくの楽しみが半減した人が大勢いたのはお気の毒である。僕も通常のTLでたまに自動発券機を利用するので他人事とは思えないし、実は1度、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/17 06:00
ジャパン、反則とミス続出で決め手欠く もどかしい敗戦〜PNC順位決定戦 トンガvs日本
ジャパン、反則とミス続出で決め手欠く もどかしい敗戦〜PNC順位決定戦 トンガvs日本  8月3日(日本時間4日早朝)、パシフィックネーションズカップの順位決定戦がおこなわれた。ジャパンの相手はトンガ。トンガのキャプテンはニリ・ラトゥだった。NECのbW/FLとして、8年間に渡って日本の楕円界で活躍。痛いプレーを厭わず、率先して体を張ることにかけては天下一品、闘将と呼ぶにふさわしい選手である。スタジアムで、テレビの前で、怯懦とは一切無縁のニリのプレーをまのあたりにして何度、痛快な声を上げたことだろう。ジャパンの戦いぶりももちろん注目だったが、おそらくはW杯本番においてもキャプテンを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/06 06:00
逆転勝ち見えたラストチャンスを仕留め切れず ジャパン、フィジーに敗退〜PNC第3戦 フィジーvs日本
逆転勝ち見えたラストチャンスを仕留め切れず ジャパン、フィジーに敗退〜PNC第3戦 フィジーvs日本  ジャパンは29日(日本時間の30日朝)、カナダのトロント、BMOフィールドでPNC第3戦、フィジーとの試合に臨んだ。BMOフィールドはサッカーチームの本拠地だそうで、画面で見る限りは見やすそうな球技専用スタジアムだった。最近、僕はスタジアム研究に勤しんでいる。サッカージャーナリストの杉山茂樹さんが記すところによれば、スタンドの傾斜角の理想は35度で、日本のスタジアムの多くはそれを満たしていないとのこと。今度、ヤマハのバックスタンドへ行ったときにメジャーでピッチと段の高さを計って計算しようと思っ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/01 06:00
逆転勝利目前で痛恨の反則 ジャパン、アメリカに惜敗〜PNC第2戦 アメリカvs日本
逆転勝利目前で痛恨の反則 ジャパン、アメリカに惜敗〜PNC第2戦 アメリカvs日本  7月25日、パシフィックネーションズカップの第2戦、アメリカvs日本の試合がカリフォルニア、サクラメントの地でおこなわれた。試合について記す前に、ちょっと愚痴めいたことを。過日、リニューアルされた日本協会のウェブサイトでは、一枚紙でプリントアウトできるメンバー表が試合前に掲載されなかった(ジャパンについては先に発表されていたが)。これは相手のメンバーがわからないときにままあることなので我慢したけれども、試合結果をプリントアウトしてもメンバー表部分が印刷されなかったのには唖然とした。画面上のメン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/27 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(112)
ハーフタイムのコーヒーブレイク(112)  先日、日本代表の練習に小型無人飛行機、ドローンを導入しているという新聞記事を見つけた。ドローンはもともと軍事目的に開発されたものだが、現在は一般用にも販売されている。日本代表では車体に装着した小型カメラで練習の様子を撮影、その映像をすぐに選手が所有するタブレット等の端末へ伝送しているのだそうだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/07 21:30
スクラムとモールで強烈な返礼 ジャパン、FW戦完敗で力尽く〜テストマッチ 日本vsグルジア
スクラムとモールで強烈な返礼 ジャパン、FW戦完敗で力尽く〜テストマッチ 日本vsグルジア  日本vsマオリ・オールブラックス戦の第1戦で、J−SPORTSの解説、村上晃一さんが代表メンバーに取材した中で、こんなコメントを紹介されていた。――TLのレベルから代表のレベルに上げるのにちょっと時間がかかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/27 06:00
FWの圧力に苦戦もジャパン、手堅く6PG きっちり白星〜テストマッチ 日本vsルーマニア
FWの圧力に苦戦もジャパン、手堅く6PG きっちり白星〜テストマッチ 日本vsルーマニア  ジャパンとルーマニアのテストマッチ終了後、現地の子供たちがグラウンドへ入ってきて、選手のそばへ寄ってサインをねだっていたのはいい光景だった。選手にぞろぞろとついていく子供たちがリストバンドやらバンテージまでほしがって、「これはダメだよ」などと言われている(あくまで想像だが)。子供って可愛い、とつくづく思う。でも、ここで悪しき妄想が芽生えるのが、僕の悪い癖。この中に通訳の松平貴子さんをナンパしようとする『クレヨンしんちゃん』みたいな奴がいたら、などと考えてしまった。「おでん食べませんか?」なんて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/18 06:00
見違えたジャパン、大金星を逃す マオリAB、劇的な逆転勝利!〜リポDチャレンジC2014第2戦
見違えたジャパン、大金星を逃す マオリAB、劇的な逆転勝利!〜リポDチャレンジC2014第2戦  8日、秩父宮でおこなわれた日本vsマオリ・オールブラックスの第2戦をJ−SPORTSで観ていたら、緊迫した接戦、中身の濃い内容に解説の村上晃一さんが「神戸のお客さんは怒ってるかもしれないですね」と仰った。思わずクスクス笑い。笑えるのは僕が第1戦、神戸のお客さんだったからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/10 06:00
堅守マオリAB、切り返し鮮やか ジャパンをスピードで圧倒!・日本vsマオリ・オールブラックス
堅守マオリAB、切り返し鮮やか ジャパンをスピードで圧倒!・日本vsマオリ・オールブラックス  ニュージーランド・God Defend New Zealand、日本・君が代。両国の国歌斉唱が終わったあと、マオリ・オールブラックスのハカ、ティマタンガにノエビアスタジアム神戸を埋めた2万1234人のファンが息を飲み、感嘆の声を上げ、拍手した。そこに表出したのは、マオリ民族としての誇り。ジャパンのメンバーは肩を組み、戦いに臨む部族の儀式に正対した。11月1日、威信を賭けた1戦の緊張感がスタジアムに漲った午後2時10分、マオリのキックオフで日本代表(JAPAN XV)vsマオリ・オールブラックス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/03 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(101)
ハーフタイムのコーヒーブレイク(101)  TLの外国人選手の登録が締め切られるのは6月末。それに合わせ、今年も駆け込みのような形で新外国人選手獲得の公式発表が相次いだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/17 21:30
来年のW杯へ向け、着実な歩み ジャパン、イタリアに歴史的初勝利!〜テストマッチ 日本vsイタリア
来年のW杯へ向け、着実な歩み ジャパン、イタリアに歴史的初勝利!〜テストマッチ 日本vsイタリア  6月21日、ジャパンは秩父宮にイタリアを迎え撃ち、見事に勝利を飾った。イタリアのメンバーはタイトヘッドPR(3番)のマルティン・カストロジョバンニ、bWのセルジオ・パリセが欠場した以外はベストのメンバー構成。昨年のウェールズ戦の勝利は、相手がブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに主力のほぼ全員を招集された2軍のメンバーだったから、イタリアに勝った今回は、同じシックスネーションズの国代表相手ではあっても昨年以上の価値を持つといって差し支えないだろう(イタリアはシックスネーションズの最弱国だが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/23 06:00
スクラム圧倒、テストマッチ9連勝のジャパン、いざ大一番、イタリア戦へ〜PNC第2戦 アメリカvs日本
スクラム圧倒、テストマッチ9連勝のジャパン、いざ大一番、イタリア戦へ〜PNC第2戦 アメリカvs日本  6月14日(日本時間では15日)、パシフィックネーションズカップの第2戦、アメリカvs日本の試合がカリフォルニアのスタブハブセンターでおこなわれた。大学内にある球技場とのことだが、映像を観る限り、設備は日本のメインストリームにあたるスタジアムと対等。このようなフィールドが大学内に存在することに、スポーツ大国・アメリカを感じずにはいられない。試合は接近したスコアとなったが、勝負を分けたのはセットプレーの精度だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/18 05:55
ジャパン、前半16点ビハインドも逆転! メンタルの強さを感じる勝利〜PNC第1戦 カナダvs日本
ジャパン、前半16点ビハインドも逆転! メンタルの強さを感じる勝利〜PNC第1戦 カナダvs日本  6月7日、IRBパシフィック・ネーションズカップ(以下PNC)2014の第1戦、カナダvs日本戦がカナダ、バーナビーでおこなわれた。今年は日本、カナダ、アメリカのグループと、サモア、フィジー、トンガのグループに分けて試合をし、同一順位同士が11月に戦うと発表されている。11月の順位決定戦が開催されるかどうかはテストマッチの日程の関係で微妙な情勢となっているが、いずれにせよ、ジャパンにとって初戦のカナダは大事な1戦だった。カナダはフランスのクラブ、クレルモン・オーヴェルニュの重鎮であるジェイミー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/10 06:00
ジャパン、6月戦線に弾み! 大野の日本歴代最多キャップを飾る勝利〜テストマッチ 日本vsサモア
ジャパン、6月戦線に弾み! 大野の日本歴代最多キャップを飾る勝利〜テストマッチ 日本vsサモア  5月30日、秩父宮で日本代表vsサモア代表のテストマッチがおこなわれた。この試合で先発したジャパンの左LO大野均が、日本代表歴代最多の82キャップ目を達成。36歳ながら献身的なプレーに衰えのない現状から、来年のイングランドW杯まで桜のジャージを纏い続けることは確実と思われる。日本ラグビー界初の100キャップをなんとか達成してほしいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/02 06:00
ジャパン、ドラゴンズの決定力に屈する・代表強化試合 JAPAN XVvsAPD〜花園
ジャパン、ドラゴンズの決定力に屈する・代表強化試合 JAPAN XVvsAPD〜花園  4月26日、ジャパンの桜ジャージが花園へ姿を現わした。日本代表強化試合、JAPAN XVvsアジア・パシフィックドラゴンズ(以下APD)の1戦である。キャップ対象試合ではなく、JAPAN XVの名で戦うジャパン。相手のAPDは代表経験者、スーパーラグビーで鳴らした選手、フィジーやサモアのセブンズで活躍する面々を含む太平洋地域のプレーヤーで構成され、アジア5カ国対抗の参加チームよりもはるかに強敵である。フィジカルが強く、決め手も十分なAPDに対し、ジャパンが初戦でどのような内容を示すかが注目され... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/29 06:00
ジャパン、波に乗れない時間続くも後半に加速〜テストマッチ 日本vsスペイン
ジャパン、波に乗れない時間続くも後半に加速〜テストマッチ 日本vsスペイン  ジャパンの欧州遠征は11月23日、スペインとの試合が最終戦だった。ジャパンは左WTB山田章仁が先発。先週、後半途中に交代で入ったが、スターターは初である。国内最高のファンタジスタWTB、山田の代表入り、そして先発出場を願っていたファンは多い。ところが、J−SPORTSの先発メンバーを紹介する字幕スーパーは「山田章二」。誤って表記していた。誰やねん、それ。社会風刺のイラストでも描き出しそうな名前だ(それは山藤章二さん)。まったく、この晴れ舞台に……。当日の試合会場はマドリッドの名門大学の構内にあ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/26 05:55
ジャパン、前半モタつくも後半に点火〜テストマッチ 日本vsロシア
ジャパン、前半モタつくも後半に点火〜テストマッチ 日本vsロシア  日本時間で11月16日の早朝、ウェールズ北部、コルウィン・ベイの地でジャパンとロシアのテストマッチがおこなわれた。ロシアは前回W杯で初出場を果たした新興国だが、サイズの大きさには目を瞠るものがあり、技術が身につけば、すぐにグルジア、ルーマニアと肩を並べるポテンシャルを秘めている。大野均が「これまでのロシアとは違うチームと思っている」といった内容のコメントを試合前に発していたが、まったくそのとおりで、ロシアは将来的にライバルへ浮上する可能性のあるチームといえよう。まったくの与太話ではあるけれど、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/19 06:00
マレーフィールドの風厳し ジャパン、後半力尽く〜テストマッチ 日本vsスコットランド
マレーフィールドの風厳し ジャパン、後半力尽く〜テストマッチ 日本vsスコットランド  11月2日に秩父宮でオールブラックスと戦ったジャパンはちょうど1週間後の9日、スコットランドのエディンバラ、マレーフィールドの地に立った。スコットランドとのテストマッチ。ジャパンがどこまで力をつけているのかを計る意味では、オールブラックス戦以上にわかりやすい1戦だったのではないだろうか。先週の内容あるゲームを無にしないためにも、絶対に好勝負を見せなければならない試合だった。対するスコットランドは、シックスネーションズでもお馴染みの顔が揃い、故障者こそいるものの、ベストに近いメンバー構成。おっ、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/12 06:00
オールブラックス、圧勝! しかしジャパンに希望の芽あり〜テストマッチ 日本vsニュージーランド
オールブラックス、圧勝! しかしジャパンに希望の芽あり〜テストマッチ 日本vsニュージーランド  もし、地球上の争いごとすべてにおいて、ラグビーの勝敗によって決着をつけるとすれば、と考える。間違いなくニュージーランドが世界の警察になる。ジャージの色からオールブラックスの愛称で親しまれるかの国の代表チームには全世界、とりわけ日本のファンが畏敬の念を注いできた。26年ぶりの来日、ジャパンとのテストマッチ。2019年W杯のホスト国となり、強化が急がれるジャパンにとって、過去のどの対戦よりも重要な意味を持つ試合だった。国歌斉唱に続いて披露したハカ、「カマテ」は26年前の来日後、TVのCMで使われて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2013/11/04 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(86)
ハーフタイムのコーヒーブレイク(86)  前回bW5に続いて、6月8日に花園でおこなわれた日本代表vsウェールズ代表戦の話である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/26 21:30
ジャパン、春シーズン最終戦をきっちり白星で締めくくる〜PNC WEEK4(前編) 日本vsアメリカ
ジャパン、春シーズン最終戦をきっちり白星で締めくくる〜PNC WEEK4(前編) 日本vsアメリカ  パシフィック・ネーションズ・カップは6月23日、最終日のWEEK4を迎えた。ジャパンはトンガ、フィジーを相手に連敗スタートとなったのが響き、優勝の可能性は潰えていたが、あいだにウェールズを破り、カナダも下して調子を上げている最中。秩父宮のアメリカ戦は春シーズンの最後を締めくくるにふさわしい、内容を伴った勝利が求められた。対するアメリカは、前回のフィジー戦でリザーブへ回して温存した経験豊富な選手が先発。この1戦に駆ける思いを感じさせるメンバー構成だった。なお、サントリーを経て現在NTTコム、日本... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/24 06:00
ジャパン、中3日の疲労と雨に苦しむも逞しく逆転勝ち〜PNC WEEK3(前編) 日本vsカナダ
ジャパン、中3日の疲労と雨に苦しむも逞しく逆転勝ち〜PNC WEEK3(前編) 日本vsカナダ  6月15日にウェールズを破って一躍注目を浴びたジャパンは19日、パシフィック・ネーションズ・カップ(以下PNC)の第3戦を迎えた。中3日の過密スケジュールではあるが、W杯において、ティア2以下のチームには同様の日程が必ず組まれる。これも必要な経験であろう。対戦相手はカナダ。カナダといえば、W杯で2大会連続引き分けていて、勝ち切れないジャパンというイメージの伝播に深くかかわっているチームである。ストーマーズと短期契約して昨季終盤のスーパーラグビーを盛り上げたLO/FLジェブ・シンクレア、フランス... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/20 21:30
上昇ジャパン、40年越しの悲願 13度目の対決で堂々たる勝利!〜テストマッチ 日本vsウェールズ
上昇ジャパン、40年越しの悲願 13度目の対決で堂々たる勝利!〜テストマッチ 日本vsウェールズ  このテストマッチシーズンの最大目標と謳われたジャパンとウェールズのテストマッチ。7日の初戦は2万152人が花園へ詰めかけてジャパンを後押ししたものの、18×22で敗れた。そして15日、秩父宮は2万1062人の観衆でスタンドが埋まった。2週連続満員に膨れ上がった観衆の期待に応えるべく、ジャパンは燃えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/16 12:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(85)
ハーフタイムのコーヒーブレイク(85)  パシフィック・ネーションズ・カップのフィジーvs日本戦で、フィジーの11番に素敵な名前の選手を見つけた。7人制でも鳴らした37歳のベテラン、シレリ・ボンボ選手。協会のウェブサイトにおける公式記録ではボンボだったが、J−SPORTSの字幕スーパーでは、シレリ・ボボと表示されていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/13 21:30
スルリと逃げたレッドドラゴン 満員の花園が燃える接戦もジャパン、惜敗!・日本vsウェールズ〜花園
スルリと逃げたレッドドラゴン 満員の花園が燃える接戦もジャパン、惜敗!・日本vsウェールズ〜花園  グラウンドを取り囲む観客席がすべて人で埋まった。その数、公式発表で20152人。日本代表vsウェールズ代表の1戦は、お祭りムードの華やいだ雰囲気に包まれながらも、戦場の緊張感が混じっていた。選手入場が終わって整列する選手のうち、ハイランダーズで活躍するSH田中史朗の表情が、とりわけ険しい。豪州へ遠征するブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズにシックスネーションズで優勝したレギュラーの大部分を供出した(最終戦のイングランド戦で先発したのはSOダン・ビガーのみ)1軍半のメンバー構成といえど、相手... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/10 20:30
ジャパン、フィジーとの雨中戦に完敗 PNC連敗スタート〜PNC WEEK2 フィジーvs日本
ジャパン、フィジーとの雨中戦に完敗 PNC連敗スタート〜PNC WEEK2 フィジーvs日本  6月1日、ジャパンはパシフィックネーションズカップ(以下PNC)第2戦、フィジーと現地で戦った。ラウトカのチャーチルパークは雨模様。途中、視界が霞むほどの豪雨にもなった。今週、現地は天気がぐずついていたらしく、もともとピッチのコンディションはあまり良くなかった。シーズン終盤、毎年のように畑みたいになる秩父宮で試合をしている経験が生きるぞ、などと冗談を呟いていたのもつかのま、ラックの下敷きになると溺死しそうなくらい、水が浮いてきた。試合を観終わったあと、日本協会がHPで配信した公式試合記録をプリ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/03 06:00
ニリが目の上のタンコブ 入りに失敗したジャパン、初戦を落とす〜PNC・WEEK1 日本vsトンガ
ニリが目の上のタンコブ 入りに失敗したジャパン、初戦を落とす〜PNC・WEEK1 日本vsトンガ  パシフィックネーションズカップ(以下PNC)が5月25日、三ツ沢の日本vsトンガ戦で開幕した。今年は日本、トンガ、フィジー、アメリカ、カナダの5ヵ国が参加しておこなわれる。日本はあいだにウェールズとのテストマッチ2戦を挟む強行軍であるが、エディー・ジャパン2年目の真価を見せるためにも、内容はもちろんのこと、勝利が求められる大会だ。2年ぶり2回目の優勝なるか。なお、神奈川県でテストマッチがおこなわれるのは意外にも初めてとのこと。それを記念し、通常は選ばない(本当は毎回選んでほしい)マン・オブ・ザ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/27 06:00
ジャパン、121点の猛攻 福岡、快速を披露して2トライデビュー〜アジア5か国対抗 日本vsフィリピン
ジャパン、121点の猛攻 福岡、快速を披露して2トライデビュー〜アジア5か国対抗 日本vsフィリピン  【○日本代表121×0フィリピン代表】 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/23 23:00
小野、決勝DG! ジャパン、W杯メンバー揃うグルジアに勝利〜11月欧州遠征第2戦 グルジアvs日本
小野、決勝DG! ジャパン、W杯メンバー揃うグルジアに勝利〜11月欧州遠征第2戦 グルジアvs日本  10日、欧州遠征初戦のルーマニア戦に勝利したジャパン。個人的な思いを綴れば、ルーマニアに昨年のW杯メンバーが少なく、とりわけHOマリウス・ツィンク、PRミハイ・ミザルといった、ワールドクラスの評価を得る可能性をおおいに秘めた原石の名前がないのが淋しかった。もちろん、それでも価値ある勝利には違いない。しかし、17日に戦ったグルジアには、名前とプレーに記憶のある選手が揃っていた。昨年のW杯で、欧州6ヵ国対抗と南半球のラグビーチャンピオンシップに参加している計10ヵ国とテストマッチを組んでもらえない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/19 06:00
ジャパン、スクラムに苦しむも3Tを挙げて勝利〜11月欧州遠征第1戦 ルーマニアvs日本
ジャパン、スクラムに苦しむも3Tを挙げて勝利〜11月欧州遠征第1戦 ルーマニアvs日本  11月。世界のラグビーはテストマッチの季節である。ジャパンはヨーロッパへ遠征してルーマニア、グルジア、フランスのバスク代表、フレンチ・バーバリアンズと計4戦を戦う。どの相手もスクラム強者ばかりだ。11月10日、初戦の相手はルーマニア。先発メンバーの中で昨年のW杯のスコッドに入ったのは6名で、当時より力が劣る印象は否めない。とくにスクラムでスコットランドをめくり上げた左PRミハイ・ラザル、HOマリウス・ツィンクの名前がないのは残念だった。しかし、ピッチへ出てきたルーマニアのプレーヤーはみんなデカ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/12 22:30
ジャパン大敗 フレンチ、セルバットゥの引退試合を飾る〜JAPAN XVvsフレンチ・バーバリアンズ
ジャパン大敗 フレンチ、セルバットゥの引退試合を飾る〜JAPAN XVvsフレンチ・バーバリアンズ  6月20日、初戦に大敗したあとの記者会見で、エディー・ジョーンズHCが前半に大量失点する内容に怒りをぶちまけた。その後の報道によると、選手個々がエディー氏と会い、自らのジャパンに対する思いを伝えたとのこと。24日の第2戦はジャパンにとって、代表ジャージを着る者の矜持を観客へ示さなければならない重要な1戦となった。当日、テレビ中継の音声からは、「取り返せ、取り返せ!」「倍返し、倍返し!」のコールが聞こえてくる。村上晃一さんがご自身のブログ「ラグビー愛好日記」で22日に書いておられたが、昨季、TL... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/25 22:00
エディーさん激怒 ジャパン、前半の大量失点が響く敗戦〜JAPAN XVvsフレンチ・バーバリアンズ
エディーさん激怒 ジャパン、前半の大量失点が響く敗戦〜JAPAN XVvsフレンチ・バーバリアンズ  6月20日、フランスのトップ14で活躍するプレーヤーで編成されたフレンチ・バーバリアンズとジャパン・フィフティーンの試合が秩父宮でおこなわれた。この試合はキャップ対象外となっているので、フィフティーンの名称で戦ったが、実質的には日本代表の試合である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/21 22:00
ジャパン猛追も1点差に泣く 1戦ごとの上積みに収穫の大会〜PNC WEEK3 日本vsサモア
ジャパン猛追も1点差に泣く 1戦ごとの上積みに収穫の大会〜PNC WEEK3 日本vsサモア  IRBパシフィックネーションズカップは17日、日本における最終日程を迎えた。接戦に持ち込んだとはいえ連敗中のジャパンは、この1戦に優勝がかかったサモアと対峙した。1度は突き放されたジャパンが終盤、追い上げを見せた熱戦。確かな歩みを刻んだ試合だった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/18 21:00
上積みは示したもののジャパン惜敗 トンガにW杯の雪辱ならず〜PNC・WEEK2 日本vsトンガ
上積みは示したもののジャパン惜敗 トンガにW杯の雪辱ならず〜PNC・WEEK2 日本vsトンガ  6月10日、秩父宮ラグビー場でPNC、WEEK2の2試合がおこなわれた。今回は、ジャパンとトンガの試合について記すことにする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/13 06:00
ジャパン、未完成部分露呈も前向きにとらえたい敗戦〜PNC・WEEK1 日本vsフィジー
ジャパン、未完成部分露呈も前向きにとらえたい敗戦〜PNC・WEEK1 日本vsフィジー  新生エディー・ジャパン。トップリーグの人気選手が勢揃いした日本代表は、テンポが速く、防御の的を絞らせないフィットネス・ラグビーを明確な指針に掲げている。このスタイルを磨けば、今度こそ世界に近づける。その最初の舞台、サモア、フィジー、トンガを日本で迎え撃つPNCを心待ちにしていたファンも多かったはず。かくいう僕も、その1人。期待に胸を躍らせながら、6月5日の開幕戦を注視した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/06 23:30
ジャパン、期待を抱かせる零封勝ち PNCの注目選手は五郎丸〜アジア5カ国対抗 日本vs香港
ジャパン、期待を抱かせる零封勝ち PNCの注目選手は五郎丸〜アジア5カ国対抗 日本vs香港  5月19日、日本代表はアジア5ヵ国対抗の全日程を終えた。最終戦は秩父宮で香港に大勝し、優勝を決めた。実力からいって当然ではあるが、今年はエディー・ジョーンズ新監督が就任した直後、選出されたメンバーにフレッシュな顔触れが多かったこともあり、例年以上に意欲的に臨んだ大会に映った。エディー氏は、来季以降、アジア5ヵ国対抗は若手中心の二軍メンバーで戦うプランをすでに表明している。強い国は格下とテストマッチを組みたがらないけれども、このことは強国と弱小国の差が縮まらない要因のひとつになっている。それを解... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/20 23:30
藤田、鮮烈6トライ 新生ジャパン、「スタイル」を見せる百点ラグビー〜アジア5カ国対抗 日本vsUAE
藤田、鮮烈6トライ 新生ジャパン、「スタイル」を見せる百点ラグビー〜アジア5カ国対抗 日本vsUAE  5月5日、福岡レベルファイブスタジアムで日本代表vsUAE代表の1戦がおこなわれた。アジア5ヵ国対抗の2戦目。初戦、ジャパンはアウェーでカザフスタンに87×0で快勝しており、この試合は新生・エディージャパンの国内デビュー戦ということで内外の注目を集めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/08 20:30
オーストラリア、初のカップ優勝 日本は無念の全敗〜東京セブンズ2012
オーストラリア、初のカップ優勝 日本は無念の全敗〜東京セブンズ2012  3月31日、4月1日の両日、日本で11年ぶりのセブンズ国際大会開催となる「IRBセブンズワールドシリーズ 東京セブンズ2012」がおこなわれた。大会の最高峰、カップ優勝は、オーストラリア。これが初のカップ優勝である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/02 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(60)
 サントリーが日本選手権を制し、トップリーグのプレーオフに勝利した優勝と合わせて、二冠を達成した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/25 21:30
どこかひっかかる外国人選手へのネガティブ感情
 全国高校大会、大学選手権、TLと熱戦が続く。試合を追いながらも頭の片隅にあるのはジャパンのこと、ラグビー界の活性化である。ラグビーマガジン2月号には、そうした思いを刺激する記事がいくつかあった。個人的に爽快な思いで読んだのは159頁、ジャパン再建論、リッチー・フリーマン氏による記事。外国人選手についてまことに明快、合理的、客観的に記していた。フリーマン氏は日本協会関係者やメディアの一部について、こう著述する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/02 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(50)
 日本ラグビーへの提案めいた文章が多くなっている、当欄。本当は、1つの記事をドカーンを書いたほうが適切な気がする。でも、W杯でのジャパンの3敗1引き分けという結果に悲憤慷慨する人が多い中、肩の力を抜いて考えることが必要ではないかな、と思って、コラム3本が原則の当欄に書き綴っている。来年のシーズンオフあたりには、それまで書いたことをまとめる一文を発表するかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/15 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(49)
 ジャパンがオールブラックス戦、必勝を課せられたトンガ戦を控えてレギュラーを何人か休ませたことに対する批判の声が、ちらほらと聞かれた。過去にも書いたが、この選手起用はなんら責められるものではない。1944年に数学者、ジョン・フォン・ノイマンが提唱した“ゲーム理論”に則った作戦である。“ゲーム理論”については拙エッセイ「『スポーツ=ゲーム』の認識を持ちたい」に詳しく書いた。雲の上の強敵との対戦によるダメージを少なくし、勝つ見込みの高い相手に余力を残す……一発勝負のテストマッチではありえない、W杯で... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/08 21:30
ジャパン、またもカナダとドロー 掌中から零れ落ちた20年ぶりの勝利〜W杯予選プール(10)
 以前、大畑大介さんのこんなコメントを、どこかのメディアで目にした。「W杯から帰ってきて、TLのガラガラのスタンドを見ると、正直気が抜けた」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/29 06:00
ジャパン、目覚めたトンガの圧力に屈する でも「まだ終わりじゃない」〜W杯予選プール(7)
 後半途中、4点差に迫って健闘の評価を得たもののフランスに実力差を見せつけられ、オールブラックス戦は格の違いが明白の大量失点負けに終わった、ジャパン。しかし、この2敗は可能性の高い結果として想定されていた。ジャパンのW杯は9月21日、大会10日目が本当の勝負、挑戦者の立場ではない、緊迫の日。これが現実である。その国がある分野において世界の趨勢に遅れをとることをどうあがいても否定できないケースに突き当たったとき、帰属者たる国民一般が示す反応は「無視」である。スポーツの場合、その競技自体、取るに足ら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/23 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(47)
 ジャパンのW杯初戦、フランス戦を日本テレビが地上波で生中継した。僕はJ−SPORTSで視聴したので、ハーフタイムにチラッとチャンネルを変えただけなのだけれど、そのとき映ったスポンサーのクレジットを見て、ちょっと意外な気がした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/19 21:30
ジャパン、16年ぶりのオールブラックス戦も大敗 黒衣は唯一の不安が露呈〜W杯予選プール(4)
 9月16日 ついにこの日が訪れた。世界最強のオールブラックス、ウォークライのハカに対峙する桜の戦士たち。王国の地で王者と相まみえる。1987年第1回大会、オールブラックスの怪物WTBとして優勝に貢献したジョン・カーワンHCが異国で伝道師として奮闘した成果を報告する日か。いや、日本ラグビーにとっては、1995年第3回大会、17×145の屈辱から成長した姿を発信する舞台でもあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/17 14:00
ブレイブ・ブロッサムス再び ジャパン、強敵フランスに大健闘も金星を逃す〜W杯予選プール(1)
 ワールドカップ2011がいよいよ開幕した。予選プールの全カードはさすがに追い切れないが、テレビ観戦した試合については何がしかの感想を述べておきたい。(1)はノースハーバーでおこなわれたフランスvs日本戦である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/12 00:15
ワールドカップ優勝予想
 W杯が目前に迫ってきた。抑え切れない興奮を胸に、ラグビーファンはみんな、初デートの前日の夜のような浮き足立った日々を過ごしているのではないだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/07 21:30
ジャパン、アメリカに手こずるも勝利 いざW杯へ〜8月第3週のTVマッチから(1)
 ジャパンにとってW杯を控えた最後のテストマッチが21日、秩父宮でおこなわれた。雨の中、12519人の観客。この試合を、J−SPORTSだけでなく、BS日テレも生中継した。この調子でがんばれ日テレ、とエールを送っておこう。CSの「G+」が放映する海外のテストマッチもそうだが、鈴木さん、町田さんといったアナウンサーが実況していると、東京ドームの巨人戦に聞こえてしまうときがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/23 21:30
ジャパン、勝機十分もイタリアに惜敗〜8月第2週のTVマッチから(1)
 8月第2週の週末、J−SPORTSでは土曜から日曜にかけて、テストマッチ5試合を放送した。夜8時39分スタートのトンガvsフィジー戦から翌日午前10時〜12時放送のアメリカvsカナダ戦まで、録画機器を作動させることなく本放送に合わせて観たという人は、はたしてどれくらいおられるだろうか。僕は、とりあえずすべての放送の録画をセットしておき、土曜の夜は8時過ぎに寝た。イタリアvs日本戦が始まる時間に目が覚めればいいな、と思って眠りにつき、いったん0時過ぎに置き出して1時間ほどパソコンに触り、再び横に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/15 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(42)
 このあいだ、ユーチューブでアントニオ猪木がクリス・マルコフを破り、ワールドリーグ戦初優勝を飾ったときの映像を観た。1969年。僕が生まれる前のことである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/14 21:30
W杯へ向け、加速 ジャパンPNC初優勝!〜TVマッチ・PNC2試合から
 7月13日、パシフィックネーションカップ2011(以下PNC)の最終戦2試合がおこなわれた。参加4ヵ国がすべて1勝1敗。勝ち点、得失点差による順位はついていたが、どのチームにも優勝の可能性がある。注目の最終戦であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/15 21:30
Sラグビー、レッズ初優勝&PNC、ジャパン初勝利 1勝1敗で最終戦へ〜7月第2週のTVマッチから
 南半球最強クラブリーグ、スーパー15がいよいよファイナルを迎えた。5万人以上の大観衆が詰めかけた7月9日の豪州ブリスベン、サンコープスタジアム。緊張と興奮が途切れることのない、80分であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/11 00:20
Sラグビー、レッズとクルセイダーズが決勝へ&PNC開幕戦、ジャパン敗れる〜7月第1週のTVマッチから
 7月最初の週末はパシフィックネーションズカップ2011(以下PNC)の開幕、スーパーラグビー、プレーオフのセミファイナルと、ラグビーファンにとっては楽しく、濃厚な週末であった。マッチレビューはスーパーラグビー、プレーオフセミファイナル2試合から。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/05 21:30
スーパーラグビー・プレーオフ&日本代表vsトップリーグXVに心熱くなる〜6月第4週のTVマッチから
 今季から全15チームによるカンファレンス制へ移行し、激戦続きの長丁場となったスーパーラグビーも、いよいよプレーオフへ突入。6月24日、25日は3、4位vs5、6位のクォーターファイナルの2試合がおこなわれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/28 00:05
「日本人のSO」に後ろ髪を引かれる
 以前、ラグビーマガジンのコラムで、森本優子さんがオールブラックスの往年の名選手、グラント・フォックスの言葉を取り上げていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/27 21:30
ジャパン、ロシアに完勝! でも……〜11月第1週のTVマッチから
 11月6日、秩父宮でテストマッチ、日本代表vsロシア代表がおこなわれた。75×3、日本○。先週のサモア戦惜敗にやきもきしたかたも、とりあえずはホッと胸を撫で下ろしたのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 21:30
ジャパン、サモア相手に不完全燃焼〜10月第5週のTVマッチから
 TLは1ヶ月間の休止期間――ウインドウマウスに入った。10月第5週、J−SPORTSで放映されたのは日本代表のテストマッチ、関東大学リーグ戦、オールブラックスvsワラビーズのブレディスローカップ。まだ観ていないブレディスローカップを除く3試合について、かんたんに感想を記しておきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/02 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(29)
 「フィジーがもっとも相手に脅威を与えるプレーはスペースを走ること。これが出なきゃ、持ち味を殺された同然。では、フィジーにとっての『スペースを走る』と同格に位置づけられる日本の強みとは、いったい何だろうか」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/10 21:30
日本、トンガに辛勝……ジャパンが磨くべき3つのプレー〜PNC第3戦 日本代表vsトンガ代表
 6月26日、サモアのアビア・パークでパシフィック・ネーションズカップ第3戦、日本代表vsトンガ代表戦がおこなわれた。26×23、日本○。フィジー、サモアと並ぶ2勝1敗で全日程を終えたものの、勝ち点の差で3位に終わった。目標とする3戦全勝はならなかったし、フィジー戦の内容が悪かったので大満足とはいかない大会だったけれども、悲観的になるほどのこともない。新たな道筋も見えてきたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/29 21:30
日本、11年ぶりにサモアを破る 実力強化ぶりをようやくアピール〜PNC第2戦 サモア代表vs日本代表
 6月20日(現地時間では19日)、パシフィックネーションズカップ第2戦、サモア代表vs日本代表戦がサモア、アビア・パークでおこなわれた。23×31、日本○。日本がサモアに勝利したのは1999年以来、11年ぶりである。日本は現在、世界ランキング13位。格上の12位サモアを破ったことは、素直に喜んでいい。J−SPORTSのTV中継を観た感想をここに記す。    双方PGを決め合って6×3、サモア3点リードで迎えた前半23分、最初のトライを記録したのは日本だった。PKをタッチへ蹴り出し、22メー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/21 21:30
食い足りず……まだ善戦マンなのか〜PNC第1戦 フィジー代表vs日本代表
 6月12日、パシフィックネーションズカップ(以下PNC)第1戦、フィジー代表vs日本代表戦がフィジー、チャーチルパークでおこなわれた。22×8、フィジー○。日本にとっては残念な結果に終わった。僕自身は3勝、もしくはそれに準ずる内容を期待していたが、この結果は勝ちに準ずる敗戦とはいい難かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 21:30
後半追い上げるも内容は?〜日本代表強化試合・ノースハーバー州代表vs日本代表
 6月4日、ニュージーランド、ノースハーバースタジアムで日本代表強化試合がおこなわれた。相手はノースハーバー州代表。パシフィック・ネーションズ・カップ(以下PNC)を前にして、5月におこなわれたアジア5ヵ国対抗の参加国とはまったくレベルの違う相手とどう戦うか。注目の1戦であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/07 21:30
日本、W杯出場決定!&ハイネケンカップ決勝&スーパー14準決勝〜5月第4週TVマッチから
 5月22日、HSBCアジア5ヵ国対抗最終戦、日本は香港を94×5で下して全勝優勝を決めるとともに、2011年にニュージーランドで開催されるワールドカップへの出場権を手にした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/25 21:30
攻撃におけるジャパンの方向性が見えた・アジア5ヵ国対抗 日本vsカザフスタン
 アジア5ヵ国対抗第3戦。5月15日、日本代表の相手はカザフスタン。101×7、日本が大勝した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/17 21:35
外国人選手が好きだ――ONE FOR ALL,ALL FOR ONE
 先日書いたエッセイ「歯医者でつらつら考えた」に、僕の通っていた幼稚園の先生が誕生月を迎えた園児の保護者へバースデーカードを送っていた思い出を綴った。それには当の園児に「好きなもの」「将来の夢」といった質問をした回答が書き添えられてあって、僕のバースデーカードには、好きなプロ野球選手・巨人のジョンソン選手と記されていた。ジョンソン選手――懐かしい。のちにニューヨーク・メッツの監督になったが、日本球界では特筆すべき成績を残さないまま、帰国してしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/11 21:30
アジア5ヵ国対抗、韓国戦、アラビアンガルフ戦・短評
 2011年W杯アジア予選、HSBCアジア5ヵ国対抗が始まっている。日本は初戦の韓国を71×13で下し、第2戦、アラビアンガルフに60×15。連勝を飾った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/09 21:20
伝統の一戦は再戦を熱望するドロー&進化したジャパン〜11月第3週TVマッチから(関東編)
 11月第3週のTVマッチ、関西編に続いては関東編である。11月23日の秩父宮、関東大学対抗戦Aは伝統の一戦、慶応vs早稲田。勝った方が優勝という大一番だった。20×20の引き分け。優勝争いは、最終節、12月6日の早稲田vs明治、12月5日の慶応vs帝京の2試合の結果待ちとなった。2チームの勝敗が同数で並んだ場合は「@当該チーム同士の対戦における勝敗、A当該チーム同士の対戦が引き分けの場合はその試合のトライ数が多い方を上位とする」によって順位が決まる。慶応vs早稲田のトライ数は慶応3、早稲田2。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/26 00:31
第89回全国高校ラグビー、大阪と京都の代表が決まる&日本代表vsカナダ代表〜TVマッチから
 TLがウインドウマウスに入った11月は、日本代表vsカナダ代表とテストマッチ2連戦が最大の焦点。ひと息つけるな、と思っていたら、東京ブレディスローカップのオールブラックスvsワラビーズ戦、大学、高校……。ひと息つくどころではない。3月から8月にかけてはラグビーの試合を観る機会が少なく、近所のスクールの子供たちを観に行こうかとさえ考えたものだが。その子供たちの試合、春に1度観たが、なかなか楽しかった。球のあるところへみんなが殺到しちゃうのが子供たちのボールゲーム。これはサッカーやバスケットボール... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/11/18 00:10

トップへ | みんなの「ラグビー日本代表」ブログ

ワンダーランド・なぎさ亭 ラグビー日本代表のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる