アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スポーツ」のブログ記事

みんなの「スポーツ」ブログ

タイトル 日 時
ちゃん付け→「経済効果」……………(しりとりエッセイ)
ちゃん付け→「経済効果」……………(しりとりエッセイ)  経済効果という言葉をよく聞く。新幹線開通やオリンピック招致の意義を説明するとき、新聞やニュースショーなんかで、経済効果は何百億といった話を耳にする機会が多い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/15 21:30
未来のスタジアムを考えるにも好適な本〜「2020狂騒の東京オリンピック」(吉野次郎著・日経BP社)
未来のスタジアムを考えるにも好適な本〜「2020狂騒の東京オリンピック」(吉野次郎著・日経BP社)  僕は市場原理主義の過度な拡大に警戒心を抱いていて、一定の枠内にとどめておくべきだと考えている人間である。具体例を挙げれば、年間3万匹もの犬や猫が殺処分されている事実によってペット産業は“倫理的に”破綻している、と思う。また、どこもかしこも全国展開のチェーン店で溢れ返っている状況は、雇用を促進しているという意見もあろうが、大方は半ばブラック化した就業形態であり、売上が本社へ流れていくことを考慮すると、地域経済という点では貢献よりもマイナス要素のほうが大きい気がしてならず、同時に巧みな宣伝で自らを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/22 21:30
イングランド、芸術の域に達したディフェンス勝ち〜テストマッチ オーストラリアvsイングランド
イングランド、芸術の域に達したディフェンス勝ち〜テストマッチ オーストラリアvsイングランド  18日、ワラビーズvsイングランドのテストマッチ、第2戦がおこなわれた。場所はレベルズがホームとするメルボルンのAAMIパーク。このスタジアムは芝の状態が悪いことで知られている。まるで苔の上で試合をしているような感じで、スクラムが組まれるたびに芝がごっそりとめくれあがっていた。スクラムはイングランドが3番側で内組み、相手1番を弾き出すとともに左側の1、2番が圧力をかける策で主導権を握っていたが、劣勢のワラビーズにとっては、相手が足を滑らせることが期待できる分、コンディションが悪いほうがありがた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/21 06:00
オールブラックス、出来冴えないも終盤に突き放す〜テストマッチ ニュージーランドvsウェールズ
オールブラックス、出来冴えないも終盤に突き放す〜テストマッチ ニュージーランドvsウェールズ  6月のテストマッチシリーズは例年、北半球のチームが南半球へ遠征する。今年、ニュージーランドへ乗り込んだのはウェールズ。第1戦は6月11日、オークランドのイーデンパークでおこなわれた。ウェールズは一部主力に故障者が出ているものの、この試合で代表初先発を果たしたのは2人のみで、ほぼ昨年度と同様のメンバー構成。迎え撃つオールブラックスはFLリッチー・マコウが引退、SOダン・カーター、CTBマーア・ノヌ、CTBコンラッド・スミスが海外へ移籍し、CTBソニー=ビル・ウィリアムズはセブンズへ参戦中と、ずい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/16 05:55
イングランド、セットピースで凌駕! 逆転で初戦に勝利〜テストマッチ オーストラリアvsイングランド
イングランド、セットピースで凌駕! 逆転で初戦に勝利〜テストマッチ オーストラリアvsイングランド  6月11日、ブリスベンのサンコープスタジアムで注目のテストマッチ、オーストラリアvsイングランド戦がおこなわれた。イングランドを率いるのは言わずと知れた前日本代表HC、エディー・ジョーンズ氏。母国へ、敵将としての凱旋である。そして、ワラビーズのHCは現役時代、ランドウィックでともにプレーしたマイケル・チェイカ氏。選手だけでなく、両指揮官にもスポットライトが浴びる1戦だ。画面を通じたブリスベンの熱狂ぶりは凄まじかった。これがあと2戦続くかと思うと、胸が高まらずにはいられない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/14 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(128)
ハーフタイムのコーヒーブレイク(128)  ラグビーマガジンに連載中の「MENTAL SPECIAL」は毎回、新たな知見をさずけてくれる。講師を務めるのは東海大学体育学部教授でスポーツ心理学、応用スポーツ心理学、競技力向上のメンタルトレーニングを専門に研究する高妻容一さん。7月号は『失敗やミスは悪いこと?』と題し、失敗やミスをポジティヴなものへ変える方法が説明されていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/08 21:30
弛緩と緊張
弛緩と緊張  マラソンや駅伝中継の視聴率が概ね好調だと聞く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/06 21:30
東京五輪よ、どこへ行く
東京五輪よ、どこへ行く  2020年に開かれる東京五輪が何かと物議を醸している。先日亡くなったザハ・ハティド氏の設計案に沿って建てられることがいったん決まった新国立競技場が、べらぼうに高い建設費が問題視され、世論の反発を受けて計画自体を白紙撤回したかと思えば、再コンペを経て新たに選ばれた案に聖火台を置く場所がないというまぬけな展開をみた。大会エンブレムは盗用疑惑が湧き起こり、こちらも1度決まったものを不採用とし、再び募集をかけるというドタバタ劇。そして、4月上旬になってまた新しい火種が持ち上がってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/05/26 21:30
トトカルチョ(再録エッセイ)
トトカルチョ(再録エッセイ)  イングランドのサッカー、プレミアリーグで岡崎慎司(敬称略。以下も同じ)が所属するレスターが優勝した。開幕前の予想で残留争いと見られていたチームの優勝は、史上最大の番狂わせとも評され、サッカー界にとっては青天の霹靂たる大事件だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/13 21:30
自由→「ウォーターボーイズ」……………(しりとりエッセイ)
自由→「ウォーターボーイズ」……………(しりとりエッセイ)  「ウォーターボーイズ」はシンクロナイズドスイミングをする男子高校生を描いたテレビドラマ。のちに映画化もされた。女子専門の競技に男が青春を賭ける意外性が人気の一要素をなしていたと思うが、それは今、現実のものになっている。2015年から、男女混合のミックスデュエットが世界選手権の公式種目として採用されたのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/22 21:30
女子スポーツチームが批判の矢面に立たされることへの抵抗感
女子スポーツチームが批判の矢面に立たされることへの抵抗感  サッカー女子日本代表、なでしこジャパンがリオ五輪出場を逃した。3月4日に中国に敗れ、五輪出場が絶望的になった試合のあと(一応、この時点では数字上の可能性は残していた)、デイリースポーツが大儀見優季選手の次のようなコメントを掲載した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/13 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(124)
ハーフタイムのコーヒーブレイク(124)  1月1日の朝日新聞に五郎丸歩選手のインタビュー記事が掲載されていた(記事は本人たちの承諾を得たうえで、別々に話を聞いた女子サッカー、宮間あや選手との対談形式にまとめられていた)。まず、ここに五郎丸選手の言葉を抜粋する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/11 21:30
ノスタルジー→「ジェンダー差」……………(しりとりエッセイ)
ノスタルジー→「ジェンダー差」……………(しりとりエッセイ)  2015年女子サッカーW杯で日本がアメリカに敗れ、準優勝に終わったあと、キャプテンの宮間あや選手が、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/06 21:30
NEC、エンジンのかかりが遅く同点の折り返しも後半に2T 三菱を下して残留を決める〜TL入替戦(3)
NEC、エンジンのかかりが遅く同点の折り返しも後半に2T 三菱を下して残留を決める〜TL入替戦(3)  1月30日、熊谷ではTL入替戦の2試合がおこなわれた。第2試合のリコーvs大阪府警察は、リコーが力の差を見せつけて76×0の完封勝ち。サモア代表のティム・ナナイ=ウィリアムズやワラビーズのバーナード・フォーリーは、日本へ来て警察官と試合をすることなど考えもしていなかったに違いない。大阪府警には、大学シーンを沸かせた聞き覚えのある名前が多く混じっていた。左LO木邨彰宏(近大卒)、左FL片岡佑介(立命卒)、bW内山朝日(天理卒)、SO三瀬憲二朗(大体卒)、右CTB大塚剛史(法政卒)、FB中澤勇人(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 05:55
コーラ、辛くも“ドロー防衛”でTL残留 九電、激しいタックルで善戦も勝ち切れず〜TL入替戦(2)
コーラ、辛くも“ドロー防衛”でTL残留 九電、激しいタックルで善戦も勝ち切れず〜TL入替戦(2)  TL入替戦(2)はレベスタの第2試合、コーラvs九電の九州ダービーについて。第1試合のドコモvs宗像戦に負けず劣らず、こちらも熱戦となった。この日、レベスタで2試合を観戦した人は興奮しっぱなしの計160分間だったのではないだろうか。レベスタは2019年W杯の会場にも選ばれていて、九州のチームは当地のラグビー人気を盛り上げる重責を担ってもいる。宗像がドコモに勝って再昇格、コーラが引き分けで辛くも残留を果たした。この2チームが優勝争いに加わり、レベスタが超満員という日が来ればなんて楽しいことだろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/02/02 06:00
宗像サニックス、ドコモを下す 来季、TLへ復帰!〜TL入替戦(1)
宗像サニックス、ドコモを下す 来季、TLへ復帰!〜TL入替戦(1)  1月30日、レベスタではTL入替戦の2試合がおこなわれた。J−SPORTSが入替戦を放映するのは初めて。過去には名勝負も繰り広げられており、接戦が予想されるカードに関しては来年以降も放映を続けてほしいものである。近年、入替戦で劇的な試合をしているといえばドコモの右に出るチームはいない。過去3度、花園で入替戦を観戦したが、ドコモの勝負強さに胸を熱くさせられた。そのしぶとさは、冬山で雪嵐に晒され、死と隣り合わせの危険な目に遭いながらも必ず生還する登山家のようだった。だが、ついにドコモが息絶えるとき... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/02 05:55
「スポーツマンbP決定戦」の女性版ができないものだろうか
「スポーツマンbP決定戦」の女性版ができないものだろうか  たしか10年くらい前まで、TBS系の正月特番で「スポーツマンbP決定戦」というのがあった。尋常でない高さの跳び箱へ挑むなど、アスリートが数種目を競って成績をポイント換算し、総合優勝を決める番組。芸能人だけの大会もあったと記憶するが、その中で芸能人とアスリートの両部門に渡って活躍したのがケイン・コスギ(敬称略。以下も同じ)だった。この番組をきっかけにケインは一躍、子供たちの人気者となった。また、ハンドボールの宮崎大輔、ラグビーの大畑大介、アメリカンフットボールの河口正史が広く世に名を知られるきっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/30 21:30
パナソニック、感涙の3連覇達成! 東芝、土壇場で1点差に迫るも及ばず〜TL・Lカップ決勝
パナソニック、感涙の3連覇達成! 東芝、土壇場で1点差に迫るも及ばず〜TL・Lカップ決勝  26日、TLの最後を締めくくる順位決定トーナメント、LIXIL CUPの2試合がおこなわれた秩父宮は満員の観客でスタンドが埋まった。決勝、パナソニックvs東芝の観客数は2万4557人。1点差で薄氷の勝利を得て3連覇を達成したパナソニックのSH田中史朗が試合終了直後に仲間と抱き合ったとき、そしてインタビューでも涙を流したのは、優勝した喜びだけでなく、満員の観客の前でいい試合がしたいという長年の願いが叶ったからだと推測する。いい涙だった。ラグビーを盛り上げたい。その一心で田中は、「サッカーと違って... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/27 06:00
ヤマハ、逆転勝ちで3位 神戸は前半のリードを守れず〜TL・Lカップ3位決定戦
ヤマハ、逆転勝ちで3位 神戸は前半のリードを守れず〜TL・Lカップ3位決定戦  24日、秩父宮ではLIXIL CUPの最終節、3位決定戦と決勝の2カードがおこなわれた。第1試合の3位決定戦、神戸vsヤマハ戦の段階で2万2377人の大観衆。もっと大きなスタジアムが必要と思えるくらいの入りだった。しかし、関東地方にこれ以上の収容能力を持つのは味の素スタジアムや日産スタジアム、陸上トラックをあいだに挟む臨場感のないスタジアムしかない。なんとも悩ましい限りである。そういえば、Jリーグの川崎フロンターレの本拠地、等々力陸上競技場がラグビー開催を誘致する意向を持っているという記事を読... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/27 05:55
パナソニック、神戸に余裕たっぷりの完勝! ファイナル進出を決める〜TL・Lカップ準決勝
パナソニック、神戸に余裕たっぷりの完勝! ファイナル進出を決める〜TL・Lカップ準決勝  16日、花園でおこなわれたLIXIL CUPの準決勝は東芝がヤマハに勝利。決勝進出を決めた。準決勝のもう1つのカード、パナソニックvs神戸は同日、秩父宮での開催。よくよく考えると神戸はリーグ戦の最終戦、トヨタに勝っていればグループBを1位で通過し、キンチョウ、花園と2戦続けて地元で戦うことができた。でも、ヤマハの五郎丸歩を観たいと思っていた関西の人には神戸が2位通過してくれてよかった、というところだろうか。僕は結果を受け入れるタイプだけれども、これはえらい混むやろなァ、と覚悟し、ヤマハの試合が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/21 06:00
近鉄、猛追も及ばず キヤノン、前半のリードを生かす〜TL・Lカップ第2節
近鉄、猛追も及ばず キヤノン、前半のリードを生かす〜TL・Lカップ第2節  16日、秩父宮では順位決定トーナメント、LIXIL CUPの第2節、2試合がおこなわれた。1試合目の5〜8位を決める山、キヤノンvs近鉄戦は1万34人、2試合目のパナソニックvs神戸戦は1万4451人と上々の入りだった。プレシーズンは別として、近鉄と神戸、関西のチームが今季、秩父宮へ初登場。ふだん直接見る機会の少ない選手のプレーを楽しみに来場された関東のラグビーファンのかたもおられたのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/21 05:55
東海大仰星、桐蔭の攻撃に苦しむも好機を確実に制す 2年ぶり4度目の優勝〜第95回全国高校ラグビー決勝
東海大仰星、桐蔭の攻撃に苦しむも好機を確実に制す 2年ぶり4度目の優勝〜第95回全国高校ラグビー決勝  11日、花園では第95回全国高校大会の決勝がおこなわれ、1万8200人もの観客が頂上の座を争う仰星と桐蔭、全身全霊を賭けた攻防に酔いしれた。J−SPORTSのゲスト解説には早稲田大学を本年度で卒業するジャパンのFB/WTB藤田憲和選手が準決勝から登場。観察力に優れているだけでなく感じたことをすぐ言葉に換えて表現することができるという、器用な一面をのぞかせた。22歳でゲスト解説に呼ばれ、ここまで臆せず流暢に喋る現役アスリートにはなかなかお目にかかれない。プロ野球のオールスターや日本シリーズで放送... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/16 06:00
前半同点も後半は帝京がエンジン全開 東海を下して7連覇を達成〜大学選手権ファイナルステージ決勝
前半同点も後半は帝京がエンジン全開 東海を下して7連覇を達成〜大学選手権ファイナルステージ決勝  10日、秩父宮で大学選手権・決勝がおこなわれた。前人未到の7連覇を目指す帝京と初優勝を狙う東海。このカードは6年前の決勝で1度、実現した。つまり帝京の連覇が始まった年に東海が戦っているわけだ。14×13、僅差で帝京が勝利したが、あのとき、僕は大学ラグビーの新時代到来を確信した。以後、帝京の隆盛に関してはもはや書くまでもないが、東海も帝京と同様、体をしっかりと作ってくるチームである。6年前の決勝を観たとき、この両者はかつての早稲田と関東学院のような壮絶なライバル関係になりうる、と思ったものだった... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/16 05:55
パナソニック、攻守に躍動して完勝 キヤノンは手も足も出ず〜TL・Lカップ第1節(3)
パナソニック、攻守に躍動して完勝 キヤノンは手も足も出ず〜TL・Lカップ第1節(3)  LIXIL CUP第1節のTV観戦記(3)はパナソニックvsキヤノン戦について。会場のニッパツ三ツ沢球技場は大勢のファンで賑わっていた。最終的に40点もの差が開くパナソニックの完勝に終わったけれども、パナソニックはどんなに大差になっても引き締まったゲームをやるという長所がある。以前、鈴鹿で織機戦を観たとき、リザーブ組の気迫溢れるプレーに感銘を受けたが、それは今回も変わらなかった。主力に欠場者が出たとき、代わりの選手がまったく遜色ない働きをするのも、そういう文化が下地にあればこそ、である。この試... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/14 06:00
東芝、勝負所でスクラムの強さを発揮 トヨタとのフィジカル対決に勝利〜TL・Lカップ第1節(2)
東芝、勝負所でスクラムの強さを発揮 トヨタとのフィジカル対決に勝利〜TL・Lカップ第1節(2)  TLで僕がもっとも好きなカードは東芝vsトヨタの試合である。お互いに1歩も引かない構えでバチバチと当たり合う姿を見ているうち、内側からじわじわと火照ってくるような、官能を帯びた恍惚感がこみ上げてくる。スーパーラグビーで南アフリカ勢同士の1戦を好むのも同じ理由だ。前ジャパンHC、エディー・ジョーンズ氏が眠れないときは南アフリカの試合を観ると言っていて、たしかに単調といえば単調なのだけれど、ずっと観ているうち、後半20分ごろに“酔いが回ってくる”。東芝とトヨタの1戦は、ひと昔前と比較すると、パスム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/14 05:55
神戸、近鉄との阪神ダービーに快勝! セミファイナルへ〜TL・Lカップ第1節(1)
神戸、近鉄との阪神ダービーに快勝! セミファイナルへ〜TL・Lカップ第1節(1)  順位決定トーナメントの第1節が9日、各地で開催された。上位8チームのトーナメントはスポンサーの冠がついてLIXIL CUPとしておこなわれる。瑞穂の第1試合で組まれていたのは、近鉄vs神戸の阪神ダービー。後半27分ごろだったか、神戸がブレイクダウンでオフザゲートの反則を犯したとき、すぐ目の前にいた近鉄応援団から「何すんんねん、何すんねん」のコールが起こった。笑いがこみ上げずにはいられなかったけれども、阪神ダービーは応援合戦も楽しみも1つだ。瑞穂のようなピッチと観客席が近い会場だと余計に盛り上が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/14 05:50
ハーフタイムのコーヒーブレイク(121)
ハーフタイムのコーヒーブレイク(121)  12月26日、超満員に膨れ上がった秩父宮でおこなわれたTL第7節のサントリーvs東芝の1戦でちょっとさわやかなシーンがあった。後半5分、敵陣奥でチャンスを迎えたサントリーの右FL佐々木隆道が右中間インゴールへ迫る。bWリーチ マイケルのタックルに倒された際、地面の上でノックオンしたという判定が下った。微妙な判定だった。直後、サントリーのbWツイ ヘンドリックが左サイドを突いてインゴールへ到達したが、当然トライは認められず、東芝ボールのスクラムで試合再開。佐々木は、大型ビジョンに再生される映像を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/07 06:00
大東、健闘も爽やかに散る 7連覇を目指す帝京が順当勝ち〜大学選手権ファイナルステージ準決勝(2)
大東、健闘も爽やかに散る 7連覇を目指す帝京が順当勝ち〜大学選手権ファイナルステージ準決勝(2)  大学選手権・準決勝のTV観戦記(1)の前文で、セカンドステージの第3戦、関大が法政を下した試合について触れた。例年、大学選手権に入ると関西のチームに地力強化を感じることが多い。今年でいえば同志社がその筆頭だと思うが、それほど注目度が高くなかった立命もいいチームに仕上がっていた。BKの連係がレギュラーシーズンよりもはるかに向上。相手を一気にパスで切る能力が備わっていて、流経(第1戦)や京産(第2戦)からは相当に面食らった様子が感じられた。FB/WTBの山口匠は東海大仰星高校時代からフィニッシャー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/05 06:00
東海、選手起用ズバリ 明治を逆転で下して決勝へ〜大学選手権ファイナルステージ準決勝(1)
東海、選手起用ズバリ 明治を逆転で下して決勝へ〜大学選手権ファイナルステージ準決勝(1)  1月2日、秩父宮では大学選手権のファイナルステージ、準決勝の2試合がおこなわれた。今回記す第1試合の明治vs東海が1万474人、第2試合の帝京vs大東が1万8293人と大盛況。晴天に恵まれ、寒さも和らいだとあって絶好のラグビー観戦日和だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/05 05:55
近鉄、ベテランが真価を発揮 逆転勝ちで3位 NTTコムは敗れるも4位でLカップへ〜TL第7節(3)
近鉄、ベテランが真価を発揮 逆転勝ちで3位 NTTコムは敗れるも4位でLカップへ〜TL第7節(3)  26日、瑞穂では大一番が組まれていた。第2試合、近鉄vsNTTコムはグループAの4位以内を争うライバル同士の直接対決。どちらも負けられない1戦だった。当日、僕はノエスタへ出かけていた。結果を知らずに午後9時から近鉄vsNTTコム戦の初回放送を観ようという算段。結果を知らずに観ると、すでに運命が定まっているにもかかわらず、LIVE中継と同様のスリルがある。これは人間の性としかいいようがない。その前に同じグループA、サントリーvs東芝戦の中継を録画で観ていたら、他会場の結果に触れますのでご了承くだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/01 06:00
東芝、フィジカルの強さを顕示 敗れたサントリーはまさかのリーグ戦5位通過〜TL第7節(2)
東芝、フィジカルの強さを顕示 敗れたサントリーはまさかのリーグ戦5位通過〜TL第7節(2)  26日、TL第7節の2試合がおこなわれた秩父宮は超満員の盛況。第2試合、サントリーvs東芝戦の観客数は2万5164人をかぞえた。定員オーバーといった感じだが、これは2試合を通じた延べ人数で計算している。画面を通じて観ても圧巻の光景。第1試合に登場したヤマハの五郎丸歩をはじめ、日本代表選手を目当てに来た人も多かったと推測するが、さすがは大東京だな、と思った。関西でも1万人超えの観客数を記録している日があるけれど、ここまでのことはない。JRFU会員の先行入場の待ち列に関しては、昨年とあまり変わらな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/01 05:55
ヤマハ、超満員の観客の前で晴れ姿 キヤノンを下し、グループBを1位で通過〜TL第7節(1)
ヤマハ、超満員の観客の前で晴れ姿 キヤノンを下し、グループBを1位で通過〜TL第7節(1)  12月26日、秩父宮は第1試合から大入り満員となった。W杯で一躍人気者となった五郎丸歩が所属するヤマハが今季、秩父宮へ初登場とあって公式入場者数は2万2843人(第1試合)。聞くところによれば、開門を待つ列は地下鉄銀座線の外苑前の駅まで伸びていたという。凄まじいことになってきた。注目カードが毎回、これくらいの観客を集めるくらいの人気が定着したならば、秩父宮を建て替える際は3〜4万人クラス、2月にこけら落としとなるガンバ大阪の新スタジアムくらいの規模にしておかないといけないだろう。この日は、ラグ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/01 05:50
同志社、後半27分に10点リードも力尽く 大東、決戦を制して準決勝へ〜大学選手権2nd第3戦
同志社、後半27分に10点リードも力尽く 大東、決戦を制して準決勝へ〜大学選手権2nd第3戦  27日、各地で大学選手権セカンドステージの第3戦がおこなわれたが、最大の注目カードは筑波、慶應、同志社、大東が入って「死のプール」と呼ばれたプールC、同志社vs大東の試合だった。第2戦までの成績は大東がトップ。2位の同志社に3ポイント差をつけていた。追う同志社は4トライ以上の勝利で文句なしに準決勝進出が決まるという立場。会場の滋賀県大津市皇子山陸上競技場は同志社にとって地元でもあり、大勢のファンがスタンドを埋めた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/30 06:00
NTTコム、マフィ&ヤンチース投入で点火 Hondaに逆転勝利で勝ち点4をゲット〜TL第6節(4)
NTTコム、マフィ&ヤンチース投入で点火 Hondaに逆転勝利で勝ち点4をゲット〜TL第6節(4)  20日、奈良の鴻ノ池陸上競技場へ近鉄vs東芝戦を観に行った際、東芝の総監督、薫田真広さんの姿を見かけた。恰幅のいい紳士、演歌の大御所みたいな雰囲気を醸し出していた。僕は薫田さんの解説が好きで(まあ、みんな好きなのだが)、わおっ!と思ったりしたのだけれど、もう1人、大学界の監督に同じく演歌っぽいイメージを抱く人がいる。明治の監督、丹羽政彦氏。昔は快速WTBとして鳴らしたが、貫録が出た今、銀ブチのメガネとあいまってムード歌謡グループのリーダーみたいに見える。丹羽政彦とハニーメイジが歌う「雨の八幡山... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/26 06:00
NEC、今季初勝利 コーラ、果敢に攻めるも惜敗〜TL第6節(3)
NEC、今季初勝利 コーラ、果敢に攻めるも惜敗〜TL第6節(3)  19日、秩父宮のTL第6節は“ゴジラ・デー”と銘打って開催された。当然、ゴジラが登場していたが、昨年限りでNECを退団したフィジー代表、ネマニ・ナドロがここにいれば、さぞかしゴジラとのツーショットが絵になったに違いない。ナドロの突破は人間並みの知能を持つ怪獣と称したくなるような迫力に満ちていて、特撮のミニチュアセットで暴れるのが似合うラグビー選手bPだった。かつて、ナドロに対しては秩父宮で、花園で、子供たちから声援がさかんに飛んでいた。子供は、彼みたいなちょっとユーモラスで親しみやすく、かつ日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/25 06:00
筑波、後半に再度突き放して地力示す 同志社、準決勝進出へ向けて最終戦が天王山〜大学選手権2nd第2戦
筑波、後半に再度突き放して地力示す 同志社、準決勝進出へ向けて最終戦が天王山〜大学選手権2nd第2戦  20日、秩父宮、相模原、熊谷、花園の4会場で大学選手権のセカンドステージ第2戦の8試合がおこなわれた。今回は花園の第2試合、プールCの同志社vs筑波戦について記すが、第1戦のTV観戦記を割愛した試合では、明治が53×14で京産を下した試合に感銘を受けた。これは実力差がスコアどおりだったと思う。京産とて調子を上げて選手権を迎えており、アタックやディフェンスのセットそのものは速かった。とくにディフェンスは並みのチームが相手ならミスを何度も誘うレベルに達していた。しかし、明治はいつまで経ってもミスを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 06:00
キヤノン、“代役”たちが大奮闘 攻守にひたむき、トヨタを撃破〜TL第6節(2)
キヤノン、“代役”たちが大奮闘 攻守にひたむき、トヨタを撃破〜TL第6節(2)  今季のTLを観ていて、リロード(倒れてから起き上がって配置につく動き)が速くなったチームが多いと感じる。ジャパンは南アフリカを倒すために、3秒以内のリロードという目標を掲げてトレーニングを積んだ。球出しに3秒を要する南アフリカに対し、それよりも速くディフェンスの準備をするためである。まことに理に適った心がけで、国内の他チームもリロードを速くすることを模倣しているようだ。単純に考えてみるといい。どんなにタックルが強かろうがパスが巧かろうが突破力が傑出していようが、リロードが遅くてプレーに参加でき... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 05:55
キック局面を制して流れを引き寄せた神戸、ヤマハに快勝! 首位へ浮上〜TL第6節(1)
キック局面を制して流れを引き寄せた神戸、ヤマハに快勝! 首位へ浮上〜TL第6節(1)  19日、ヤマハスタジアムではTL第6節のグループB、ヤマハvs神戸の1戦がおこなわれた。両チームとも優勝を争うトーナメント、LIXIL CUPへの出場を決めているとはいえ、できれば1位で通過してグループAの4位と当たりたいのではないか、と推測する。関西協会のライバル対決は今週一番の注目カードだった。それを物語るかのように、ヤマハスタジアムには1万2842人の観客が詰めかけた。ここでは試合前、入場ゲートで配布されたジェット風船を観客が飛ばすのが恒例のイベント。満員のスタンドから上がる風船は壮観だ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/23 05:50
大東、攻守に積極果敢 筑波を飲み込む〜大学選手権2nd第1戦(3)
大東、攻守に積極果敢 筑波を飲み込む〜大学選手権2nd第1戦(3)  大学選手権のプール戦、秩父宮の試合では、たしか一昨年度から、大学選手権のイメージモデルでもある女優の山崎紘菜さんが、試合後のキャプテンインタビューを務めている。彼女にインタビューされたい一心でキャプテンに立候補する人がいるのではないか、と思わずにはいられないが、13日、筑波を破った大東のキャプテン、左PR本間優選手がいい表情をしていた。筑波に勝った喜び、山崎さんにインタビューされる嬉しさと照れの混じった顔が春爛漫のお花畑みたいで、PRの人のよさが如実に表われていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/19 06:00
立川理、好守備連発でMOM クボタ、Hondaを下して今季初勝利〜TL第5節(5)
立川理、好守備連発でMOM クボタ、Hondaを下して今季初勝利〜TL第5節(5)  TL第5節のTV観戦記(5)は12日に花園でおこなわれたHondavsクボタ戦について。両者とも、画面に映る試合前の表情に絶対勝ってやるぞという意気込みが伝わってきた。上位争いという点では興味が薄いカードだったかもしれないが、力の拮抗したチーム同士がお互いの意地を賭けて戦うと、必ず心に響くゲームになる。それがラグビーの美徳だと思う。そして、Hondaにはマルセル・クッツェー、クボタにはキーガン・ダニエルの名がメンバーにあって(ダニエルはリザーブ出場)、シャークスのハードワーカー対決がひそかに実... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/19 05:55
ヤマハ、逆転で爆勝! グループBの首位キープ ドコモ、前半3点リードも後半に失速〜TL第5節(4)
ヤマハ、逆転で爆勝! グループBの首位キープ ドコモ、前半3点リードも後半に失速〜TL第5節(4)  TL第5節のTV観戦記(4)はヤマハvsドコモ戦について。後半28分、ヤマハは五郎丸歩がハイパントを蹴った。キャッチしたドコモのパエア ミフィポセチに対し、ヤマハはデウォルト・ポトヒエッターと堀江恭佑がタックルする。倒すのではなく抱え込む、いわゆるチョークタックルの形だった。競技規則の第17条(h)、『キックされたボールをキャッチしたプレーヤーが捕らえられて形成されたモールについて』の条文には、以下のように記されている。「キックオフまたはドロップアウトを除き、相手側のキックしたボールを直接キャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/18 06:00
近鉄、リコーに勝ち点5をゲットの快勝! グループAの2位へ浮上〜TL第5節(3)
近鉄、リコーに勝ち点5をゲットの快勝! グループAの2位へ浮上〜TL第5節(3)  12日、花園ではTL第5節の2試合がおこなわれた。TV観戦記の(3)は第2試合の近鉄vsリコー戦について。この日は12月とは思えない、うららかな日和で、録画観戦した花園の映像からもそうした様子が伝わってきた。しかし、そろそろ冬将軍の足音が聞こえてきている。これからの季節、スタジアムでの観戦では寒さ対策が必須だ。僕は寒い日、Tシャツの背中に「貼るカイロ」を貼り、その上にアンダーアーマーのコールドギアを着る。これだけで全然違うが、そこから長袖のTシャツだのフリースだのをガバガバと着込んで、ダウンを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2015/12/18 05:55
天理、息詰まる接戦を制する 早稲田はゲームをコントロールし切れず〜大学選手権2nd第1戦(2)
天理、息詰まる接戦を制する 早稲田はゲームをコントロールし切れず〜大学選手権2nd第1戦(2)  大学選手権2ndステージ第1戦、TV観戦記の(2)は花園の天理vs早稲田戦について。ロースコアの接戦。緊迫感が途切れない、スリル満点のゲームだった。こういうゲームを、どちらか一方に肩入れして観ると、胸が締めつけられるとともにますますラグビーの虜になること、請け合いである。大学選手権で初めて早稲田を破った天理にとっては歴史的な試合。バックスタンドには、全国高校大会へ出場する天理高校の部員の姿があった。兄貴分の勝利に大きくインスパイアされたのではないだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/16 21:30
同志社、タックル冴える 入りから主導権を握って慶應を一蹴!〜大学選手権2nd第1戦(1)
同志社、タックル冴える 入りから主導権を握って慶應を一蹴!〜大学選手権2nd第1戦(1)  13日、大学選手権のセカンドステージ第1戦が各地でおこなわれた。TV観戦記の(1)は秩父宮の同志社vs慶應戦について。同志社は1週間前、天理を下して8季ぶりの関西リーグ優勝を果たし、勇躍、秩父宮へ乗り込んできた。メンバー外の部員による「ゴー、同志社、ゴー」、スクラムの際にフロントローの名前を連呼するチャントが、秩父宮にこだました。スクラムのチャントは関西の他チームも模倣しているが、2年前に入手した『同志社スポーツアトム』の記事によれば、同志社が最初に始めたとのこと。「カイシ、アズマ、サイタサト... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/16 21:20
ライバルが火花を散らす 東芝とパナソニック、双方譲らず激闘ドロー〜TL第5節(2)
ライバルが火花を散らす 東芝とパナソニック、双方譲らず激闘ドロー〜TL第5節(2)  TL第5節のTV観戦記(2)は秩父宮の第2試合、東芝vsパナソニック戦について。後半20分にちょっとした珍プレーが見られた。平林泰三レフリーがパナソニックの劉永男(ゆ・よんなむ)を呼ぶ。そして、東芝のFWを全員集めた。何事かと思ったら、劉がブレイクダウンの攻防で東芝の選手に腕を噛まれたという。顔の前に腕がかかって、つい噛んでしまったのか。痛い思いをしてFWがボールを出し、BKがカッコよくトライをするという表現をときどき耳にするけれども、その痛さには、動物園の飼育係が経験するのと同じ種類のものも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/16 21:20
サントリー、4位入りへ向けて一念発起 NTTコムに爆勝!〜TL第5節(1)
サントリー、4位入りへ向けて一念発起 NTTコムに爆勝!〜TL第5節(1)  12日、TL第5節の2試合がおこなわれた秩父宮は大入りとなった。第1試合のNTTコムvsサントリー戦は1万6025人、第2試合の東芝vsパナソニック戦は2万138人の観客数。バックスタンドは溢れんばかりの人だった。これくらいの観客になると、声援の音量がまるで違ってくる。スクラムを押し込んだときの、ドーッという沸き具合は、優勢に組んでいる側のFWをさらに後押しするのではないだろうか。昔のラグビー中継を思い出した。大観衆の声は最大の効果音。TV観戦しているこちら側も、自然に乗ってくる。(1)は第1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/16 21:15
早稲田、一時5点差に迫るも 総合力で上回る明治が逃げ切り勝ち〜関東大学対抗戦 第14節
早稲田、一時5点差に迫るも 総合力で上回る明治が逃げ切り勝ち〜関東大学対抗戦 第14節  6日、秩父宮は2万2342人の観客で溢れ返った。毎年のことながら早明戦の熱気には、映像を通して観戦しているこちらも気分が高揚してくる。独特の雰囲気の中で試合をおこなうせいか、下馬評が当てにならないのもこのカードの特徴だ。今年は勝てば帝京と6勝1敗で星を並べ、対抗戦優勝となる明治が有利という見方が大半を占めていた。苦戦が予想された早稲田ではあったが、それでも一時は5点差に詰め寄って満員の観客を興奮の坩堝へいざなった。伝統の1戦らしい、好ゲームだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/12 06:00
同志社、前へ出るタックルが冴える 天理との決戦を制して8季ぶりの優勝〜関西大学Aリーグ 第7節
同志社、前へ出るタックルが冴える 天理との決戦を制して8季ぶりの優勝〜関西大学Aリーグ 第7節  5日、西京極ではここまで6戦全勝の天理と、1敗で追いかける同志社の1戦がおこなわれた。同志社が勝てば両者が6勝1敗で並び、当該チーム同士の勝ち負けで順位を決定することになるので同志社が逆転優勝という、まさに大一番、天王山の1戦だった。結果は同志社が勝ち、8年ぶりの関西リーグ制覇。途中、入替戦へ回るシーズンもあったし、低迷していたという形容に間違いはないだろう。でも、ディフェンスに甘さを感じることが多々あったとはいえ、最後には好チームに仕上がっていることが多かった分、僕自身にはチームが錆びついた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/12 05:55
コーラ、ベイトマン獅子奮迅! 猛追も及ばず ヤマハ、逃げ切り勝ちで4連勝〜TL第4節(3)
コーラ、ベイトマン獅子奮迅! 猛追も及ばず ヤマハ、逃げ切り勝ちで4連勝〜TL第4節(3)  6日、熊本のうまかな・よかなスタジアムではTL第4節の2試合が組まれていて、J−SPORTSでは2試合目のコーラvsヤマハ戦を放映した。シーズン開幕前は予定にはなかったものの、五郎丸歩選手の人気でヤマハの試合が観たいという声に応えたのか、急遽、追加放映が決定したのだった。ちなみに今季、J−SPORTSはヤマハの試合をすべて放映する。五郎丸歩選手のおかげで加入者が増えたことだろうし、それくらいのサービスをしても不公平には当たらない。そして、うまかな・よかなスタジアムにはなんと1万8005人の観客... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/11 06:00
グループAの全勝対決 NTTコム善戦も、パナソニックが勝ち点5をゲット!〜TL第4節(2)
グループAの全勝対決 NTTコム善戦も、パナソニックが勝ち点5をゲット!〜TL第4節(2)  5日、TL第4節がおこなわれた熊谷には大勢の観客が詰めかけ、2試合目には10009人の入場者数を記録した。上々の賑わいで、ハーフタイムのあいだには、この日はケガのために欠場したパナソニックのWTB山田章仁選手が大勢の子供たちに囲まれ、サインや記念撮影に応じる映像が画面に映っていた。NTTコムvsパナソニックの1戦はグループAの全勝対決。絶好調のNTTコムが王者、パナソニックを相手にどのような戦いを見せるのか。今節一番の注目カードだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/08 06:00
東芝、8トライの猛攻で大勝! 光明見えないリコー、泥沼の4連敗〜TL第4節(1)
 来年、東京を本拠地とするサンウルブズが新たに参入するスーパーラグビーは2015年、ハイランダーズが初優勝を遂げた。このシーズンの特徴は、WTBとFB、バックスリーが総合的に優れたプレーをするチームが上位へ来ていたことだったと思う。もちろん、W杯イングランド大会で世界中を驚かせたジャパンのようにスクラムとラインアウト、セットピースの強固さも大事な要素だけれども、防御システムが発達を遂げた現代ラグビーにおいては、ターンオーバーやキックカウンターといった、アンストラクチャーと呼ばれる崩れた状況でトラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/08 05:55
筑波、セットピース起点で後半に3T! 王者・帝京に逆転勝ちの大金星!〜関東大学対抗戦 第13節
 王者、敗れる。11月29日、関東大学対抗戦の第13節、八王子の上柚木公園陸上競技場でおこなわれた筑波vs帝京戦で、筑波が帝京を下した。帝京が公式戦で大学チームに敗れたのは、2012年の対抗戦の筑波戦以来。帝京の大学公式戦連勝記録は50でストップした。連勝記録の記述に筑波の名が続けて出てくる点に因縁めいたものを感じないでもないが、この週はTLでも、近鉄がTL創設以来初のサントリー戦勝利、ドコモが神戸を撃破と、アップセットが各地で見られた。もしかすると、W杯でジャパンがスプリングボクスに勝ったこと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/05 06:00
NEC、果敢に攻めて先制も ヤマハ、後半にリードを広げて快勝!〜TL第3節(2)
 11月29日、静岡のエコパで開催されたTL第3節の第2試合、ヤマハvsNEC戦の入場者数は1万3501人をかぞえた。現時点で、今季におけるTL最高の観客数。当然、地元のヤマハを応援する観客が多かったが、先に点を取ったのはNECだった。セブンズ日本代表でも活躍する後藤輝也が完全に余った形。やられたと思った瞬間の「ああ〜」という、溜め息とも、どよめきともつかぬ声に興趣を覚えた。ホームとアウェイのチーム、それぞれに肩入れする人の数に歴然とした差があり、かつ1万人を超える観客が入ると、この落胆の声が大... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/03 06:00
東芝、セットピースで圧倒! 反則かさんだHonda、後半に力尽きる〜TL第3節(1)
 11月29日、静岡のエコパスタジアムではTL第3節、Hondavs東芝、ヤマハvsNECの2試合が組まれていた。2019年W杯日本大会の際にも使用される5万人収容のスタジアムだが、これが陸上競技場ではなく球技専用スタジアムだったら、ラグビー界だけでなくサッカー界からもさぞかし重宝されただろうに……というのは今さらいっても詮ないことか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/03 05:55
SO横山がサヨナラPG! 早稲田、慶應に土壇場で逆転勝利〜関東大学対抗戦 第12節
 23日、秩父宮で慶應vs早稲田の1戦がおこなわれた。ぐずついた天気にもかかわらず、1万8401人の観衆が詰めかけ、最後まで勝敗の行方がわからないスリリングなゲーム展開に酔いしれていた。J−SPORTSの画面は、肩を組んで応援する学生たちの姿をとらえていた。女子学生の髪の色が赤くなっても、個々が離れ離れなのかくっつきたがっているのがよくわからない妙な空気が世の中を覆うようになっても、今なお昔と変わらない光景が微笑ましかった。リーグ戦グループに所属する中央大学のラグビー部が学内で拓殖戦のチケットを... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/28 06:00
東海、後半47分までもつれる死闘を制す 流経を下して3年ぶりの優勝〜関東大学リーグ戦 第10節(2)
 関東大学リーグ戦のフィナーレは優勝がかかった大一番だった。22日、秩父宮の第2試合、東海vs流経。勝ったほうが優勝という興奮と緊張の1戦において後半11分、事件が起きた。流経の右CTBテアウパ・シオネがラックで倒れたプレーヤーに足をつかまれた際、その相手プレーヤーにパンチを見舞ってしまったのだ。パンチといっても拳骨でコツンといった感じだったが、報復行為が厳しく罰せられるのがラグビーである。シオネにレッドカード。退場処分となった。試合は同点のまま47分までプレーが続き、最後は東海が決勝トライとコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/28 05:55
法政、後半猛追も 大東、しのぎ切って4位で大学選手権へ〜関東大学リーグ戦 第10節(1)
 22日、秩父宮では関東大学リーグ戦、第10節の2試合が組まれていた。第1試合は大東vs法政、第2試合は優勝を賭けた全勝対決、東海vs流経。戦前に優劣の予想はあったかもしれないが、勝敗の行方があらかじめわかっているような力差はない2カードで、そのとおりの熱戦が繰り広げられた。ここでは大東vs法政について記す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/28 05:50
キヤノン、セットプレーでドコモを制圧 4Tを挙げて勝ち点5をゲット〜TL第2節(5)
 TL第2節のTV観戦記(5)は山口の第2試合、キヤノンvsドコモ戦について。2日前に発表されたメンバーを見てワクワクした。代表歴を持つ、あるいは現役代表の外国人プレーヤーもさることながら、日本人選手に試合を経験するごとに力をつけているプレーヤー、そして元代表の大ベテランと役者が揃っていた。その中で両チームの先発に立命OBが5人、名を連ねていた点を特筆しておきたい。唯一のBK、ドコモの左CTB清瀬岳大は30歳で世代が重ならないけれど、残る4人、キヤノンのHO庭井佑輔、右LO宇佐美和彦、右FL嶋田... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 06:00
昇格Honda、今季初勝利 リコー、終盤に粘りも全般に冴えず〜TL第2節(4)
 21日、山口県維新百年記念公園陸上競技場ではTL第2節の2試合がおこなわれた。J−SPORTSがこの場所から中継するのは初めてだった。2年前だったか、行くか行くまいか迷って結局、現地観戦を見送ったことがあった。山口県は瀬戸内と日本海両方に面していて、西端の下関近辺はもはや九州圏。文化が多様な県という印象を持っている。そのあたりは兵庫県や京都府と共通するのではないだろうか(ただし、京都市内に住む京都人は福知山や丹後のあたりをもはや京都とは認めない傾向がある)。修学旅行で秋芳洞へ行き、湯田温泉に泊... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 05:55
ヤマハ、地元で威風堂々 織機にシャットアウト勝利!〜TL第2節(3)
 今週のTV観戦記(1)でサントリーのジャージのマイナーチェンジに触れた。変更したのはサントリーだけではない。ヤマハは基調のブルーこそ変わらないものの、わたせせいぞうさんが描く海を連想させる瑞々しいデザインに変わった。TLのプレスカンファレンスでお披露目されたとき、率直にカッコいいと思った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/24 06:00
近鉄、前半7点リードと奮闘も パナソニック、昨季王者の貫録を見せつける快勝〜TL第2節(2)
 TL第2節のTV観戦記(2)は西京極の第2試合、グループA、パナソニックvs近鉄戦について。翌日のサンケイスポーツには「また空席…協会に怒りのタックル!!」の横見出しが躍っていた。記事には、パナソニックのSH田中史朗選手が試合後、京都市スポーツ特別賞の表彰を受けた際、「協会に頼っていても普及しないので、僕たちと皆さんで歴史を作っていきましょう」とマイクを通じて呼びかけた、とあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/24 05:55
サントリー、8トライの猛攻! 終始優勢、クボタに大勝〜TL第2節(1)
 今季からサントリーのジャージがマイナーチェンジされた。ジャージのデザインをしょっちゅう変えているチームなので気がつきにくいけれども、昨年よりも彩度を落として卵焼きみたいな黄色になった。個人的好みをいえば、昨年までの目にも鮮やかな蛍光色、ショッキングイエローがお気に入りだったのだが。昨季、プレーオフ進出を逃し、ここらでジャージをマイナーチェンジして心機一転とでも思ったのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/24 05:50
明治、一時3点差に迫るも王者の牙城を崩せず 帝京、対抗戦優勝を決める〜関東大学対抗戦 第11節
 15日、秩父宮では関東大学対抗戦、帝京vs明治の試合がおこなわれた。これまでの戦いぶりからいって、帝京と好勝負する可能性を残すのは明治しかないと思われたが、期待に違わぬ内容の試合になった。秩父宮のスタンドには歴史の目撃者となるかもしれないといった緊張感が、画面からも見てとれた。この日、スタジアムへ出かけた方々はおおいに興奮、帰路も胸の高ぶりが収まらなかったのではないだろうか。大学シーズンもいよいよ終盤。ラグビーの季節は秋の深まりとともに熱くなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/22 06:00
松井3T! 同志社、関学の猛追をしのいで1敗キープ 優勝へ望みをつなぐ〜関西大学Aリーグ 第6節
 14日、神戸ユニバー競技場では雨の中、関西大学Aリーグの2試合がおこなわれた。関西地区限定ではあったが、NHKがEテレで関学vs同志社戦を放映した。昨季優勝の関学はそれまで1勝4敗で最下位。このままだと入替戦へ回る苦境に置かれていた。同志社は開幕戦で近大に敗れたものの、その後、4連勝し、5勝0敗で首位を走る天理を追う2位。もし関学に敗れ、同日、宝ヶ池で天理が京産に勝てば、この時点で天理の優勝が決まる運命にあった。是が非でも勝利をものにし、12月5日の天理戦に逆転優勝の望みをつなげたいところ。今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/22 05:55
堅守ヤマハ、トヨタの追い上げを封じる 東海ダービーに勝利〜TL第1節(2)
 14日、瑞穂で組まれていたTL第1節の2試合目は、トヨタvsヤマハの1戦。ジャパンのプレースキッカーとして一躍、時の人となったヤマハのFB五郎丸歩が登場するとあって、瑞穂には大勢の観客が詰めかけた。チケットは前売り段階で完売。こんなことになると最初からわかっていたら、運営側はキャパシティの大きい豊田スタジアムでこのカードを組んでいたことだろう。上部スタンドも開放すれば、TL史上最多観客数となったことは間違いない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/17 06:00
パナソニックにつけ入る隙なし サントリーに大勝!〜TL第1節(1)
 13日、TLが開幕した。W杯で日本代表が南アフリカを破る大金星を挙げたことにより、かつてない脚光を浴びる今季ではあるが、パナソニックvsサントリー戦がおこなわれていた秩父宮でトラブルが発生した。チケットが完売とされていたにもかかわらず、バックスタンドの両端、サイドスタンドにはぽっかりと大きな空席があり、入場者数は昨季の開幕戦を下回る1万792人に留まったのである。その理由については一般発売分の約5000枚が売り切れただけで、パナソニックとサントリーの両チームへ割り当てた約9000枚と、年間パス... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/17 05:55
流経、前半にモタつくも法政に逆転勝ち 全勝キープで東海との決戦へ〜関東大学リーグ戦 第8節(3)
 8日、群馬県立敷島公園サッカー・ラグビー場では関東大学対抗戦、同リーグ戦が1試合ずつおこなわれた。対抗戦は早稲田が日体を52×17で下し、一応は順当勝ち。体を張ること、横のフラットなラインで勝負することの2点にクローズアップした早稲田のゲームメイクは、シーズン終盤へ向けての決意表明に映った。不満を挙げれば、反則とミスの質がイージーだったことだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/11 06:00
大東、前半リードも屈する 東海、全勝をキープ!〜関東大学リーグ戦 第8節(2)
 7日、秩父宮の第2試合は大東vs東海の1戦。これは個人的に楽しみだった試合で、とくにSH同士のマッチアップに興味を募らせていた。大東・小山大輝、東海・湯本睦。大学界のトップレベルにいる2人であることに異論を挟む余地はなかろう。小山は矢富勇毅(ヤマハ)に似た総合フットボーラー。湯本は速いテンポの球さばきを身上とする古風なSHであるものの、運動能力が優れている分、プレーの幅が広い。タイプが異なる点にも妙味を感じた。その他のメンバーも多士済々。最終的に点差は開いたとはいえ、見応えのあるゲームだった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/10 06:00
中大、6トライ! 詰めの防御も冴える 拓殖に快勝!〜関東大学リーグ戦 第8節(1)
 11月7日、秩父宮では関東大学リーグ戦の第8節、拓殖vs中大、大東vs東海の2試合がおこなわれた。翌日、群馬の敷島で組まれていた流経vs法政にも該当するが、下馬評不利のチームが途中まで食い下がる試合展開で、勝つためには相手をパニックに陥らせることが求められたゲームだったと思う。関東大学リーグ戦の試合がJ−SPORTSで放映されるのは今季初めて。関東のリーグ戦グループはこういう力関係の試合が多いと察するけれども、最近、実力拮抗、もしくはどうあがいても勝てない差があるか――どちらか一方へ寄った試合... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/10 05:55
FWとBK一体の猛攻 破壊力抜群の明治、慶応を一蹴!〜関東大学対抗戦 第9節
 1日、秩父宮では関東大学対抗戦第9節の2試合がおこなわれた。11月第1週、秩父宮に早慶明帝の4チームが集結すると、大学ラグビーシーズンたけなわを感じる。今回は第1試合の明治vs慶應戦をメインに記すが、その前に第2試合の帝京vs早稲田戦について触れておく。帝京が早稲田に92×15の記録的大勝を収めた試合は、帝京が挙げた14トライのうち、10トライをWTB、竹山晃暉(11番)と尾崎晟也(14番)が挙げた。帝京がいかに外へスペースを作り出したかが、これだけでわかるというもの。内側に防御を集めて外へボ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/04 06:00
フィジカル強し! 前へ出る守りも機能 関大、関学に快勝!〜関西大学Aリーグ 第4節(2)
 25日、天理親里で組まれていた関西大学Aリーグの2試合目は関大vs関学の“関関戦”。両校のスポーツ系クラブは春に各部が対抗戦を組んでいて、一種の恒例行事となっている。ラグビーでは両校ともにAリーグに所属していることが今まであまりなかったけれども、今後、新たな目玉になればいいと思う。W杯で日本代表が活躍したことにより、ラグビーが注目を集め始めている。そこで、ラグビーに興味を持った学生さんは自分が通う大学のラグビー部の応援に行く手がある。ひょっとしたら、そこに未来の代表選手がいるかもしれない。かつ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/29 06:00
天理、ピッチを駆け回る快勝! 立命を下す〜関西大学Aリーグ 第4節(1)
 25日、天理親里ラグビー場では関西大学Aリーグの2試合がおこなわれた。J−SPORTSの中継で観る画面は、秋晴れに恵まれた親里の自然豊かな光景を映し出していた。この日はTV観戦になったが、好きなスタジアムの1つだ。球技専用で観やすいのもいい。同日、京都の宝ヶ池でも2試合が組まれていて、この2つのスタジアムは景色の美しさを同時に堪能でき、心が穏やかになるヒーリング効果を併せ持っている。今回は天理vs立命戦について。地元での試合となる天理は、いつも以上に気合いが入ったに違いない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/28 06:00
筑波、早稲田に快勝!〜関東大学対抗戦 第6節
 関東大学対抗戦は12日、秩父宮で早稲田vs筑波の1戦がおこなわれた。J−SPORTSの実況は谷口広明さん、解説は野澤武史さんで、野澤さんがW杯を観なくちゃいけないので昼夜が逆転すると仰っていた。同日早朝にはジャパンとアメリカの試合があったばかり。僕も12日、13日あたりは疲れがドーンと出て、背中に重いものを背負っているような感じだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/18 06:00
サントリーに追いつかれるも神戸、最後に粘る サヨナラPG勝ち〜TLプレシーズンリーグ カップT決勝
 W杯予選プールで3勝1敗の成績を残しながら惜しくも3位に終わったジャパンだったが、帰国後も代表選手が大きく取り上げられている。17日朝、関西ローカルの毎日放送テレビ、「せやねん!」には伊藤鐘史、木津武士、藤田慶和の3選手が出演した。でも、ちょっと嫉妬してしまう出来事があって、吉本新喜劇のマドンナ、宇都宮まきさんのリクエストに応え、伊藤選手がまきさんをお姫様だっこしていた。ウラヤマシイ。僕はまきさんのファンである。吉本新喜劇の女優でもっとも贔屓にしているのは島田珠代さん、浅香あき恵さんだけれども... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/18 05:55
トヨタ、パワーラグビーのライバル、東芝を下して3位に〜TLプレシーズンリーグ カップT3位決定戦
 11日、秩父宮ではTLプレシーズンリーグのカップトーナメント、3位決定戦と決勝の2試合がおこなわれた。ここでは3位決定戦、トヨタvs東芝戦について記すが、トヨタが1か月後の開幕へ向けて上々の仕上がりを見せている。開幕戦の相手はヤマハ。五郎丸フィーバーのおかげで会場となる瑞穂のチケットが自由席も含め、一般発売分の前売りチケットが完売という前代未聞の事態になっている。超満員は間違いない。最初からこんなことになるとわかっていれば、収容人員の多い豊田スタジアムでヤマハ戦を組んだと思うが、こればっかりは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/18 05:50
大城、劇的サヨナラPG 立命、京産を接戦の末に下す〜関西大学Aリーグ 第2節(2)
 4日のJ−SPORTS、関西大学ラグビー中継の解説は村上晃一さん。村上さんは前日夜10時から放映されたW杯のサモアvs日本戦も、東京のスタジオで解説しておられた。村上さんのブログ「ラグビー愛好日記」を読むと、そのあとの南アフリカvsスコットランド、イングランドvsオーストラリアもLIVE中継をTV観戦したという。凄いなァ。イングランドvsオーストラリアの試合が終了したのはだいだい朝の6時ごろだから、それから新幹線に乗って京都入りされたのだろうか。でも、新幹線というのがミソで、2時間余り、乗りっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/10 06:00
同志社、関大の果敢な守りに手を焼くも地力を発揮 今季初勝利〜関西大学Aリーグ 第2節(1)
 4日、好天の宝ヶ池で関西大学Aリーグの第2節、2試合がおこなわれ、ともにJ−SPORTSで放映された。ここでは第1試合、同志社vs関大戦を記す。今季、宝ヶ池では関西Aリーグの試合が18日と25日に11月14日、12月13日の入替戦と、あと4度、開催される。スタンドは小じんまりしているものの、ピッチと観客席が近く、ラグビーの迫力を存分に楽しめるスタジアムだ。ちなみに、南向きに建つメインスタンドは逆光になって少し見づらいので、晴れた日はバックスタンドがお勧めである。あと、宝ヶ池で注意すべき点は、飲... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/10 05:55
明治、攻守に充実 筑波に完封勝利!〜関東大学対抗戦 第4節
 9月27日、熊谷では関東大学対抗戦の第4節、2試合がおこなわれた。第1試合は慶應が66×12で日体に勝利。ここでは続く第2試合、筑波vs明治戦について記す。会場は熊谷ラグビー場。2019年W杯日本大会の開催地に選ばれている。改修予定とのことだが、ラグビー専用スタジアムであるのが、なんといっても魅力だ。W杯イングランド大会を観ていても、専用球技場(サッカー場でもおこなわれている)の試合は観客と選手の距離が近く、画面を通じても臨場感、一体感を伴った盛り上がりが陸上競技場とはまったく違うと思った。2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/04 05:55
関学、逆転勝利! 立命、ブレイクダウンで本領発揮も〜関西大学Aリーグ 第1節(2)
 9月27日に開幕した関西大学Aリーグ。第2グラウンドでおこなわれた2試合は関大が天理相手に健闘(35×31で天理が勝利)、そして近大が同志社を22×19で下した。ドラマチックな光景が繰り広げられたようだ。関西の大学ラグビーは、戦前予想とは異なるスコアの結果を見ることがよくある。意外性が魅力のリーグといえよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/02 06:00
摂南、パワフル! 開幕白星発進 京産はミスが響く〜関西大学Aリーグ 第1節(1)
 関西大学Aリーグは9月27日、東大阪市花園ラグビー場に全8チームが集結し、第1、第2グラウンドに分かれた計4試合で幕を開けた。今回はJ−SPORTSで放映された第1試合、京産vs摂南について記す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/02 05:55
慶応、アンストラクチャー局面を制して5T 筑波を相手に白星スタート〜関東大学対抗戦 第2節
 9月の声を聞くとともに、ラグビーシーズンが到来した。例年と異なるのはW杯イングランド大会を控えて、より一層、気もそぞろではないことだろうか。関東大学対抗戦は6日に開幕。13日、秩父宮では慶應vs筑波の好カードが組まれていた。ここ2年ほど、慶應は傑出したタレントはいないものの、シーズン終盤にはきっちりチームを仕上げ、大学選手権でベスト4へ進出。対する筑波は昨年、大学選手権でファイナルの舞台を踏み、準優勝の成績を残した。FL水上彰太、HO村川浩喜、WTB山下一、WTB竹中祥といった大駒が卒業で抜け... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/16 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(118)〜藤島大さんの「人類のために。」を読みながら
 藤島大さんのラグビーエッセー選集、「人類のためだ。」(鉄筆)の中に収められた『「暗黙の絶対」を捨てるな』の最後の一文に目を奪われた。藤島さんはラグビー精神を「性善説を前提とする絶対の価値」と記したうえで、こう書いていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/11 21:30
三島由紀夫『実感的スポーツ論』を読んで思ったこと
 先日、玉木正之さんが編まれた「彼らの奇蹟 傑作スポーツアンソロジー」(新潮文庫)の書評を当サイトへ発表した。その中に収められている、三島由紀夫が1964年に書いた『実感的スポーツ論』について、僕は、氏にしては心やさしい牧歌的な筆致がほの見えるのはスポーツが持つ力にほかならないのだ、と書いた。ここではまず、そのあたりを詳しく見ていきたい。文章を一部、引用する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/09 21:30
スコットランド快調! 6T奪取でイタリアに完勝〜テストマッチ スコットランドvsイタリア
 8月29日、エディンバラのマレーフィールドでおこなわれたテストマッチでスコットランドがイタリアを48×7で下した。シックスネーションズで観るこのカードは、まるで決定力のなさを競い合っているかのような試合展開になることが多い。しかし、今回は毛色がまったく違った。詳しくはあとに譲るけれども、スコットランドが素晴らしい内容で、これはW杯でスコットランドが南アフリカに勝利することもありうる、と思った。試合後、マレーフィールド近辺のパブあたりでは、ビールを片手にスコットランドが南アフリカを破り、プールB... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/09/02 06:00
スポーツを読む醍醐味が凝縮した1冊〜「彼らの奇蹟 傑作スポーツアンソロジー」(玉木正之編・新潮文庫)
 《優勝者のための国旗掲揚で国歌吹奏をとりやめようというブランデージ(註・当時のIOC会長)提案に私は賛成である。(略)/私は以前、日本人に希薄な民族意識、祖国意識をとり戻すのにオリンピックは良き機会であるようなことを書いたことがあるが、誤りであったと自戒している。/民族意識も結構ではあるが、その以前に、もっと大切なもの、すなわち、真の感動、人間的感動というものをオリンピックを通じて人々が知り直すことが希ましい》 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/25 21:30
ボクス、プーマスに雪辱も煮え切らず〜テストマッチ プーマスvsスプリングボクス
 17日付のサンケイスポーツ関西版朝刊に、神戸製鋼のGM、平尾誠二さんのロングインタビューが掲載されていた。内容は日本代表のW杯展望、神戸製鋼の現在地など。また、別の紙面にはジャパンの宮崎合宿へ王貞治氏が訪れ、選手たちを激励した記事もあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/20 06:00
オールブラックス、先週の借りを返す快勝〜テストマッチ オールブラックスvsワラビーズ
 8月15日、ブレディスローカップを賭けた1戦、オールブラックスvsワラビーズのテストマッチがおこなわれた。先週、ワラビーズがオールブラックスを破ってラグビーチャンピオンシップの優勝を決めたが、オークランドへ戻ってホームの1戦となればオールブラックスは黙っていなかった。ワラビーズはクウェイド・クーパーがSOで先発。NZ生まれでありながらオーストラリア代表になったことで、前回W杯NZ大会でも仇敵のごとき大ブーイングを浴び、ちょっと拙いプレーをすれば観客は大喜びといった光景が見られたけれど、それは4... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/20 05:55
アイルランド、シーソーゲームの接戦を制す〜テストマッチ アイルランドvsスコットランド
 8月15日、アイルランドvsスコットランドのテストマッチがダブリンでおこなわれた。W杯を睨み、完全レギュラー同士の1戦ではないこともあって、アビバスタジアムには一部、空席が見られたものの、熱気は十分。いい雰囲気に包まれていた。世界ランキングを2位まで上げたアイルランドは、同国ラグビー史上もっともW杯優勝に近い位置にいるのは間違いない。フィジカルの強さと相手防御を崩すムーヴの豊富さにより、欧州bPに駆けのぼった。アイルランドのアタッキングラグビーは欧州にある種の革命をもたらし、戦術こそ違うとはい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/18 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(116)
 「彼らの奇蹟 傑作スポーツアンソロジー」(玉木正之編・新潮文庫)を読んだ。いずれ書評を記すので詳細を述べるのはその機会に譲るが、スポーツの本質をとらえた評論あり、肉体が心を支配し、心が肉体を指揮せんとする双方向の関係を描き切った重厚なノンフィクションあり……文芸の粋に陶酔せずにはいられない作品が連続していた。昨今の「ビジネスに役立つナントカ」「○○の人間力」といったテーマで書かれるスポーツ本の、安直に答えをさし示すがゆえに露呈する底の浅さを、否応なく感じてしまうような珠玉の作品が集められていた... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/15 21:30
「国立競技場の100年 神宮外苑から見る日本の近代スポーツ」(後藤健生著・ミネルヴァ書房)
 本書のあとがきで、著者の後藤健生さんが、こう記しておられる。国立競技場の通史のような本を読みたかったが、そのような本がなく、ならば自分で書くしかなかった、と。そこで新書版くらいの簡単な通史を、と考えて出版社の人間に何人か打診してみた。そのときは色よい返事がもらえなかったものの、ミネルヴァ書房の編集者との出会いにより、著者の企画は陽の目を見ることになった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/13 21:30
陸上競技場考(再録)
 今回は2014年4月2日に発表した「ハーフタイムのコーヒーブレイク(97)〜陸上競技場考」の再録である。新国立競技場建設計画の白紙撤回、見直しが政府から発表された今、ラグビー開催の会場となることが日常茶飯事の陸上競技場という施設について考察した文章をもう1度、読んでいただきたい。その前に、見直されることになったザハ案の概要についておさらいしておこう。ザハ案は、おおまかにいえば以下の4つを満たす施設である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/22 21:30
フィジカル強し、サモア善戦もオールブラックスが逃げ切る〜テストマッチ サモアvsニュージーランド
 7月8日、サモアのアピアでサモアvsオールブラックスのテストマッチがおこなわれた。オールブラックスがサモアへ渡って試合をするのは初めてのこと。NZにはサモア系の人が多いこともあり、以前からオールブラックスはサモアに遠征すべきだという声があった。ようやく実現したことになるが、前日に現地入りするやいなや大歓迎を受け、試合当日はなんとサモアの国全体が祝日になったという。まさに一大イベントである。サモアの注目選手は、7人制が五輪種目に選ばれたのを機に代表資格ルールが変更となったのを受け、サモア代表とし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/11 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(115)〜新国立競技場、スーパーラグビー日本チーム参入
 当連載(114)で2019年W杯、2020年東京五輪のメイン会場となる新国立競技場の建設が暗礁に乗り上げかかっている問題に触れた。以後も新聞やネットメディアの記事、この問題を大きく扱うテレビ番組の録画視聴等で情報を集めているが、6月末になって、文科省から建設費高騰の大本になっていたザハ案のキールアーチ構造をそのまま採用し、2520億円の予算で工事へ着手することが発表された。ちなみに、この金額には、五輪終了後に取りつけるとされる開閉式屋根の工事費は含まれていない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/08 21:30
バスケ界のこと&原則論・「ルールがわからない」に向き合わずしてラグビー人気が向上するのか?
 スポーツのファンは、自分が好きなスポーツに関する議論で別のスポーツを引き合いに出されるのを嫌う気質があるように感じる。たとえば、ラグビーとサッカーは違うんだからサッカーの話を持ち出すな、というふうに。たしかに、面白いか否かといった単純かつ抽象的な事柄を論じる際に異種のスポーツを俎上に載せると焦点が拡散、質の高い議論が望めなくなる――とは僕も思う。しかし、興行としての在り方、メジャースポーツになるにはどうすればいいかといったことについては、おおいに比較検討する余地があるのではないか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/01 21:30
逆転勝ち→「チアリーダー」……………(しりとりエッセイ)
 チアリーダーはスタジアムに花を添える存在である。ふと、その起源はどこにあるのだろう、と考えた。勝手な推測になるが、選手への求愛アピールを兼ね、着飾って応援に来た女性たちが発祥ではないだろうか。彼女たちがやがて露出の大きい服を着て、ダンスをしながら応援するようになった……だいたいそんなところではないかと想像する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/20 21:30
摩訶不思議→「逆転勝ち」……………(しりとりエッセイ)
 以前、阪神が負けていて9回表に追加点を奪われ、差を5点だったか6点だったかに広げられる試合をテレビで観ていたときのこと。そんな試合展開だから当然、甲子園球場のスタンドには席を立って出口へ向かう観客の姿が目立っていた。僕はプロ野球を観るとき、テレビの音量を0にしてラジオの音声を聴くのが習慣になっている。見切りをつけてぞろぞろと帰っていく観客の様子を喋ったラジオの実況アナウンサーが、解説の藤本敦士さんにこんな質問をした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/13 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(114)〜W杯日本大会の会場と新国立競技場について
 本年3月8日、2019年ラグビーW杯日本大会の試合会場が決定した。翌9日付の朝日新聞によれば、ワールドラグビー(旧名称インターナショナル・ラグビーボード=IRB)は費用負担軽減を目的に10会場での開催を望んでいたという。日本側は12会場で開催することを主張。当落線上にあったのは福岡と熊谷で、最終的に日本側の主張が通って12会場となった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/11 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(111)
 過日、秩父宮ラグビー場の建て替えに関する報道があった。お隣の神宮球場と場所を入れ替えて建築されるとのこと。先に秩父宮を取り壊し、跡地を2020年、東京オリンピックの際に駐車場として使用後、そこに新神宮球場を建設。完成したのち、今の神宮球場の場所に新ラグビー場が誕生する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/16 21:30
箱根駅伝、福男レース
 近年、箱根駅伝がバラエティ番組に見えるときがある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/11 21:30
ヤマハ、あくなき鍛錬が決勝の舞台で実を結ぶ サントリーを破って初優勝〜日本選手権決勝
 2月28日、秩父宮で日本選手権の決勝がおこなわれ、1万4627人の観客が詰めかける中、ヤマハがサントリーを破って頂点に立った。バックスタンドでは、漁船系の名前の選手が複数いる(五郎丸に三村「勇飛丸」)ことにちなんだ大漁旗、そしてサックスブルーの応援旗が誇らしげに揺れていた。今年は足を運ばなかったけれども、僕は一昨季、昨季と計3度、ヤマハスタジアムへ観戦に出かけている。以来、地元チームを応援するヤマハスタジアムの雰囲気が好きになり(ラグビー観戦の醍醐味をあらかた奪ってしまう忌まわしい陸上トラック... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/03/02 06:00
デュプレア=ピシのHB団が躍動 サントリー、神戸を破って準決勝へ〜日本選手権2回戦(1)
 日本選手権2回戦のTV観戦記(1)は秩父宮の第1試合、サントリーvs神戸戦について。ワイルドカードトーナメント(以下WCT)の2回戦、サントリーvsリコー戦で実現した南アフリカ代表SHフーリー・デュプレア&サモア代表SOトゥシ・ピシのHB団には唸った。欧州のトップクラブに混じったとしてもまったく遜色がないどころか、かなり上位にランクされるかもしれない実力者コンビである。外国人枠の関係があり、2人の同時先発出場はたぶん、このときが初めてだったと思う。期待どおりに働いてリコーを一蹴、日本選手権へ駒... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/18 05:55
ハーフタイムのコーヒーブレイク(108)
 1月11日、TL第7節の2試合が開催された秩父宮では、ボールボーイを中高年の男性が務める企画が組まれた。名づけて「ボールおやじデー」。2、3年前だったと記憶するが、J−SPORTSの実況、土居壮さんがハーフタイムにこんなことを仰っていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/06 21:30
強者が憎まれることについて
 全国高校ラグビー大会で東福岡が圧倒的な力を見せつけて優勝した。僕は東福岡のラグビースタイルもさることながら、2回戦から決勝と勝ち続けていく過程における敗者への振る舞い、そして、スタンドで応援するメンバー外の部員たちが涙を流して優勝を喜んでいる姿に感銘を受け、当サイトで美しい強者といった形容をした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/04 21:30
パナソニック、決戦の舞台で勝負強さを発揮! ヤマハを下して連覇達成〜TLプレーオフT決勝
 2月1日、プレーオフのファイナルがおこなわれた秩父宮には1万6304人の観客が詰めかけた。連覇を狙うパナソニックはもはやファイナルの常連だが、ヤマハが勝ち上がってきたことによって、決勝のカードがずいぶんと新鮮に感じられた。磐田から勇躍、応援に駆け付けたファンも大勢おられたことだろう。両者はセカンドステージの最終節で対戦、そのときはヤマハがパナソニックを破っている。ヤマハ、連勝なるか。それともパナソニックが返り討ちにするのか。1週間、心待ちにしていた1戦だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/03 06:00
サントリー、逆転勝ち 接点の強さ見せた近鉄、途中までリードも力尽く〜ワイルドカードT1回戦(2)
 プレーオフ制度が導入された2007年度以後、サントリーが4強入りを逃すのは今季が初めてである。最初、ワイルドカードトーナメントの組み合わせ表にサントリーの名前が入っているのを見たとき、「なんであなたがここにいるの?」的な違和感を覚えた。大御所が若手芸人に混じってR−1へ出場するみたいなものか。しかし、今季の試合内容をふりかえれば、この結果は妥当である。1回戦の相手は近鉄。ファーストステージの対戦では1点差の辛勝だった。近鉄はこの1戦に勝てば、2回戦でホームの花園へ戻ることができる。敗れてシーズ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/31 06:00
リコー堅守、NTTコムをノートライに封じて接戦を制す〜ワイルドカードT1回戦(1)
 ワイルドカードトーナメント(以下WCT)はわりと好きな大会である。今年は神戸がグループAのトップ通過を果たしたので神戸がホーム、花園でヤマハと試合をした関係で秩父宮でWCTが開催されることになったが、かつて、プレーオフは秩父宮、WCTは花園というのが定番だった。そのせいで関西在住の僕はよくLIVE観戦しているわけだが、その中に実力伯仲の好カードが必ずある。とりわけ今季は楽しみな試合が多かった。昨年、1回戦はうち2試合が瑞穂で開催され、TV中継がないからと出かけていったのを思い出す。土曜、花園の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/31 05:55
パナソニック、レギュラーシーズン2度の大敗から雪辱 東芝を圧倒して決勝へ〜TLプレーオフT準決勝
 TLプレーオフトーナメント、LIXIL CUP2015セミファイナルは1月24日に花園、25日に秩父宮で1試合ずつがおこなわれた。花園の神戸vsヤマハ戦はヤマハが41×12で神戸に完勝。ヤマハが勝つにしても接戦と踏んだ人が多かったはずだが、予想外の結末だった。当日、ヤマハの応援席はサックスブルーのジャージの躍動に沸いて狂喜乱舞。対する神戸ファンは、婚約を一方的に破棄されたかのように虚ろな表情で戦況を見つめるしかなかった。翌日の秩父宮も予想外といっていいだろう。パナソニックのワンサイド勝ち。ハー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/27 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(107)
 もっとメディアにラグビーを取り上げてほしい、というファンの声をよく聞く。ラグビー人気云々の話については「関西協会のアンケート結果から考察する」等、「ハーフタイムのコーヒーブレイク」ではなく、独立したタイトルをつけて何度か書いたので、僕の根底にある思いはそちらのほうも参照していただきたく思う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/22 21:30
リコー、コーラに苦戦も最後はきっちり グループBを堂々の首位通過〜TL.2nd第7節(6)
 TLセカンドステージのレギュラーシーズンが終わり、順位がすべて決まった。グループAは1位から順番に神戸、パナソニック、東芝、ヤマハ、サントリー、トヨタ、キヤノン、NTTコムの並び。グループBの1位はリコー。以下、NEC、ドコモ、近鉄、クボタ、コーラ、織機、宗像の順となった。グループAでヤマハが4位に入ってサントリーが5位、グループBにおけるドコモの3位あたりはささやかな変動といえよう。僕自身は、試合内容の良し悪しが素直に反映された順位だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 06:00
逃げ切り勝ちドコモ、初のWCT進出 敗れた宗像は最下位転落、自動降格〜TL.2nd第7節(5)
 セカンドステージ第7節のTV観戦記(5)は11日、レベスタの第1試合に組まれていた宗像vsドコモ戦について。画面にはバックスタンドの右側をドコモの応援団が埋めている様子が映っていた。大阪からも応援に行った人が大勢いるのだろうか。ドコモではないが、某チームの応援席で、バックスタンドのまん中寄りの柵に「本社」と書かれた札が貼りつけられ、端に向かって近隣の各事業所名の札が続いているのを見たことがある。率直に、えらい差別やないか、と思った。スタンドの上のほうのまん中、もっといえば、たとえ相手側であって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/18 05:55
サントリー、トヨタに勝ち点5の勝利も5位 プレーオフ進出を逃す〜TL.2nd第7節(4)
 先日、「ビューティーボディコンテスト」の投票が締め切られ、パナソニックのWTB鶴ケ崎好昭が栄冠を手にした。この種のコンテストはもうネタ切れで、次は「女装コンテスト」とか「坊主頭コンテスト」しかないぞ、と過去に書いたことがある。「ダンディプレーヤー」「ビューディーボディ」と続いたあと、何が来るのか。スポンサーのダンディハウスもそろそろ頭を悩ませているに違いない。で、うちの母が、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/17 06:00
NECに逆転負けも織機、生き残りを賭けた魂の守り 自動降格を回避〜TL.2nd第7節(3)
 全国高校ラグビーの大会前、番組スケジュールの予告で「今年も熱く、ほろ苦い季節がやって参ります」と矢野武さんがよく仰る。でも、その形容はTL最終節、自動降格を逃れるか否かの1戦にもあてはまると思う。前節終了時点で織機は勝ち点で宗像と並んでいて、得失点差で最下位にいた。対する3位NECは日本選手権のワイルドカードトーナメント出場を決定づけるために、やはり負けられない1戦。試合前、瑞穂は独特の緊張感に包まれていたのではないだろうか。昨年度の最終節、僕は自動降格の危険をおおいに孕んでいたドコモの試合を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/17 05:55
神戸、キヤノンに大勝 得失点差でパナを上回って首位通過でプレーオフへ〜TL.2nd第7節(2)
 先週おこなわれたパナソニックvsキヤノン戦で、谷口かずひとレフリーがTL通算100ホイッスルを達成した。いつまでも体が動いて健康である証拠の100ホイッスル。おめでとうございます。谷口さんが吹く試合のTV観戦は楽しい。べらんめえ口調の「あれは俺もどうしようもねえんだよ」などという声が、レフリーマイクを通じて聞こえてくる。戸田京介さんもここ数年間のうちにそういう楽しみを与えてくれるようになったし、原田隆司さんには、選手に「アメ食べる?」と声を掛けるとしっくりきそうな、大阪のオバちゃんテイストが混... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/16 06:00
入りから全開! スクラムでペナルティトライ2本 東芝、NTTコムを圧倒〜TL.2nd第7節(1)
 TLはレギュラーシーズンの最終、セカンドステージの第7節。ふだんは録画であとから試合を観る人に配慮して他会場や第1試合の結果を伏せる配慮をするJ−SPORTSも、今週だけはガンガン他会場の結果に触れていた。僕はいつも花園へ行く日、帰宅後、結果を知らずに秩父宮の○○vs××戦を録画観戦するというような計画を立てて、スタジアムでは他会場の結果のアナウンス、スコアボードの表示から耳や目を遠ざけ、帰り道も周囲の会話を聞こえないようにする対策を施している。こんなことをしているのは僕だけだろうか。周囲の会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/16 05:55
接点で筑波を圧倒! 帝京、前人未到の6連覇達成〜大学選手権ファイナルステージ決勝
 大学ラグビーシーズンもいよいよフィナーレのときを迎えた。第51回大学選手権の決勝。大方の予想どおり、6連覇を目指す帝京がこの舞台へ駒を進めてきた。相手として勝ち上がってきたのは筑波。対抗戦は5位に沈んだが、早慶明帝に4連敗した内容そのものは悪くなく、帝京戦の黒星も途中まで僅差でついていった10×31のスコア。今季、帝京をもっとも苦しめた内容といっても過言ではない。約3ヵ月を経た力関係の変容に興味が注がれた決勝。ただ、筑波が挑戦者の立場であることは間違いなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/12 06:00
東福岡の強さ際立つ 仰星、尾道、御所実を次々と捻じ伏せて3冠達成〜第94回全国高校ラグビー決勝
 1月7日、第94回全国高校ラグビー決勝。花園のスコアボードには5×57、残酷ともいえる大差のスコアが刻まれた。東福岡が御所実を圧倒して優勝。春の選抜、新設された夏の7人制大会を併せて3冠の偉業を達成した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/10 06:00
ミス連発のサントリー冷や汗 NTTコムに1点差の辛勝〜TL.2nd第6節(2)
 (2)は3日秩父宮の第2試合、NTTコムvsサントリー戦について。バックスタンドの応援席あたりでは新年の挨拶がさかんに交わされたことだろう。地味なラグビーファンである僕でさえ、一緒に観戦する友人以外に、いつのまにか挨拶くらいはするようになった3人とヤンマースタジアム長居で「あけましておめでとうございます」なんて言っていたから、会社の応援団となればなおさらと思われる。とくにNTTコムはいつも大応援団が詰めかけている。僕は中学1年のとき、従兄が当時の電電公社に勤めていた関係で、かの会社の運動会へ行... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/06 06:00
ヤマハ、勝ち点5をゲットも東芝猛追、4位以下転落を逃れる貴重な勝ち点2〜TL.2nd第6節(1)
 1月3日、秩父宮ではグループAの2試合が組まれていた。TV観戦記の(1)は第1試合の東芝vsヤマハ戦について記すが、のっけから放送の解説、岩渕健輔さんの声が弾んでいた。彼女ができたばかりの男がよく、こんな感じでハイテンションになるけれども、まさかそういう理由ではないだろう。高校ラグビー、大学ラグビーの試合が目白押しで東京と大阪を行き来する中、東芝vsヤマハという好カードの解説を担当することになったことが無性にうれしかった、というところではないか。少年みたい、と岩渕さんが可愛く思えた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/06 05:55
慶應、粘り見せるも 帝京、着々と加点 順当に決勝進出を決める〜大学選手権ファイナルステージ準決勝
 大学選手権・準決勝のTV観戦記(2)は帝京vs慶應戦について。昨年度も両者はこの舞台で対決している。12月31日の朝日新聞には慶應のキャプテン、木原健裕選手の「みんな帝京が勝つと思っているだろうけど、僕らは勝利を目指して全力を尽くす」といった主旨のコメントが掲載されていた。木原選手は前半15分、負傷によりピッチを去る不測の事態になったが、彼の言葉を裏づける内容だったのはたしか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/05 06:00
筑波、終盤に連続トライで大逆転! 東海を下して決勝へ〜大学選手権ファイナルステージ準決勝
 大学選手権は2日、ファイナルステージの準決勝2試合がおこなわれた。(1)では第1試合の筑波vs東海戦について記すが、その前にプール第3戦について軽く触れておきたい。準決勝進出を賭ける決戦となった3試合についてはTV観戦記を書いたが、それ以外の試合もなかなか楽しめた。関西のライバル対決、同志社vs立命戦は両チームとも関東勢との対戦を経て、率直に、両者とも巧くなっている、と感じた。同志社はディフェンス・ブレイクダウンで2人目がジャッカルに入る回数が増えた。スコアだけ見ればノーガードの打ち合いに映る... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/05 05:55
ヤマハ、スクラムの強さを誇示! トヨタとのサバイバルマッチで勝ち点5ゲット〜TL.2nd第5節(2)
 27日、ヤマハでおこなわれたTL第5節、ヤマハvsトヨタの5位−6位対決は興味深かった。この1戦に敗れたとしてもプレーオフ進出の可能性が完全消滅するわけではないが、残りの全日程からいって、負けたほうがプレーオフ進出の4位争いから大きく後退するサバイバルマッチである。昨年、正月明けに瑞穂でおこなわれた両者の対決は今でも脳裏に鮮やかだ。ヤマハは、その試合に勝てばほぼプレーオフ進出を手中に収めるところまで来ていた。トヨタはそれまで不調に喘いでいたにもかかわらず、突如大変身。計3枚のイエローカードもな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/02 06:00
パナソニック、サントリーを粉砕! 後半入りの連続トライで勝負を決める〜TL.2nd第5節(1)
 TLセカンドステージ第5節、最大の注目カードは太田でおこなわれたパナソニックvsサントリー戦だった。パナソニックは旧三洋電機時代からかぞえて太田で24連勝中。2005年、全盛時代の東芝府中(現東芝)に勝利したのが連勝記録の始まりである。その試合はTL史に残るゲームといっても過言ではない。SOトニー・ブラウンが大活躍。解説の村上晃一さんが「SOが勝たせるゲームを久しぶりに見ました」と仰っていた。そして太田の名物といえば、試合後のセレモニーがすべて終了したあと、お客さんがピッチ内へ入ってきて、選手... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/31 06:00
慶応、猛追をしのいで決戦に勝利 流経はまたしても準決勝進出ならず〜大学選手権2nd第3戦(3)
 大学選手権セカンドステージ第3戦のTV観戦記(3)は江戸川の第2試合、流経vs慶應戦。この1戦も第1試合同様、勝ったほうが準決勝へ駒を進めるという大一番だった。2試合を録画で観た僕はふと、明治と流経が同じプールに入っていれば面白かったのに、と思った。スクラムで圧倒、FWの突進と華麗なBK展開を組み合わせて前半、主導権を握る明治。折り返しのスコアは36×10、明治がリードといったところか。しかし明治の足が止まってきた後半、流経が猛反撃する。スペースをガンガン走ってトライを量産。……スリリングな試... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/31 05:55
筑波、上昇気流 対抗戦で敗れた明治に快勝!〜大学選手権2nd第3戦(2)
 27日、大学選手権のセカンドステージ2試合がおこなわれた江戸川陸上競技場は、準決勝進出を賭けた大一番が続くとあって満員の盛況だった。前売りの段階でチケットが売り切れたという。TV観戦記の(2)は明治vs筑波戦について。対抗戦では明治が快勝、今年の明治はやるぞと思わせた。それは夏の残り香がそこかしこに漂う9月。3ヵ月を経て、両者の力にどう変化が生じているかが注目された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 05:50
早稲田、一時逆転も 石井が決勝トライ! 東海が準決勝へ〜大学選手権2nd第3戦(1)
 大学選手権はプールB、C、Dの準決勝チーム決定がセカンドステージの第3戦に持ち込まれた。TV観戦記の(1)は27日秩父宮の第1試合、東海vs早稲田戦について。ちなみに昨年から、秩父宮では大会のイメージモデル、女優の山崎紘菜さんが試合後、キャプテンへのインタビュアーを務めている。僕は今年の5月、関西ラグビーまつりの日に花園のバックスタンド裏で山崎さんとすれ違った。足が長くてカッコいい女の子という印象を受けたが、20歳になるかならないかという年齢のせいか、あどけなさもまだ残していた。その分、親しみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/31 05:45
コーラ、前半猛爆の31点 近鉄を振り切ってボトム争いから1歩抜け出す〜TL.2nd第4節(4)
 今季のTLセカンドステージはグループAのみならず、グループBでも手に汗握る好勝負が続出している。優勝の可能性がなくなったからといってモチベーションを下げているととんでもないことになるという危機感の表われかもしれないし、とにかくいいゲームをしたいという欲求に忠実で妥協を許さない姿勢、つまり意識の高さが好ゲームを生んでいる、とも考えられる。そんな中、まずは1節〜2節でドコモが覚醒。その影響を受けたのか(?)、3節のNECvsコーラ戦では、フラットなアタックラインを敷いたNECが最初から積極的にボー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/27 06:00
同志社、あと1歩まで追い詰めるも 早稲田、1点差の辛勝 東海との決戦へ〜大学選手権2nd第2戦
 大学選手権のセカンドステージ、プール戦は21日で第2戦の日程が終了した。プールAの帝京がセミファイナル進出を決めたが、残るB、C、Dは第3戦、流経vs慶應、明治vs筑波、早稲田vs東海がそれぞれベスト4を賭けた決戦となる。27日の秩父宮、江戸川はおおいに盛り上がるに違いない。しかし、他会場においても4年生にとっては最後の公式戦、「大学ラグビーはテストマッチ」という野澤武史さんの至言を裏づけるような熱戦が繰り広げられるはずだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/26 06:00
パナソニック、スクラムを制圧 NTTコムから6Tを奪って完勝〜TL.2nd第4節(2)
 TLセカンドステージのTV観戦記(2)は20日秩父宮の第2試合、NTTコムvsパナソニック戦について記すが、先週の秩父宮に引き続き、今週は21日にノエスタで「ウルトラファミリーデー」のイベントが催されていたので、この話をちょっと引っぱりたい。スタメン発表時の選手映像が科学特捜隊の隊員姿の合成写真、スーパーの字体もウルトラマンふう、トライ時のBGMもウルトラマンで使用されていたものだったが、何かが足りない。なんだろうとしばらく考えて、はたと気づいた。「帰ってきたウルトラマン」のBGM『ワンダバ(... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/23 05:55
ドコモ、粘った! メンバー歓喜、下沖HC感涙! リコーを下す劇的勝利〜TL.2nd第4節(1)
 TLセカンドステージのTV観戦記(1)は20日秩父宮の第1試合、グループBのリコーvsドコモ戦について。先週、近鉄vsドコモ戦の観戦記において、1〜2節の全試合、グループAの各カードを含めても一番いいアタックをしていたのはドコモだと書いた。その近鉄戦には惜しくも敗れたが、ドコモに対する僕自身の高い評価に変わりはない。J−SPORTSの放送の中でリコー、神鳥裕之監督の「ファーストステージで当たったドコモとはまったく違うと選手に檄を飛ばした」という主旨のコメントが紹介されていたが、まったくそのとお... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/23 05:50
ヤマハ、1stステージでやられた借りを返す NTTコムに完勝!〜TL.2nd第3節(4)
 TLセカンドステージのTV観戦記(4)はヤマハスタジアムでおこなわれたヤマハvsNTTコム戦について。TLの公式ウェブサイトを見ると、当日はマグロの解体ショーのイベントがおこなわれたようだ。2季前、ヤマハvs近鉄戦を現地で観戦したときも、ちょうどこのイベントの日に当たっていて、正面ゲート前ではマグロ丼の屋台が出ていた。値段も安く、味噌汁とともに食したが、まあ旨かったこと。そういえば昨年、ヤマハvsNEC戦ではコーンスープ(だったかな?)が無料でふるまわれていたっけ。ほかにも試合前にジェット風船... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/19 06:00
雪中戦は“質”で上回ったトヨタがキヤノンを下す〜TL.2nd第3節(3)
 TLセカンドステージのTV観戦記(3)は14日、岐阜・長良川のキヤノンvsトヨタ戦について記す。当日、岐阜は大雪。ピッチ上は除雪作業が施されていたものの、周囲は白銀の世界。試合中も間断なく降り続いて、選手や観客の皆さんにとってはあいにくの天候だった。岐阜駅からスタジアムへ向かう市内バスはちゃんと動いていたのだろうか。BSスカパー!の解説は今泉清さん。「私も2度、雪の中で試合したことがありますが……」という言葉を懐かしく感じた人も多かったに違いない。雪の早明戦ですな。両チームの関係者は、「今泉さ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/18 06:00
パナソニック、24点差をひっくり返す大逆転勝利! 神戸は後半無得点〜TL.2nd第3節(2)
 TLセカンドステージ第3節、TV観戦記(2)は秩父宮の第2試合、パナソニックvs神戸戦について。第1試合がサントリーvs東芝。上位チーム同士の好カードが続くとあって、秩父宮には1万2189人(第2試合)の観客が詰めかけた。僕が住む関西ではなかなかお目にかかれない数字である。ノエスタでジャパンとマオリ・オールブラックスの試合がおこなわれ、2万人超の観客で埋まったとき、ふと思ったものだ。この人たち、TLのときはどうしてるんだろう? 秩父宮ほど頻繁ではないかもしれないけれど、花園やノエスタでも面白そ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/16 05:55
サントリー全開! 東芝を圧倒、今季最高のハイパフォーマンス〜TL.2nd第3節(1)
 12月13日、セカンドステージの2試合がおこなわれた秩父宮は「ウルトラファミリーデー」と称し、選手入場の際にウルトラマンと怪獣ゴモラも登場してフォトセッションのフレームに収まっていた。ゴモラといえば大阪城を壊した悪い奴である。子供のころ、再放送で見たっけ。しかし個人的希望を記せば、このイベントはNECの試合が組まれている日にやってほしかった。“人間並みの知能を持つ怪獣”ネマニ・ナドロとゴモラのツーショットはさぞかし絵になるに違いない、という単純な理由からではあるが、ナドロが円谷プロのミニチュア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/16 05:50
トヨタに本来の力強さ NTTコムを圧倒する会心の勝利〜TL.2nd第2節(3)
 TLのセカンドステージ第2節のTV観戦記(3)は、7日、瑞穂でおこなわれたグループA、トヨタvsNTTコム戦について。このカードは2010年度、昇格初年のNTTコムがトヨタに勝利を挙げて以来、NTTコムが3勝1敗と勝ち越している。実はトヨタにとって分の悪い相手。その中には出来が悪いときに当たるとか新しいパスラグビーを試したらしっくりこなかったなど、トヨタに同情の余地がある黒星が含まれているとはいえ、少なくともNTTコムは苦手意識のない、リラックスした精神状態で臨めたと思う。しかし今あらためて見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/12 06:00
早稲田、伝統の明治戦で覚醒! FWが踏ん張り、新布陣のBKが縦横無尽〜関東大学対抗戦 第13節
 国立競技場が改修されるため、明治vs早稲田の伝統の1戦は今年、秩父宮で舞台を移した。2万1602人、満員札止め。1年のうち、かつてのラグビーブームを思い出す日を挙げるとすれば、やはり12月第1週の日曜日である。昭和末期から平成初期、いわゆるバブル期、ラグビーがトレンドだった時代に青春を過ごした人が、満員の観客の中にも混じっていたことだろう。僕自身にも、ラグビー=トレンドの記憶がある。学生時代の友に、「好きなスポーツは?」と訊いたら、間髪入れずにきっぱり「ラグビー!」と答えた女の子がいたっけ。彼... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/11 06:00
殺気漂う東芝、パナソニックを完膚なきまでに叩き潰す〜TL2nd第2節(2)
 セカンドステージ第2節のTV観戦記(2)は駒沢の第2試合、東芝vsパナソニック戦について。後半15分、東芝が自陣22メートルと10メートルのあいだでマイボールラインアウトという局面で、笑いが洩れずにはいられないシーンがあった。パナソニックの選手が声でプレッシャーをかける。サインが聞こえないとスロワーのHO湯原祐希がアピールし、しばらくプレーが止まった。このとき「ええから早よしろや」の声。誰だろうと思って録画を観返すと、パナソニックのSH田中史朗でありました。クククッ。こういうの、花園でも、自分... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/09 05:55
ヤマハ、後半に28点を挙げて逆転勝利! キヤノンは後半、無得点の失速〜TL2nd第2節(1)
 ときどきTV観戦記の前文に何を書くか、困るときがある。そんなときは当該カードの戦前予想を書けばいいのだが、今回記す7日駒沢の試合の翌日、8日のJ−SPORTSの中継はZAQがスポンサーになっていたらしく、グッズのZAQ人形のCMをやたらと流していたから、そちらについて記すことにする。腹が立ったときはZAQ人形を握り潰してストレスを解消するといいですよ、という意図のCMみたいで、その中に「後輩女子が『わたし、ゆとり世代なんで〜』と言ってくる。56ぐにゅ(ぐにゅは握りつぶす音、数字は立腹度を表すみ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/09 05:50
流経、食い下がる中央に土壇場で逆転勝利! 連覇達成〜関東大学リーグ戦 第10節
 関東大学リーグ戦は最終節、11月30日、中央vs流経の1戦に優勝争いが持ち越された。流経が勝てば優勝し、連覇達成。ここで負ければ、すでに全日程を終えた東海が優勝する。そして、中央は前日の他カードの結果を受け、大学選手権出場が決まっていた。常識的な考えをいえば流経はやる気満々なのに対し、中央にモチベーションの心配をしてしまうところだ。しかし、中央は闘争心もあらわに流経戦へ臨んだ。ラグビーは目の前の敵を倒す意識が高いスポーツ。状況に左右された気の抜けたゲームが少ないのが、魅力である。また、野澤武史... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/07 06:00
ドコモ、織機に完勝! 勝ち点5ゲットで2ndステージ白星発進〜TL.2nd第1節(4)
 2日火曜の夜、NHKの応援ドキュメント「明日はどっちだ」で毎年、全国高校大会の島根県予選で石見智翠館高校に大敗している出雲高校を取り上げていた。目標はもはや勝利ではなく、1トライを取ること。番組では体格を始め、何から何まで石見智翠館に見劣りがする出雲高校の可笑しくもけなげなラグビー愛が描かれていたけれど、とりわけSHの子に、たとえ自分の周囲のごく小さなコミュニティの範囲内であったとしても将来、ラグビーにおける素敵な伝道師になりそうな予感がした。来週、9日夜には石見智翠館との試合当日の様子が放映... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/06 06:00
パナソニック、盤石感漂う完勝 トヨタ、終盤まで持ち味出ず〜TL.2nd第1節(3)
 セカンドステージ第1節のTV観戦記(3)はスカチャン及びBSスカパーで放映された11月29日、瑞穂の第2試合、トヨタvsパナソニック戦について。2ndステージはJ−SPORTSとスカパーでTLが全試合放映される。今年はあいだに休みの週がなく、途中、大学選手権が始まり、12月最終週には高校ラグビーの開幕とも重なるという、ラグビーファンにとっては忙しいスケジュールだ。日程を見ていると、いつのまにか年が明けていそう、と思わずにはいられない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/04 06:00
サントリー、堅守発揮 ヤマハの反撃をしのいで辛勝〜TL.2nd第1節(2)
 11月29日に秩父宮でおこなわれたサントリーvsヤマハを録画で観ていたら、ハーフタイムにバックスタンドに設けられた足湯コーナーが紹介されていた。コンクリートの冷たさが靴を通して沁みてくる酷寒の日にはとりわけ重宝しそうだ。どうせなら、川湯温泉の河原みたいに風呂を作ってしまうとか、サウナコーナーもできればいいのに。で、水着のボン・ギュッ・ボンの女の子も専用に用意する。身も心も温まること請け合い、大勢の客を呼べるのではないか。まあ、そこまでやると、別の目的の客がわんさか来て、女性客からクレームがつき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/03 06:00
新進気鋭のグループA対決 キヤノン、NTTコムを下す〜TL.2nd第1節(1)
 TLセカンドステージ第1節のTV観戦記(1)は11月29日、金曜のナイトゲームでおこなれたグループA、NTTコムvsキヤノン戦について。当日はこの時期にしては冷え込みがマシ。秩父宮へ行かれたかたは凍える思いをしなくて済んだと思う。海外では厳寒期でも夜に試合を組んでいて、2季前だったか、シックスネーションズの開催中、パリが大寒波に見舞われ、天気予報では氷点下7度になるというので試合が中止になったことがあった。それでもスタジアムには数万人が押し寄せていて、中止の知らせにがっくり肩を落として家路につ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/03 05:55
京産、前半食い下がるも 関学、頂上決戦を制して5年ぶりの優勝!〜関西Aリーグ第7節
 11月30日、宝ヶ池でおこなわれた関西大学Aリーグの第2試合は、勝ったほうが優勝の栄冠を手にする頂上決戦。6戦0勝の関学、5勝1敗の京産が激突した。関学は開幕前から全勝を目標に掲げ、優勝候補の一角とみられていたが、京産が優勝争いに割って入ることを予想した人は少なかったのではないだろうか。でも、大学ラグビーの場合は、春からプレシーズンにかけての練習試合が不振だったとしても、ときとしてこういうことが起こる。たとえば関学であれば、連覇後、大駒が卒業して戦力ダウンが懸念された4年前、練習試合に負け続け... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/12/03 05:50
終盤に3Tの畳みかけ AB、勝負強さを如何なく発揮!〜テストマッチ ウェールズvsオールブラックス
 11月22日、ミレニアム・スタジアムでウェールズvsオールブラックス戦がおこなわれた。今回の欧州ツアーで必ずしも楽ではないゲームが続くオールブラックスが、地元で金星を狙って虎視眈々のウェールズとどう戦うか。興味は尽きなかった。J−SPORTSの解説は野澤武史さん。放送は夜中で、すぐに自宅なりホテルで眠ってから午後2時キックオフ、早稲田vs慶應戦がおこなわれる秩父宮へ行かれたのだろうか。楽しそうなスケジュールである。僕は翌日、宝ヶ池へ行くため、早起きしなければならなかったので、ウェールズvsオー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/29 06:00
伝統の早慶は熱戦の末、ドロー 早稲田・布巻、慶應・廣川、双方6番が大活躍〜関東大学対抗戦 第11節
 近年の早慶戦で個人的に印象深いのは3年前と昨年のゲームである。慶應ファンにとっては思い出したくもない大敗だと思うが、3年前の試合で早稲田はケガから癒えたFB井口剛志(現神戸製鋼)が復帰し、当時1年のSO小倉順平との競演に慶應はディフェンスのマークを絞り切れず、一方的に蹂躙された。昨年、早稲田はFB藤田慶和の復帰戦となり、やはり小倉と2人、表裏のプレーをふんだんに使った。防御をいちどきに崩す選手が2人いることはわかっていても、脳内ラグビーと実地は異なり、何の予行演習もなしにいきなり2人に揃って出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/28 06:00
東海、強力スクラムは百万の味方 大東に逆転勝利!〜関東大学リーグ戦 第9節
 今季の関東大学リーグ戦は全勝チームがなく、上位争いが混沌。何が起きるかわからないカードが目白押しである。J−SPORTSのTV中継が少なく、ファンのかたには不満を抱かれているかたもおられているかもしれないが、その代わり、対抗戦の人気カードは録画や再放送で観戦することにして、リーグ戦の試合会場を行脚している人がいたりして? 今回、J−SPORTSで放映された22日、秩父宮の東海vs大東も非常に興味深いカードだった。メキメキと力をつけてきた大東は4勝2敗。この1戦に敗れると、優勝の可能性が消える。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/25 05:55
第94回全国高校ラグビー予選決勝レポート〜京都・兵庫
 全国高校大会の予選決勝もたけなわ。11月16日は全国各地で決勝がおこなわれ、京都と兵庫でも代表が決まった。京都の決勝は同日夜に地元UHF局のKBS京都が、兵庫の決勝はLIVE中継で同サンテレビが放映。以前はKBS京都がたまに大学ラグビーを中継していたし、サンテレビはワールドがまだTLにいたころ、神戸vsワールドの神戸ダービーを中継していたっけ。UHF局にはぜひ地元のスポーツを中継して盛り上げてほしいが、現在、ラグビーはちょっと蚊帳の外といった感がある。KBS京都はJ2、京都サンガの中継に力を入... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/23 06:00
第94回全国高校ラグビー予選決勝レポート〜大阪
 11月16日深夜、MBS(毎日放送)で全国高校大会・大阪府予選決勝の3試合が録画放映された。一部カットしているものの、前後半を合わせて計40分くらいはオンエアしており、これくらいの分量ならTV観戦記が書けるし、選手やチームの特徴もわかろうというもの。トライシーンだけのダイジェストは、解説者の的確なコメントがつかない限り、あまり意味がない、と僕は思う。これまでも何度か書いたけれど、僕はプロ野球のラジオ中継を愛聴していて、MBS党である。大阪朝鮮vs大産大付の近藤亨さん、東海大仰星vs同志社香里戦... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/23 05:55
攻撃的ラグビーへ転換、スコットランド健闘も及ばず〜テストマッチ スコットランドvsオールブラックス
 オールブラックスの欧州ツアー、第2戦はエディンバラのマレーフィールドにおけるスコットランド戦。過去に1度も負けたことがないオールブラックスの楽勝だろうと踏んでいたら、メンバーを13人入れ替えた影響もあってリズムが悪く、思わぬ苦戦となった。オールブラックスのメンバー構成からいって番狂わせには当たらないかもしれないが、それでもスコットランドが勝てば一応は事件だ。陣内智則さんが藤原紀香さんと結婚したときくらいのインパクトはある。ちなみに来年のW杯イングランド大会で、スコットランドはジャパンと同組。ス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/21 06:00
Step by step! 帝京、明治を撃破 対抗戦優勝〜関東大学対抗戦 第10節
 関東大学対抗戦の第8節は明治vs帝京のヘビー級対決。勝ったほうが対抗戦の優勝となる決戦だった(対抗戦は公式には優勝というシステムを設けていないが、大学選手権の組み合わせの関係もあり、便宜上、順位をつける必要がある)。両者の試合で思い出すのは、いつだったか、明治の低迷期、帝京の勃興期における対戦で、帝京が大勝したときのこと。ラグビーマガジンに、明治のメンバーに対してひどい野次が飛んだという話が載っていたっけ。慶應vs明治戦の観戦記で含みを持たせた書き方をしたけれど、1つ間違うと帝京のワンサイドゲ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 06:00
オールブラックス、後半したたかに逆転〜テストマッチ イングランドvsオールブラックス
 2015年W杯のホスト国、イングランドは順調に強化が進んでいる。前回W杯と大幅にメンバーが入れ替わっているにもかかわらず、世界ランキング1位のオールブラックスとほぼ互角の勝負を演じているのだから立派だ。オールブラックスはSHアーロン・スミス、右WTBベン・スミス、左WTBジュリアン・サヴェア、左LOブロディー・レタリックが前回大会に名を連ねていない新顔、かつ世界レベルに成長したプレーヤーだが、残りはすべて旧勢力である。オールブラックスに対し、厳しい評価が飛び交っているのは、メンバーに新鮮味が乏... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/11 06:00
強い!巧い!速い! 帝京、早稲田に完勝〜関東大学対抗戦 第8節(2)
 関東大学対抗戦のTV観戦記(2)は2日、秩父宮の早稲田vs帝京戦について。関西も含め、今季の大学シーンの注目選手は枚挙にいとまがないけれど、個人的にもっとも注目している選手がこの1戦に登場してきた。それは帝京の12番で先発した森谷圭介。SO、CTB、WTB、FBとBKはどこでもお任せのユーティリティープレーヤーで、しかもどのポジションをやらせても巧い。昨年のパフォーマンスを見て、今季、ゲーム理解に関し、大学生BKの中で屈指の存在になりうると考えていた。詳しくは後述するが、この試合でも森谷のプレ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/04 21:30
明治、途中モタつくも後半、松橋の力勝負トライで再生 慶應を突き放す〜関東大学対抗戦 第8節(1)
 2日、11月第1週の休日、秩父宮に例年どおり関東大学対抗戦の人気校、早慶明帝の4校が集結した。1年のうちで、ラグビーシーズン最高潮の波を初めに感じる日である。関東にお住まいのファンのかたには、この日を毎年楽しみにしている人も多いのではないだろうか。僕も1度は現場で観たいと思っているが、J−SPORTSの中継があるからいいか、とずっとTV観戦で済ませている。まあ、年明け1月2日の大学選手権準決勝のときと似たような気分になって、TV観戦も楽しいのだ。来年のこの日、第1試合と第2試合のあいだには、お... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/04 21:25
ハーフタイムのコーヒーブレイク(105)
 先日、何気なくつけたテレビで、サッカーと将棋は似ているというテーマの番組を放映していた。出演していたサッカー好きの棋士さんは、海外の著名なボランチの選手の動きにヒントを得て新たな戦術を編み出したという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/30 21:30
筑波、ブレイクダウンでターンオーバー連発も 帝京、貫録の勝利〜関東大学対抗戦 第6節
 10月18日、秩父宮では関東大学対抗戦の注目カード、帝京vs筑波の1戦がおこなわれた。帝京は立教、青学、明学を順当に大差で下し、3連勝中。対する筑波は明治、早稲田、慶応に3連敗した。シーズン序盤に上位のライバルと当たるか当たらないか、両極端な日程が組まれているチーム同士のカードで、このカードは山腹の山小屋みたいなものだった。これから険峻な岩盤へ臨む帝京、なだらかな山道を下山する筑波、というような。ちなみに先週、J−SPORTSで放映された11日の試合、慶應vs筑波、リーグ戦の法政vs流経につい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/25 06:00
オールブラックス、連敗寸前の土壇場に逆転 ワラビーズに辛勝〜ブレディスローカップ
 11月1日、8日におこなわれるジャパンとマオリ・オールブラックス戦のマオリの来日メンバーが先日、発表になった(ラグビーリパブリック参照→http://rugby-rp.com/news.asp?idx=106738&page=2)。大型CTBでWTBもできるチーフス所属のチャーリー・ナタイが主将。2009年のJWCでニュージーランドU20代表として来日したFBロビー・ロビンソンの名もある。比較的若いメンバーが多く、スーパーラグビーで観た印象からいえば、トップクラスの日本人選手がこのレベルに肩を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/25 05:55
サントリー、ドコモに大勝 待望の爆発には理由あり〜TL.1st第7節(3)
 TLファーストステージの第7節、TV観戦記の(3)は19日、秩父宮の第2試合、サントリーvsドコモ戦。J−SPORTSではセントメディア・プレゼンツとして放映され、試合前とハーフタイムにセントメディアのCMが流れていた。西島秀俊と緒形直人を足して2で割ったような主役の男は学生時代、ラグビーをやっていて、現在は課長といったところか。仕事で不始末があったらしく、残業して書類を作成し直している。そこへ部下たちがバースデーケーキを持ってきた。今日は課長の誕生日なのだ。ケーキを手にするのは優香もどきの女... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/24 06:00
激闘を制したのトヨタ! リコーに1点差辛勝、命からがらのグループA進出決定〜TL,1st第7節(2)
 TLファーストステージ第7節のTV観戦記(2)は19日、秩父宮の第1試合に組まれていたリコーvsトヨタ戦について。前節終了時、リコーは4位トヨタと5ポイント差、5位近鉄と4ポイント差の6位につけていた。セカンドステージのグループAへ進出するためには、この試合で4トライ以上の勝利を得て勝ち点5を上積みし、かつ近鉄が1ポイントしか取れない負け方をしなければならない――という厳しい条件を突きつけられていた。救いはポイントが並んで順位決定が得失点差にもつれた場合、リコーが優位に立っていることだけ。試合... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/24 05:55
キヤノン、逆転勝ち寸前の5mスクラムで痛恨キープミス 神戸、辛くも逃げ切り〜TL.1st第7節(1)
 以前、「ハーフタイムのコーヒーブレイク」で、『ラグマッチョ選手権』や『ダンディプレーヤー総選挙』といったファン投票企画もそろそろネタ切れではないのか、と書いた。次にやるとしたら『坊主頭選手権』あたりだろうなァ、スキンヘッドも可にして――と記し、優勝候補として神戸のFL前川鐘平選手の名を挙げた。ところが今年、前川選手はスキンヘッドをやめている。彼のスキンヘッドは激しいプレースタイルによく似合っていて、根来寺の僧兵はこんなだったに違いない、とか、行者姿で滝に打たれる姿がもっとも似合う選手、などと想... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/23 06:00
クボタ、織機に痛恨の不覚 昨季同様、可能性十分のグループA入りを逃す〜TL.1st第6節(3)
 ファーストステージの第7節はすべて10月19日、日曜日におこなわれる。しかし、僕はてっきり土曜に花園で試合があると思い込んでいた。木曜日、2日前に発表されるメンバーを確認するためにTLの公式ウェブサイトにアクセスしたとき、勘違いに気がついた。そういえば、開幕前に日程をチェックしたときは「最終節はみんな日曜か。ああ、花園と天理親里を土日に分けてくれれば両方観に行けるのに」などと思っていたのだ。いつのまに……。今週、何かとバタバタしていたせいか。もし、TLのウェブサイトへアクセスしなかったら、土曜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/18 06:00
ドコモ粘るもあと1歩届かず 上向きリコー、5トライを挙げる勝利〜TL.1st第6節(2)
 TL第6節のTV観戦記(2)は10月11日、盛岡南球技場で組まれていた第1試合、リコーvsドコモ戦について。同日、僕は花園へ出かけていた。神戸vsトヨタ戦で、トヨタのPR伊東秀剛選手が後半途中に登場したとき、スキンヘッドの彼がヘッドキャップを被ってソフトな外見になっているのを見て、少しホッとした気分になった。ちなみに前列の選手で一番いかつい風貌だと個人的に思う選手を挙げれば、リコーのHO滝澤佳之選手。次に続くのはNECのPR土井貴弘選手で、伊東選手は3番手。もし滝澤選手が土井選手と伊東選手を引... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/18 05:55
パナソニック、粛々と完勝 NECはグループB行きが決定〜TL.1st第6節(1)
 TL第6節のTV観戦記(1)は10月11日、柏の葉でおこなわれたNECvsパナソニックの1戦。NECのお膝元での1戦とあって、観客1万人を目指してさまざまなキャンペーンがおこなわれたようだ。今季、NECは不振に喘いでいて、この1戦に敗れると、セカンドステージのグループA入りはほぼ絶望となる崖っぷちに立たされていた。おまけに相手は近年の公式戦における内容を観る限り、“カモられている”印象の強いパナソニック。充実の強豪を相手にどこまで食い下がれるかが焦点だった。     ~~~~~~~... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/18 05:50
同志社、“攻めの守り”で天理を圧倒! 開幕白星発進〜関西大学Aリーグ 第1節(後編)
 10月5日に開幕した関西大学AリーグのTV観戦記、後編は事実上の決勝戦という下馬評もあった同志社vs天理の1戦について。春の練習試合では天理が同志社を下したが、フィジカル強化とディフェンスの整備に力を注ぐ同志社が公式戦でどこまで変わってくるか。勝敗の行方が読めない試合といってよかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/08 06:00
立命、接点の粘りで大体を凌駕 終盤に突き放して快勝!〜関西大学Aリーグ 第1節(前編)
 10月5日、関西大学ラグビーが開幕した。関西協会は大学ラグビーを盛り上げようとキャンペーンを大々的におこなっている。地元の高校生選手に関西の大学へ入ってもらおうという意図、さらにはラグビー文化を根づかせたいという思いもあろう。TLと同様にMOMを制定したのも、よい試みだ。受賞した選手にやんやの喝采を送る応援の部員たちの姿がいい。8月には協会のウェブサイトも仕様が一新された。前日にメンバー表を入手することができ、試合結果の配信表もTLや関東協会と同様の、得点経過がより詳しいものへと変更になった。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/07 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(103)
 9月6日の午後、僕はTLファーストステージ第3節の2試合が組まれていた大阪、長居のキンチョウスタジアムへ出かけた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/03 21:30
相手の裏をかいた縦攻撃に冴え 法政、中央を下して初勝利〜関東大学リーグ戦 第3節
 関東大学リーグ戦、第3節のTV観戦記は八王子の上柚木公園陸上競技場でおこなわれた中央vs法政戦について。先週、法政は大東に敗れたとはいえ、好内容のゲーム。復活の足音が確たる響きであることを内外に示した。むろん、大東も順調に力をつけている。個別のカードで有利不利の下馬評が一方のチームに偏ることはあるとは思うが、関東大学リーグ戦は流経、東海、大東、法政、中央の5校が、結果は試合をしてみなければわからないという緊張関係にあるといえよう。今年の関東大学リーグ戦は例年にも増して面白い。黄金カードと思われ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/02 06:00
布巻、土壇場で決勝トライ! 早稲田、筑波に劇的な逆転勝利〜関東大学対抗戦 第3節
 個人的な印象として、このところ、大学のゲームが若干変わりつつあると感じる。変化がもっとも顕著な部分として挙げたいのはSHが攻撃のキーマン、突破役となって流れを作るシーンが増えたこと。かつて早稲田が隆盛を誇ったころ、現ヤマハの矢富勇毅がニュータイプのハーフとしてディフェンスを掻き回したが、他チームの追随、模倣はなく、しばらくはパスマシーン型の9番が大勢を占めていた。その流れが変わった理由の1つには、各チームの戦術が個性的で、異なるスタイルの激突に最大の妙味を感じる高校ラグビーに攻撃的なSHが増え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/01 06:00
待合室→「ツバ」……………(しりとりエッセイ)
 最近はあまり耳にしなくなったが、かつて、プロ野球選手がグラウンドにツバを吐くのはみっともない、という批判がよく聞かれた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/27 21:30
80分間ノンストップの大熱戦は大東に軍配 敗れた法政にも光明あり〜関東大学リーグ戦 第2節
 9月21日、秩父宮では関東大学ラグビー、リーグ戦と対抗戦がそれぞれ1カードの計2試合、組まれていた。今回、TV観戦記として第1試合の法政vs大東戦を記すが、目まぐるしい攻防が80分間、ノンストップで繰り広げられて非常に面白い試合だった。TVで観ていても思わず声が出るくらいだから、現場に居合わせた人はジェットコースターに乗っているかのような大興奮状態だったのではあるまいか。法政と大東、ともに力をつけていてプレーの質が昨年より上がってきてもいる。そういう意味でも見どころの多い試合だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 06:00
ベイツ、ハットトリック! 東芝、後半に突き放す完勝 織機は3連敗〜TL.1st第5節(5)
 近年、TLには海外からビッグネームが続々と来日している。外国人選手はチームへ完全にフィットする2年目が最大の脅威だ、というのが個人的意見。しかし、相次ぐビッグネームの新加入に目移りし、2年目になると、「この選手はとんでもなく凄い!」と大騒ぎしたくなる激情が薄れていたりする。誰もが羨ましがる美人の嫁さんがいながらキャバクラ通いに精を出す男の心理は、たぶんこんな感じなのだろう。今回は第5節の(5)として、20日瑞穂の第1試合、織機vs東芝戦について。東芝はシャークスから今季新加入の目玉、南アフリカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 05:55
リコー、大爆発! 大量得点でコーラを下し、スカッとさわやか今季初勝利〜TL.1st第5節(4)
 今節、近鉄がトヨタに勝利した。今季のトヨタは接点であまりファイトせず、ディフェンスラインに人を揃える傾向がある。その甲斐あってパスムーヴで突破されることが少なくなった反面、昨年まではディフェンス・ラックに人数をかけ、そこに加わった選手がチャンネル0をしっかり止めていたのに今年は前進を許す。どんな守り方にも長所、短所があるので仕方ないことなのだが、チャンネル0の攻防が勝負を分けたという点は、今回記す20日秩父宮の第1試合、リコーvsコーラ戦はトヨタvs近鉄戦以上だったといっていい。コーラもディフ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/24 05:50
キヤノン、きっちり4Tを挙げる勝利 ドコモは闘志溢れるも5連敗〜TL.1st第5節(3)
 TLへ昇格して3年目を迎えるキヤノンは昇格初年度の2季前、第2節で東芝を相手に番狂わせかという接戦を演じ、昨年はファーストステージでパナソニックを破るなど、ダークホースの筆頭格として大暴れするシーズンが続いている。シーズン終盤に尻すぼみする傾向がなきにしもあらず――だけれども、今年も第3節でサントリーを相手に勝利まであと1歩という試合をして存在感を示した。昨年まで僕は当欄で、新進気鋭のチームらしく、チャレンジャー精神を剥き出して活き活きとしたゲームをするキヤノンのことを“青春ど真ん中”とか“青... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/23 06:00
近鉄、今季好調のトヨタに勝利! 2位サントリーに3差、4位争いへ本格参戦〜TL.1st第5節(2)
 TLファーストステージ第5節のTV観戦記、(2)は20日、瑞穂のナイトゲームでおこなわれたトヨタvs近鉄戦について。瑞穂や豊田スタジアムにおけるトヨタのホームの雰囲気は花園の近鉄にも負けないものがあるが、今回、TVで観た印象では近鉄の応援団もずいぶんと声が出ていた。解説の村上晃一さんが仰るには「近鉄電車で行ける所には近鉄の応援団もたくさん来ますから」。近鉄特急は安くて快適。絵本のヒーローだったし、小学校の修学旅行で伊勢へ行ったときに乗った楽しい記憶のせいか、僕はいまだに近鉄特急に乗ると胸が躍る... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/22 06:00
神戸、9季ぶりにサントリーを撃破! 負けなし5連勝でプールBの首位をキープ〜TL.1st第5節(1)
 ファーストステージ第5節、一番の注目カードは今回記すプールBの全勝同士の激突、19日に秩父宮のフライデーナイトでおこなわれたサントリーvs神戸戦だった。接戦が多いものの勝負強いサントリーと、ディフェンスを強化し、骨組の強固なチームを作ってきた神戸がライバル対決でどのような戦いを見せるのか。ちなみに、関東以外に本拠を置くチームが金曜夜に秩父宮へ登場するのは、今回が初めてである。僕は過去3回ほど、秩父宮のフライデーナイトに足を運んだが、目立ったのは仕事を終えて応援に来る両チームの会社の人たちの姿。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/22 05:55
スクラム強烈! 明治、筑波を下して開幕白星発進〜関東大学対抗戦 第1節
 9月13日、14日、15日、関東では大学ラグビーの対抗戦、リーグ戦が開幕した。今季も熱戦が繰り広げられるのは間違いないが、9月、10月に組まれているカードでまず注目すべきは、対抗戦でいきなり上位との対決が続く実力者、筑波の戦いぶりであろう。開幕戦は14日、秩父宮で明治と激突。SH内田啓介が卒業し、SO山沢拓也が欠場する中、明治とどう渡り合うのか。そして明治は、歯ごたえある相手との初戦でどのような内容を示すのか。興味は尽きなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/20 06:00
コーラ、体を張ったタックルで大善戦も トヨタ、逆転で辛勝〜TL.1st第4節(5)
 TL、1stの第4節、TV観戦記(5)はベアスタの2試合目、コーラvsトヨタ戦について。どういうわけか今季、トヨタはTV放映に恵まれている。ファーストステージの全7試合中、6試合が放映される予定。僕は唯一のノーTV、キンチョウスタジアムでおこなわれたドコモ戦を現場で観たから、ファーストステージのトヨタの試合をすべて観ることになるけれども、今年はチームの調子がいいし、サントリーや東芝、パナソニック、神戸、ヤマハよりもトヨタの放映回数が多いことに文句をつける人はいないと思われる。ひょっとしたら放映... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/18 06:00
余裕たっぷり ヤマハ、宗像に大勝〜TL.1st第4節(4)
 TL、1st第4節のTV観戦記(4)は13日、佐賀、鹿児島本線の鳥栖駅前に建つベストアメニティスタジアムでおこなわれた1試合目、宗像vsヤマハ戦について。このスタジアムはサッカーファンのあいだで大変評判がよく、この環境が日本のサッカースタジアムの標準になれば、と熱望する人が少なからずいる。球技専用であることはもちろんのこと、スタンドの傾斜がきつくて実に観やすそう。球技にグラウンドレベルに近い目線で観るスタンドは必要ないというのが、僕の基本的な考えである。もちろん企画シート的に存在するのはかまわ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/18 05:55
クボタ連勝! 絶体絶命の窮地から反撃、サヨナラPGでNTTコムを下す〜TL.1st第4節(3)
 第4節のTV観戦記(3)は14日、ケーズデンキスタジアム水戸でおこなわれた第2試合、クボタvsNTTコム戦について記す。今回、直前のメンバー発表によって欠場となったが、NTTコムのアウトサイドCTBには諸葛彬(じぇがる・びん)という体の強い選手がいる。韓国代表10キャップを持っている新戦力。先週、NTTコムvs織機戦の解説だった薫田真広さんが「(じぇがる・びんとは)読めませんよねぇ」と本音を洩らしておられた。日本語読みすれば「しょかつ・あきら」か。この読みはなかなかカッコいいと思う。新作映画で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/17 06:00
キヤノン充実、近鉄の追撃を振り切る〜TL.1st第4節(2)
 第4節のTV観戦記(2)は14日、ケーズデンキスタジアム水戸の第1試合、キヤノンvs近鉄戦について。近鉄は4節にして今季、J−SPORTS初登場である。画面を通じて伝わってくるのは関東圏の試合における近鉄のアウェイ感。花園の圧倒的ホームの雰囲気と比較するから、どうしてもそう思えてしまう。そこで提案。悪役気分を逆に楽しんで力へ変えるために、アウェイで着用することの多いセカンドジャージのデザインをもっとオドロオドロしくしてみてはどうだろう? 昔、覆面レスラーのウルティモ・ドラゴンが海外へ遠征して地... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/17 05:55
東芝、気迫漲る好内容 粘るNECを下す〜TL.1st第4節(1)
 TL.1st第4節のTV観戦記(1)は12日、港区ダービーと銘打っておこなわれた秩父宮のナイトゲーム、東芝vsNEC戦について。試合中、スタンドにいるクボタのSO/CTB立川理道選手がアップで映し出された。左隣には早稲田のFL布巻峻介選手。出身高校、大学とも別々の2人なので、意外な組み合わせのツーショットである。立川理選手の右隣にはクボタのFWコーチ、鈴木力氏の姿。このシーンを観て、現在4年生の布巻選手はクボタに入るのかな、と考えたりした。実際はどうなのだろう。昨季、僕はスクラメイジャーとして... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/15 06:00
攻撃チームへ変貌のNTTコム、4Tで勝ち点5ゲット! 織機に完勝〜TL.1st第3節(4)
 TL1stステージ第3節のTV観戦記(4)は6日、秩父宮の第1試合、NTTコムvs織機戦について。新戦力が多数加わった今年のNTTコムにおいて、ペネトレーターとして脚光を浴びている選手がいる。花園大学出身のルーキー、bWアマナキ・レレイマフィだ。9月21日からおこなわれるジャパンの短期合宿メンバーにも入った。実況の矢野武さんが紹介していたところによれば、家族は異母兄弟の16人兄弟でレレイマフィ自身は15番目なんだとか。まるで山の分校みたいな家族である。そして僕は、昭和末期から平成初期にかけて一... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/12 06:00
クボタ、3戦目にしてようやくフルパフォーマンス 東芝を撃破する大金星!〜TL.1st第3節(3)
 9月6日、僕は近鉄vsリコー戦、ドコモvsトヨタ戦がおこなわれたキンチョウスタジアムへ出かけていた。帰宅後、ヤマハvsパナソニック戦の録画を“結果を知らないまま”観るという予定を立てていた。で、翌7日の日曜、3試合の観戦記を大部分、仕上げてしまおう、と。キンチョウでの他会場の途中経過、結果を伝える場内放送をラジオの両耳イヤホンの音量を思いっ切り上げるなどの対策を施し――鍵盤を激しく叩くアップテンポなピアノ曲が流れていたのはありがたい――、作戦は成功。予定どおり、ヤマハvsパナソニック戦を録画で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/11 06:00
ヤマハ、終盤に粘るも無念 巧みなゲームメイクと堅守でパナソニックが逃げ切る〜TL.1st第3節(2)
 第3節のTV観戦記(2)はヤマハvsパナソニック戦について。放送の冒頭でも触れていたが、試合がおこなわれたヤマハスタジアムは観客席とピッチの距離が近いうえ、スタンドの傾斜がきつくて、とても観やすい。僕も初めて現地へ足を運んだとき、フットボールのスタジアムはこうでなくちゃ!と感動すら覚えた。何度も書いているが、ヤマハがプレーオフ、日本選手権へ進出した暁にはヤマハスタジアムで試合をしてほしい。そういえば来週、ヤマハは佐賀のベストアメニティスタジアムへ遠征する(相手は宗像)。Jリーグ、サガン鳥栖の本... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/10 06:00
奮闘キヤノン、ラインアウトの乱れが響く サントリー、辛くも逆転勝ち〜TL.1st第3節(1)
 キヤノンは魅力のあるチームだ。とりわけ、8月終わりから9月にかけての時期に強い。昇格初年度の2年前は東芝をあと1歩のところまで追い詰める熱戦を演じたし、昨年はパナソニックを破るアップセットの勝利を飾って選手とファンが喜びを爆発させた。そして今年はサントリーと大接戦。秩父宮のナイトゲームを盛り上げるのに欠かせないチームかもしれない。最後まで勝負がどっちに転ぶかわからない接戦は「がんばれ、がんばれ」と自然、身がピッチへ乗り出され、ちょっとしたプレーにも思わず声が出てしまうのがいい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/08 06:00
織機、今季初白星 4Tで勝ち点5ゲット 宗像は後半、無得点の尻すぼみ〜TL.1st第2節(4)
 ラグビーマガジン10月号の巻末インタビューは深みのある内容だった(文は田村一博さん)。取り上げられていたのは出版社、株式会社「鉄筆」の代表取締役、渡辺浩章さん。〈死ぬ気で走り、ボールを追い、刺さった。(中略)酒場で先輩と呑み、感化され、そのすべてをひっくるめていま思うのは戦争反対。自分は、戦争をしないためにラグビーをやったのだと思うようになった。〉……渡辺さんは早稲田大学のFLだった。故・大西鐵之助先生の薫陶を受けている。大西先生の軍隊経験を基にした戦争反対への思いについては藤島大さんがたびた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/05 06:00
キヤノン、リコーとの“決戦”を制す トムソン爆発、ハットトリック達成!〜TL.1st第2節(3)
 TL第2節のTV観戦記(3)は8月30日、秩父宮の第2試合、キヤノンvsリコー戦について。“複写機ダービー”として注目を集めるカードで、昨年も秩父宮に両チームの応援団が大勢詰めかけていた。現在、TEのDiv.2で戦う富士ゼロックスが昇格してきたら、また“複写機ダービー”が増えることになる、などと考えているうち、ダービーマッチがやたら存在するばかりか、いくらでも仕立て上げられることに気づいた。これまで“飲料ダービー”、“バイクダービー”を耳にしたことがあるが、下部リーグのチームを含めれば“太陽光... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/04 06:00
堀江、キックにパスに変幻自在! パナソニック、クボタに完勝〜TL.1st第2節(2)
 昨年のJ−SPORTS、ラグビー中継のエンディングテーマ曲は田中美里さんがカバーする「ノーサイド」だった。今年は同じく田中美里さんの歌で「ヒーロー」。エンディングだけでなくオープニング、途中のハイライトにも使われている。伏見工をモデルにした往年のドラマ、「スクール・ウォーズ」のテーマ曲で、とくに30代後半より上の年代の人だと、ラグビーといえばコレ、というかたも多いのではないだろうか。僕など、イントロを聞いただけで気分が高揚してきて、思わず鼻歌が出てしまう。「ヒーロー」に関しては今年だけといわず... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/03 06:00
トヨタ、地元でサントリーを追い詰めるも逆転負け しかし収穫はあり〜TL.1st第2節(1)
 TL第2節のTV観戦記は(1)は、今節一番の注目カードだったトヨタvsサントリー戦について記す。場所は豊田スタジアム。2年前、この地でトヨタvs神戸、近鉄vs九電の2試合がおこなわれたとき、僕は現地へ足を運んだ。解説の藤島大さんが「スタンドの傾斜がきつくてフットボールが観やすいスタジアム。設計は愛知県出身の黒川紀章さん(藤島さんであれば、奥さんは往年の銀幕のスター、若尾文子さん――までつけ加えてほしかったところだ)」と仰っていたが、2年前に初めて豊田スタジアムへ行った僕は、堂々と世界に誇れるス... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/02 06:00
リコー、アップセット目前も 神戸、田邊の決勝PGで辛勝 雨中戦を制する〜TL第1節.1st(5)
 開幕節のTV観戦記(5)は西京極の第2試合、神戸vsリコー戦を記す。当日、京都は大雨洪水警報が発令されていた。選手だけでなく観客のかたも大変だったに違いない。西京極は屋根に覆われている場所が猫の額ほどしかない。雨具を持参したものの、この強い雨でビショ濡れになった、というかたも多かったのではないだろうか。さて、双方に注目点が存在するゲームだったが、リコーに関しては昨季限りで1番手のSO河野好光、2番手SOの津田翔太が引退し、今季は誰が主戦の司令塔となるのかに興味を抱いていた。この日、リザーブに入... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/27 06:00
デビュー戦の新人FB竹田、MOM受賞 トヨタがキヤノンに勝利〜TL.1st第1節(4)
 第1節のTV観戦記(4)は8月24日、西京極でおこなわれたトヨタvsキヤノン戦について。両者は昨年、2ndステージの最終節の対戦で接戦を演じている。今年は降りしきる雨の中、時間の経過とともにピッチが水の絨毯状態、ラックの下敷きになると溺死しそうなくらいに悪化するコンディションのもとで戦った。ハンドリングが覚束ないゲームとなったとはいえ、両者とも闘志満々に体をぶつけ合い、何が起きるかわからない“アクシデント・ゲーム”下における好勝負を演じてくれた。このカードは手が合う組み合わせだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/27 05:55
NEC、終始ゲームを支配して久々の開幕勝利! クボタは不完全燃焼の感〜TL.1st第1節(3)
 (3)は23日秩父宮の第2試合、NECvsクボタ戦。その前にTV中継のなかった熊本、コーラvsサントリー戦について触れておきたい。触れるとはいってもTV中継がなく、現場にも行っていなかったのでTL公式サイトが発信する結果でしか書けないが、13×17の大接戦で、しかも最後の最後、サントリーが途中出場のSH成田秀悦の逆転トライによって白星を得たのだった。もしコーラが勝利していれば、2007年度に花園でサントリーに勝って以来のアップセットである。例年、J−SPORTSの開幕節は全試合中継だったのだが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/26 06:00
積極果敢、ワイド攻撃多用! イメチェンのNTTコム、宗像を下す〜TL.1st第1節(2)
 (2)は23日秩父宮の第1試合、NTTコムvs宗像戦について記す。ハーフタイムのとき、画面には伊藤忠ビル側のゴール裏スタンド、バーベキューシートの様子が映っていた。文字どおり、バーベキューをしながら観戦できる席。このところ、各スポーツでこういう企画シートをよく見かけるようになった。そのうち、季節柄、スタンドの傾斜を利用した「流しそうめんシート」あたりも誕生するかもしれない。昔、ロッテが川崎球場を本拠地にしていたころ、観客が勝手に流しそうめんをしていたりしたものだった。……と、こういうことを考え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/26 05:55
東芝、セットピースとフィジカルで昨季王者パナソニックを凌駕 5Tの快勝〜TL.1st第1節(1)
 8月22日、いよいよTLが開幕した。まだ夏の高校野球をやっている時期で、翌23日の秩父宮の中継では、第1試合のとき、ミンミンゼミの声が聞こえていた。僕は22日、キンチョウへ足を運んだ。蒸し暑さは尋常ではなく、少し歩いただけで汗が噴き出してきて、近鉄のチームテントのスタッフが配っていた団扇を重宝したのだった。プレーする選手はもっと暑かったに違いない。ラグビーの密集プレーと似た状況の子供の遊びに、「押しくらまんじゅう」というのがある。あれを夏にやる子供はいない。それを考えると、余計に頭の下がる思い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/25 06:00
8月22日開幕 連覇狙うパナソニック ライバルの巻き返しにも注目〜2014トップリーグプレビュー
 ジャパンラグビー、トップリーグ2014−15シーズンが8月22日に開幕する。昨年の日本選手権決勝カードのパナソニックvs東芝(秩父宮)、大阪ダービーのNTTドコモvs近鉄(キンチョウ)の金曜ナイトゲームを皮切りに、10月19日の第7節までが2つのプールに分かれてのファーストステージ。この成績をもとに上位下位、8チームずつに分かれ、約1ヵ月の休止期間を挟んだ11月28日からセカンドステージがおこなわれる。ファーストステージのプール分けは昨年の成績、そして対戦のなかった組み合わせを考慮して決定され... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/19 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(102)
 今年の3月1日におこなわれた日本選手権決勝、サントリーvs東芝戦の観戦記で、サントリーの平浩二選手に、彼が同志社大学時代、花園のスタンドから、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/10 21:30
黄泉(よみ)→「ミーハー」……………(しりとりエッセイ)
 流行にかぶれやすい人を俗にミーハーという。昔から僕のまわりには、ひねくれ者というか非ミーハーを自認する人が多かった。しかし、自分の趣味や惹かれている対象が流行りものと重なることもある。そういうときの言い訳を聞くのはなかなか楽しい。彼らは、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/08 21:30
ナニとアゲマン〜サッカーW杯あれこれ
 この稿を書いているのは7月2日。サッカーのW杯が盛り上がっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/07/10 21:30
前半の大量得点で決着 オールブラックス、第3戦も制す〜テストマッチ ニュージーランドvsイングランド
 6月21日、ワイカトでオールブラックスとイングランドのテストマッチ、第3戦がおこなわれた。J−SPORTSのLIVE中継は日本vsイタリア戦の直後。ジャパンの勝利の余韻に浸りながらTV観戦した人も多かったと思う。実況の矢野武さん、解説の野澤武史さんも本当はジャパンの話をしたかったに違いない。しかし、あとから結果を知らないまま日本vsイタリア戦を録画観戦する人に配慮したのか、沈黙を保っていた(同日夜8時にオールブラックスvsイングランド戦を再放送。そのころに帰宅し、日本vsイタリア戦を後回しにし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/24 06:00
来年のW杯へ向け、着実な歩み ジャパン、イタリアに歴史的初勝利!〜テストマッチ 日本vsイタリア
 6月21日、ジャパンは秩父宮にイタリアを迎え撃ち、見事に勝利を飾った。イタリアのメンバーはタイトヘッドPR(3番)のマルティン・カストロジョバンニ、bWのセルジオ・パリセが欠場した以外はベストのメンバー構成。昨年のウェールズ戦の勝利は、相手がブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに主力のほぼ全員を招集された2軍のメンバーだったから、イタリアに勝った今回は、同じシックスネーションズの国代表相手ではあっても昨年以上の価値を持つといって差し支えないだろう(イタリアはシックスネーションズの最弱国だが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/23 06:00
直喩→「勇気」……………(しりとりエッセイ)
 東日本大震災のあと、アスリートの口から「勇気や感動を与えたい」という言葉が聞かれるようになった。これに対し、「与えるとは何様のつもりか」との批判をときどき目にする。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/21 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(99)〜藤島大さんのコラム『よりよき社会にトライ』
 J−SPORTSの解説でお馴染みのスポーツライター、藤島大さんはときとして読む者の心に深く楔を打ち込み、磔にしてしまうような強烈なコラムを書く。強烈といっても、温かくて爽快な、心地いい衝撃ではあるが、J−SPORTSのウェブサイト、「be rugby〜ラグビーであれ〜」の第26回『よりよき社会にトライ』は、確実にその1編としてかぞえられよう。大阪朝鮮高級学校のラグビー部を描いたドキュメンタリー映画、『60万回のトライ』を取り上げた本コラムは、映画に造詣の深い藤島さんだけあって、その筆致はふだん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/19 21:30
早稲田、慶応に大勝! されど慶應にも光明あり〜関東大学春季Aグループ第9週
 6月15日、石川県金沢、西部緑地公園陸上競技場で、関東大学春季大会Aグループ、慶應vs早稲田の1戦がおこなわれた。J−SPORTSが録画放映してくれたのはうれしい限り。関東協会の主催ではあるが、レフリーの皆さんは全員、関西協会所属。森喜朗ラグビー協会会長の挨拶の際には、横に関西協会の会長、坂田好弘さんの姿もあり、場内アナウンスの声は関西大学Aリーグのときの女の子の声だった(と思う)。金沢は大阪から近いし、TL開催では関西協会のチームがホームになる。また、関西協会のウェブサイトに掲載されたラグビ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/18 06:00
FBで先発、B・スミスの活躍光る AB、逆転勝ち!〜テストマッチ ニュージーランドvsイングランド
 6月14日、ダニーデンでオールブラックスvsイングランドのテストマッチ第2戦がおこなわれた。第1戦は20×15でオールブラックスが勝利。同点で迎えた終盤、右CTBコンラッド・スミスが右ショートサイドへ移動、数的優位を作って右隅へ決勝トライを挙げたが、その抜け目ない動きは、相手代理人の論理の矛盾に切り込む敏腕弁護士そのものだった(C・スミスはウェリントンの法律事務所に所属する現役弁護士でもある)。この試合はJ−SPORTSの中継がなく、僕は動画サイトで80分間をチェックしたが、総評をいえば、オー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/17 06:00
ワラビーズ、フランスを粉砕!〜テストマッチ オーストラリア(ワラビーズ)vsフランス
 6月7日、オーストラリア、ブリスベンのサンコープスタジアムでオーストラリア(ワラビーズ)vsフランスのテストマッチがおこなわれた。観客は、色こそワラビーズのゴールドであるものの、フランスが来るということでベレー帽を被って応援。どちらにもエールを送るという意味で、ラグビーらしい、実にいい光景だった。それを見た僕は昨年6月、花園でジャパンとウェールズの試合がおこなわれたときにも志を同じくする企画が立てられ、ウェールズの応援グッズが入口のところで配られていたのを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/09 06:00
主流派→「花試合」……………(しりとりエッセイ)
 花試合。辞書にはない言葉だが、一般的に、勝ち負けに拘らないで戦う試合をさす。あくまで推測だけれど、お互いに花を持たせる、というのが語源だろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/30 21:30
関西ラグビー協会によるアンケート調査の結果をもとに考える
 関西協会のHPに「関西大学ラグビーAリーグ2013シーズン 観戦者調査報告書」(概要版)がUPされた。これは花園の第1と第2で計4試合が開催された昨年の10月13日、ゲート内でおこなわれた質問紙によるアンケート調査の結果である。現場へ出かけていた僕も、お手伝いをしていた大学ラグビー部員に勧められるまま、アンケート用紙に記入した。詳しくは関西協会のHPへアクセスして戴くとして、この結果について、僕なりに思うところを書き進めていきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/16 21:30
東福岡、攻撃力脅威! 10Tの猛攻で桐蔭学園を下し、2年ぶり4度目の優勝〜全国高校選抜大会決勝
 4月7日、熊谷ラグビー場で第15回全国高校選抜大会の決勝がおこなわれた。準決勝の接戦を制して勝ち上がってきたのは、東福岡と桐蔭学園。2011年度の花園で引き分けによる両校優勝など、数々の名勝負を繰り広げたライバル同士の対決である。この試合を観てもっとも印象に残ったのは、東福岡の奔放なアタック。そこには、「ラグビーは楽しいんだぞ」という主張が溢れているように感じられた。こんなん観たら、そらヒガシでラグビーをやりたいって言う中学生が出てくるわ――と思わずにはいられない。ちなみにJ−SPORTSの解... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/10 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(97)〜陸上競技場考
 5月25日におこなわれるアジア5ヵ国対抗、日本vs香港戦の試合会場は国立競技場。協会は、この試合が建て替え前の国立で開催される最後のスポーツイベントであることを強調している。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/02 21:30
元首相の鈍感さと女子フィギュア選手の切り返し〜やぶにらみオリンピック(2)
 森喜朗元首相がソチ・オリンピックのフィギュアスケート、ショートプログラムで転倒した浅田真央選手に関して、 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/03/20 21:30
パナソニック、4年ぶり4度目の栄冠! 東芝、FW戦で健闘も力尽く〜日本選手権決勝
 3月9日、日本選手権の決勝が国立競技場でおこなわれた。好天に恵まれたこともあって、入場者は1万9571人とまずまずの盛況。前々日、発表されたメンバーをざっと見渡して、まず驚いたのはパナソニック、スーパーラグビーのハイランダーズへ参戦中のSH田中史朗が先発メンバーに名を連ねていたことだった。「あ、そっか、今週、ハイランダーズは試合がなかったんや」。同時に僕は、田中の充実した精神状態が表われている、と思った。NZと日本の往復は大変だし、もちろん田中に最大の敬意を表するけれども、こういう強行スケジュ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/11 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(96)
 1月1日、全国高校ラグビー大会、3回戦の全試合が終了したあと、グラウンドで準々決勝の抽選会がおこなわれた。司会進行を務めるのは「甲子園球場の上空はダークブルーから群青色」の実況でお馴染み(?)、MBSアナウンサーの赤木誠さん。僕は、赤木さんの、綺麗な日本語を駆使した語彙豊富な野球実況が好きだ。たしか、「胸突き八丁」という言葉を知ったのは赤木さんの実況を通じて、だった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/06 21:30
パナソニック、鉄壁の守り! 神戸に完勝して決勝進出〜日本選手権準決勝
 3月1日、日本選手権の準決勝2試合がおこなわれた。花園でおこなわれたサントリーvs東芝戦については、現場へ赴いた観戦記を先に掲載した。今回は駒沢陸上競技場で組まれていた神戸vsパナソニック戦のTV観戦記である。2ndステージの第6節、花園で対戦したときは後半、神戸が追い上げ、一時は逆転。最後はパナソニックが再逆転する接戦だった。神戸が2年連続の決勝進出へ向け、ラウンドロビンの雪辱なるか。それともパナソニックがTL制覇に続く2冠を達成すべく、神戸を退けるのか。注目の1戦だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/04 06:00
ヤマハ、巧みなゲームメイクも最後に笑ったのは神戸! 土壇場で逆転の勝利〜日本選手権2回戦(後編)
 日本選手権2回戦のTV観戦記、後編は、第2試合、ヤマハvs神戸戦である。このカードはほぼ毎年、花園かノエスタ神戸で組まれていて、関西在住の僕はしょっちゅう現場で観ている印象がある。この1戦は関東でいえばサントリーvs東芝戦みたいに、関西協会勢の黄金カードという位置づけなのだろうか(府中ダービーは3月1日の準決勝で再戦、場所はなんと花園!)。まあ、単なるめぐり合わせだとは思うけれど、前編に記した東芝vsトヨタ戦以上に、秩父宮ではめったに観られないこのカードを楽しみに秩父宮へ足を運んだファンのかた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/25 06:00
ヒル、同点の終盤に決勝DG! 東芝、トヨタを下して準決勝へ〜日本選手権2回戦(前編)
 2月23日、秩父宮では日本選手権2回戦の2試合がおこなわれた。TV観戦記の前編は午前11時40分キックオフの第1試合、東芝vsトヨタ。ブレイクダウンの激闘に見応えがあり、負けん気が大きな火花を散らすこのカードは、TLで一番好きかもしれない。これは、バチバチとした当たり合いを好む個人的嗜好による。だから2ndステージの第1節、花園でこのカードが組まれていることが発表されたときは嬉しかった。LIVE観戦できるぞ、と。そのときは後半にCTBリチャード・カフイが流れを変える猛タックルを炸裂させ、デビュ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/25 05:55
やぶにらみオリンピック
 「カーリングに見入る理由」へ記したように、僕が冬季オリンピックでまず注目する競技は、タイトルのカーリング、そして文中で触れたスケートのショートトラックと、スノーボードクロスである(スキークロスは録画を後日見る予定)。今回、後者の2競技に、いつものことながら興奮した。元ショートトラック代表の勅使河原郁恵さんが解説で仰っていた「何が起きるかわからない」がいささか不謹慎な域へ達していて、そこへ抗いようもなく惹きつけられたのだった。もし、こんなアクシデントだらけの競技で負けたからといって監督やコーチに... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/21 21:30
パナソニック、終盤にゲームを支配 3連覇狙うサントリーを下し、2度目の優勝〜TLプレーオフファイナル
 本来なら2月9日におこなわれるはずだったプレーオフトーナメントのファイナル。先週末、関東地方を襲った大雪のため、2日順延され、11日の祝日に持ち越された。取り除かれた雪が余ったシェービングクリームみたいにピッチサイドへ積まれたグラウンドで、サントリーが勝てば3連覇を達成して通算4度目の優勝、パナソニックが勝てば3年ぶり2度目の優勝となる決戦の火蓋が落とされた。ラウンドロビン、セカンドステージ第3節の対戦ではパナソニックが42×13で大勝。しかしサントリーとて実力者、雪辱を期していた。試合は、終... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/13 06:00
小澤が決勝トライ 神戸先制、一時逆転もサントリーの牙城を崩せず〜TLプレーオフセミファイナル(後編)
 プレーオフトーナメントのTV観戦記、後編は2日の秩父宮、神戸vsサントリー戦である。公式記録では神戸がホーム扱いになっているが、地域的にいって事実上、サントリーがホームといいだろう。ラグビーは、興行の形態としてはプロレスに似ている、と思う。シーズン途中、地方で試合をおこなうことがあるけれども、プレーオフのような重要な試合を、世界最強タッグリーグ戦の決勝と同じく東京でやる点が共通している(花園ではときどき開催されるが)。プロ野球で中日と日本ハムが日本シリーズで戦うとなれば当然、ナゴヤドームと札幌... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/07 06:00
パナソニック、終始優勢 東芝に持ち味を出させない完勝〜TLプレーオフセミファイナル(前編)
 TLは中1週の休みを挟み、ポストシーズンに入った。2月1日、2日の両日、秩父宮ではプレーオフトーナメントのセミファイナルがおこなわれ、パナソニック、サントリーがそれぞれ東芝、神戸を下して決勝へ勝ち上がった。今回はTV観戦記の前編として、1日のパナソニックvs東芝戦について記す。当日、僕は花園で日本選手権出場を賭けたワイルドカードトーナメントの1回戦を観るため、花園にいたが、桜が咲くころのようなうららかな天気だった。秩父宮も同様だったようで、画面には薄着で遊ぶお子さんの姿があった。選手にとっては... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/07 05:55
カーリングに見入る理由
 2月7日、ロシアのソチで冬季オリンピックが開幕する。冬季オリンピックの好きなところはいくつかあって、まず、スノーボードのパイプやスキーのモーグルの選手に漂う、あのチャラさがいい。そういえば以前、選手用の制服のズボンをだらしなく“腰穿き”していたスノーボードの代表選手が非難の的になったことがあった。でも、あの一件に関して僕が非難するとしたら、視点がちょっと異なり、礼儀とかそういうことではなく、ああいうブレザーの制服はきちんと着用して初めてカッコいい、その反対は絶望的にダサい、ということである。ち... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/02 21:30
生き残りを賭けた1戦はコーラ! 九電、反撃も及ばず自動降格決定〜TL第7節(4)
 TLセカンドステージ第7節、TV観戦記のパート4は1月19日、レベスタでおこなわれたコーラvs九電。自動降格回避をめぐる壮絶な1戦だった。前日、シーズン末恒例というべきか、ドコモが負ければ自動降格決定という試合で瀬戸際の強さを発揮し、織機に快勝。両者が入替戦へ回る条件は、コーラは1ポイント追加、九電は勝利という、プレッシャーのかかるハードルとなった。激しくも切ない、九州勢同士の戦いである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/26 06:00
パナ苦戦も堅勝、首位通過&トヨタ3連勝〜TL2nd第7節(3)
 TLセカンドステージのTV観戦記、パート3は1月18日、西京極でおこなわれた2試合である。京都は時折、雪が降り、本当に寒そうだった。帰り、駅前の阪急そばに寄って温かいうどん、そばを啜って暖をとったという人もおられたのではないのだろうか。ちなみに、ここで関西のチームが試合をするとき、午前中に阪急そばへ行くと、たいていメンバー外の選手がうどんやそばを食べている。この日はともに上位のグループAのカードだったとはいえ、順位争いとは無縁のカード。ファンの注目度という点では前日のサントリーvsヤマハ、同日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/25 12:00
集中力抜群! リコー快勝、グループBの3位へ ワイルドカードT出場決定〜TL2nd第7節(2)
 TLセカンドステージのTV観戦記、パート2は1月18日、秩父宮の第1試合、リコーvsクボタ戦である。さて、J−SPORTSのラグビー中継で必ず流れるCMといえば、「男のエステ ダンディハウス」。ダンディプレーヤー総選挙の商品も提供し、すっかり大スポンサーといった感じだけれども、先日、面白いCMが加わっているのを発見した。僕が大ファンの女優、真瀬樹里さんのお父さまにして野際陽子さんの元夫――簡単にいえば千葉真一さん――が出ている、カンカなる砂漠人参を原料とした精力剤のCMだ。タクラマカン砂漠周辺... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/24 06:00
PO進出をかけたヤマハ、あと1歩まで追い詰めるも サントリー、決勝PG〜TL2nd第7節(1)
 TLセカンドステージのTVマッチ回顧は(1)として、まずは1月18日に秩父宮でおこなわれた大一番、サントリーvsヤマハ戦である。当日、僕は花園へ出かけていたが、この試合だけはなんとしても結果を知らないまま、録画を観たかった。過去、「ハーフタイムのコーヒーブレイク」において、お節介な場内放送を遮断するのに使えると書いた花園のミニFWは、このところ、不意に他会場の結果や途中経過を伝えることがあるから油断ならない。話題がそちらへ移りそうになったら急いでFM−COCOLOや802に変える、といったリア... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/24 05:55
キヤノン、前半食い下がるも サントリー、後半に猛攻 プレーオフ進出決定!〜TL2nd第6節(後編)
 TLセカンドステージ第6節のTV観戦記、後編は三ツ沢でおこなわれたキヤノンvsサントリー戦である。本当は前・後編に分けないでヤマハvs東芝戦と一緒にする予定だったが、あちらが5000字に達してしまい、キヤノンvsサントリー戦を観たあと、ルール関係で記しておきたいことがあるからこっちも少し長くなるかもしれない、と考えて、別々に掲載することにした。サントリーは12番に宮本啓希、13番にニコラス ライアンを起用してキヤノン戦に臨んだ。いつもならライアンが12番である。解説の薫田真広さんが、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/16 06:00
ここ一番で頼りになる男ベイツ! 東芝、3位へ浮上 ヤマハは5位転落〜TL2nd第6節(前編)
 TLセカンドステージの第6節、TV観戦記は今回、前編としてヤマハvs東芝戦について記す。先週も書いたが、5節でヤマハがトヨタに敗れたのはつくづく手痛い。周囲に「ヤマハのプレーオフ進出は堅い」と触れ回っていた個人的事情もあり、俺がいらんことを言うからアカンようになってしまったんかなァ、と罪の意識を感じたりなんかして。昔、あるイベントでクボタの選手に「このチームは上位へ行く力がありますよね」と話した年にTEへ降格したこともあったっけ。そういうインケツの人ってよくいるじゃないですか(でも、ときどきは... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/16 05:55
トータルな強さを誇示 帝京、前人未到の5連覇達成!〜大学選手権ファイナルステージ決勝
 1月12日、国立競技場で大学選手権決勝がおこなわれた。帝京vs早稲田。シーズンを通じた戦いぶりをふりかえると、この舞台に立つにふさわしい両者が順調に勝ち上がってきたといえよう。帝京は5連覇がかかっていた。ここ数年で印象深い決勝戦といえば、筆者が関西人ということもあるのだろうけど、一昨年の帝京vs天理戦だ。終盤、天理が同点に追いついたあとは、高校ラグビーの女子マネージャーみたいに涙を流しながら、祈る思いでTVを観ていた。彼女たちとは違い、決して絵にならない、いい歳をした大人の涙。「5連覇でも6連... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/15 06:00
ギプス→「スタープレーヤー」……………(しりとりエッセイ)
 この稿を書いているのは真夏、8月10日の土曜日である。大阪の最高気温予想は37度。テレビのスイッチをつけると8日に開幕したばかりの高校野球を放映しているけれど、強烈な日差しが球児のユニフォームや観客の白い服に反射しているのを見ているだけで、無性に暑くなってくる。ベンチの上にレトルトカレーを置いておけば、10分後には適度に温かいカレーが食えるのではないだろうか、と思ったり。そういえば片岡義男さんの小説で、真夏、バイクにレトルトカレーを貼りつけてツーリングするシーンがあった。それを真似していたとこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/11 21:30
仰星、守り勝って桐蔭との接戦を制す 通算3度目の全国制覇〜第93回全国高校ラグビー決勝
 1月7日、全国高校大会の決勝がおこなわれた。12日間に渡る開催期間となった今大会も好ゲームが続出、非常に中身が濃かったように思う。印象に残った試合、シーンはいくつもあったが、準決勝で桐蔭学園に敗退したAシード、春の選抜の覇者である大阪桐蔭のキャプテン、SO喜連航平は立派だった。2回戦で足を傷め、ベンチを温める日々。完治しないまま準決勝の日を迎え、点差が離れた後半に途中出場という結果に、切歯扼腕の思いだったに違いない。しかし、試合後の整列、3位の表彰式まで毅然とした態度を貫いた。もう1校、Bシー... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/11 06:00
パナ、後半に大爆発! キヤノンに大勝、プレーオフ進出決定〜TL2nd第5節(後編)
 日付とは順序が逆になったが、TLセカンドステージ第5節のTV観戦記、後編は4日、秩父宮の第1試合で組まれたキヤノンvsパナソニック戦である。全国高校大会、大学選手権が佳境を迎えている中、正月気分を味わいながらのTL観戦もいいものである。例年、1月の第1週はTLがお休みのことが多いのだが、今年は中1週の休みが12月最終週に設けられた分、4日、5日の開催となった。僕は4日、長居第2へ出かけて、ドコモvsクボタを観戦。行き帰りの電車内にたゆたう空気は、完全にお正月だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/10 06:00
織機、爆発力発揮&トヨタ大変身! シンビン計3人も関係なし、ヤマハに大勝〜TL2nd第5節(中編)
 TLセカンドステージ第5節のTV観戦記、中編は、5日に瑞穂でおこなわれた2試合である。織機とトヨタ、地元チームがいずれも白星を挙げたが、スクラムで圧倒的に押されているほうが勝った点で共通していた(外側のディフェンスが押し上げてくるのも同じだったか)。ただ、織機がNTTコムを下すのは予想できたとはいえ、グループAの最下位に沈むトヨタが同3位、プレーオフ進出へ向け、今まさに充実のときを迎えようとしているヤマハに41×16の大差で勝ったのには驚いたというか、参った。前節、ヤマハvsNECのLIVE観... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/08 06:00
神戸3連勝、4位へ浮上&サントリー、1点差の死闘を制す〜TL2nd第5節(前編)
 TLは中1週の休みを挟み、1月第1週の土日に第5節の8試合がおこなわれた。今回はTV観戦記の前編として、4日秩父宮のNECvs神戸、5日味スタの東芝vsサントリーについて。どちらも優勝を目指すグループAのカード。この中では、2連敗のあと2連勝と巻き返し、秩父宮へ乗り込んできた神戸が今、プレーオフ進出圏の4位争いをおもしろくするという意味で一番の注目チームではないだろうか。特徴的なのはSOに正面健司を起用していること。ファーストステージのころは森田恭平に山本大介や山中亮平、ピーター・グラント(当... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/07 06:00
スクール水着→「ギプス」……………(しりとりエッセイ)
 ギプス。患部を固定する際に使用する石膏を浸した包帯のことだが、一定の年齢以上の人は、骨折したときに嵌めるギプスより先に、劇画に登場したギプスをイメージする人が多いかもしれない。「巨人の星」に登場した“大リーグボール養成ギプス”はその代表格であり、嚆矢だったと思われる。以降、スポーツを舞台とする劇画で体を鍛え上げることを目的としたギプスが頻出するようになった。どの劇画だったか忘れたが、ピッチャーが正しくないフォームで投げようとすると高圧電流が流れる、という強烈な代物を見た記憶がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/04 21:30
筑波、終盤力尽く 慶應、善戦も及ばず 12日決勝は帝京vs早稲田〜大学選手権ファイナルステージ準決勝
 1月2日、大学選手権のファイナルステージ、準決勝の2試合が国立競技場でおこなわれた。2020年の東京五輪へ向けて建て替えられるため、今の国立では今回が最後の準決勝である。正月を彩る風物詩は高いバックスタンドと聖火台があってこそという気がしないでもなく、なんとなく淋しい気持ちになるが、まあ仕方がない。来年はどこでおこなわれるのだろうか。今年の観客は2万22455人が公式発表(第2試合)。この数字だと秩父宮ということになりそうだけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/04 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(94)
 ラグビーに限ったことでなくほかの多くのスポーツも同様だが、スポーツから抽出した自己啓発的、ビジネス書的な道徳をメディアはさかんに伝える。しかし、観客席の空気を支配しているのは、いささか不真面目といってもいいレジャー気分である。この乖離を、僕はときどき奇妙に思う。金を取って客に娯楽を提供する本物のエンターテイナーは、プロとしての心構えやそれにまつわる苦労を、他人の生き方を指南するような形では決して話したがらないものだ。ところが、スポーツの世界ではそうした部分にやたらと焦点が当てられ、当のアスリー... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/01 21:30
筑波、流経を下し、3連勝で準決勝へ&京産、ライバル対決に競り勝つ〜大学選手権2nd第2戦(後編)
 大学選手権セカンドステージ第3戦のTV観戦記、後編は、秩父宮の流経vs筑波(プールB)と、花園の京産vs大体(プールD)である。この中で、僕がわりと気に入っているチームが大体。もともとFWのパワフルなプレーが好きなのも惹かれた理由だと思うが、昨年来、大体のFWは前列を含めた全員がランナーを兼ねていて、力強いだけでなく、意外に軽快でもある。巨体から生えた足の回転が滑らかで、痛快な声を発せずにはいられないことが何度もあった。また、彼らは細かいパスをつないで防御の標的をズラし、縦にゲインを重ねるプレ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/29 06:00
慶應、守り勝ち、準決勝へ&立命、意地見せた 明治、あと1歩で国立逃す〜大学選手権2nd第3戦(前編)
 大学選手権のTV観戦記は、接戦が予想されるカードをピックアップして書いている。そのせいでセカンドステージの期間、主役であるはずの5連覇を狙う帝京が当サイトからいなくなってしまっているが、第2戦の関学戦を観たとき、あらためて、このチームは美しい、と思った。ボールキャリーの姿勢、ブレイクダウンで立ってプレーする意識。鍛え上げた体を駆使し、少々のプレッシャーでは微動だにしない基本プレーの徹底がある。華やかなプレー、豪快なプレーの数々もすべては基本の徹底をベースにして成り立っていて、たとえ大差であって... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/28 06:00
クボタ完勝、グループBの首位キープ&NTTコム、アグレッシブに攻めて連勝〜TL2nd第4節(後編)
 TLセカンドステージ第4節のTV観戦記、後編は12月21日、秩父宮でおこなわれたグループBの2試合である。グループBは上位4チームが日本選手権のワイルドカードトーナメント出場、5〜7位が入替戦へ回り、最下位の8位は自動降格というシステムで、天国と地獄、あるいは地獄への道が開かれているという「落差」でいえば、グループAよりもずっとハードである。しかし、日本選手権のワイルドカードトーナメント制が導入される前は、プレーオフや日本選手権、そして入替戦や自動降格とも無関係の順位が存在した。誰かが「安全圏... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/26 06:00
パナ、東芝を僅差で下し、首位キープ&サントリー、トヨタに大勝〜TL2nd第4節(前編)
 TLセカンドステージの第4節、TV観戦記の前編は日付と順序が逆になるが、12月22日におこなわれたグループAの2試合である。グループAは、上位4つと下位4つの差が開きつつある。5位以下のチームにとっては、上位4チームのうちのどこかが下界へ降りてきて、プレーオフ進出圏の4位のボーダーが下がる展開でないと苦しい感じだ。同日、ノエスタで神戸がキヤノンに圧勝、5位へ浮上して意気盛んではあるが、こうなると神戸の標的は、直接対決が残されていて相手の勝ち点獲得を自力で妨げることのできる東芝に違いない。最終節... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/25 06:00
流経2連勝、筑波との決戦へ&京産善戦も早稲田、終盤に突き放す〜大学選手権2ndステージ第2戦(後編)
 大学選手権セカンドステージ、第2戦のTV観戦記の後編は、花園と瑞穂でおこなわれた2試合を取り上げる。ふりかえってみれば瑞穂の試合は、今回の早稲田vs京産、前編に記した立命vs東海ともスリリングなゲームで、この2試合を実況した矢野武さんは興奮しっぱなしだった。前日、矢野さんが担当したTLのヤマハvsキヤノン戦も土壇場で試合がひっくり返る熱戦。彼にとってなんと濃厚な週末であろうか、と羨ましく思った。愛人を2人抱えていて、土日でとっかえひっかえするようなものである。で、その矢野さんが、名古屋という中... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/20 06:00
東海、30点ビハインドを大逆転!&明治、ベスト4へ王手〜大学選手権2ndステージ第2戦(前編)
 12月15日、大学選手権セカンドステージの第2戦、計8試合がおこなわれた。今回はTV観戦記の前編として、混戦で目が離せないプールCの2試合について記す。当日、僕はノエスタの神戸vsトヨタを観に行っていたので、大学選手権は録画観戦。立命vs東海で35×42、東海が勝った試合に関しては、健闘した立命が1歩及ばずという内容だったのだろう、と思いながら、協会の公式記録で立命vs東海の得点経過を確認した。それを見たとき、しばらく開いた口が塞がらなかった。一時は30×0、立命が30×7と大量リードで前半を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/19 06:00
電車道モールで堀江が決勝トライ! ヤマハ、キャノンに土壇場の逆転勝利〜TL2nd第3節(後編)
 TLセカンドステージ第3節、TV観戦記の後編はヤマハスタジアムでおこなわれたグループA、ヤマハvsキヤノン戦である。ファーストステージの最終節の対戦では、キヤノンが勝利。ヤマハにとっては雪辱の1戦だった。地元の試合でもあり、ヤマハの面々は気合いが入っていたことだろう。このヤマハスタジアムは、僕の好きなスタジアムの1つ。陸上トラックがないうえ、スタンドの傾斜が急でとても観やすい。先日、友人と話していたのだけれど、ラグビー場に必要なのは、大試合がおこなわれるテニス場と同じ発想ではないかと思う。テニ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/18 06:00
東芝3連勝&パナ、対サントリーの連敗を6でストップ! 首位浮上〜TL2nd第3節(前編)
 大学ラグビーが選手権シーズンに入り、J−SPORTSでは全試合が放映されている。録画を観るうち、1年でもっとも寝不足の季節だと感じているラグビーファンのかたも多いのではないだろうか。TLも熱い。今年から2ステージ制が採用されたこともあって、上位と下位に分かれた今の時期は、予想のつかないカードばかりだ。今回は12月14日、秩父宮でおこなわれたグループAの2試合について記す。ともに好カード。それを裏付けるように、第2試合、サントリーvsパナソニック戦の公式入場者数は1万318人と盛況だった。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/17 06:00
サントリー、NECを返り討ち&リコー大勝、NTTコム“魔の12月”〜TL2nd第2節
 TLセカンドステージ第2節のTV観戦記は、秩父宮でおこなわれた2試合である。今年から2ステージ制に変わり、セカンドステージの注目はまずプレーオフ進出争いが繰り広げられる上位8チーム、全試合が好カードであるグループAということになるだろうが、日本選手権のワイルドカード出場枠4を外れると入替戦、最下位は自動降格の憂き目に遭うグループBも、まだ2節が終了した時点ではあるが、なにやら奇妙なムードが漂う。開幕前、グループAを狙える位置にいるとされたチームが、セカンドステージでグループBに入ると総じて不調... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/12 06:00
立命、天理に圧勝して12年ぶりの関西制覇 天理は大学選手権出場を逃す〜関西Aリーグ第7節(後編)
 例年、前年度の1位−2位対決が飛び地のような日程で組まれる関西大学Aリーグ、最終節の1試合が11月30日、花園でおこなわれた。天理vs立命である。天理はこの試合に敗れるか引き分けると6位が決定、大学選手権を逃す瀬戸際にいた。必勝である。対する立命はこの1戦に勝つか引き分けで優勝、負ければ2位という立場にいて、こちらも必勝態勢だった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/06 05:55
サントリー、上昇を感じさせる再発進 神戸に快勝〜TL2nd第1節(後編)
 TLセカンドステージ、TV観戦記の後編は、神戸ユニバーでおこなわれた神戸vsサントリー戦である。ふりかえれば、シーズン開幕前のプレビューで、僕は優勝予想を神戸にしていたのだった。もし、ファーストステージの最終戦でNTTコムに敗れていれば、その時点で神戸のプレーオフ進出の望みは潰えて優勝の可能性はゼロ、予想を外すことが決定するという事態が待っていた。昨年の公式戦、プレーオフ、日本選手権と3連敗を喫し、今年もファーストステージで敗れたサントリーに神戸が雪辱するのか。そして、今季は故障者が出て苦戦を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/04 05:55
風雲児キヤノン、NECを下す好発進&パナ、ヤマハの追い上げを封じる〜TL2nd第1節(前編)
 ウインドウマウスが明け、TLのセカンドステージが開幕した。セカンドステージは上位のグループA、下位のグループBに分かれてのリーグ戦である。優勝を賭けた実力接近のグループAに対し、プレーオフ進出の可能性がないグループBのモチベーションを不安視する声があるけれど、こちらは日本選手権のワイルドカード出場がかかり、それが叶わなければ入替戦や自動降格という望ましからざる事態が待ち受けているので、互いの意地がぶつかり合う熱戦が繰り広げられることは間違いないと思う。どちらのグループも興味深く、レベスタでおこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/03 06:00
第93回全国高校ラグビー予選決勝レポート〜兵庫
 本当は全国高校大会のレポートを大阪、京都、兵庫と抱き合わせで公開する予定だった。ところが、字数制限で引っかかってしまった。写真の文字列がなければ2万字以上になることはなかったのだけれど、まあ、いずれにせよ大長編である。自分用の資料を他者が読める形で、というのが当観戦記のコンセプトなので、勘弁していただきたい。ラグビーに限らず、どの文章もそうだが、コーヒーでも飲みながら、ゆったりした気分で読んでもらえれば、というのが僕の願いである。11月23日に神戸ユニバーでおこなわれた兵庫県予選の決勝は、地元... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/30 06:00
第93回全国高校ラグビー予選決勝レポート〜大阪・京都
 通称“花園”、第93回全国高校大会の地区代表がすべて出揃った。今年は何年も連続して出場していたチームが敗退するケースが散見され、各地でちょっとした地殻変動が起きているようだ。ここでは関西在住の僕が視聴できたTV放映分、大阪(11月17日)、京都(同)、の予選決勝について記す。兵庫(11月23日)については別掲としたが、これらの記事から、晴れて代表となった該当校の輪郭を想像し、本大会の試合を観るうえで参考資料としていただければ幸いである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/30 05:55
京産、一時ビハインドも後半に地力を発揮&関学、大勝で大学選手権出場決定〜関西Aリーグ第7節(中編)
 関西大学Aリーグの第7節、大体vs同志社については前編として先に発表した。天理vs立命戦は11月30日に残されているので、今回は中編、西京極の第1試合、京産vs関大と、神戸ユニバーでおこなわれた関学vs近大の2カードである。秋深しの京都と神戸山の手の地。この季節に足を向けると、愁いを感じずにはいられない場所である。だからTV観戦にした、ということはないのだが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/29 06:00
法政、拓殖を破るも6位止まり 大学選手権出場は叶わず〜関東大学リーグ戦 第11節(後編)
 関東大学リーグ戦、第11節のTV観戦記、後編は八王子でおこなわれた拓殖vs法政の1戦である。法政は、試合前の段階で勝ち点が並ぶ日大だけでなく、東海、立正の結果によって大学選手権出場の5位以内に入れるかどうかが左右される立場だった。前編に記した秩父宮の中央vs日大、流経vs東海の結果が気になっていたはずだ。八王子は午後2時キックオフ。秩父宮の第1試合、中央vs日大の結果については、すでに知ったうえで試合に臨んだと思われる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/29 05:55
日大、滑り込みで選手権出場決める&東海、本格化か 流経に大勝!〜関東大学リーグ戦 第11節(前編)
 11月24日、関東大学リーグ戦、最終節となる第11節が秩父宮、熊谷でおこなわれた。今年のリーグ戦はすでに流経が優勝を決めているものの、大混戦となり、大学選手権出場の5位以内をめぐる争いが熾烈。この日、熊谷で拓殖と戦う6位の法政にとっては、秩父宮の第1試合、中央vs日大の結果が気になるところだった。法政は勝ち点4を上積みする勝利を挙げたが、ライバル日大も勝って、勝ち点で並んだ結果、直接対決を制している日大の5位が確定。6位で涙を飲んだ法政にしてみれば、「2位に入ったんやったら中央、がんばれよ」と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/27 06:00
藤田ハットトリック! 早稲田11Tの猛攻で慶應を一蹴〜関東大学対抗戦 第10節
 11月23日、今年で90回目となる伝統の慶應vs早稲田戦が秩父宮でおこなわれた。1万9164人の観客が詰めかけ、ほぼ満員に近い盛況。このくらいの観客が入ると、FWが突進して防御を1人吹っ飛ばしたときの「おおっ」が大きなどよめきとなってスタジアムに轟く。効果音ではないけれど、TV観戦しているこちらも自然、気分が高揚してくる。J−SPORTSの解説はそれぞれ慶應、早稲田のOB、同学年で4年時は互いに主将だったサントリーの竹本隼太郎選手と、佐々木隆道選手だった。佐々木選手は、満員の観客の前でできるの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/26 06:00
大体、執念の追い上げで引き分けに持ち込む 同志社、優勝の可能性は残す〜関西Aリーグ第7節(前編)
 11月23日、西京極で関西大学Aリーグの2試合がおこなわれた。当日、僕は南港グラウンドへドコモvsNECの練習試合を観に行ったので録画観戦となったが、うれしかったことが1つ。我が家はJ−COMと契約していて、J−SPORTSをケーブルテレビで視聴しているが、この日は地上波のJ−COMチャンネルでも西京極の試合を中継したのだった(映像、音声はJ−SPORTSと同じ。関西地区のみ)。ケーブルテレビを通じたCS放送は画質が落ちるのが難点(コピー防止の処理を施しているからという話を聞いたことがある。そ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/25 06:00
立命、近大を順当に下して関西制覇に王手〜関西Aリーグ第6節
 11月16日、関西大学Aリーグは花園と西京極に分かれて計4試合がおこなわれたが、西京極の第2試合、近大vs立命戦が関西地区限定ながらNHKのEテレで放映された。毎年、最終節をEテレで放映することになっていて、今年は天理vs立命が関西大学Aリーグを締めくくる試合。その予習機会、といった番組編成なのだろうか。解説は川村幸治さん。村上晃一さんが京都へ戻ってくるまではJ−SPORTSのTL中継でもたびたび登場していて、関西のラグビー解説といえば川村さん、という時代があった。ローカルな話題で申し訳ないが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/21 06:00
帝京、明治を下して全勝キープ! 対抗戦1位通過決定〜関東大学対抗戦 第9節
 11月17日、秩父宮で関東大学対抗戦の第9節、帝京vs明治戦がおこなわれた。帝京はこの1戦に勝てば、対抗戦の1位通過が決まる。対する明治は5位争いの渦中にいて、帝京戦に敗れれば、最終節の早稲田戦も落とした場合、ライバルの成績次第とはいえ、6位で大学選手権出場を逃す危険性があった。ちょっぴり気になったのは、この日の観客数、4684人。秋晴れの穏やかな日和に恵まれたにもかかわらず、少なめであった。まさか、最初から勝敗の行方を決めつけていたわけではなかろう。来週は早慶戦、再来週は早明戦があり、早慶明... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/20 06:00
目覚めた法政、8年ぶりに東海に勝利! 大学選手権出場へ望みつながる〜関東大学リーグ戦 第9節
 今季の関東大学リーグ戦は、第8節終了時点で流経と中央が開幕5連勝で突っ走っているものの、2チーム以外でも大東に名門復活の兆しが見えるなど、弱小のひとことで片づけていい大学は1つもなくて混戦模様、鉄板カードがほとんど存在しないのが特徴である。注目の試合がTV中継なしのことも多く、順位をある程度、予想したうえで中継カードを決めたJ−SPORTSの担当者は今ごろ、苦虫を噛み潰す気分でいるのではないだろうか。もし僕が関東在住だったら、大学ラグビーのLIVE観戦はTV中継のある対抗戦よりもリーグ戦に重き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/13 06:00
ルポライター→「体育」……………(しりとりエッセイ)
 体育といえば、中学3年のときの水泳の時間が忘れられない。最初に先生が生徒たちの泳ぎを見て、レベル別に3つのグループに分けることになった。このとき僕は、水泳部の顧問だったこの先生に1年の夏休みの補習で教えてもらった平泳ぎで泳いだ。すると、フォームがまともだったからだろうか、一番上のグループに入れられた。そこは水泳部の連中が半数を占めていて、潜水25メートルやバタフライなど、僕にとってまったく未知の世界の種目が盛り込まれたうえでひたすら泳ぐ、というメニューが用意されていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/06 21:30
慶應、明治に逆転勝ち&早稲田、食い下がるも最後は帝京が地力を発揮〜関東大学対抗戦 第7節
 11月3日、秩父宮の早慶明帝が集結する日は、毎年のことながら本格的なラグビーシーズン到来を自覚する日だ。今年は前日に同所でジャパンとオールブラックスのテストマッチが組まれていたから、文化の日ならぬ「早慶明帝の日」を強く意識する度合が薄れていたとはいえ、明治vs慶應、帝京vs早稲田の2試合はいつにも増して見応え十分だった。明慶の観衆が1万3021人、帝早は1万8603人の公式発表。大学ラグビーの人気は根強い。大学ラグビーを観る目的で関西から関東まで足を運んだ経験はないけれど、今年は11月3日の秩... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/05 06:00
立命、BK展開で京産を崩す 全勝対決を制して優勝へ驀進〜関西Aリーグ第4節(後編)
 関西AリーグのTV観戦記、後編は鶴見緑地の第2試合、京産vs立命戦である。開幕戦で関学を下した内容が非常に良く、先週の天理戦にも勝利して負けなしの3連勝で来た京産にとって、立命戦は大きな山場といえた。BKにタレントを擁する京産が、抜群の安定感を誇る立命の堅塁を越えることができるのか。対する立命も同志社、大体、関大に3連勝。優勝候補の下馬評どおりに順調である。今、一番元気のあるチームといっていい京産を相手に同様のゲームができるかどうかが、注目された。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/02 12:00
同志社、粘りのディフェンス光る 関学を下して1敗をキープ〜関西Aリーグ第4節(前編)
 10月27日、鶴見緑地球技場で関西大学Aリーグ、第4節の2試合がおこなわれた。TLが同日限りでひとまずウインドウマウスに入り、関東大学対抗戦は翌週の11月3日、早慶明帝が秩父宮へ終結する「祭典」の日が迫って、関西の大学が折り返しの4節となると、本格的なラグビーシーズンの到来を感じずにはいられない。鶴見緑地は同志社vs関学、京産vs立命の注目カード2戦が組まれていたとあって、大勢の観客で賑わっていた。開幕の宝ヶ池、この日の鶴見緑地と、小規模なスタンドが手狭に感じられる日が今季は2度。大学ラグビー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/02 06:00
トヨタ、NECを下して地獄の入口から3連勝! グループA入り決定〜TL.1st第7節(後編)
 TLファーストステージの第7節、TV観戦記の後編は10月26日、柏の葉公園総合競技場でおこなわれたプールA、NECvsトヨタ戦である。前節終了時点でトヨタは、勝ち点で並ぶ3位と4位、神戸とNTTコムを追う5位につけていた。神戸とNTTコムの直接対決が翌日に控えていることから、トヨタがこの1戦に勝てば4位以内、グループA入りが確定。1ポイントも奪えずに敗れると5位が決定するという大一番だった。ふりかえればトヨタは、崖っぷちだった5節の神戸戦で突如、眠りから覚めて大勝。4位争いへ参戦してきたのだっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/01 06:00
キヤノン、負けなしヤマハに値千金の勝利&ドコモ健闘もサントリーが振り切る〜TL1st第7節(中編)
 TL第7節、TV観戦記の中編は秩父宮でおこなわれた2試合である。プールBのキヤノンvsヤマハ戦は、注目の試合だった。キヤノンがグループA入りを賭けた4位争いの渦中にいて、試合前の段階でクボタと勝ち点が同数、得失点差で上を行く4位。同日、クボタの相手が最下位のコーラであることから、絶対に負けられないのはもちろんのこと、4トライ以上のボーナスを付加し、勝ち点5を獲得したい試合だった。僕は当日、レベスタにいてコーラvsクボタ戦を観ながら、心の片隅で、仮にキヤノンが勝ったとしても雨の秩父宮でヤマハを相... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/31 06:00
神戸、NTTコムとの決戦を制してグループA入り決定!〜TL.1st第7節(前編)
 TL第7節、TV観戦記の前編は10月27日、広島でおこなわれたプールA、神戸vsNTTコム戦である。今節は、先に現地で観戦したプールBの2試合を記した。そこでプールBが大変なことになっていると書いたけれど、プールAも同様だった。前日、トヨタがNECを下して暫定3位へ浮上したことにより、勝ち点で並ぶ両者の1戦は、勝ったほうがグループAへ、負けたほうがグループBへ回ってプレーオフ進出の望みを絶たれるという、まさに決戦であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/30 06:00
筑波、切なくなるような守りで踏ん張るも 帝京、雨中の激闘を制す〜関東大学対抗戦 第6節
 10月20日、関東大学対抗戦の第6節、2試合が秩父宮でおこなわれた。第1試合は明治が力の違いを見せ、41×0で日体に完封勝ち。当欄では第2試合、筑波vs帝京について記す。筑波は慶應、早稲田に連敗したが、明治を破って調子を上げつつあった。対する帝京は今年、実力が抜けていると見る向きもあり、対抗戦どころか大学選手権優勝の大本命に推す声が多く聞かれる。昨年、対抗戦で12月に試合をしたときは筑波が帝京を下したが、現状の両者の力を考えると、やはり筑波がチャレンジャーの立場か。両チームとも将来、TL、ある... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/29 05:50
神戸、終盤に崩壊 サントリー、日和佐の逆転トライで雨中の激闘を制す〜TL.1st第6節(後編)
 TV観戦記の後編は三ツ沢でおこなわれたサントリーvs神戸戦である。試合前の段階でサントリーは勝ち点21の首位。神戸は同19の4位につけていた。サントリーはこの1戦に勝てば、グループA入りが決定し、もし敗れたとしても最終節の相手関係からいっても4位以内は安泰だったが、神戸は崖っぷちの1歩手前だった。開幕4連勝と快調なスタートを切り、その内容からいってグループA入りは大丈夫と思われたが、前節、それまで低迷していたトヨタに大敗を喫した。そして前日の結果を受け、勝ち点でNTTコムに並ばれ、トヨタとは1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/25 06:00
NTTコム、勝ち点5ゲット&パナ、後半に加速 東芝を撃破〜TL.1st第6節(前編)
 TLの1stステージは早くも第6節。それぞれのプールにおいて、この時期に早くも4位以内をめぐる勝ち点計算シミュレーションをおこなうのは、新鮮で楽しい。そういう意味では「2部制」への移行が成功したともいえるが、以前記したように、実力が拮抗したからこその盛り上がりである。今回は前編として秩父宮でおこなわれた2試合。とくに1試合目に登場した5位NTTコムは、相手がここまで勝ち点0の九電だけに、4トライ以上を挙げての勝利、勝ち点5獲得が絶対ノルマだった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/25 05:55
釜石、開幕4連勝! 接戦の末、栗田工業を下す〜トップイースト第4節
 TL、大学各リーグが熱戦を繰り広げているが、TL入りを目指す下部リーグの戦いも始まっている。10月13日、熊谷ではTE第4節、釜石vs栗田工業戦がおこなわれた。釜石は3連勝、栗田は2勝1敗でこの1戦を迎えた。TEは昨年、トップチャレンジ、入替戦を経験した三菱重工相模原の力が1枚上と思われるものの、釜石、東京ガス、横河武蔵野、栗田の力が接近していて、混戦の様相を呈しそうな雰囲気。上位をうかがうチーム同士の対戦ということもあり、注目に値する1戦だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/16 21:30
大東、拓殖を下して初勝利 暗黒時代脱出の予感&流経、後半に法政を突き放す〜関東大学リーグ戦 第4節
 選手名鑑で名前を眺める作業は楽しいもの。まったく暇なときではなく、たとえば当欄の観戦記を早く仕上げなきゃいけない、というときに経歴を確認するために手を取り、何気なくほかの選手にも次々と目を移してしまって、あっというまに5分くらい経っていることが多い。今、やるべきことがあるときに限って引き込まれてしまう――選手名鑑にはそんな性質がある。ラグビーマガジン11月号の付録は大学の選手名鑑。東海のHO崩光瑠(くずれ・ひかる)と帝京のSH流大(ながれ・ゆたか)に関しては、『ハーフタイムのコーヒーブレイク』... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/13 05:55
筑波、明治に大勝! 連敗のストレスを発散〜関東大学対抗戦 第4節
 10月というのに暑い。そろそろ観戦者もプレーヤーも快適という季節なのに、10月第1週の週末はどこの会場も夏の装いだった。僕は2日とも花園。とくに日曜日は真夏のような天候で、帰りに暑さバテしたみたいな疲労感に襲われた。「冷たい物!」という欲求に抗い切れず、かき氷を食べに行く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/12 06:00
上昇顕著クボタ&ヤマハ逆転勝ち、7年ぶりに東芝を下す〜TL.1st第5節
 第5節のTVマッチ回顧は盛岡南球技場でおこなわれたプールBの2試合である。プールBはコーラが水を開けられたとはいえ、大混戦ムード。ヤマハが東芝を破り、首位へ浮上した。グループA入りを賭けたボーダー争いは熾烈を極め、5節終了時点で近鉄が4位へ浮上。しかし近鉄はヤマハと東芝、上位2チームとの対戦を残している。プロポーズはしたものの、交際を反対しているらしい相手の親にまだ挨拶をしていないような状況か。ただ、格上と当たるのならマスト・ウィンの度合いに差があるほうがチャンス大、という見方もでき、なんとも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/10 21:30
早稲田、スクラム強烈! 同点の土壇場、決勝PGで筑波に雪辱の白星〜関東大学対抗戦 第3節
 関東大学対抗戦は開幕節で慶應が筑波を破り、名門復活を高らかにアピールした。負けた筑波に落胆している暇はなく、3節、9月29日に早稲田との対決を迎えた。ここで前回以上の内容を見せて、以降に弾みをつけたいところ。早稲田は昨年、筑波戦で7×26と一方的な敗戦を喫しているだけに、雪辱を期する思いが強かっただろう。好勝負が予想されたゲームだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/05 06:00
「わびさび」のロースコア決着 日大が拓殖との接戦を制す〜関東大学リーグ戦 第3節
 関東大学リーグ戦は今季、混濁の色を呈してきている。第3節、リーグ戦の雄としてここ数年、君臨し続けてきた東海が中央に敗れた。上位と下位の力差が詰まってきているという意味で関西と似ており、何が起きるかわからないリーグだ。今回はJ−SPORTSで放映された9月29日、秩父宮の日大vs拓殖戦について。まるでヨーロッパのラグビーを観ているかのような、試合終盤になってじんわりと心の底から感情がこみ上げてくる、「わびさび」のゲームだった。人によって好みはあると思うけれど、こういうロースコア、僕は結構好きであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/05 05:55
京産、攻守に好プレー続出、後半点火&立命、入りにリード許すも泰然と逆転〜関西Aリーグ第1節
 9月29日に開幕した関西大学Aリーグ。鶴見緑地の近大vs関大戦、天理vs大体戦については、すでにライブ観戦記を掲載した。今回はJ−SPORTSで放映された宝ヶ池の2試合のTV観戦記である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/04 06:00
パナソニック、終盤突き放す! 10月戦線に弾みつく勝ち点5ゲット〜TL.1st第4節(後編)
 TL第4節のTV観戦記、後編は栃木県の足利でおこなわれたパナソニックvsクボタの試合。足利における、平成の世になったあと有名になった場所といえば、渡良瀬川に架かる渡良瀬橋だろう。森高千里さんのヒット曲のタイトルとして、広く知られるようになった。森高さんが人気絶頂だった平成初頭、当時の男子学生はみんな彼女のファンだったが、僕も例外ではない(同時代の“みんな大好き健康美人”を挙げると、田中律子さんがそれに続く存在か)。そして、森高さんの歌の中でもとりわけ「渡良瀬橋」が好きだった。J−POPにおいて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/01 22:30
NTTコム、トヨタとの接戦を制す&NEC、きっちり大勝〜TL.1st第4節(中編)
 コラム3本立てで構成する「ハーフタイムのコーヒーブレイク」のbW9、3本目に、J−SPORTSのエンディングに使用されている田中美里さんの「ノーサイド」のことを書いてみた。ラグビーマガジン11月号の巻末インタビューに田中さんが登場していたが(文は森本優子さん)、自分の文章とはえらい落差がある。俺の書いたのはなんちゅうひねた文章やねん、と。しかし、全否定でない包み込むようなネガティブという点で、「白か黒か」を決めたがる昨今の風潮とは違ったテイストにしている。決してよそゆきではなく、愛着あるネガテ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/01 05:50
面で守ってリコーに堅勝! 東芝、開幕4連勝でプールBの首位キープ〜TL.1st第4節(前編)
 中1週のブレイクを挟んだTL第4節のTV観戦記は、まず前編として9月27日のフライデーナイト、秩父宮のリコーvs東芝戦を記す。秋の気配が濃厚になってきた当日、キックオフ直前の気温は20度。プレーする側にとっては快適だが、観客は、夏から秋にかけての今の時期だと寒いくらいに感じたかもしれない。金曜夜の試合はこの1戦が最後。先週、リコーvsキヤノンの「コピー機ダービー」がおおいに賑わったようだけれど、フライデーナイトは近くにオフィスや営業所がある両チームの会社の人が、大勢詰めかける。その効果を狙って... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/29 07:00
慶應、開幕戦勝利! 筑波を下して凱歌高らか〜関東大学対抗戦 第1節
 関東で大学ラグビーが開幕した。TLの火蓋が切って落とされ、熱戦が続くさなかにあって大学ラグビーが始まるとなると、まだ半袖で十分な気候とはいえ、ラグビーシーズンの到来を感じずにはいられない。対抗戦は帝京を追う早稲田、明治、筑波、慶應という構図か。リーグ戦は東海を流経が追うという図式に思えるが、東福岡を全国区の強豪へ育て上げた名伯楽、谷崎新監督のもと復活を期す法政を筆頭に、力をつけつつある拓大、日大といった伏兵も虎視眈々である。ここではJ−SPORTS放映分の開幕カードから、実力が接近した好カード... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/18 23:00
ヤマハ、ビハインドの終盤、ルーキー堀江がトライ! ドローに持ち込む〜TL.1st第3節(後編)
 TL第3節、NECvsサントリー戦については前編に記した。後編は9月14日におこなわれたヤマハvsパナソニック戦である。画面を通して伝わってくるヤマハスタジアムの温かでありながら熱いスタンドの雰囲気に好感を抱いた。私事ながら昨年、僕はこのスタジアムへ2度、出かけている。プレーする側にとってはインゴールの狭さが気になるところかもしれないが、ここはピッチと観客席が近いうえ、バックスタンドの傾斜がきつくてとても観やすく、フットボールの醍醐味を存分に味わえる。また、ファンサービスにも力を入れていて居心... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/18 06:00
土壇場にナドロがトライ! NECが劇的な逆転勝ちでサントリーを下す〜TL.1st第3節(前編)
 TLは第3節。今節も各地で熱戦が繰り広げられた。NECvsサントリー戦の中継で、日本代表HCのエディー・ジョーンズHCが別会場の試合を観てから秩父宮へ来たという話が紹介されていたが、先に観たのは三ツ沢でおこなわれたクボタvs東芝戦であろう。三ツ沢は午後4時キックオフ。三ツ沢から新横浜までタクシーに乗り、新幹線を利用すれば、午後7時キックオフの秩父宮へ間に合う。ふつうのTLファンで同じことをやった人がいたかどうか、ちょっと気になるところだ。僕が関東在住であれば、クボタvs東芝戦はTV中継なしとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/17 06:00
東芝、美しい完勝&神戸、前半ビハインドも後半にきっちり〜TL.1st第2節(後編)
 TL第2節のTVマッチ回顧、後編は9月7日、レベスタでおこなわれた2試合である。結果を知ってからのビデオ観戦となったが、伝え聞いたスコア以上に面白い試合が続いた。ときおり雨が降る天候でスリップしやすいピッチコンディションとなり、フロントローはスクラムで、BKの選手は自慢の快速を見せようとした場面で足を滑らせるシーンが多々あり、少々気の毒だった。しかし、このスタジアムはメイン、バックともスタンドが広く屋根に覆われていて、専用球技場でピッチとスタンドが近い中、雨具なしで快適そうに過ごす観客の姿が画... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/13 06:00
青春街道キヤノン、ついにパナ撃破のアップセット&クボタ、近鉄に僅差勝利〜TL.1st第2節(中編)
 第2節のTV観戦記、中編は9月7日、秩父宮でおこなわれた2試合である。昨年すでに昇格初年度とは思えない力を示していたキヤノン。近いうちにアップセットを演じるであろうことは予想がついたが、ついにパナソニックを破るときが来た。詳細はのちに記すが、先週の開幕節で東芝を相手に2点差の惜敗といい、今週の勝利といい、土曜日に2週続けて観戦に行かれたかたは、キヤノンを好きにならずにはいられないのではないだろうか。店に来る客全員を虜にするbPホステスみたいなキヤノンの今後に、注目である。まずは第1試合のクボタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/09 23:00
サントリー、一方的なワンナイトショー 大量得点の猛攻でトヨタを粉砕!〜TL.1st第2節(前編)
 TLは第2節を迎えた。J−SPORTSの放映分のTVマッチ回顧はまず前編として、和歌山の紀三井寺公園陸上競技場でおこなわれた、トヨタvsサントリー戦。今節最大の注目カードだった。画面を観ていて思ったのだけれど、ゲームキャプテンを務めたトヨタの左LO杉本晃一選手の体がずいぶんと大きくなっている。そして、少しだけ首を前傾させた立ち姿が、どことなく菊谷崇選手に似てきた。杉本選手も“怪獣軍団入り”か。このチームはとにかくゴツい選手が多い。ウォームアップに表われるところをそばで観るだけで、入場料を払った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/09 21:30
リコー、最後にPGでドローに&キヤノン、2年続けて大魚を逃す〜TL.1st第1節(後編)
 TL開幕週のTVマッチ回顧、後編は8月31日、秩父宮でおこなわれたプールBの2試合である。リコーvsコーラ、東芝vsキヤノンとも手に汗握る好勝負で、この日、秩父宮で2試合とも続けて観られたかたは幸せ一杯の気分で帰途につかれたのではないだろうか。混戦と言われていたプールBだが、開幕戦の各試合を観てあらためて、どのチームからも目が離せない、と思った。前年度の順位から東芝とパナソニックが2強、ヤマハが3番手で次は近鉄かリコーか、といったイメージを抱いている人が多いと推測するが、大きくない力差で下位と... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/05 06:00
ドコモ5T快勝&織機、金星目前も黒宮サヨナラPG! トヨタが逆転勝ち〜TL.1st第1節(中編)
 TL開幕節のTV観戦記、中編は9月1日、豊田スタジアムでおこなわれた2試合である。このスタジアムはサッカーのメッカ、クラブチーム世界最強を決めるトヨタカップの舞台としてもよく知られているが、昨年、初めて行って、フットボールを観戦するのに理想的なスタジアムだ、と感動すら覚えた。その日に組まれていたのは近鉄vs九電、トヨタvs神戸の2試合。トヨタvs神戸はリードされていたトヨタが終盤に猛追してドローという大熱戦で、偉容を誇るスタンドと屋根に反響する自然発生のトヨタコールにたじろぎながらも、いい雰囲... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/04 06:00
サントリー、不安払拭の快勝&神戸、NECとの接戦を制す〜TL.1st第1節(前編)
 11年目のジャパンラグビートップリーグが8月30日に開幕した。今季から2プールによる2ステージ制を採用し、1stステージでそれぞれの5位以下へ沈むとプレーオフ進出の望みが絶たれてしまうことから、各チームは開幕から取りこぼせない思いでいるに違いない。現場へ出かけて観戦記をすでに掲載した31日、キンチョウのヤマハvsクボタ、近鉄vsパナソニック以外の開幕節各試合について書いていくが、今回は30日に秩父宮、31日に神戸ユニバーでおこなわれた計2試合を前編として記す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/03 06:00
8月30日開幕、今季から2ステージ制へ サントリーの3連覇なるか!?〜2013トップリーグプレビュー
 8月30日、装いも新たにTLの2013年度シーズンが開幕する。今季から参加チームが1つ増えて16チームとなり、2つのプールに分かれて2ステージ制が採用されるのが、大きな変更点だ。10月27日に最終節を迎えるファーストステージのAとB、各プールの上位4チーム、計8チームが11月30日以降のセカンドステージで上位のグループAとなり、下位グループを合わせた8チームがグループBへ組み入れられる。グループBのチームはその時点でプレーオフ進出の望みを絶たれるが、ここで上位4チームへ入れば、グループAの下位... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/26 21:30
まためぐり来る夏の日に 心ふるわす人がいる
 今年も“甲子園の夏”がやってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/09 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(84)
 5月4日に秩父宮でおこなわれたアジア5ヵ国対抗の日韓戦の観客が約7千人。同日、佐賀県鳥栖、ベアスタのJリーグの試合には約1万4千人と、秩父宮の2倍の観客が集まった。このことについて、トップリーグに所属する某選手がツイッターで嘆いていた。こちらもしばし、悄然と肩を落とす。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/24 21:30
林間学校→「奪い合い」……………(しりとりエッセイ)
 日本で古くからおこなわれていた球技といえば、思いつくのは蹴鞠だ。しかし現在、人気を集めている球技はすべて、欧米から伝来したものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/17 21:30
近鉄vs南海
 4月19日から21日のあいだ、京セラドームのオリックスvsソフトバンク戦が「OSAKA CLASSIC」と銘打たれ、オリックスが近鉄バファローズ、ソフトバンクが南海ホークスのユニフォームを着るというので、出かけてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/25 21:30
ジャパン、121点の猛攻 福岡、快速を披露して2トライデビュー〜アジア5か国対抗 日本vsフィリピン
 【○日本代表121×0フィリピン代表】 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/23 23:00
大阪桐蔭、粘りのディフェンスとFWの力強さ光る 仰星を破って初優勝〜第14回全国高校選抜大会決勝
 4月7日、熊谷ラグビー場で全国高校選抜ラグビー大会の決勝がおこなわれた。準決勝進出チームが大阪桐蔭、昨季の花園優勝の常翔学園、東海大仰星、大阪朝鮮高級学校と大阪勢が独占したことが話題になったが、花園大会における大阪の出場枠は3である。1校は花園へ出場できない。大阪にはほかに常翔啓光学園、同志社香里といった強いチームが存在する。年末へ向け、早くも予断のならない状況だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/13 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(82)
 サントリーと近鉄に共通していることがあります。それは何でしょう? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/29 21:30
スポーツに本当の不幸があってはならない
 僕は極力、テレビのニュース、ニュースショーやワイドショーを観ないようにしている。社会の出来事に関心がないのではない。そうした番組がたまたま目に入ったときにいつも思うのは、その中で報じられる不幸の数々について情報の送り手が「困っている人が救われてほしい、世界が平和で満たされてほしい」と心から願っているのであれば、そのニュースの切り取り方、扱い方は決してこのような形にはならないはずだ、ということである。人の不幸は蜜の味というけれど、悲惨なニュースはある意味、ガス抜きの役割を果たしている。同情や共感... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/27 21:30
コーチング……………(復刻コラム)
 大阪の桜宮高校でバスケットボール部員の男子生徒が顧問の体罰を苦にして自殺したあと、柔道の女子日本代表チームの体罰問題が表面化した。しかし全柔連内部の使途不明金問題等が明るみになって、体罰に関する議論と結論づけが曖昧なまま、話題はこの国の人たちの好む全柔連の組織論へと変化しつつある。しかし、今、きっちり落とし前をつけておかないと喉元すぎれば熱さ忘れるの諺にあるように、きっと同じような体罰問題が起きる。過去の歴史をみてもそうだった。だから、僕はしばらくのあいだ、不定期ではあるけれど、この問題に関連... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/21 21:30
地図帳→「雨天中止」……………(しりとりエッセイ)
 トップページへ飛んでいってもらえばわかると思うが、拙ブログ記事の半数以上を占めるのが、ラグビーに関連する内容である。ときどき、どうしてこんなに好きになっていまったのだろうかと、腐れ縁で結ばれた男と女のような気持ちになるけれども、ラグビーの特徴のひとつに、雨天による開催中止がないことが挙げられるよう。イギリス発祥のスポーツの多くは、かの地が曇天や雨に見舞われる日が多いせいか、少々の天候不順では中止にならない。でも僕は1度、花園ラグビー場で試合中止のアナウンスを聞いたことがある。ただしこれは、雨で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/16 21:30
神戸、前半優勢も詰めに甘さ 好機仕留めたサントリー、シーズン無敗で3連覇達成!〜日本選手権決勝
 2月24日、国立競技場で快晴のもと、日本選手権の決勝がおこなわれた。ラウンドロビン、TLプレーオフ、そして選手権準決勝まで今季無敗のサントリーが“完全優勝”を成し遂げ、3連覇を達成するのか。それとも9大会ぶりに決勝の舞台へ駒を進めた神戸が名門復活を高らかに告げて栄冠を手にするのか。注目の1戦であった。第13節とプレーオフT準決勝の直接対決ではともにサントリーが神戸に完勝しているが、当時の神戸は故障者が出て、万全のチーム状態にはほど遠かった。今回、12番クレイグ・ウィング、13番ジャック・フーリ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/25 20:30
パナソニック、ゴール前でミス頻発 またも苦杯 3連覇を狙うサントリー決勝進出〜日本選手権準決勝
 日本選手権は2月16日、同時刻キックオフで2試合がおこなわれた。現場へ足を運んだ花園の神戸vs東芝戦は先に発表。今回は秩父宮開催分のTV観戦記である。過去、サントリーとパナソニックの力関係について、サントリーの出来次第でパナソニックが3回に1回くらいの確率で勝つのだろうけど、と言っていたが、だんだん5回に1回に変わってきた。そのあたりについてはあとで説明する。秩父宮は花園同様に晴天だった。闘志を剥きだしに楕円球を追う戦士、熱狂する観客を尻目に、数羽の鳩が芝生の禿げた部分で群れをなし、食糧となる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/18 22:00
ルックス→「スロー再生」……………(しりとりエッセイ)
 我が家のテレビ台の下にビデオデッキが初めて鎮座したのは、1982年だったと記憶している。取り出しボタンを押すとカセットの挿入部がガチャンと飛び出してきて、録画や再生の動作時には、4桁の数字を表示するカウンターがゆっくりと回った。今にして思えば、アナログ感に満ち満ちた代物であった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/02 21:30
スポーツを習うのになぜ指導者から殴られなければならないのか
 アメリカのスポーツ心理学者、D・スーザン・バットは、スポーツマンがスポーツに臨む一次的動機付け(モチベーション)として、次の3つを挙げている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/01 21:30
俯瞰――ラグビーW杯日本大会へ向けて
 ときどき、一歩下がって俯瞰する視点に立って、ラグビーは日本のスポーツ界でどのような存在なのか、と考える。存在と書くと大げさだが、いろいろ観察しているうち、この世界はゴルフに近い、と思った。ラグビーの場合は過去にやっていたという「引退組」が多いとはいえ、ファンの中に経験者の占める割合が多い点が両者の共通項だ。野球やサッカーのような人気スポーツを除けば、大方はそんなものかもしれない。ただ、ゴルフは、大人の社交手段としてすっかりメジャーな存在になっていて、プロのトーナメントをお手本として観る現在進行... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/31 21:30
スミス値千金のターンオーバー連発! サントリー、東芝の猛攻をしのいで連覇〜TLプレーオフファイナル
 1月27日、秩父宮では頂点を決める1戦、プレーオフトーナメントのファイナルがおこなわれた。1万3858人の観衆が、手に汗握る攻防を前に、ときに息を飲み、ある場面では悲鳴を上げ、声援と拍手を惜しみなく選手に注ぐ好ゲームとなった。ファイナルにふさわしい戦い。短く感じられる濃厚な80分間は、観る者にとって至福の時間であった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/30 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(79)
 ラグビーマガジン2月号の編集後記に、ショーケンさんがこんなことを書いておられた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/01/24 21:30
東芝、真っ向勝負を制してパナソニックを振り切る〜TLプレーオフセミファイナル(後編)
 1月20日、前日に引き続き、秩父宮ではプレーオフトーナメントのセミファイナル、パナソニックvs東芝戦がおこなわれた(サントリーvs神戸戦は先に前編として掲載)。ちなみに同日、福岡のレベスタではトップチャレンジ1第3節の2試合も組まれていた。当サイトで第2節のコーラvs三菱戦、織機vsクボタ戦のマッチレポートを掲載したこともあり、僕自身、結果が気になっていたので、先に触れておこう。第1試合のクボタvs三菱戦は40×17、クボタが勝ち点5を挙げる勝利で総勝ち点を11とし、自動昇格決定。これを受け、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/21 21:00
リリーフ投入のピシが後半大活躍 サントリー、神戸を屠って決勝へ〜TLプレーオフセミファイナル(前編)
 TLはプレーオフトーナメントのセミファイナルを迎えた。19日、秩父宮では1位−4位の対決。サントリーvs神戸の1戦がおこなわれた。1月6日、ラウンドロビンの最終節でも対戦した両者。サントリーが快勝した結果、神戸は4位へ転落し、セミファイナルで再び相まみえることになったが、神戸がやられっぱなしだったブレイクダウンをいかに修正して失点をいかに減らすかが、第一の焦点だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/20 06:30
御所実、堅牢なディフェンスで魔界へいざなうも 常翔、接戦を制す〜第92回全国高校ラグビー決勝
 暮れの12月27日に開幕した第92回全国高校ラグビーは、1月7日の決勝をもって全大会日程を終了した。常翔学園が接戦の末、御所実を破って優勝。ふりかえれば、印象深いゲームが目白押しだった。まず、開会式直後のU18女子セブンズ。普及の部とハイパフォーマンスに分かれた東西対抗戦、2試合がおこなわれたが、まだ経験年数の浅いプレーヤーたちによる普及の部が、2部構成になる前の東西対抗戦に近いレベルだったのには驚いた。ハイパフォーマンスの部はいわずもがな、年々レベルアップしている。普及の部、ハイパフォーマン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/12 06:00
NEC、変則ラグビーへ回帰したサニックスに勝利&NTTコム、“サヨナラ勝ち”〜TL第13節(後編)
 今回、第13節のTVマッチ回顧は後編として、レベスタでおこなわれた2試合を。プレーオフや日本選手権のワイルドトーナメント、入替戦へ回るチームの内訳は12節を終えた時点で決定していて、順位争いという点では興味の薄い2試合ではあったが、観る者を質の良い酩酊へいざなう好ゲームだった。この日、会場へ足を運んだファンのかたはラグビーの魅力を十二分に堪能できたのではないかと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/11 06:00
キヤノン前半健闘も、パナが後半に地力を発揮&トヨタ、食い下がるドコモを振り切る〜TL第13節(中編)
 1月6日におこなわれたTL第13節のTVマッチ回顧。今回は中編として、西京極でおこなわれた2試合である。11月4日、同じ京都に位置する宝ヶ池へ関西大学Aリーグの試合を観に行ったとき、この日のTL開催におけるイベント、子供たちを対象としたラグビー体験の宣伝チラシが入場者に配られていた。裏手には、京都にやってくる4チームに所属する京都ゆかりの選手一覧表が掲載されていて、プレーヤー19人、コーチ2人のメッセージも併せて記されていた。一覧表に載ったプレーヤーの中で最年長、パナソニックの三宅敬選手のメッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/10 06:00
前半同点の折り返しもサントリー、後半にきっちり ヤマハはPO進出の可能性消滅〜TL第12節(後編)
 12月23日、ホムスタ神戸でおこなわれたトヨタvsリコー戦のLIVE観戦記は書きやすかった。トヨタの勝因が明白だったからである。試合を観ていて、後半の途中あたりから、観戦記の終わりのほうの総評部分を書くのが楽しみだった。ちなみに同日第2試合の神戸vsパナソニック戦は、スリリングという意味で十分すぎるほど楽しい試合だったとはいえ、バタバタした流れになって、ある種、つかみづらい内容。お互いに厳しくプレッシャーをかけている証拠でもあったけれど。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/27 06:00
NTTコム連敗脱出、敗れた近鉄はPO進出絶望&NEC完勝、10位以内確定〜TL第12節(前編)
 TL第12節、秩父宮の2試合をTV観戦したあと、サンテレビで競艇の賞金王決定戦を観た。アシスタントが磯山さやかさんで、レポーターにはJ−SPORTSの「野球好きニュース」のMC、森藤恵美さん。……観てしまうではないか。磯山さんはもともとグラビアアイドルだけれども、「もう水着になんかならなくていい、ならないでほしい」と僕は思っている。洋服を着た姿だけを観たいのだ。小池栄子さん、安めぐみさん、吉岡美穂さんといったあたりに対しても同様だったが、ファンになったグラビアアイドルには、「服をきちんと着せて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/24 06:00
サントリー快勝、連勝街道まっしぐら 大スランプのNTTコムは無抵抗〜TL第11節
 大学選手権が始まってビデオがフル稼働、寝る間も惜しんで試合を観る日々が続いている。そんな中でも、ときどき村上晃一さんの「ラグビー愛好日記」を読む。以前、僕のことを村上さんみたいだとコメントに書いてくれた人がいたけれども、村上さんがオスカー俳優だとしたら、こっちはマニア向け作品専門の変態男優みたいなもので、天と地の開きがある。村上さんは、瑞穂の駅のトイレに卑猥な落書きを見つけたのを発端にして、恋の対象と性欲の対象における微妙なズレを考察する文章を書くことなど、絶対にしないだろう(「ハーフタイムの... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/19 20:30
NEC、日本選手権WC出場10位へ向け上昇気配&パナと神戸、下位にきっちり完勝〜TL第10節(後編)
 パナソニックvsドコモ戦の録画を観ていたら、解説の盛田清人さんがパナソニックのWTB山田章仁選手の髪型について、「変にしてください、とお願いしたらしいですよ」というエピソードを紹介していた。だけど、個人的印象として、今回の髪型はおとなしく感じる。なぜなら、サイドと後ろをきつく刈り上げたところへふつうっぽい髪型を乗せるヘアースタイルは、20年くらい前、それほど珍しくはなかった。山田選手より前髪を長くしていたものの、僕自身、似たような髪型にしていたのだ(でも、ときどき年配の人に「オモロイ頭にしてん... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/12 23:00
サントリー、東芝の圧力に耐えて1点差勝利 PO進出決定!〜TL第10節(前編)
 12月8日は、ヤマハスタジアムでヤマハvs近鉄戦を観たあと、帰りの新幹線の中で観戦記をある程度、書き上げて、家に着いたあと、録画しておいたサントリーvs東芝戦を、結果を知らないまま観る――という予定だった。ところが、スタジアムから磐田駅へ向かう送迎バスの中で、サントリーが東芝に勝ったという会話が、耳に入ってきた。ああ、もう、いらんこと言うなよ、と内心、歯噛みする。別に彼氏になれなくてもいいから、自分の中で素敵な人として祀っておきたかった女の子に関して、男と腕を組んでホテル街を歩いているのを目撃... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/11 22:00
イングランド、後半にBKが3連続トライ! オールブラックスを破る〜テストマッチ
 日本では12月第1週からTLが再開された。しかし、この週は、ヨーロッパにおいてはテストマッチシリーズの最終戦。12月1日、トゥイッケナムでおこなわれたイングランドvsオールブラックス戦は、手に汗握る好勝負だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/10 05:55
昇格を目指すクボタ、三菱との接戦を制してTE優勝 TC1進出決定〜トップイースト第12節
 TLのラウンドロビンが再開され、大学ラグビーも、選手権を前にして佳境。全国高校ラグビーの開幕も間近だ。12月に入り、ラグビーシーズン本格化を感じるこのごろではあるが、灼熱の冬物語と形容すべき戦いはまだ存在する。TL昇格をめぐる争いだ。12月9日、まずは神戸ユニバーでトップチャレンジ2が開幕する。ホンダvs三菱重工相模原戦。このカードが事実上、トップチャレンジ2の1位決定戦といっていいだろう。そして、トップチャレンジ2の1位と、イースト、ウエスト、キュウシュウの1位の計4チームで、年明けからトッ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/07 06:00
逞しい筑波、帝京の堅塁越える&伝統の1戦はロスタイムにドラマ、明治劇的逆転〜関東大学対抗戦 第13節
 11月25日、リーグ戦の最終戦で東海が流経を破って2年ぶりに優勝し、12月1日、関西の最終戦では、すでに優勝を決めていた天理が、この試合に勝てば大学選手権出場が叶う同志社を、ロスタイムの大逆転勝ちで下した。対抗戦も12月1日、2日が最終節。順位争いは最後までもつれていた。目前に迫った大学選手権のセカンドステージを占う意味でも、上位対決の内容は注目に値した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/07 05:55
東芝、ヤマハの反撃封じる&田中と堀江合流のパナ快勝&NEC、ニリとナドロが爆発〜TL第9節
 12月に入り、1ヵ月間の休止期間を終えたTLのラウンドロビンが再開された。それに合わせて、冬らしい寒さが訪れた。アンダーアーマーのヒートテック、ユニクロのヒートギア、ズボン下にはタイツ、そしていちばん下に着るTシャツには貼りつけるタイプの使い捨てカイロと、少し動けば暑いくらいの完全装備で花園へ出かけた。朝、東花園駅からラグビー場へ向かうラグビーロードでは、NTTコム応援団の有志のかたたちが、ボランティアで清掃活動をされていた。素敵な光景である。そして、スタンドへ入り、第2試合に近鉄が登場しよう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/05 23:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(77)
 CSのMOMDO−TVで放映されている麻雀の対局をよく観る。先日、2012−13シーズン、女流モンド杯の決勝が終わった。対局終了後、解説していたベテランの前原雄大プロが、次のようなことを仰っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/01 21:30
オールブラックス、手負いのウェールズに完勝〜テストマッチ
 11月はテストマッチ月間。ジャパンは欧州へ遠征し、ルーマニア、グルジアに連勝したが、ノンキャップ試合におけるJAPAN XVとして臨んだフランス・バスク選抜戦、フレンチ・バーバリアンズ戦は黒星に終わってしまった。他国代表もテストマッチを組んでいて、オールブラックスも欧州へ赴き、スコットランド、イタリアに勝利している。11月24日は、ロンドン五輪、女子サッカーの主要会場だったミレニアムスタジアムで、ウェールズ代表との1戦が組まれていた。ウェールズはアルゼンチン、サモアに敗れ、テストマッチ5連敗中... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/30 20:30
チンチン電車→「野次」……………(しりとりエッセイ)
 昔、福岡ソフトバンクホークスがまだ南海ホークスといっていた時代、このチームの2軍の試合を観に行ったことがある。場所は現在、なんばパークスというショッピングモールに生まれ変わっている大阪球場だった。僕は高校生で、その日は試験の最終日か何かで学校が午前中で退けたのを幸いと、平日午後におこわれた試合を観に行ったように記憶している。相手は阪神タイガースだった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/29 21:30
立命、大体の強力FWに屈しない力強い勝利〜関西Aリーグ第7節
 11月24日と25日に、西京極とキンチョウで、関西Aリーグ第7節の計3試合がおこなわれた(25日、キンチョウの京産vs摂南、関学vs近大は先に観戦記をUP)。24日、西京極で組まれていたのは、大体vs立命。J−SPORTSの中継の実況は大前一樹さん、解説は藤島大さんだった。2人の姿は第6節、鶴見緑地でもお見受けした。鶴見は専用の放送ブースがなく、運動会の本部席みたいな仮設の放送席がスタンド最上段にしつらえてあり、当日はBSスカパーのみの放送。ケーブルテレビでJ−SPORTSを観ている僕は録画を... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/29 06:00
東海、セットと接点で流経を凌駕! 2年ぶりのリーグ戦優勝〜関東リーグ戦 第12節
 先日、TV観戦記のマクラで、スポーツライターの玉木正之さんの著書「続スポーツ解体新書」に、ラグビーを観戦する女性の横顔はたいてい、少し微笑んだ表情をしている、と書かれていることを紹介したけれども、以来、女性の横顔に注目してしまうので、少々困惑している。でも、玉木さんが仰られていることは本当だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/28 22:30
伝統の早慶戦は接戦 後半、早稲田が突き放す〜関東大学対抗戦 第12節
 11月23日、秩父宮で伝統の早慶戦がおこなわれた。この日は11月3日同様、晴れの得意日として知られるが、今年はあいにくの雨。それでも1万2524人が集まったのだから、伝統の重みを感じる。解説の大畑大介さんが、TLではなかなか1万人以上入らないのに、と感心しておられた。TLについて触れると、個人的には12月から1月、神戸が東芝、パナソニック、サントリーと戦うホムスタの試合で1万人以上入ってくれないかな、と願っている。雨だろうが雪だろうが、屋根つきの全天候型スタジアムなので濡れる心配はなし。天気予... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/24 06:00
第92回全国高校ラグビー予選決勝レポート〜京都・大阪・兵庫
 第92回全国高校ラグビーの予選が各地でおこなわれ、このほど代表校が出揃った。東福岡の4連覇なるか、阻むとするならどのチームか、興味は尽きない。今年の上位校は実力が接近しており、予断を許さない大会になりそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/24 05:55
東海、大勝で流経との決戦へ&青学、立教との火花散るライバル対決を制す〜関東リーグ戦&対抗戦 第11節
 玉木正之さんの「続スポーツ解体新書」(財界展望新社刊)に、玉木さんが小学生のころ、自宅の水道メーターをチェックしに来たのが、京都市役所のラグビー選手だった話が書かれていた。そこには、彼の出場する試合をテレビで食い入るように見つめる、中学生だった姉の少し頬の緩んだ顔が忘れられない、とあった。そして、久しぶりに秩父宮でマイクロソフトカップ(かつてTLのリーグ戦、マイクロソフトカップ、日本選手権が三冠と位置づけられていた)を観に行った感想として、絶え間なくボールが動くラグビーに時代の変化を感じたけれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/20 22:00
SO中村、ハットトリックの大活躍! 注目の全勝対決は帝京が明治を下す〜関東大学対抗戦 第11節
 11月18日、関東大学対抗戦、秩父宮の1戦は大一番だった。帝京vs明治。ほんの5年ほど前まで、このカードはTVの放映予定から外れていたのだが、重量級FW対決として、今や全国のラグビーファンが注目する試合になった。まして、今季は全勝同士。対抗戦の優勝争いという意味でも、注目度の高い1戦だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/19 22:30
大東&関東学院、いまだ勝ちなし 流経、全勝をキープして東海との決戦に臨む〜関東大学リーグ戦 第10節
 関東大学リーグ戦は前年度優勝の流経、2位の東海が全勝街道を突き進み、2強を形成している。気かかりなのは関東学院、大東文化の低迷である。昨年の主力が抜けたり、故障者が続出したりと、致し方ない元凶があるのだろうけど、かつて黄金時代を築いた両校だけに、淋しい限りである。放送の中で「崩れるのはあっというまだ」という関東、櫻井勝則監督のコメントが紹介されていたが、男と女の別離を語っているかのようで、余計にもの悲しい気分になる。そういえば、集音マイクがいつも拾っていた関東ファンの子供さんが応援する声、「関... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/15 06:00
関学、大学選手権出場決定&立命、中本決勝PG 京産&同志社、食い下がるも惜敗〜関西Aリーグ第6節
 11月10日、西京極と鶴見緑地に分かれ、関西大学Aリーグの計4試合がおこなわれた。現場で観た鶴見緑地の2試合(摂南大学vs近畿大学、大阪体育大学vs天理大学)は先に掲載したので、今回はTV観となった西京極の2試合である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/14 06:00
早稲田、一時14点リードも帝京、慌てず逆転&明治、前半爆発! 慶應に快勝〜関東大学対抗戦 第9節
 11月3日、秩父宮では関東大学対抗戦の2試合がおこなわれた。名門、強豪の4チーム、早慶明帝が揃い踏みである。特定チームのファンやOBのかたには、この順番に異議を唱えるかたがいらっしゃるかもしれないが、この早慶明帝という言葉の響きを、僕はとても気に入っている。そして毎年、11月3日になると、大学ラグビーもいよいよ佳境に入ってきたなあ、と思う。現地観戦が恒例行事というかたもおられるだろうし、J−SPORTSのTV観戦が楽しみという人も多いはず。僕は関西大学Aリーグの試合を観るため、神戸ユニバー記念... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/08 20:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(74)
 ラグビーマガジン11月号に、読み逃せないインタビューが2本、掲載された。パナソニックのCTBソニー=ビル・ウィリアムズ選手と、TL昇格を目指すTEの三菱重工相模原に加入したWTBシェーン・ウィリアムズ選手。説明するまでもないが、前者はニュージーランド、後者はウェールズが世界へ輩出したビッグネーム。11月号のインタビューは、「2人のウィリアムズ」という構成になっていたわけだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/01 21:30
立命、関学撃破 力強く開幕4連勝&京産、同志社の追い上げをしのぐ〜関西Aリーグ第4節
 関西Aリーグは第4節を終えた。J−SPORTSでは、宝ヶ池の2試合を中継。第1試合の立命vs関学戦の途中、激しく降った雨は京産vs同志社戦のころにはすっかり上がり、陽まで射してきた。「放送席も予想外の天気、逆光で選手の区別がつきません」と谷口広明アナが仰っていたが、ここはメインスタンドで観ると真南向き。もろに逆光である。晴れた日はバックスタンド側に座ったほうがいいかもしれない。今回はTV観戦だったが、宝ヶ池に行くのは好きだ。JRや私鉄から地下鉄へ乗り換える京都駅や四条駅は大勢の行楽客でごった返... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/30 23:30
小野澤、通算100T達成 サントリー快勝&ドコモ、優勢に進めるも九電に悔しい敗戦〜TL第8節(後編)
 TL第8節は4試合がJ−SPORTSで放映された。秩父宮の2試合はLIVE中継(TV観戦記は前編としてUP済み)。スタジアムへ出向く日が多く、「土曜の昼に家でLIVE中継観るん、今季初やがな」と、いささか新鮮な心持ちだった。福岡、レベルファイブスタジアムの2試合は夜11時から録画放送。第1試合の九電vsドコモ戦は力が拮抗し、両者ともマスト・ウィンを誓ってこの1戦に賭けてくると思われた好カードである。結果を知らないまま観て、この先どうなるかわからないLIVE感覚を味わうぞ、と心に決めていた。放送... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/29 22:00
ヤマハ、キャノンに6T快勝&トヨタ、冷や汗の勝利 NTTコムあと1歩及ばず〜TL第8節(前編)
 10月27日、ビッグニュースが飛び込んできた。ニュージーランドのオタゴに加わって州代表選手権、ITMカップを戦っていたパナソニックのSH田中史朗がその活躍を買われ、スーパーラグビーのハイランダーズ入りが決まった。スーパーラグビーのチームに日本人が入団するのは初。大変な名誉である。今後、田中は帰国し、パナソニックでTLを戦ったあと、来年の2月からツアーに参加する。前例のない快挙というのはたいてい、1人目が誕生するまでに時間がかかるけれども、その後は比較的、スムーズなもの。2人目、3人目の誕生に期... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/28 23:00
明治、筑波を下して全勝キープ&慶應、魂のタックル見せるも帝京、王者の貫録〜関東大学対抗戦 第7節
 10月21日、関東大学対抗戦の第7節に注目のカードが組まれていた。ここまで全勝は帝京、筑波、明治の3チーム。そのうち、明治と筑波が水戸で対決。帝京は名門、慶應と秩父宮で戦った。どちらも試合もハイレベルの攻防が続き、見応え十分の熱戦であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/27 00:00
関学&天理、途中の貯金がモノをいう快勝〜関西Aリーグ第3節
 関西Aリーグの第3節、10月21日は花園と宝ヶ池、2会場に分かれての開催だった。J−SPORTSでは花園の2試合を放送。ちなみに宝ヶ池では立命が26×5で近大に勝利、同志社が32×15で摂南を下した。開幕3連勝は、3節終了時点で天理と立命のみ。まだまだ順位争いは予断を許さないが、すでに黒星がついたチームのファンになったつもりで考えると、優勝するためには天理に黒星がついてほしいけれども、大学選手権出場のことを思えば、天理に突き抜けてもらって残りの枠を争うほうが、開店と同時に飛び込んだのに自分にだ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/10/26 06:00
東芝、NECを粉砕&勝負強いサントリー、後半にパナを突き放して首位を堅守〜TL第7節
 TLのウェブサイトに掲載された第7節、秩父宮の2試合の公式試合記録に目を通しながら、あっ、と思った。ドクターの名前が2人、記されていたが、その中に宿澤孝太さんの名前があった。2006年に急逝された元日本代表監督、宿澤広朗さんのご子息である。慈恵医大では、CTBプレーヤーとして活躍した。永田洋光さんの力作「宿澤広朗 勝つことのみが善である 全戦全勝の哲学」(文春文庫)を引っ張り出してきて、孝太さんについて書かれた部分を読み返しながら、しばし感慨に耽った。興味のあるかたは、ぜひこの本を読んでほしい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/24 22:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(73)
 9月15日に磐田、ヤマハスタジアムでヤマハvsNTTコム戦を観た夜は、浜松のホテルに投宿した。翌朝の7時前、何気なくテレビをつけると、静岡のローカルニュースをやっていて、前日の試合のハイライトが流れていた。へえ〜、ニュースでやってくれるんだ。「ヤマハが逆転勝ちし、開幕3連勝を飾りました」。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/20 21:30
ボールキャリアーの強さ際立つ筑波、接戦の末、終盤、早稲田を突き放す〜関東大学対抗戦 第6節
 10月14日、秩父宮で関東大学対抗戦、注目の上位対決がおこなわれた。筑波と早稲田。帝京の大学選手権4連覇を阻む有力候補と目される両者である。全勝同士の対決だけに、対抗戦の優勝争いはもちろんのこと、各年代カテゴリーで代表を経験した選手が多く含まれていて、2019年のW杯日本大会で日の丸を背負う選手がこの中にいると想像すると、非常に興味深い1戦であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/19 23:00
神戸はフーリー、近鉄は統悦が爆発! ともに下位チームを粉砕する大勝〜TL第6節(後編)
 TLは第6節が終わった。今節はTV放映のなかったトヨタvsサントリー戦を観るために瑞穂へ行ったので、本当なら出向いていたはずの花園の2試合はTVマッチ回顧である(秩父宮の2試合は前編に)。ちなみに、名古屋の行き帰りは近鉄特急を利用した。帰りの列車では車内販売のワゴンが回っていて、名古屋駅でミネラルウォーターとアイスコーヒーを買っていたにもかかわらず、ついホットコーヒーを購入してしまった。子供のころから、列車の車内販売が好きだ。田舎へ帰省するときもアイスクリームなどをしょっちゅうねだっていて、い... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/18 21:00
上げ潮パナ、SBWが躍動、山田はハットトリック&BK爆発、リコー大勝〜TL第6節(前編)
 TLは第6節。天高く馬肥ゆる秋の言葉が似合う好天に恵まれた中、各地で熱戦が繰り広げられた。今回のTVマッチ回顧は前編として10月13日、秩父宮の2試合。録画していた放送を観ると、リコーvsNEC戦で、入場を待つ両チームの選手が映し出された。先にリコーの選手たちがエスコートキッズの横へやってくると、リコー側の男の子たちはワイワイガヤガヤ。屈託のない笑顔は、いかにも子供である。何か言われたのだろう、試合前の緊張を忘れて思わず頬が緩む選手もいる。「わあ、大きい!」と、そんなところか。ここで、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/17 20:30
後半投入の横山伸溌剌 リコー、ストレスなき大勝&NTTダービーは2年連続でコムに軍配〜TL第5節
 TLは第5節を終えた。フライデーナイトの秩父宮、NECvsパナソニックと、翌土曜日の花園、ヤマハvs神戸、近鉄vsサントリーは現場で観たので、すでに観戦記を掲載した。ここではTVマッチ回顧として、10月6日、秩父宮でおこなわれた2試合について記したい。ちなみに、金曜夜の秩父宮から土曜の花園へ移動手段に使ったのは、夜行バス。「プレミアムドリーム号」の『プレミアムシート』がうまい具合に予約できたのだった。リクライニングの角度が深くてフットレストに足を乗せればフルフラットに近い感覚が得られるうえ、幅... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/12 06:00
大人のラグビー観戦好きを増やそう
 スポーツライター、玉木正之さんの公式ウェブサイト「カメラータ・ディ・タマキ」は、ご自身がメディアに寄せたコラムを『蔵出しコラム』と題して掲載してくれているので、とても重宝する。メディアに広く目を通したうえでそれらをすべて読もうと思えば、大変な労力が必要とされる。1ヶ所にまとまっているのはありがたい。この欄に関しては有料会員制であっても不思議はないが、最初に発表したメディアで既読の読者からは“二重取り”が生じてしまうことがままあるのと、すでに原稿料をもらっているので、あとは多くの人に手軽に読める... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/03 21:30
天理、同志社、関学の三つ巴!? 混戦必至の関西大学ラグビー
 関東大学対抗戦、リーグ戦、及び九州大学リーグに1ヵ月遅れて、10月7日、関西大学Aリーグが開幕する。ちなみに今季、J−SPORTSにおける試合中継の数が大幅に増えるのは、全国に散らばるOBのみならず、ファンにとっても歓迎すべきことであるに違いない。大学選手権は今年からステージ制を導入して、所属リーグの成績によって振り分けられた4つのプールに分かれて3試合を戦い、成績上位チームによる1月2日の準決勝以降が従来どおりのトーナメント、ファイナルステージとなる。今季の大学シーンは、4連覇を狙う帝京の背... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/29 21:30
NTTコム、手堅く規律ある勝利&ヤマハ、コリンズとサウが炸裂してトライラッシュ〜TL第4節(後編)
 TLは第4節を終えた。中1週の休みを挟み、10月第1週から各チームは4連戦に入るが、序盤節の試合を観ていて、気づいたことがある。現在、日本代表を指揮するエディー・ジョーンズ氏が「シェイプ」といって、SHやSOに対してパスの受け手を複数、平行に配し、防御に読まれないアタックをを主軸に据えているけれども、このムーヴがTLの各チームにずいぶんと観られるのである。前年までエディー氏が指導していたサントリー、その流れを汲む林雅人HCがいるNTTコムは当然として、半数以上が「シェイプ」を取り入れているので... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/26 20:00
サントリー大勝 キャノンは“青春の蹉跌”&This is 東芝! パナを圧殺〜TL第4節(前編)
 11月、日本代表はヨーロッパへ遠征し、グルジア、ルーマニアとテストマッチをおこなう。9月24、25日の代表合宿へ呼ばれた候補選手を見ていて、代表の首脳陣がTLの試合をしっかり観たうえで、目の前で1度確認しておきたくなった選手を躊躇なく選んでいるという印象を受けた。パナソニックのSO/CTB、林泰基選手も、その1人だろう。昨季の近鉄戦を現場で観て、パス、ラン、タックル……どのプレーにも切れ味があって、しばらく忘れられない人に出会ったかのような衝撃的好感を抱いた。彼がセレクターの目に留まっていてく... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/25 20:00
筑波、後半に突き放す 慶應を下して白星発進〜関東大学対抗戦 第2節
 TLの開幕から1週間遅れて、関東では大学ラグビーも幕を開けた。関西は10月7日が開幕で、そのころには、少しは秋らしい気候になっていると思われるが、まだ真夏といっていい残暑のもとで試合をするのは大変である。先日、タクシーに乗ったとき、運転手さんとラグビーの話になって、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/20 00:00
キャノン、2週続きで善戦も前半4Tの神戸が開幕3連勝&東芝、ドコモを粉砕〜TL第3節(後編)
 秩父宮のフライデーナイトを観戦するとともに、日程表を確認して、あらためて気づいたことがある。それは、どれも関東に本拠を置くチーム同士の対戦であること。秩父宮だから当然ともいえるが、チームを持つ会社の都内の事業所に勤務する人たちが仕事帰りに揃って秩父宮へ応援に行く、というのがきっと、会社にとって大切なレクリエーションなのだろう。試合が終わったあと、よし、これから渋谷に行くぞーっ!という高らかな声が聞こえてきた。僕はといえば、スタジアムの裏手にあるオープンカフェでアフターの飲みに突入するリコーの社... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/18 22:00
九電、サントリー戦に続く善戦もトヨタに惜敗&NEC、近鉄を下して今季初勝利〜TL第3節(前編)
 TLは第3節。上位と下位の差が縮まっていると最近よく言われるけれども、今季はその傾向にますます拍車がかかっているように感じられる。今週はヤマハvsNTTコム戦が上位進出をうかがうチーム同士の対決として個人的な大注目カードだったし、昇格チームがTLの名門へ挑戦するトヨタvs九電、キャノンvs神戸にも興味を示さずにはいられなかった。今回はJ−SPORTSで放映された4試合から前編として、9月16日に瑞穂でおこなわれた2試合を記す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/17 23:00
トヨタ土壇場で逆転&九電、王者サントリーを相手にあと1歩の大健闘〜TL第2節(後編)
 TL第2節も興奮の連続だった。9日、札幌の月寒でおこなわれたパナソニックvsNTTコム戦は、パナソニックへ新加入した世界的スターのCTB、ソニー=ビル・ウィリアムズの国内デビューと、NTTコムが13番にソニー=ビルと同様に突破力はワールドクラス、アレサナ・ツイランギを対抗して(?)先発させたことが、ラグビーファンの注目を集めた。TV放映がなく、試合を観ることはできなかったが、結果はなんと、NTTコムが25×22でパナソニックを下す波乱。前身の三洋時代を含め、パナソニックがサントリー、東芝、トヨ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/10 22:00
嗚呼スローフォワード、幻のトライ 東芝を震撼させたキャノンの大健闘〜TL第2節(前編)
 TLは第2節。初戦に敗れた者同士、NECvsトヨタの1戦には、上位争いを向けて早くもサバイバルマッチの声さえ聞かれた。近年、中位以下のチームの地力強化ぶりが目覚ましく、上位チームとて気の緩みが許されないシーズンになっている。それを裏づけるような熱戦が7日、フライデーナイトの秩父宮で繰り広げられた。キャノンvs東芝は、観る者を激しい恋のさなかを生きているような気分にさせるゲームだった。今週、TVマッチの回顧は3試合なので1回に収める予定だったが、この試合だけで4000字に達したので、先週同様、前... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/09 06:00
若草萌ゆ!青春の始まりを告げるキャノンの初勝利&東芝とサニックス、最後はきっちり〜TL第1節(後編)
 8月31日、フライデーナイトのサントリーvsNEC戦で開幕したTL。現地で観戦した神戸vs近鉄戦は別掲としたが、主導権を握りながらトライを挙げるのに四苦八苦した神戸に、僕はわりと好意的である。それは、ミスが準備不足によるものではないように映ったから。ユニバー記念競技場に詰めかけた神戸ファンの方々は、なかなか服を脱ごうとしない踊り子に苛立つストリップ劇場の観客みたいだったけれども、少し意の足りない文章だったので、ここに記しておいた次第。ただ、昨年までの戦いぶりからいって、断言口調で何かを書くのに... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/09/05 20:30
サントリー後半爆発、集散抜群パナ快勝、ヤマハは台風の目を予感させる開幕戦勝利〜TL第1節(前編)
 待ちに待ったTLの開幕である。今年も大物外国人選手、期待のルーキーといった新顔の話題が目白押し。とりわけ、パナソニックに加入したCTBソニー=ビル・ウィリアムズはラグビーファンの胸を、まるで初恋にうちふるえるかのように焦がす。合流してまもないせいか開幕メンバーからは外れたが、秩父宮のスタンドでオールブラックスのキャップを被った白人男性が恭しくサインをもらう姿が、印象に残った。彼にとって、オールブラックスと間近に接するのは、日本のラグビーファン以上に特別なことなのだろう。今回は前編として、開幕節... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/04 06:00
強い言葉の快さ――文芸の魅力に満ちていた山際淳司さんの文章
 先日UPした「神様じゃなくて人間が決めたことじゃないか」を書こうと思い立ったとき、すぐに、奇想天外なアイデアでエベレストの頂上征服を目論んだモーリス・ウィルソンの逸話を盛り込もう、と考えた。ウィルソンについて書かれていたのは、故・山際淳司さんの「みんな山が大好きだった」(中公文庫)。さっそく書棚から本を取り出して頁をめくったが、該当箇所を見つけるまでに、何度も手が止まった。ついつい引き込まれて、読み入ってしまうのだ。書き終わってから読もうな。自らに言い聞かせ、本来の作業に戻った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/30 21:30
プレビュー〜10年目のトップリーグ、8月31日に開幕!
 8月31日、秩父宮でおこなわれるサントリーvsNEC戦を皮切りに、トップリーグの2012年度シーズンが幕を開ける。ダイレクトタッチをボールが出た地点より前、蹴られた地点とのあいだでクイックスローできるようになったり、レフリーがボールを出せると判断したあとは5秒以内にラックを終了しなければならない、スクラムのコールが4段階から3段階に変更されるなど、細かなルール変更はあるが、観る者にとってはフォーマットの変更が第一の関心事か。今季、外国人選手の同時出場が3人から2人に減らされた(それとは別にアジ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/28 21:30
トライアスロンは公園の大運動会だった
 先ごろ全日程を終えたロンドンオリンピックにおいて、ちょっと、これオモロイやんけ〜と、コメディー映画に夢中になるみたいに身を乗り出してテレビ画面に釘づけになったのは、男子トライアスロンであった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/15 21:30
子供の頃に立ち返る高校野球……………(復刻エッセイ)
 ロンドンオリンピックが終わらないうちに、日本国内では高校野球が始まった。今、スポーツ観戦好きの子供たちがどれほどいるかわからないけれども、こんな状態だったら夏休みの宿題が全然はかどらないだろうなあ、と想像する。もし、夏休みの宿題をやれなかった代わりににわかスポーツライターと化して、オリンピックと高校野球における文章を20本ほど書いてきました、なんて子供がいたら、もう夏休みの宿題は免除してやれ、と僕などは思うのだが、どうだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/11 21:30
「オリンピック応援の集い」を見てみたい……………(復刻エッセイ)
 ロンドン・オリンピックが開幕した。僕はスポーツ観戦が好きだから当然、大いなる興味を抱いている一方で、日本選手がメダルを獲ろうが獲れまいが自分には関係がない、「勇気を与える」なんて大ウソだ、と内心思っているアンチ・スポーツの言い分にも,、どういうわけか耳を傾ける余裕がある。ただし、その言い分に、やっかみから生じたバッシングが重なったとしたら、完全なオフサイドとして扱わざるをえない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/29 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(69)
 6月30日、神戸vsヤマハの練習試合を観に行ったところ、本降りの雨に見舞われてしまった。夕方から雨という予報を信じて出かけたので、雨の用意を何もしていない。あわてて傘を買ったが、鞄は雨の心配がない日に持っていくときのもの。雨水は鞄の中にも浸み込んでいた。おかげで、中に突っ込んでいたラグビーマガジン8月号が濡れ、本の端っこがへろへろになってしまって、紙同士がひっついてしまったところもあった。あらかた読み終えていたのが不幸中の幸いだったものの、立川理道選手が表紙を飾る最新号が、まるで雑木林や河原に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/20 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(68)
 7月9日、パナソニックからソニー=ビル・ウィリアムズ選手の加入が発表された。昨年、W杯で優勝したオールブラックスのメンバーにして、大スター。W杯の試合中に破れたジャージをその場で着替えたとき、会場から黄色い歓声が上がったように、女性ファンの人気も絶大である。現在はスーパーラグビーのチーフスに所属していて、2009年におこなわれたJWC日本大会にニュージーランドのU20代表として来日したこともあるSOアーロン・クルーデンとの10番、12番コンビで、相手防御をことこどく崩壊させている。欧州のクラブ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/15 21:30
下ネタ→「多様性」……………(しりとりエッセイ)
 現代社会は思想、趣味が多様化した時代だとよくいわれる。しかし、その多様性に人々の意識がついていけてない、と感じることが、頻繁にある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/06 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(66)
 このあいだ、神戸vsドコモの練習試合を観戦していたときのこと。神戸のPR中川昌彦選手のヒゲが目に留まった。口と顎のまわりに生やしたヒゲは、戦場カメラマンのよう。また、彼はお尻と太腿が巨大なわりにふくらはぎと足首がスマートなので、遠目にはトンガやフィジー、サモアといったアイランダー系統のPRにも見えた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/03 21:30
ジャパン、期待を抱かせる零封勝ち PNCの注目選手は五郎丸〜アジア5カ国対抗 日本vs香港
 5月19日、日本代表はアジア5ヵ国対抗の全日程を終えた。最終戦は秩父宮で香港に大勝し、優勝を決めた。実力からいって当然ではあるが、今年はエディー・ジョーンズ新監督が就任した直後、選出されたメンバーにフレッシュな顔触れが多かったこともあり、例年以上に意欲的に臨んだ大会に映った。エディー氏は、来季以降、アジア5ヵ国対抗は若手中心の二軍メンバーで戦うプランをすでに表明している。強い国は格下とテストマッチを組みたがらないけれども、このことは強国と弱小国の差が縮まらない要因のひとつになっている。それを解... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/20 23:30
クルセーダーズ、レッズの抵抗に苦しむも勝利〜スーパーラグビーWEEK11
 今泉清さんが解説で、ラグビー選手の顔について話されていた。海外のFWの選手は20代には見えない、と。たしかに。年季の入った酒場の用心棒みたいな風貌の持ち主が多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/10 06:00
藤田、鮮烈6トライ 新生ジャパン、「スタイル」を見せる百点ラグビー〜アジア5カ国対抗 日本vsUAE
 5月5日、福岡レベルファイブスタジアムで日本代表vsUAE代表の1戦がおこなわれた。アジア5ヵ国対抗の2戦目。初戦、ジャパンはアウェーでカザフスタンに87×0で快勝しており、この試合は新生・エディージャパンの国内デビュー戦ということで内外の注目を集めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/08 20:30
槍魔栗三助→「結果」……………(しりとりエッセイ)
 昔、父の会社の同僚に広島カープファンの男性がいた。この人を含めて大勢で飲みに行ったとき、父がプロ野球速報をビルの壁面に示された電光ニュースで見て、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/06 21:30
時計→「一本勝ち」……………(しりとりエッセイ)
 柔道に関する不満の声を、ときどき耳にする。オリンピックになるとにわかファン的に観るくらいの人(僕も大差はないから偉そうなことは言えないけれども)がよく、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/15 21:30
石見智翠館、しつこく食い下がるも東福岡が接戦を制して“春冬春冬冬春” 〜全国高校選抜大会決勝
 4月7日、熊谷ラグビー場で第13回全国高校選抜大会の決勝がおこなわれた。予選リーグと決勝トーナメントを経て勝ち上がってきたのは、石見智翠館と東福岡。智翠館は準決勝で優勝候補の一角だった常翔学園を接戦の末に下し、初の決勝進出。昨季の花園でシード校に指定されるなど、メキメキと力をつけており、目が離せない存在になってきている。対する東福岡は、言わずと知れたチャンピオンチーム。2009年の選抜大会から春と冬を制し続けているが、新チームになって1度、公式戦で筑紫に敗れ、国内の無敗記録は83でストップした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/10 23:00
サントリー、堂々の二冠達成〜日本選手権決勝
 3月18日、いよいよ国内シーズン最後の試合を迎えた。日本選手権、決勝。思えば今季、10月末に開幕して以来、TLの試合について各節、記してきたが、開幕前の段階では現場へ行くつもりだったのに、出かけなかったゲームもある。瑞穂のトヨタvs近鉄戦(5節)と、岡山の神戸vsドコモ戦(6節)はTV放映もないことだし、と観戦予定だったし、8節に関しては楽しい“旅”の計画を立てていた。12月24日朝、飛行機で福岡へ行き、レベスタでコーラvsホンダ、サニックスvs近鉄を観てから、新門司港へ直行。神戸行きのフェリ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/19 22:00
東芝、持ち味発揮するも サントリーが決勝へ進出〜日本選手権準決勝 サントリーvs東芝
 クライマックスが近づいてきた、国内ラグビー。3月11日は、国立と花園で、日本選手権の準決勝がおこなわれた。僕は花園で今季最後の現場、NECvsパナソニックを観戦。詳細は先の観戦記に書いたが、点差は開いたとはいえ、パナソニックの完成度の高いラグビー、とくにディフェンスは、観ていて楽しかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/14 06:00
第5回トップリーグなぎさ賞
 トップリーグはサントリーサンゴリアスが、2月26日におこなわれたプレーオフの決勝を制し、優勝を決めた。そして翌日、ベストフィフィティーンほかの個人表彰選手が発表された。この「トップリーグなぎさ賞」は個人表彰から漏れた選手を対象に、ちょっと意外な名前を挙げて、あれこれと書き綴ろうという主旨の賞である。なので、その選考条件は必ずしも厳格ではないけれども、代表キャップを積み重ねている有名どころ、メジャーな外国人選手は対象外としている。昨年はお休みしたので、2年ぶりの選考。過去、大賞の座に輝いたのは第... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/10 06:00
パナソニック雪辱&アタッキングラグビー全開のサントリー〜プレーオフTセミファイナル
 2月19日、秩父宮でプレーオフトーナメントの2試合がおこなわれた。今年は花園との分散開催ではなく、秩父宮のみで開催。レギュラーシーズンの1位から4位のチームが一堂に会することもあって、スタンドは1万人を超える観客で埋まっていた。お金があり余っている身分なら、前日、日本選手権のワイルドカードトーナメントがおこなわれた花園から即刻東上、ホテルで一泊して秩父宮へなどという「旅」を満喫できるのだが。そういえば今季、ラグビーの生観戦で関西圏を出ることがなかった。もっとも、今まで遠征するにしてもせいぜい中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/22 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(58)
 TLのレギュラーシーズンが終わった。終盤は僕が住む関西圏、花園やホムスタ神戸の開催が続いたこともあり、毎週、TLの試合へ通っていた。プレーオフ進出、ワイルドカードトーナメント進出、自動降格圏脱出をめぐる争いが凄まじく、結果を受けて、あれこれと考えることが多い1月、2月であった。まるで、気をもたせるタイプの別嬪さんが身辺に続々と現われたかのような日々。最終節の試合をすべて観終わったあと、何かしら脱力感を覚えたほどである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/12 06:00
死力を振り絞る壮絶な戦い 神戸、トヨタ、コーラは無念〜2月第1週のTVマッチから
 TLは最終節を迎えた。プレーオフ進出、ワイルドカードトーナメント進出、自動降格圏脱出をめぐる争いが激しく、どの試合も見応え十分。ラグビーはおもしろい。つくづくそう思った、2月第1週の週末だった。LIVE観戦した花園の2試合、ドコモvsサニックス、近鉄vsNEC以外の5試合について記しておく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/09 06:00
絶対にTLへ残る! 降格危機のホンダ&ドコモ、一念発起の勝利〜1月第5週のTVマッチから
 近鉄vsパナソニックの観戦記に、今季最大のアップセット(番狂わせ)が起きるなら、このカードだ、と予想していたことを書いた。蓋を開けてみると、アップセットの予感が走った日付は正しかったものの、場所が違っていた。自動降格圏脱出の1つの椅子を、コーラを併せて3チームで争っているホンダとドコモがそれぞれ秩父宮で、NTTコムとNECを破ったのである。的中しなかったことを断固認めたくない占い師や霊能者であれば、こういうのも当たったうちに入れてしまうだろう。もっとも、こんなことで占いや霊能の正確性を訴えてい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/03 06:00
東芝、府中ダービーのライバル対決で逆転勝ち&パナソニック、首位浮上〜1月第4週のTVマッチから
 TLが大詰めを迎えている。現場でTVで……毎日が寝不足との戦い。J−SPORTSではハイネケンカップの各プール戦の放映が始まり、てんやわんやである。そういえば昨年9月、W杯が開幕したあとは、ずっとこんな毎日だ。W杯で非日常的な高揚期間が続いたのに始まり、2月からはシックスネーションズ、スーパーラグビー開幕と、この状態は国内シーズンが終了するまで続く。1週間が経つのが早い。1月21日の磐田、22日の太田、秩父宮の計4試合について記す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/27 06:00
ボトム争いも熾烈〜1月第3週のTVマッチから
 TLは終盤、第10節を向かえ、順位争いの行方から、いよいよ目が離せなくなってきた。昨年暮れ、神戸vs東芝戦を現場で観た帰り、地下鉄の車内で東京から遠路はるばる応援に来た東芝のファンのかたから話しかけられたときに、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/19 06:00
熱戦、激戦……熾烈を極めるトップ4争い〜1月第2週のTVマッチから
 1月9日、TL第9節が5会場でおこなわれた。現場へ出かけた花園の2試合を除いたTVマッチ、秩父宮の2試合、太田、神戸ユニバーの計4試合について、記しておきたい。以前、全試合放映を望むといったことを書いたけれども、もしそれが実現した場合、このボリュームを維持して書くのは正直、つらいものがある、と気づいた。今週は高校、大学の決勝が重なり、てんやわんやであった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/13 20:00
帝京、大学選手権3連覇! 忘れえぬ天理の大健闘〜1月第2週のTVマッチから(大学編)
 史上2校目の大学選手権3連覇を目指す帝京。初めて決勝の舞台へ駒を進めた天理。両チームが、冬晴れの国立競技場のピッチへ姿を現した。強力FWの帝京に、BKのトライ奪取能力に傑出した天理が挑むという構図。下馬評は、帝京有利の見立てが大半を占めるものの、対照的なカラーのチームの対戦に、大きな注目が集まっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/10 06:00
堅牢なるディフェンス、東福岡3連覇達成〜全国高校大会TVマッチ・準決勝&決勝から
 年をまたいで熱戦を繰り広げた全国高校大会が、終わった。素晴らしいゲームを提供してくれた両チームに感謝の念を抱く中、敗者に切なさを感じずにはいられない試合もあった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 06:00
大学選手権の決勝カード決定 3連覇に王手の帝京&初のファイナル天理〜年始のTVマッチから(大学編)
 全国高校大会が、1日おきの開催で熱戦を繰り広げている。短期間に多数のゲームを観る密度をいえば、1年の中で年末年始がいちばんだろう。1月2日は大学選手権の準決勝。復活を遂げた関東学院に、この戦力ならベスト4へ行けるかもと早くから関西のファンの期待を一心に集めていた天理、3連覇を狙う帝京、国立大学として初のベスト4が話題を呼ぶの筑波の4校が、国立競技場へ集結した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 3

2012/01/04 06:00
ヤマハ、苦戦の末に勝利&サントリー、快勝〜12月第4週のTVマッチから
 大学選手権が始まったかと思えば、全国高校大会、花園も開幕。ラグビーファンにとって、もっとも忙しい時期である。大掃除だのなんだの、年末年始の行事にかまっている時間が惜しい、という人も多いのではないだろうか。少なくとも、僕はそう思っている。というわけで、窓を開けると寒い冬は大掃除にいちばん不向きな季節であるとしたうえで、こういう不合理な常識には盲従しない、大掃除をするのなら年度末かゴールデンウイークのほうが適切だ、と宣言、ラグビーを観る時間を確保する。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/30 00:05
帝京冷や汗、天理&筑波は初 大学選手権ベスト4が決定〜12月第4週のTVマッチから(大学選手権編)
 12月25日、大学選手権の2回戦、計4試合が秩父宮と瑞穂でおこなわれた。どの試合も途中まで、どちらのチームに勝利の女神が微笑むか、まったく読めない接戦。ラグビーはおもしろい。単純すぎる感想だけど、つくづく、そう思った。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/28 23:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(56)
 第6節、12月11日の神戸vsドコモ戦、サントリーvsリコー戦をTV中継してほしかったファンは多いと思う。前者はドコモが逆転勝ち、後者はこれぞワールドラグビーという豪華な顔触れが揃って、サントリーが2点差で辛勝の接戦。ツイッターで、 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/24 06:00
天理快勝、接戦を制す筑波、タックルが勝利呼ぶ慶應〜12月第3週のTVマッチから(大学選手権編)
 12月18日、第48回全国大学選手権が5会場で一斉に開幕した。1回戦、計8試合。当日、TLの近鉄vsリコー戦がおこなわれた西京極で、同志社が大東を、天理が法政を、いずれも大差で下した速報が場内にアナウンスされると、あちこちで歓声が上がった。関西のラグビーファンの胸に秘められた関西復権の願いを、あらためて感じた。関西勢が決勝の舞台へ進んだのは1987年度、同志社が最後である。このときは、現在、同志社を率いている宮本勝文氏がbWでキャプテンを務め、左CTBには天理の監督、小松節夫氏がいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/22 06:00
盛況NTTダービー、サントリー大爆発、東芝堅勝〜12月第3週のTVマッチから
 12月第3週は土、日曜とも現場へ出かけていた。土曜日、皇子山の帰り、大津京駅近くのお店でコーヒーを飲んでいると、4人用のテーブル席にカップルが2人並んで坐り、イチャイチャしていた。女の子のほうが、男の頬にキスなんぞしている。昔の人は、こういう光景を見て、同伴喫茶なる商売を思いついたのだろうか。ただ、男のほうが、やっと彼女ができました、どころか、この人が初めての女です、みたいな喜びに満ち満ちていたので、なんとなく微笑ましくもあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/21 21:30
壮絶なライバルだったころを想起させるNECの東芝撃破〜12月第2週のTVマッチから
 今シーズンのTLの試合を観ていて、LOに好調の選手が多い、と感じる。東芝の大野均、NECの浅野良太と村田毅、近鉄のトンプソン ルーク、リコーのカウヘンガ桜エモシ、パナソニックの飯島陽一、NTTコムのアイザック・ロス……。トライに絡む選手が多いのも特徴だ。他者の目が華やかなBKへ向く中、FWの殊勲甲の働きを隈なく見届けてやるという渋いラグビーウォッチャーにとって、胸を静かに熱くするシーンが多いシーズンではないだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/12 21:00
帰宅部→「ブックメーカー」……………(しりとりエッセイ)
 本を次々と出版する多産の作家をさす意味もあるが、ここではブックメーカーを、先進国の多くで公認されている「賭け屋」として、とりあげたい。サッカーのW杯において、日本代表の優勝には何倍つく、であるとか、オリンピック女子マラソンの○○選手は3・5倍、といったブックメーカーの倍率に関する報道がときどきなされるので、その存在を知る人は少なくないと思う。ひょっとしたら、ひそかに賭けを楽しんでいる人もいるかもしれない。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/10 21:30
帝京、対抗戦単独優勝&接戦の早明 大学選手権組み合わせ決まる〜12月第1週のTVマッチから(大学編)
 大学ラグビーが佳境に入ってきた。各カテゴリーは最終節。先に全日程を終えた関東リーグ戦は全日程を終了。関東対抗戦は帝京の単独優勝か否かが決まっていなかったが、優勝争いに対する興味はすでに山場を過ぎていた。注目は12月18日に開幕する大学選手権。興味深いのは、選手権を見据えた各校の戦いぶりだった。まずは3日、花園でおこなわれた関西の試合から。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/08 21:30
NEC好調持続&東芝、中居のTL100キャップを快勝で飾る〜12月第1週のTVマッチから
 TLは1週間の休みを挟んで、第5節を迎えた。今節は、瑞穂のトヨタvs近鉄戦(29×26でトヨタの勝利)と、グローバルアリーナのサニックスvsヤマハ戦(0×59、ヤマハの勝利。このスコアで勝つには受けの防御ではなく、ボールキャリアーにガンガン圧力をかけなければならないはず。実際はどうだったのか?)が、個人的に観たい組み合わせだった。W杯を中継した日本テレビが、BS日テレかG+でJ−SPORTSの放映予定から洩れたTLの試合を中継する、といった動きが生まれないものだろうか。ほかの放送局でも構わない... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/07 06:00
流経、ついにリーグ戦の頂上へ〜11月第4週のTVマッチから
 11月第4週は、関東大学リーグ戦が第10節。全勝対決、優勝の座を賭けた東海vs流経戦が一番の注目カードだった。J−SPORTSで放映された計3試合について、レビューを記す。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/02 06:00
帝京、じわり本格化で対抗戦優勝決定&早稲田、眩惑の猛攻〜11月第3週のTVマッチから(大学編)
 大学ラグビーは、各カテゴリーで優勝の行方を大きく左右する1戦が続く終盤へ入った。関西は、すでに天理が優勝を決めている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/24 20:30
NTTコム、神戸に歓喜の戦略的勝利&サントリー、リコー、NEC白星〜11月第3週のTVマッチから
 先に関西大学Aリーグの話題から。11月19日、長居第2でおこわなわれた近畿大学vs天理大学戦は7×40、天理が快勝。最終戦を待たずして、天理が2年連続の優勝を決めた。夏合宿で関東勢と互角に渡り合っていることでわかるように、大学選手権はベスト4どころか、優勝争いの一角を形成する実力。僕も現場、テレビで天理の試合を何度か観て、手応えを感じている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/22 06:00
ハーフタイムのコーヒーブレイク(53)
 自分の後ろ姿を見る機会はめったにないと思う。幽体離脱ができる人なら、ともかくも。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/18 21:30
第91回全国高校大会、大阪と京都の代表4校決定〜11月第2週のTVマッチから(高校編)
 各地で第91回全国高校大会の代表校が続々と決まっている。関西でも11月13日、京都、大阪の第1、第2、第3の計4校が決定する模様を、KBS京都と毎日放送が録画放映。各試合について、かんたんにレビューを記す。まずは京都から。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/17 00:05
NEC、輝きを取り戻す今季初白星&リコーと神戸、好内容〜11月第2週のTVマッチから
 TLは第3節を終えた。花園の連勝チーム同士の対決、近鉄vsヤマハ戦で近鉄が勝利したことにより、全勝チームは早くも東芝、サントリー、近鉄の3チームのみ。混沌とした状況だ。勝ち点制ゆえ、4トライ以上、あるいは7点差以内の負けのボーナス1を手堅く獲得するかどうかが、のちのち順位争いに響きそうな気がする。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/14 23:30
プロ野球の「3時間半を超えて新しい延長イニングには入らない」ルールについて
 今年のペナントレースは、のっけから波乱含みだった。東日本大震災の影響で開幕が延期されただけでなく、原発事故があって電力不足が懸念される中、関東圏のナイトゲーム開催をデーゲーム、他球場へ振り替えてのスタートとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/11 21:30
早慶明帝集結の秩父宮 優勝争いの先頭に立つ明治&帝京、全勝をキープ〜11月3日のTVマッチから
 大学ラグビーに、そのシーズン初めて大観衆が押し寄せるのは11月3日、秩父宮。早慶明帝の4校が集結、対抗戦の優勝争いの行方をすっぽりと覆う霧が晴れ始める。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/04 21:30
TL開幕 インパクトシーン続出に興奮!〜10月第5週のTVマッチから
 TL、待望の開幕である。W杯の終了を待って、2月26日のプレーオフ決勝、いや3月18日の日本選手権決勝の日まで、ウインドウマウスなしのラグビーシーズンが続く。開幕節の各試合を観て感じたことは、例年より2ヶ月遅れの開幕ということで調整期間が長く、終盤にバッタリ足が止まるチームがなかったこと。もちろん、9月上旬の真夏の残滓の中で試合をするのとは違い、快適な気候だったことも関係しているだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/03 00:40
猛追されて冷や汗も立命&同志社、地元宝ヶ池で勝利〜10月第4週のTVマッチから(関西大学編)
 10月24日付のサンケイスポーツに、天理の立川理道が卒業後、クボタ入りするという記事が掲載されていた。ラグビーマガジン11月号のクボタを取り上げた記事に、それを匂わせるような記述があった。でも、僕の見立てが外れていたらカッコ悪いので、ブログに取り上げることは差し控えていた。将来の日本代表を担う選手って立川のことだろう、と書いておけばよかったと、少し後悔。ただ、憶測と予想は違う。憶測は、できることならあまり書かないほうがいい。プロ野球の話になるが、阪神タイガースの次期監督について、僕は信頼できる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/26 23:30
流経、全勝キープ&筑波、早稲田を倒して優勝戦線に残る〜10月第4週のTVマッチから(関東大学編)
 結果を先に記すと、関東大学対抗戦は早稲田が筑波に敗れ、勝ちっぱなしは帝京と明治の2チームとなった。リーグ戦のほうは、流経が拓殖を下して全勝をキープ。こちらも東海と合わせて2チームが無敗のまま。しかし、1敗のチームが実力者だけに、まだまだ優勝争いは予断を許さない状態。11月以降、目の離せない好カードが続く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/26 06:00
帝京、接戦をFWで制す&関東学院、優勝戦線に踏みとどまる〜10月第3週のTVマッチから(関東大学編)
 天高く馬肥ゆる秋。テレビ画面に映る秩父宮の空は、運動会の日を想起させた。関東大学対抗戦A、リーグ戦1部の2試合について、ここに記す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/19 21:30
近大の痛快リアクションラグビー&天理、同志社を問題にせず〜10月第3週のTVマッチから(関西大学編)
 10月第3週は東西で大学の熱戦が繰り広げられた。J−SPORTSの放映から、ここでは関西Aリーグ第3節の2試合について記す。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/18 21:30
タックル対決! 筑波、慶應に勝って善戦マンに終止符、強者への道開かれる〜10月第1週のTVマッチから
 戦国時代を迎えた関東大学対抗戦。早慶明帝に筑波を加えた5強が、群雄割拠している。昨年度、筑波は4強相手にすべて僅差負け。大学選手権でも流経に敗れ、勝利をアピールすることができなかった。誰もが実力を認めているが、本物の自信を得るためには強豪相手の白星が欲しい。これまでは、譬えていえば、ちょっと押せば我が物にできる女が複数いるけれども、まだ誰にも手をつけていない状態。昨年は、グズグズしているうちにクリスマスが近づき、女たちはみんな、別の男と引っついてしまったのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/06 23:00
「スポーツ=ゲーム」の認識を持ちたい
 これから紹介するのは、正解へ至る理論立てがなかなか興味深いクイズ(?)である。皆さんも一緒に考えてみてほしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/24 21:30
筑波の大物ルーキー颯爽デビューも明治には牛若丸がいた〜9月第3週のTVマッチから
 W杯のテレビ観戦が忙しい中、大学ラグビーのシーズンがスタート。9月25日には関西も開幕する。正直、体が2つほしい。誰か、観戦記を代わりに書いてくれませんか。共同寄稿ブログっていうのも、結構おもしろいと思うのだが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/21 21:30
採点競技
 自分と採点競技の相性はよくないなあ、と思う。このことを痛感するのは、冬季オリンピックの期間中である。僕が熱中して観る種目といえば、カーリング、スケートのショートトラック、スノーボードクロスの3つだ。カーリングは氷上のチェスと称されるように、頭脳戦でもある。ルールを覚え、プレーヤーになった気分で次の作戦を考えるのは楽しい。正確には球技ではないが、球技に類するものがアイスホッケーくらいで、戦術が勝敗の行方を左右するゲーム性に富んだ競技がほかにない中、カーリングを観るのは、非常に新鮮である。ショート... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/10 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(45)
 8月14日の早朝、W杯直前テストマッチとして組まれた、イタリア代表vs日本代表戦をテレビ観戦したとき、イタリアの先発メンバーに、なんとも魅力的な名前の選手を発見した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/05 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(44)
 役所がなぜ市民意識と乖離し、硬直したアイデアしか世に送り出せないのか。その理由は環境にある、とする考え方がある。市役所へ行くと、部署ごとに机を寄せ合って仕事をしている様子が、窓口越しに垣間見える。もし、ここに幼稚園や保育所、老人施設が併設されていれば、どうなるだろう? 人懐っこい子供が老人施設や役所の職員になつき、子供好きはこれに応えて一緒に遊んだりするに違いない。子供の面倒をみる先生、老人施設の職員や入所者とおのおの顔見知りになり、雑談に興じることもあろう。園児の親と接する機会もある。運動会... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/01 21:30
いちばん好きな高校野球の話
 ある超高校級投手がいた学校が、甲子園に出場したときの話である。マスコミの注目がその投手にばかり集中する中、他の選手は、なんでアイツだけが、と白い目を向けていた。当然、この投手はチーム内で孤立する。チームメイトという名の仲間がいる団体競技に属していながら、彼はいつも孤独と寂寥のさなかにいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/30 21:30
イングランド順調&ワラビーズ、TNを制す W杯へ興味の尽きない熱戦2試合〜8月第4週のTVマッチから
 W杯開幕まで残り2週間を切った。胸は高まるばかりであるが、その思いはファンだけではなく、選手も同じだろう。8月27日におこなわれた2試合は、本番へ余力を残すような素振りがまるでなく、勝って弾みをつけたいという意気込みがひしひしと伝わってきた。目の前の敵に勝つ。シンプルだ。体をぶつけ合う競技は、相手と合意するという手順を踏まずに手を抜くと、かえってケガをしやすい側面もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/29 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(43)
 今季は勝ち星がやや伸び悩んでいるが、阪神タイガースのエース、能見篤史投手が入団以来の低迷を脱して先発ローテーションの一角を占めるようになったころ、近鉄と巨人で捕手として活躍した解説者、有田修三さん(ラグビーファンとしても知られる)が、こんなことを仰っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/26 21:30
スプリングボクス、オールブラックスを破る TN優勝決定は最終戦へ〜8月第3週のTVマッチから(2)
 W杯へ向けたテストマッチが白熱している。南半球3カ国対抗のトライネーションズをはじめ、8月20日、21日におこなわれた試合のJ−SPORTS、G+の放送分について記したい。なお、日本vsアメリカ戦は(1)に別掲とした。また、8月18日木曜日の深夜には、G+で8月13日のウェールズvsイングランド戦が放送されている。まずはこの試合に触れておこう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/24 06:00
ジャパン、アメリカに手こずるも勝利 いざW杯へ〜8月第3週のTVマッチから(1)
 ジャパンにとってW杯を控えた最後のテストマッチが21日、秩父宮でおこなわれた。雨の中、12519人の観客。この試合を、J−SPORTSだけでなく、BS日テレも生中継した。この調子でがんばれ日テレ、とエールを送っておこう。CSの「G+」が放映する海外のテストマッチもそうだが、鈴木さん、町田さんといったアナウンサーが実況していると、東京ドームの巨人戦に聞こえてしまうときがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/23 21:30
「もしドラ」を読むのが遅れた理由
 岩崎夏海さんが書いたベストセラー、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を買い、夢中になって読んだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/19 21:30
TNワラビーズに敗戦もスプリングボクス“始動”&フランス鉄壁防御〜8月第2週のTVマッチから(2)
 先にUPした(1)で、イタリアvs日本戦を記した。ここでは8月14、15両日にJ−SPORTSで放映された、それ以外の試合について書こう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/17 00:05
心優しきラグビールール
 トップリーグの練習試合でこんなシーンがあった。リスタートキック。つまり、得点後のキックオフである。このボールが直接タッチになった。キックオフをしなかった側がクイックスローインをする。レフリーは、それを認めなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/11 21:30
オールブラックス、ワラビーズとの前哨戦(?)を制す〜8月第1週のTVマッチから
 オールブラックスvsワラビーズ戦の録画を観たあと眠りについたら、夢に小林新緑郎さんが出てきた。なぜに? 土曜は現地からの放送。小林さんと村上晃一さん、ご両人の解説だったからか。どこかのホテルにたまたま僕と小林さんが同宿、1階のロビーで居合わせて雑談するという夢だった。前回フランス大会の開催中はとにかく忙しく、ろくに眠る暇もなかったと小林さんは(夢の中で)仰っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/09 21:30
ルールを理解してもらう方法は「イメージしやすくすること」
 女子サッカーW杯、なでしこジャパンが初優勝をする試合を、当日早朝、テレビで観ていた。なでしこが置かれていた立場は、世界における日本ラグビーに似た部分があると思う(世界ランキングをいえば、なでしこのほうが世界へ肉薄しているけれども)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/04 21:30
オールブラックス、快調な滑り出し〜7月第5週のTVマッチから
 7月30日早朝、2003年W杯豪州大会の日本vsフランス戦を観た。大番狂わせもあるかと思わせた前半、ジャパンの健闘ぶりが目立った。トンガ代表を率いるイシトロ・マカHCの言葉を思い出す。「ジャパンは昔のほうがスキルがあった」。だが、現在の代表も、このフランス戦くらいにやれる潜在能力を秘めているはずである。本番での飛躍を期待したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/01 21:30
「あしたにつながる負け」は本当にあしたへつながるのか
 プロ野球中継で、大差で負けているチームが終盤、焼け石に水という言葉を連想させるような形で点を取ったとき、アナウンサーや解説者がよく、 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/31 21:30
ルールの壁
 大相撲名古屋場所の観客動員が不振だったという。野球賭博に八百長問題。人々が大相撲に背を向ける材料がたび重なったのだから当然、とみる人も多かろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/29 21:30
トライネーションズ開幕 ワラビーズ、スプリングボクスに快勝!〜7月第4週のTVマッチから
 南半球3カ国対抗、トライネーションズが開幕した。今年は各国2回戦ずつを消化する。W杯を目前に控えた大会でもあり、セレクションと調整を兼ねる、例年とは幾分趣の異なるトライネーションズになりそうだ。開幕カードはオーストラリア・ワラビーズvs南アフリカ・スプリングボクス。試合が組まれていないニュージーランド・オールブラックスは、フィジーとテストマッチをおこなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 21:30
変則的な打ち手
 スポーツライター、玉木正之さんのホームページへときどきアクセスする。新聞や雑誌に書いた文章を蔵出しコラムと題して掲載、あるいはお勧め図書が紹介されているなど、僕にとっては非常に有用なホームページだ。そこに、阪神タイガースに関する文章を見つけた。玉木さんはタイガースファン。しかし、優勝争いの常連となったことに違和感を覚える、微妙な心理を打ち明けている。横浜スタジアムの横浜vs阪神戦を観に行き、いつのまに横浜を応援している自分がいた、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/23 21:30
W杯へ向け、加速 ジャパンPNC初優勝!〜TVマッチ・PNC2試合から
 7月13日、パシフィックネーションカップ2011(以下PNC)の最終戦2試合がおこなわれた。参加4ヵ国がすべて1勝1敗。勝ち点、得失点差による順位はついていたが、どのチームにも優勝の可能性がある。注目の最終戦であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/15 21:30
関西Aリーグのオススメ! 天理大学
 天理大学の試合を観ていて、思う。――このチームのWTBは絶対楽しいぞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/09 21:30
大学ラグビー再編案が出ていますが……
 この春、大学ラグビーの再編案を日本ラグビー協会の幹部が口にし、新聞記事として報道された。今まで何度となく浮上しては消滅した、大学ラグビー再編。歴史が既得権益となり改革の障壁として立ちはだかることに、日本社会のスタンダードを見る、という人も、ひょっとしたらいるかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/25 21:30
非日常の世界から見えてくるスポーツマンシップ
 少し前の話になるが、4月20日の阪神vs巨人2回戦はエキサイティングなゲームだった。最終スコアは4×5、巨人の勝ち。巨人が8回表に3点を取って逆転したが、勝負の分かれ目となったのは7回裏のプレーだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/25 21:30
地元テレビ局に考えてほしいスポーツのこと
 プロ野球のセパ交流戦が始まった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/19 21:30
決勝は三洋vaサントリー!〜TLプレーオフトーナメント準決勝2試合から
 長らく、サイト上に新たな文章を書かず、パソコンの電源を入れてアクセスするといえば、ラグビー日本協会やTLの公式サイトのみという状態が続いた。そのあいだもときどき会場へ足を運び、TVでも試合を観ていたが、11月から体調があまりすぐれなかったのと、僕自身、思うところもあって、しばらく休業状態に陥っていた。コメント欄にもお声を頂戴したが、更新を楽しみにしていた方々には心よりお詫び申し上げる。今回は久々のTV観戦記である。TLプレーオフトーナメントのセミファイナルの2試合。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/27 21:30
日本人は真夏におかしくなる?
 高校野球には後世に語り継がれる試合がいくつもある。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/18 21:30
ジャパン、ロシアに完勝! でも……〜11月第1週のTVマッチから
 11月6日、秩父宮でテストマッチ、日本代表vsロシア代表がおこなわれた。75×3、日本○。先週のサモア戦惜敗にやきもきしたかたも、とりあえずはホッと胸を撫で下ろしたのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/10 21:30
入れー!
 10年近く前、1度だけ男子ゴルフを観に行ったことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/31 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(36)
 大学ラグビーが盛り上がる季節になった。11月からはいよいよ関東の人気校、実力校同士による直接対決。心待ちにしているファンも多いことだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/29 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(34)
 TL第2節、富山でおこなわれた神戸製鋼vs福岡サニックス戦は、テレビ中継がなければ現場へ行ってやろうかとも思ったが、幸いなことにJ−SPORTSが録画放映してくれた。なので、自宅でTV観戦を決め込んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/02 21:30
スタジアム
 長居公園を歩いた。毎年1月末におこなわれる大阪国際女子マラソンのとき、ランナーたちがここを走る。鳩の群れが飛び立つようにしてスタジアムを駆け出していったあと、そして、大阪の街を走り終え、スタジアム内のゴールを目指す直前、テレビの画面に映る光景だ。周回道路、と実況アナウンサーが呼ぶ道路。残暑が厳しいにもかかわらず、額から汗を滴らせた何人ものジョギングランナーと、すれ違った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/30 21:30
最高のチームビルディング!?〜9月第3週のTVマッチから
 TL第3節も熱戦が続いた。TVマッチ5試合はもちろんだが、ノーTVだった9月17日の秩父宮ナイター、NTTコムvsクボタの結果が気になっていた。26×14、NTTコム○の報に、多くの人が、うんうん、と頷いたのではないだろうか。1、2節における観る者へのアピール度からいって、NTTコムのほうが明らかに有利に思えたからである。ノーTVで詳細がわからないので、とりあえず、ラグビーモチベーター、野澤武史さんのブログへアクセスして、概要をつかんでおいた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/21 21:30
真夜中に、スポーツノンフィクションを読み耽る
 幼いころであれば、もう子供は寝る時間よ、と言われた時間に、力尽きたように眠ってしまった。夜中に目が覚める。かなり良質な睡眠だったらしく、1度目が覚めると、頭がくっきりと冴えていた。もうひと寝入りしたいところだが――。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/18 21:30
1度観てみたい野球
 ソフトボールの試合を観ることは野球の奥深さを知ることにつながるのではないか、と思うことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/05 21:30
マットフィールド代表100キャップ スプリングボクス、節目の1戦を白星で飾って復調の兆し〜TN第7戦
 8月28日、南アフリカのプリスベンでトライネイションズ第7戦、スプリングボクスvsワラビーズ戦がおこなわれた。44×31、スプリングボクス○。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/31 21:30
楽しみ!! トップリーグが始まります
 ラグビーマガジン10月号はお買い得だ。試合会場の売店で買うと500円するTL選手名鑑が別冊付録。いままでも、これでいつもと同じ値段は安い、とテレビショッピングのごとくわめいていたが、ここで訂正を入れておかないといけない。10月号は特別定価1000円であった。しかし、それとて通常号より20円高いだけ。本体が500円という計算が成立してしまうお得感は、変わらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/08/29 21:30
オールブラックス、トライネイションズ優勝を決める〜TN第6戦スプリングボクスvsオールブラックス
 8月21日、舞台を南アフリカ、ヨハネスブルグへ移してトライネイションズ、スプリングボクスvsオールブラックス戦がおこなわれた。22×29、オールブラックス○。この勝利により、オールブラックスのトライネイションズ優勝が決定した。TVで試合を観た感想をかんたんに記そう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/23 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(32)
 8月1日、NECから新入団選手が発表された。早稲田出身のPR、滝澤直選手である。スクラムの強さは天下一品だった。1年卒業が遅れたおかげでその分長く学生ラグビーシーンを沸かせることになったが、この春、リクルートへ就職して、ラグビーの第一線からはいったん、身を引いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/19 21:30
短気を起こさないでね〜トライネイションズ第5戦・オールブラックスvsワラビーズ
 オールブラックスが強い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/09 21:30
子供の頃に立ち返る高校野球
 夏の高校野球が始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/08 21:30
25文字のファンタジー
 トライネイションズが開幕して、まもなくひと月が経とうとしている。ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの南半球3国による対抗戦。代表選手はこの3国のクラブリーグ、スーパー14に所属する選手が多い。どこのチームの選手だったっけ?と咄嗟に思い出せないときは少し手間がかかるが、ラグビーマガジン4月号の別冊付録「スーパー14観戦ガイド」は選手のプロフィールを確認するのに、結構役に立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/31 21:30
スポーツに体罰はいらない
 7月20日付の朝日新聞朝刊、オピニオン欄に「球児たちへ 野球を好きになる七つの道」と題する記事が掲載された。登場するのは元読売ジャイアンツ投手、桑田真澄氏。桑田氏は現役を引退したあと、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科へ入学、「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」で社会人1年コースの最優秀論文賞を受賞している。記事の内容は、ご自身の研究を語ったもので、野球道の過剰な精神主義を排しましょう、という主張だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/29 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(31)
 トライネイションズ第1戦、オールブラックスvsスプリングボクスの試合で、思わず失笑してしまう場面があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/22 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(30)
 先日、ふと興味が湧き起こって、三洋電機の成績を調べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/18 21:30
「ボールを動かすとは」を教示する試合〜TN第1戦・オールブラックスvsスプリングボクス
 7月10日、南半球3カ国による対抗戦、トライネイションズが開幕した。初戦はオールブラックス(ニュージーランド代表)vsスプリングボクス(南アフリカ代表)。32×12、オールブラックスが20点差をつけて、スプリングボクスを下した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/13 21:30
ハーフタイムのコーヒーブレイク(28)
 2010年度ジャパンラグビートップリーグの日程がすでに発表になっている(★参照)。ラグビーマガジン7月号にはその日程に関し、主催者側のコメントが掲載された。それらに目を通しながら、富山、沖縄でTLが初開催される一方で、都市型興行の色合いが濃くなった印象を抱いた。10月第2週、3週、4週に花園連続開催(うち2つは近鉄、神戸が揃い踏み)、秩父宮では12月第2週に東芝vs神戸、三洋vsサントリーが組まれ、最終節1月第2週には三洋vsトヨタ、東芝vsサントリーの2試合開催で昨季の1〜4位が勢揃いする。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/03 21:30
日本、トンガに辛勝……ジャパンが磨くべき3つのプレー〜PNC第3戦 日本代表vsトンガ代表
 6月26日、サモアのアビア・パークでパシフィック・ネーションズカップ第3戦、日本代表vsトンガ代表戦がおこなわれた。26×23、日本○。フィジー、サモアと並ぶ2勝1敗で全日程を終えたものの、勝ち点の差で3位に終わった。目標とする3戦全勝はならなかったし、フィジー戦の内容が悪かったので大満足とはいかない大会だったけれども、悲観的になるほどのこともない。新たな道筋も見えてきたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/29 21:30
サッカーを観て「フランダースの犬」を思い出した
 サッカーW杯、日本、決勝トーナメント進出決定の報に沸きかえった6月25日朝、出し抜けに、ある想念が浮かんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/27 21:30
日本、11年ぶりにサモアを破る 実力強化ぶりをようやくアピール〜PNC第2戦 サモア代表vs日本代表
 6月20日(現地時間では19日)、パシフィックネーションズカップ第2戦、サモア代表vs日本代表戦がサモア、アビア・パークでおこなわれた。23×31、日本○。日本がサモアに勝利したのは1999年以来、11年ぶりである。日本は現在、世界ランキング13位。格上の12位サモアを破ったことは、素直に喜んでいい。J−SPORTSのTV中継を観た感想をここに記す。    双方PGを決め合って6×3、サモア3点リードで迎えた前半23分、最初のトライを記録したのは日本だった。PKをタッチへ蹴り出し、22メー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/21 21:30
食い足りず……まだ善戦マンなのか〜PNC第1戦 フィジー代表vs日本代表
 6月12日、パシフィックネーションズカップ(以下PNC)第1戦、フィジー代表vs日本代表戦がフィジー、チャーチルパークでおこなわれた。22×8、フィジー○。日本にとっては残念な結果に終わった。僕自身は3勝、もしくはそれに準ずる内容を期待していたが、この結果は勝ちに準ずる敗戦とはいい難かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/15 21:30
後半追い上げるも内容は?〜日本代表強化試合・ノースハーバー州代表vs日本代表
 6月4日、ニュージーランド、ノースハーバースタジアムで日本代表強化試合がおこなわれた。相手はノースハーバー州代表。パシフィック・ネーションズ・カップ(以下PNC)を前にして、5月におこなわれたアジア5ヵ国対抗の参加国とはまったくレベルの違う相手とどう戦うか。注目の1戦であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/07 21:30
ブルズ、スコア以上の圧勝 ストーマーズを下して連覇達成〜5月最終週TVマッチ・スーパー14決勝から
 5月29日、南アフリカ、ヨハネスブルクでスーパー14の決勝がおこなわれた。南アフリカ勢同士の対戦、ブルズvsストーマーズ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/01 21:25
楕円熱中度チェック!
 各地でTL、大学チームの春季オープン戦が開催され、J−SPORTSでは日本代表、あるいは海外チームの試合が毎週のように放映されている。もはやシーズンオフなしといった状態に陥っている人もいるに違いない。今回は、そんなあなたの楕円熱中度をチェック! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/29 21:30
攻撃におけるジャパンの方向性が見えた・アジア5ヵ国対抗 日本vsカザフスタン
 アジア5ヵ国対抗第3戦。5月15日、日本代表の相手はカザフスタン。101×7、日本が大勝した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/17 21:35
偉大なる野球人の訃報
 急な訃報が飛び込んできた。元巨人、阪急の投手だった島野修さんが亡くなられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/12 21:30
アジア5ヵ国対抗、韓国戦、アラビアンガルフ戦・短評
 2011年W杯アジア予選、HSBCアジア5ヵ国対抗が始まっている。日本は初戦の韓国を71×13で下し、第2戦、アラビアンガルフに60×15。連勝を飾った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/05/09 21:20
三洋、後半に覚醒して逆転V3 王者はまだ進化する〜第47回日本選手権決勝・三洋vsトヨタから
 シーズン最終戦。第47回日本選手権決勝。頂上決戦の舞台に駒を進めたのは、三洋電機ワイルドナイツとトヨタ自動車ヴェルブリッツだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/02 21:35
「オリンピック応援の集い」を見てみたい
 凡戦を観ることに慣れていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/25 22:32
横綱の品格を求める心理の背景にあるもの
 大相撲の横綱に求められる品格というのはいかなるものなのか。具体的に誰かをイメージするなら、松平健が演じる徳川吉宗、「暴れん坊将軍」のような存在ではないか。朝青龍の引退騒動を報じるメディアに接していて、そんなふうに感じた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/11 23:32
傑作だった相撲協会理事選、選挙システム「単独記名式」に問題があることをどうして誰も指摘しないのか?
 あかんなァ。首をかしげた。日本相撲協会の理事選に関する報道から浮き彫りになったのは、メディアのバカっぷりだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/04 01:09
ハーフタイムのコーヒーブレイク(20)
 花園のスコアボード下、練習グラウンドへと続く道は、選手を間近で見るには絶好の場所である。試合前に声を掛けるのは気が引けるので、僕自身は片思いの女の子に相対するように(?)そっと眺めるだけなのだけれど、以前、トヨタの麻田選手に、こんにちは、と挨拶されて非常に恐縮した思い出がある。それからは選手とすれ違って目が合えば、会釈くらいはすることにしている。どのチームの試合もできるだけ生観戦するように心がけているうち、だんだんと特定チームのファンではなくなりつつあるのだけれども、そういうことがあったので、... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/03 00:29
息詰まるノートライ 東芝、三洋を下してTL連覇〜TVマッチTLプレーオフTファイナル・三洋vs東芝
 セミファイナルのサントリー戦を35×24で勝利し、ファイナルへ駒を進めた東芝。やはりここ一番の戦い方を知っている。前半は7×21、サントリーがリード。もう少し僅差で折り返したかったな、というところから後半16分には早々と逆転、28×21としていた。ブレイクダウンで優勢だったのも勝因のひとつだが、勝利するために絶対必要だと思っていたBK陣のトリッキーな崩しが、逆転に至るトライシーンすべてに見られたのは充実の証し。FB立川剛士、右WTB宇薄岳夫、左WTB仙波智裕が活躍。キャプテン廣瀬俊朗の欠場とい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/02/01 21:04
ワイルドカードトーナメントへ向けてNEC、視界良好〜1月第2週TL第13節TVマッチから
 1月第2週、J−SPORTSではTL第13節を全試合放映。すべて観るのは大変であるが、月曜が祝日だったのが救いか。同日一斉に試合をやるのなら土曜日より祝日の方がいいぞ、と思ったが、あとで録画を観ることを考えれば、こちらの方がよかったかな、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/15 22:27
帝京、接戦を制して大学日本一&選手権を取り巻く「声」について
 1月10日、大学選手権の決勝の舞台へ駒を進めたのは東海と帝京。どちらが勝っても初優勝というフレッシュな1戦だった。前日のTL第13節、サントリーvs三洋戦同様、頂上決戦にふさわしい引き締まった内容を見せてくれた両チームの選手に感謝したい。すばらしかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/01/14 22:06
サニックス、東芝爆発 頂上決戦は序章としては最高のドロー〜1月第3週TL第13節のTVマッチから
 ラグビーシーズンたけなわ。国内ラグビーは各カテゴリーで熱戦が続き、生観戦、ビデオ観戦等で寝不足の毎日を過ごしているかたも多かろう。1月9日はTL第13節、最終戦の7試合が組まれていた。J−SPORTSが全試合を放映。長くなりそうなので(というか、まだ全部観ていない)2回に分けて感想を記そう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/11 23:34
東福岡、全国の頂点へ〜全国高校ラグビー決勝
 第89回全国高校ラグビー大会は大方の予想どおり、東福岡の優勝で幕を閉じた。決勝の相手は桐蔭学園。スコアは31×5。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/09 20:30
ザッツ・ファンタスティック!〜スーパーラグビー、日本チーム創設構想
 ラグビーマガジン1月号の「Let’s vote,say opinion.」のvol.1、豪州ラグビー協会CEO、ジョン・オニール氏のインタビュー記事は実に興味深かった(P67)。扉の見出しは『ブレディスローの次はスーパーラグビー進出?』。オニール氏は東京に1つ、大阪に1つチームを作り、2013年、もしくは14年からスーパーラグビーに参加してほしいと語る。国内トップレベルの選手がスーパーラグビーのチームに所属し、一流のコーチを受けて一流どころと相まみえる。2019年のW杯日本開催が決定し、日本代... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/20 22:09
最後はちょっぴり関西向け 混戦模様の第46回大学ラグビー選手権を展望する
 第46回全国大学ラグビー選手権の組み合わせが決定した。12月第1週、帝京vs慶応戦で帝京が逆転勝ちを収め、早稲田が明治に勝って対抗戦は早稲田の優勝、というドンデン返しが待っていたが、これは序章にすぎない。帝京と明治がおのれの能力に自信を取り戻す好ゲームを、最終戦になって展開してくれた。この2チームはいいイメージを持って大学選手権に臨めるはず。史上稀にみる混戦、群雄割拠のサバイバルトーナメントは12月20日、秩父宮、熊谷、瑞穂、花園、レベスタの各会場で開幕する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/12 21:32
楽しむことは不まじめなんじゃなくて
 千葉ロッテマリーンズを長らく率いたボビー・バレンタイン監督が日本球界を去った。ほどなく、朝日新聞のオピニオン欄にバレンタインへのインタビューを構成した記事が掲載され、彼の日本の野球界に対する提言をなるほどと思いながら読んだ。その中でも触れられていたが、彼の最大の功績は「楽しむ」という意識を選手に植えつけたことにある、と感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 00:52
プロ野球ファンの仇敵
 千葉マリンスタジアムのライトスタンドにものものしい横断幕が並んだ。横断幕には球団フロントの名前が羅列され、死刑の文字が躍る。昨年来、チーム興隆の功労者、ボビー・バレンタイン監督の退任をめぐる球団内のゴタゴタが報じられてきたが、今季限りの監督の座を追われることが正式に決定、チームの成績がふるわないこともあって、ファンの怒りが爆発したのだった。糾弾フレーズが並ぶライトスタンドは、学生運動華やかなりし頃を思わせる光景でもあった。ヒーローインタビューを受けるお立ち台の上から西岡選手が過激ファンの行動を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/17 22:08
開幕ゲームの一番星は?〜TL第1節TVマッチから
 TL第1節は全試合TVマッチ。スタジアムで生観戦した神戸vsサントリー戦以外の試合について、かんたんに感想を記しておく。残暑厳しい状況下でボールが汗で滑りやすいこと、開幕ゲームであることの緊張、シーズン後半と比較するとチームの完成度が劣ることが要因なのか、ハンドリングやコミュニケーションのミスが目立ち、4T以上のボーナスポイントを得たチームはゼロだった。もちろん、力が拮抗してきたのもあると思うが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/10 01:06
楽しみ! トップリーグ、開幕です!!
 いよいよトップリーグ09’〜10’シーズンが始まる。ラグビーマガジン10月号を買い、プレビュー記事を読んだ。別冊付録のオフィシャルファンブックはここ数日バイブルのようになっている。会場で買うと500円。ラグマガは980円だから、10月号はおトクである。各チームの北海道合宿の様子をレポートするJ−SPORTSの特別番組も観た。否応にも気分が高まってくる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/03 00:38
セブンズも追い風にして
 7人制ラグビー(以下セブンズ)がオリンピックの正式種目に採用されそうな気配だ。正式決定は10月のIOC総会を待たなければならないが、決定濃厚というニュアンスで報道された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/28 00:25
2019年ワールドカップ日本開催に捧ぐ
 2019年、ワールドカップ(以下W杯)が日本へやってくる。7月28日、アイルランドのダブリンでおこなわれたIRBの理事会で、2015年の第8回をイングランドで、第9回を日本で開催することが正式決定した。W杯の管理運営を担う「ラグビーW杯リミテッド」により、2015年イングランド、2019年日本案が推薦されたことがすでに報道され、2019年の日本開催は濃厚と見られていたが、正式決定に及び、招致活動にたずさわってきた関係者の喜びはひとしおだと思う。日本のすべてのラガーマン、ラグビーファンの目が爛々... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/05 00:55
ドドーンとラグビー記事!?
 7月16日付のサンケイスポーツ関西版は、珍しく「ラグビー」の4文字があちこちに躍っていた。3面と20面を合わせて、関連記事はのべ1870平方センチメートルに及んだ。シーズンオフなのに。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/18 21:54
野次
 たまたま手にした雑誌に、「イン・ザ・プール」「空中ブランコ」などの爆笑小説で知られる直木賞作家、奥田英朗のエッセイが掲載されていた。テーマはスタジアムにおける野次について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/12 20:17
不本意な結果に終わったあとでも評価したい精神力〜U20日本代表、予選プール回顧録
 太平洋戦争の開戦直前、日本の陸軍省戦備課が日米の戦力比を内々に試算したところ、その総合力は1対10であった。これでもまだ見通しが甘く、水増しされている感が拭えないが、軍事課はこのデータをもとに、戦争開始以降の日本の潜在的な国力、太平洋にすぐに兵力を動員を動員できる地の利も考慮すれば1対4が妥当な数字、との判断を、東條英機首相に報告した。この数字を見た東條は、こう結論づけた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/14 20:23
ハンケツ王子
 6月7日、東京辰巳国際水泳場で開かれた競泳のジャパンOPで珍事が起きた。目下売り出し中の入江陵介選手が優勝した50メートル背泳ぎにおいて、9〜16位の順位を決める「B決勝」の1着タイムの方が優秀だったのである。最終順位が9位となった古賀淳也選手のタイムは、優勝した入江を0秒1上回っていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/13 01:05
応援団とチアリーダーの関係は?
 スポーツの現場に、もはや女性は不可欠の要素となった。チアガール、レースクイーン、ラウンドガールにマスコットガール。取材者とはいえ、女子アナでさえも、スポーツの現場においてはそうした装飾物の一部であるように思える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/10 00:58
プロレスは男の故郷なのか
 半年かそこらほど前、プロレス、「ハッスル」のテレビ中継を観た。“インドの狂虎”タイガー・ジェット・シンがサーベルを片手に入場してくる。若手レスラーがシンをエスコートしているのだが、シンはそれを振り切り、観客席へとなだれ込んだ。逃げ惑う観客。子供の頃、大阪府立体育会館で、この観客たちと同じように、シンが来たァ、とわめきながら逃げたのを思い出す。シンはいったいいくつになったのだろう。もう還暦を迎えているはずである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/09 01:09
モールを組まれても逃げちゃダメ!
 昨秋「モールを組まれたら逃げるが勝ち!?」と題した記事を書いた。モールからディフェンダーがいなくなってできた、攻撃側による“味方だけの集団”はモールか否か。これに関連したイングランド協会の質問に対する昨年9月24日に出されたIRBのルーリングが奇妙な回答だったので、僕は疑問を投げかける記事を書いたのである。その奇妙な回答は以下のとおりだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/07 18:13
ハーフタイムのコーヒーブレイク(11)
 ラグマガ7月号の選手インタビュー「PLAYER’S PROFILE 解体新書」に登場したのは、サントリーのWTB、長友泰憲選手。素朴な人柄がうかがえる、いいインタビュー記事だった。堂本光一に高橋克典を混ぜたようなイケメン君なんだけど、どこか純な感じがする風貌は、人心を枯れさせる東京砂漠においてもなお潤いを失わない、オアシスの佇まいである。インタビューにあるように、宮崎出身。故郷へのアイデンティティーを失っていないせいだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/04 00:32
モール復活!?
 ラクロスというスポーツをご存知だろうか。先に網のついたスティック(クロスと呼ばれる)を使う球技である。体育会であれ、サークルであれ、スティックを持って通学する女子学生はテニスラケットを手にする人とはひと味違うカッコよさがあったりする。ラクロスは相手ゴールにシュートすることによって得点が入る。イメージとしては陸上ホッケーに近い。陸上ホッケーと異なるのは、ボールが地上から離れた空中を動くことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/30 22:45
阪神タイガースが今いる場所は?
 今年も、プロ野球のセパ交流戦が始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/27 00:28
今後、大学の運動部に求められること・スポーツを活用した人格形成
 京産大アメリカンフットボール部の吉田良治コーチは、アメリカでスポーツを活用した人格形成プログラムを学んだ経験を持つ。小学生を対象にその経験を生かした活動をおこなっていることが、新聞で報じられていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/22 00:16
インパクトに欠けた日韓戦、PNCで底力発揮を熱望する
 HSBCアジア5カ国対抗ラグビー、日本vs韓国が5月16日、花園でおこなわれた。80×9で日本の勝利。短い感想を記しておく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/19 00:37
試合の流れに沿ったジャッジをしてもいいシーンについての報告
 本場ニュージーランドあたりと比較するとまだまだの感はあるが、ラグビーには、ラグビーを取り巻く文化すべてに敬意を払おうとする姿勢がある。ほかのスポーツではファンになかなか伝わってこないレフリーに関する情報がいろいろと入ってくるのも、ルールの難しさに耳目が集まる競技という側面はあろうが、ラグビー文化に対する敬意が根本にあるからなのではないかと思う。レフリーの仕事について考える機会を持つと、自分がよく観るスポーツ、野球の審判についてもあれこれと考えをめぐらせてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 20:41
創造力に卓抜した楽しいラグビー〜全国高校選抜ラグビー決勝・常翔学園vs東福岡を観て
 第13回全国高等学校選抜ラグビーの決勝をJーSPORTSの録画放映で観た。常翔学園vs東福岡。今年冬の花園大会の決勝戦は前年の選抜大会と同じ組み合わせだったし、選抜大会上位校が花園大会で相応の成績を残すのが例年の傾向。要チェックの大会といっていい。もっとも僕は、テレビで選抜大会の決勝をチェックしただけだけれども。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/05/05 20:15
変わりつつあるレフリー環境
 ラグビークリニック初夏号の記事「いい試合、しましょ。」を興味深く読んだ。内容は早稲田大学監督、中竹竜二氏とA級レフリー、下井真介氏の対談である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/29 19:00
「日韓通算」もあります
 ウィキペディアで巨人の李承Y(イ・スンヨプ)選手の通算成績を調べてみた。2003年に母国韓国プロ野球、三星ライオンズで56本塁打を記録し、王貞治が持つ日本プロ野球の年間本塁打記録を抜いたことが話題になった(シーズン56本塁打はアジア記録ということになる)。翌年千葉ロッテへ入団し、2006年からは巨人で活躍している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/19 20:41
ビーチバレーの服装に関する規定を知りました
 熱狂的なファンが決して多いとはいえず、しょっちゅうテレビ中継されているというわけじゃないのにスポーツ紙の扱いが大きいスポーツ……。なんでしょう? クイズみたいな書き出しになったけれども、最近でいうなら女子ビーチバレーがいちばんだと思う。その理由は当然“露出”にあるに違いない。さらにいえば、スポーツ紙の報道に接している限り、男子ビーチバレーなんてこの世に存在しないのではないかとさえ思えてくる。試合結果を知らせるベタ記事さえ掲載されていないのは、いくらなんでもあんまりではないか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/04/11 00:19
ハーフタイムのコーヒーブレイク(5)
 ジャパンの代表スコッドが発表された。その中にサントリーのPR金井健雄の名前がある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/05 00:16
不正行為の内容について回答がありました
 前回のラグビーエッセイ「謎だらけ? 思わず笑っちゃう下部リーグのミステリー」に関東地区対抗リーグ・関東1区グループ1を取り上げた。そこで僕は、東京外語大vs杏林大戦において、杏林大に不正行為があったため東京外語大の勝ちとする旨がラグビーマガジン5月号に掲載されていたことを紹介した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/01 23:22
謎だらけ? 思わず笑っちゃう下部リーグのミステリー
 ラグビーマガジン4月号、5月号の主要公式戦の試合結果を伝えるページに、大学下部リーグ、社会人下部リーグの星取表が掲載されていた。耳慣れないチームの名前が並んでいるだけではない。中には、知らないがゆえに想像力をかきたてられずにはいられない奇怪な星取表も混じっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/03/31 01:05
プロ契約選手への逆風
 日本IBM、ワールド、セコム……トップリーグ(IBMは来季、トップイーストへ降格)、下部リーグに所属する複数のチームが社員選手のみによる編成、規模縮小の方針を打ち出した。ワールドに至っては移籍を希望する選手が多く、トップウエストへの参加すら困難になったことから、3月13日、休部を発表している。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/27 22:44
プロ野球中継ラジオ派の憂鬱
 まもなくプロ野球が開幕する。オープン戦も終盤に入り、贔屓チームを持つファンにとって胸の高まりを抑え切れない季節となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/25 00:24

トップへ | みんなの「スポーツ」ブログ

ワンダーランド・なぎさ亭 スポーツのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる