アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「プロ野球」のブログ記事

みんなの「プロ野球」ブログ

タイトル 日 時
“クマさん”後藤次男さんを偲ぶ
“クマさん”後藤次男さんを偲ぶ  1969年、78年と2度、阪神タイガースの監督を務めた後藤次男さんが5月30日、老衰のために亡くなられていたことが阪神球団から発表された。享年92歳。後藤さんは熊本工業から法政大学を経て48年に阪神へ入団し、ルーキーイヤーに放った129安打は、98年に坪井智哉に抜かれるまで阪神の新人最多安打記録だった。そして49年から52年、4年連続で3割を記録した。しかし53年、試合中に鎖骨を折り、その後の経過がおもわしくなく成績が降下。57年に現役を引退した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/04 21:30
阪神ファンが山本昌さんに抱く親近感について
阪神ファンが山本昌さんに抱く親近感について  4月7日、東京ドームでおこなわれた巨人vs阪神戦をMBSラジオで聴いていた。解説は阪神OBの八木裕さんと中日OBの山本昌さん。2人は昭和40年生まれの同い年で仲がいい。阪神が途中で大量リードを奪ったこともあって八木さんは上機嫌、昌さんとの思い出話に花が咲いていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/11 21:30
ジェンダー差→「サテン生地」……………(しりとりエッセイ)
ジェンダー差→「サテン生地」……………(しりとりエッセイ)  1970年代後半、女性アイドルの親衛隊(という言葉も死語に近いが)がよく蛍光色のサテン生地のはっぴを着ていた。また、79年夏以降、若者の風俗としてメディアに取り上げられた、東京の代々木公園へ日曜日ごとに集まり、ラジカセを持ち込んで音楽に合わせて踊る「竹の子族」のあいだでもサテン生地が大流行した。アラベスクやノーランズ、ボニーMの曲に合わせ、サテン生地のはっぴ風衣装を着た若者たちがチマチマした振りつけで踊っていたのである(泉麻人さんの新潮文庫「B級ニュース図鑑」、『「竹の子」族襲われる』参照)。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/13 21:30
1992年の阪神タイガースを特集した雑誌を発見
1992年の阪神タイガースを特集した雑誌を発見  懐かしいものが出てきた。右に写真を掲載した雑誌は、1992年7月に発行されたサンデー毎日増刊「V’若虎」である。この年、阪神タイガースは大方の予想を覆して白星を重ね、シーズン最後まで優勝を争った(最終順位は2位)。不甲斐ないピッチングを繰り返してファンに野次られてばかりだった仲田幸司投手が突如変身、13勝を挙げたかと思えば、湯舟敏郎投手がノーヒットノーランを達成するなど、劇的なシーンがいくつも思い出される。けれども、快進撃の象徴的存在だったのは、なんといっても表紙を飾っている亀山努選手と、5月... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/11 21:30
むっつりスケベ→「別所毅彦」……………(しりとりエッセイ)
むっつりスケベ→「別所毅彦」……………(しりとりエッセイ)  別所毅彦(以下敬称略)。1999年に亡くなられたから、若いプロ野球ファンの中には名前をご存知ないかたもおられるかもしれない。むろん僕とて、別所が引退した十年後に生まれたから現役時代を知るはずもなく、彼の記憶といえばもっぱら「プロ野球ニュース」の解説者、白い眉毛が特徴の豪放磊落な爺さん、という姿である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/29 21:30
がんばれ!俊介
がんばれ!俊介  ラジオのナイター中継を聴いていたら、解説の金本知憲(以下も敬称略)が打席に立つ阪神タイガースの外野手、俊介について、こんなことを言った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/01 21:30
近鉄vs南海
近鉄vs南海  4月19日から21日のあいだ、京セラドームのオリックスvsソフトバンク戦が「OSAKA CLASSIC」と銘打たれ、オリックスが近鉄バファローズ、ソフトバンクが南海ホークスのユニフォームを着るというので、出かけてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/04/25 21:30
ジコ中→「うっかり」……………(しりとりエッセイ)
ジコ中→「うっかり」……………(しりとりエッセイ)  BS−TBSで、昭和の懐かしい映像を紹介しながら当時をふりかえるトーク番組を放送している。司会は関口宏さん。この番組における関口さんはユニークな視点とユーモアを兼ね備えていて、なかなかおもしろい。日曜朝の「サンデーモーニング」あたりを観ている限りは、道を決して踏み外さない無難な人という印象だけれども、こちらでは、地上波において決して観られない、関口さんの個性に触れることができる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/30 21:30
プロ野球の「3時間半を超えて新しい延長イニングには入らない」ルールについて
プロ野球の「3時間半を超えて新しい延長イニングには入らない」ルールについて  今年のペナントレースは、のっけから波乱含みだった。東日本大震災の影響で開幕が延期されただけでなく、原発事故があって電力不足が懸念される中、関東圏のナイトゲーム開催をデーゲーム、他球場へ振り替えてのスタートとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/11 21:30
ソープランド→「ドラフト会議」……………(しりとりエッセイ)
ソープランド→「ドラフト会議」……………(しりとりエッセイ)  正直者でも泥棒にはなれるから、嘘つきは泥棒の始まりという言い回しはおかしい、それをいうなら、嘘つきは詐欺師の始まりではないのか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/10/21 21:30
「あしたにつながる負け」は本当にあしたへつながるのか
「あしたにつながる負け」は本当にあしたへつながるのか  プロ野球中継で、大差で負けているチームが終盤、焼け石に水という言葉を連想させるような形で点を取ったとき、アナウンサーや解説者がよく、 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/31 21:30
変則的な打ち手
変則的な打ち手  スポーツライター、玉木正之さんのホームページへときどきアクセスする。新聞や雑誌に書いた文章を蔵出しコラムと題して掲載、あるいはお勧め図書が紹介されているなど、僕にとっては非常に有用なホームページだ。そこに、阪神タイガースに関する文章を見つけた。玉木さんはタイガースファン。しかし、優勝争いの常連となったことに違和感を覚える、微妙な心理を打ち明けている。横浜スタジアムの横浜vs阪神戦を観に行き、いつのまに横浜を応援している自分がいた、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/23 21:30
よくぞ本にしてくれた〜「甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯」(門田隆将著・講談社文庫)
よくぞ本にしてくれた〜「甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯」(門田隆将著・講談社文庫)  ああ、この人が高校野球の監督になって甲子園のグラウンドに立つ姿を見てみたかった。いや、立たせたかった。心底そう思った。本書は南海(現ソフトバンク)を皮切りに数球団、計30年間、敏腕打撃コーチとしてプロ野球の世界へ君臨し、平成16年、60歳を前にしてすい臓がんで亡くなった高畠導宏さんの生涯を描いたノンフィクションである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/17 21:30
非日常の世界から見えてくるスポーツマンシップ
非日常の世界から見えてくるスポーツマンシップ  少し前の話になるが、4月20日の阪神vs巨人2回戦はエキサイティングなゲームだった。最終スコアは4×5、巨人の勝ち。巨人が8回表に3点を取って逆転したが、勝負の分かれ目となったのは7回裏のプレーだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/25 21:30
余計なところに目が行く
余計なところに目が行く  9月8日のプロ野球、阪神vs中日戦をテレビで観ていた。1×10、中日9点リードで迎えた9回裏、阪神のブラゼルがバッターボックスへ向かおうとしている。その様子を、3塁側のテレビカメラがとらえていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/12 21:30
1度観てみたい野球
1度観てみたい野球  ソフトボールの試合を観ることは野球の奥深さを知ることにつながるのではないか、と思うことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/05 21:30
プロ野球に関するささやかな「?」
プロ野球に関するささやかな「?」  セリーグとパリーグの交流戦が終盤を迎えている。セリーグのチームの主催試合では指名打者制がなく、ピッチャーも打席に立つ。交流戦開幕前、タイガースを応援するサンケイスポーツ関西版で、打席に入ったパリーグの好投手をあえて四球で歩かせ、ふだん慣れていないランナーとしての役割を課すことによって投球リズムを乱させよ、そこから突破口が開けることもある、などという奇策を授ける記事が、一面を飾っていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/08 21:30
偉大なる野球人の訃報
偉大なる野球人の訃報  急な訃報が飛び込んできた。元巨人、阪急の投手だった島野修さんが亡くなられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/12 21:30
スポーツ新聞の視点
スポーツ新聞の視点  風邪で熱を出して寝込んだ。その恩恵に授かって(?)、4月8日の阪神vs巨人3回戦をプレーボールからテレビ観戦することができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 21:25
*女の子たちによる大音量
*女の子たちによる大音量  日本ハムvs巨人の日本シリーズをテレビで観ながら、日本ハム人気もすっかり北海道に根づいたなァ、と、しみじみ思った。北海道といえば、ひと昔前は巨人人気が絶対的な地域だったのに。職場や学校で、日本ハムの試合の結果が話題に上ることも多いに違いない。一緒に球場へ行く“ハムつながり”のお友達がいたりなんかしてね。年に何回か家族揃って応援に行く、という人も少なくないはず(↓再生されるかたはパソコンの音量に注意してください)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/14 00:17
楽しむことは不まじめなんじゃなくて
楽しむことは不まじめなんじゃなくて  千葉ロッテマリーンズを長らく率いたボビー・バレンタイン監督が日本球界を去った。ほどなく、朝日新聞のオピニオン欄にバレンタインへのインタビューを構成した記事が掲載され、彼の日本の野球界に対する提言をなるほどと思いながら読んだ。その中でも触れられていたが、彼の最大の功績は「楽しむ」という意識を選手に植えつけたことにある、と感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/03 00:52
ドラフト会議は滑稽だ〜想像力の中で世界はぐんぐん膨らんでゆく
ドラフト会議は滑稽だ〜想像力の中で世界はぐんぐん膨らんでゆく  せいきょくの「せい」はセックスの「性」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/10/30 22:47
プロ野球ファンの仇敵
プロ野球ファンの仇敵  千葉マリンスタジアムのライトスタンドにものものしい横断幕が並んだ。横断幕には球団フロントの名前が羅列され、死刑の文字が躍る。昨年来、チーム興隆の功労者、ボビー・バレンタイン監督の退任をめぐる球団内のゴタゴタが報じられてきたが、今季限りの監督の座を追われることが正式に決定、チームの成績がふるわないこともあって、ファンの怒りが爆発したのだった。糾弾フレーズが並ぶライトスタンドは、学生運動華やかなりし頃を思わせる光景でもあった。ヒーローインタビューを受けるお立ち台の上から西岡選手が過激ファンの行動を... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/17 22:08
宇能鴻一郎流官能野球?
宇能鴻一郎流官能野球?  1年に1度くらい、駅売りの大阪スポーツ(以下大スポ)を買いたくなることがある。関東では東京スポーツ、九州では九州スポーツとして売られているこの新聞は、ウソみたいな内容の記事と意表をつく一面の見出しで広く知られている。貴乃花親方がまだ現役で貴花田というシコ名だった時代、竜興山という幕内力士が病気で急逝した。その時の大スポの一面の見出しは、デカデカと『貴花田急死』。えっ、と思って購入し、よくよく眺めたところ、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/19 00:31
阪神タイガースが今いる場所は?
阪神タイガースが今いる場所は?  今年も、プロ野球のセパ交流戦が始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/27 00:28
試合の流れに沿ったジャッジをしてもいいシーンについての報告
試合の流れに沿ったジャッジをしてもいいシーンについての報告  本場ニュージーランドあたりと比較するとまだまだの感はあるが、ラグビーには、ラグビーを取り巻く文化すべてに敬意を払おうとする姿勢がある。ほかのスポーツではファンになかなか伝わってこないレフリーに関する情報がいろいろと入ってくるのも、ルールの難しさに耳目が集まる競技という側面はあろうが、ラグビー文化に対する敬意が根本にあるからなのではないかと思う。レフリーの仕事について考える機会を持つと、自分がよく観るスポーツ、野球の審判についてもあれこれと考えをめぐらせてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 20:41
「日韓通算」もあります
「日韓通算」もあります  ウィキペディアで巨人の李承Y(イ・スンヨプ)選手の通算成績を調べてみた。2003年に母国韓国プロ野球、三星ライオンズで56本塁打を記録し、王貞治が持つ日本プロ野球の年間本塁打記録を抜いたことが話題になった(シーズン56本塁打はアジア記録ということになる)。翌年千葉ロッテへ入団し、2006年からは巨人で活躍している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/19 20:41
プロ野球中継ラジオ派の憂鬱
プロ野球中継ラジオ派の憂鬱  まもなくプロ野球が開幕する。オープン戦も終盤に入り、贔屓チームを持つファンにとって胸の高まりを抑え切れない季節となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/25 00:24
運がめぐってきた選手
運がめぐってきた選手  プロ野球選手がスターへの階段を上っていく始めの一歩に不思議な運を感じるのは、僕だけではないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/12 23:16
ねじれの位置にいた大選手
ねじれの位置にいた大選手  1983年夏、高校野球全国大会。甲子園は新星は誕生に湧いた。清原和博と桑田真澄。ともに1年生だった。彼らのいたPL学園が水野雄仁(のちに巨人)らを擁する山びこ打線、池田高校を猛打で下した試合は、高校野球の中心軸がPL学園へ移ったことを高らかに告げるゲームとして、脳裏に強烈な印象を残している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/07 01:34
巨人の魅力&プロ野球解説者について
巨人の魅力&プロ野球解説者について  2008年度におけるセリーグの優勝争いは劇的のひとことに尽きた。一時首位から13・5ゲーム離された巨人が独走態勢を固めていた阪神を猛追し、逆転優勝してしまったのである。ただ意外だったのは世間の反応だった。いまひとつ、盛り上がりに欠けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 00:14
シーズンオフも野球せんかい!
シーズンオフも野球せんかい!  先日、スポーツ新聞の片隅にヤクルトスワローズの任意引退選手の名前が並べて掲載されていた。真中、度会といったベテランの代打屋に混じり、そこには小野公誠の名前が記されていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/27 23:54
オリンピック後〜スポーツマンシップの欠如
オリンピック後〜スポーツマンシップの欠如  来年3月におこなわれるWBC、野球日本代表の監督に巨人の原辰徳監督が就任することが決まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/09 23:54
変わらないのはオッサンたち・新日本石油・田澤純一投手、米球界志望表明のニュースから考えたこと
変わらないのはオッサンたち・新日本石油・田澤純一投手、米球界志望表明のニュースから考えたこと  新聞の特集記事だったと思う。プロ野球のドラフト制度の将来を考える連載があった。いつの記事だったかは失念したが、西武ライオンズのスカウトがアマチュア選手に金銭を授与していた問題が発覚した直後だったように記憶している。この連載で、取材を受けた読売ジャイアンツの滝鼻オーナーは、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/17 22:53
国際大会に対する意識が希薄なのだ・北京五輪、野球4位に終わった日本に思うこと
 北京オリンピックに関する文章はあまり書かないでおこうとなんとなく考えていた。しかし、4位に終わった野球については書き記しておきたいことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/26 00:59
フライで飛び出したランナーはフォースアウトではない!?
 7月9日付の記事ではラグビーの新ルール、しかもかなりマニアックな内容を取り上げた。今回は野球のルールについて。野球のルールくらい知ってるよ、というかたが大半だと思うが、そういう人にこそ出題したいクイズがある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/15 00:48
勝者と敗者を分けるのは“今”〜プロ野球セパ交流戦の順位決定方法に異議あり
 プロ野球セパ交流戦はソフトバンクホークスの優勝で幕を閉じた。2位は阪神タイガース。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/06/24 22:40
チームを作ってきた・東北楽天ゴールデンイーグルス
 東北楽天ゴールデンイーグルスの野村克也監督が阪神の監督時代に口を酸っぱくして球団に訴えていたのは、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/21 00:06
甲子園が呼んでいる・新井サヨナラホームラン〜4月30日阪神vsヤクルト5回戦
甲子園が呼んでいる・新井サヨナラホームラン〜4月30日阪神vsヤクルト5回戦  4月30日、甲子園球場へ出かけた。相手はヤクルト。今回の野球観戦は急遽話が舞い込み、無理をして出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/01 23:21
犠牲になって刺す、殺す、盗む。挙句の果ては憤死……凄まじい日本の野球用語
犠牲になって刺す、殺す、盗む。挙句の果ては憤死……凄まじい日本の野球用語  ソン・ドンヨルといえば韓国球界史に残る屈指の名投手。中日ドラゴンズでも抑えのエースとして活躍した。そのソン投手が日本野球の犠牲バントという言葉に感銘を覚えたと語っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/18 00:21
ヒール・タイガース
 4月2日の広島vs阪神2回戦、3回表阪神の攻撃で打席に入った新井に対する広島バッテリーの内角攻めは執拗だった。何球目かは忘れたが、広島先発宮崎の投球が新井の背中を直撃する。このデッドボールにはベンチから岡田監督以下首脳陣が飛び出した。きな臭いムードが本塁ベース上に漂う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/05 00:24
阪神、平野恵と阿部健獲得は正解なのでは?
 サンケイスポーツの関西版で暗黒時代の阪神を振り返るという特集が定期的に連載されている。手の施しようがない状態に近かった頃が今となっては懐かしいが、今週は暗黒時代の大失敗トレードとして、92年オフに投手の野田浩司を放出して三塁手の松永浩美を獲得した話が掲載されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/28 01:38
メジャー球団との交換トレードが成立するようになれば
 阪神タイガースの守護神、藤川球児投手が契約更改の席において、来シーズンのオフにポスティングによる米球界移籍を希望して話題になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/15 00:38
セカンドベースマン
 2007年、阪神タイガースの内野手、関本健太郎がおもしろい記録を作った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/20 01:42
惜別〜中村豊、上坂太一郎
 プロ野球シーズンが終了すると、ドラフト、FA、トレードによる新戦力の話題がスポーツ紙を賑わす。その反対に戦力外を通告されて静かにグラウンドを去る選手もいる。今シーズン限りでタイガースのユニフォームを脱ぐ選手の中から、中村豊と上坂太一郎のことを書きとめておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/07 23:55
祝・中日ドラゴンズ日本一
 中日ドラゴンズの日本一で2007年のプロ野球は幕を閉じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/06 00:58
攻撃的な打者がほしい阪神タイガース
 2007年の阪神タイガースをふりかえると、とにかく打てなかった、に尽きるだろう。打てない→僅差の接戦→JFKの出番のパターンで完投が極端に少なかった。先発ローテ入りを期待された投手が軒並み不調だったにせよ、もう少し打線が投手を育てる面がほしかったように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/31 22:24
静岡にプロ野球チームを
 野球人気の低迷が叫ばれている。しかし、ある意味今まで猫も杓子も野球好きでありすぎたような気がしないでもない。むしろ今くらいが健全でいいんじゃないか、と思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/26 03:08
球団フロントは黒子でなければならない
 西武の裏金問題に端を発する騒動には絶望的な気分になる。裏金の温床になる希望枠撤廃を来年のドラフトからとプロ側が最初に発表すると、アマ側が猛反発。世論にも押される形で今秋ドラフトからとプロ側が修正案を示したが、追って公開された西武の内部調査ではアマ側も甘い汁を吸っていると言わんばかりの内容だった。西武だけが悪者ではないと言いたいのだろう。さらに、逆指名とFAを両方導入することに執心し、プロ野球をおかしな方向へ導いた巨人が躍起になって西武をけしからんとマスコミにコメントする。自身に矛先が向くことを... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/11 00:00
JFKの最後はKで
 まだ春季キャンプも始まっていないが、スポーツ紙を見る限り、岡田監督の頭には藤川とウィリアムスをセットアッパー、久保田をクローザーにするという2005年と同じ構想が大方を占めているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/18 22:12
巨人人気復興の道
 巨人の凋落が激しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/26 23:40
関本健太郎の評価はやはり低かった
 タイガースの関本について思うところを書いたところ(http://nagisatei.at.webry.info/200611/article_30.html参照)、契約更改交渉で彼の悔し涙を見せられることになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/06 19:12
阪神打線に欠かせないエスプリ・関本健太郎
 2006年度のシーズン開幕直後にタイガースの2番打者は藤本より関本の方がいいと書いた(「阪神タイガース連覇のためには」http://nagisatei.at.webry.info/200605/article_1.htmlの付記2参照)。この指摘は間違っていなかったと思う。極力スコアブックをつけるよう心がけていたが、それを見ても、藤本が2番に入った時は、赤星のあとに長打力皆無の3番が控えている、という感じなのに対し、関本は2番打者の役割をこなしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/30 01:32
リンドバーグの……
 タイガースの藤川球児について書いた文章(http://nagisatei.at.webry.info/200608/article_22.html)が予想外のアクセスでびっくり。どうやら、入場テーマ曲を調べている人が辿りつくみたいだ。なのに本文中では書いていない。すまんのう……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/30 08:15
藤川球児こそミスタータイガース
 8月27日の対巨人16回戦に勝利し、ヒーローインタビューのお立ち台に上がった藤川球児の目から涙がこぼれた。一軍を離れている間、勝ち星の上がらないチーム状況に責任を感じていたのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/29 11:24
なんとも愛らしい横浜ベイスターズ
 ラグビーのトップリーグでは僕は神戸製鋼を応援している。でも、ファンであることを公言しているチーム以外に好きなチームというのは出てくるものだ。トップリーグではNECに好感を抱いているのだが、虎党の僕がプロ野球でそれに近い感情を持っているのが横浜ベイスターズである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/15 22:44
聖地甲子園球場がいちばん
 ネーミングライツ(命名権)によって大阪ドームが京セラドームへと名前を変える。でも、言っちゃ悪いが、ただそれだけのこと。根本的に何かが変わるというわけではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/04 00:49
“ゲームを作る”三東が好きだ
 阪神タイガースの、果てしなく長くもの憂い低迷時代の勝ちパターンといえば、できるだけ最小失点に抑えてロースコアの僅差の勝負に持ち込むというパターンだった。遠山、伊藤敦規、葛西のリリーフ陣の奮闘は現在のJFKとは趣を異にする悲壮感溢れるものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/08 07:42

トップへ | みんなの「プロ野球」ブログ

ワンダーランド・なぎさ亭 プロ野球のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる