アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「阪神タイガース」のブログ記事

みんなの「阪神タイガース」ブログ

タイトル 日 時
“クマさん”後藤次男さんを偲ぶ
“クマさん”後藤次男さんを偲ぶ  1969年、78年と2度、阪神タイガースの監督を務めた後藤次男さんが5月30日、老衰のために亡くなられていたことが阪神球団から発表された。享年92歳。後藤さんは熊本工業から法政大学を経て48年に阪神へ入団し、ルーキーイヤーに放った129安打は、98年に坪井智哉に抜かれるまで阪神の新人最多安打記録だった。そして49年から52年、4年連続で3割を記録した。しかし53年、試合中に鎖骨を折り、その後の経過がおもわしくなく成績が降下。57年に現役を引退した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/04 21:30
阪神ファンが山本昌さんに抱く親近感について
阪神ファンが山本昌さんに抱く親近感について  4月7日、東京ドームでおこなわれた巨人vs阪神戦をMBSラジオで聴いていた。解説は阪神OBの八木裕さんと中日OBの山本昌さん。2人は昭和40年生まれの同い年で仲がいい。阪神が途中で大量リードを奪ったこともあって八木さんは上機嫌、昌さんとの思い出話に花が咲いていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/11 21:30
1992年の阪神タイガースを特集した雑誌を発見
1992年の阪神タイガースを特集した雑誌を発見  懐かしいものが出てきた。右に写真を掲載した雑誌は、1992年7月に発行されたサンデー毎日増刊「V’若虎」である。この年、阪神タイガースは大方の予想を覆して白星を重ね、シーズン最後まで優勝を争った(最終順位は2位)。不甲斐ないピッチングを繰り返してファンに野次られてばかりだった仲田幸司投手が突如変身、13勝を挙げたかと思えば、湯舟敏郎投手がノーヒットノーランを達成するなど、劇的なシーンがいくつも思い出される。けれども、快進撃の象徴的存在だったのは、なんといっても表紙を飾っている亀山努選手と、5月... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/11 21:30
がんばれ!俊介
がんばれ!俊介  ラジオのナイター中継を聴いていたら、解説の金本知憲(以下も敬称略)が打席に立つ阪神タイガースの外野手、俊介について、こんなことを言った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/01 21:30
リーマンショック→「熊」……………(しりとりエッセイ)
リーマンショック→「熊」……………(しりとりエッセイ)  こんな話を見聞きするのが好き、というのが、誰にでもあると思う。僕の例を挙げると、それは、スポーツ選手のとてもやさしいエピソードである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/08 21:30
変則的な打ち手
変則的な打ち手  スポーツライター、玉木正之さんのホームページへときどきアクセスする。新聞や雑誌に書いた文章を蔵出しコラムと題して掲載、あるいはお勧め図書が紹介されているなど、僕にとっては非常に有用なホームページだ。そこに、阪神タイガースに関する文章を見つけた。玉木さんはタイガースファン。しかし、優勝争いの常連となったことに違和感を覚える、微妙な心理を打ち明けている。横浜スタジアムの横浜vs阪神戦を観に行き、いつのまに横浜を応援している自分がいた、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/23 21:30
余計なところに目が行く
余計なところに目が行く  9月8日のプロ野球、阪神vs中日戦をテレビで観ていた。1×10、中日9点リードで迎えた9回裏、阪神のブラゼルがバッターボックスへ向かおうとしている。その様子を、3塁側のテレビカメラがとらえていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/12 21:30
*サンテレビへの愛着
*サンテレビへの愛着  朝日新聞の夕刊、水曜日に「ますます勝手に関西遺産」という連載がある。よその地域にはない関西地方独特の名物を毎週紹介していくこの連載の5月12日付に取り上げられていたのは、神戸の独立UHF局、サンテレビの阪神戦完全中継。1969年の開局以来、サンテレビは甲子園のゲームを中心に意欲的な放送を続けている。その歴史、裏話を興味深く読ませてもらったが、2008年まで実況を担当した同局、谷口英明アナウンサーの ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/21 21:30
背番号42の重み
背番号42の重み  2000年度、阪神タイガースに1年間だけ在籍したトニー・タラスコという黒人選手を記憶しているかたはおられるだろうか。どちらかといえば外国人選手にハズレの多い阪神。入れ替わり立ち替わり、続々と外国人選手がやってくるので、10年前の1年間だけ在籍した選手など覚えていない、という人もいるかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/25 21:30
スポーツ新聞の視点
スポーツ新聞の視点  風邪で熱を出して寝込んだ。その恩恵に授かって(?)、4月8日の阪神vs巨人3回戦をプレーボールからテレビ観戦することができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 21:25
ドラフト会議は滑稽だ〜想像力の中で世界はぐんぐん膨らんでゆく
ドラフト会議は滑稽だ〜想像力の中で世界はぐんぐん膨らんでゆく  せいきょくの「せい」はセックスの「性」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2009/10/30 22:47
阪神タイガースが今いる場所は?
阪神タイガースが今いる場所は?  今年も、プロ野球のセパ交流戦が始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/27 00:28
運がめぐってきた選手
運がめぐってきた選手  プロ野球選手がスターへの階段を上っていく始めの一歩に不思議な運を感じるのは、僕だけではないと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/12 23:16
シーズンオフも野球せんかい!
シーズンオフも野球せんかい!  先日、スポーツ新聞の片隅にヤクルトスワローズの任意引退選手の名前が並べて掲載されていた。真中、度会といったベテランの代打屋に混じり、そこには小野公誠の名前が記されていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/27 23:54
ひと皮剥けた関本賢太郎
 今年のセリーグは阪神タイガースがトップをぶっちぎっている。そんなに強いのだろうか。もっとも安定した戦いを続けているのは間違いないが、正直、ほかのチームが弱い。交流戦が終わる頃にはあまり思わなくなったけれども、6月上旬頃までは、首位のチームが別にいて、それを2ゲーム差ぐらいで追いかけているという実力のチームではないかな、と個人的には考えていたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/09 00:11
甲子園が呼んでいる・新井サヨナラホームラン〜4月30日阪神vsヤクルト5回戦
甲子園が呼んでいる・新井サヨナラホームラン〜4月30日阪神vsヤクルト5回戦  4月30日、甲子園球場へ出かけた。相手はヤクルト。今回の野球観戦は急遽話が舞い込み、無理をして出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/01 23:21
ヒール・タイガース
 4月2日の広島vs阪神2回戦、3回表阪神の攻撃で打席に入った新井に対する広島バッテリーの内角攻めは執拗だった。何球目かは忘れたが、広島先発宮崎の投球が新井の背中を直撃する。このデッドボールにはベンチから岡田監督以下首脳陣が飛び出した。きな臭いムードが本塁ベース上に漂う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/05 00:24
阪神、平野恵と阿部健獲得は正解なのでは?
 サンケイスポーツの関西版で暗黒時代の阪神を振り返るという特集が定期的に連載されている。手の施しようがない状態に近かった頃が今となっては懐かしいが、今週は暗黒時代の大失敗トレードとして、92年オフに投手の野田浩司を放出して三塁手の松永浩美を獲得した話が掲載されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/28 01:38
メジャー球団との交換トレードが成立するようになれば
 阪神タイガースの守護神、藤川球児投手が契約更改の席において、来シーズンのオフにポスティングによる米球界移籍を希望して話題になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/15 00:38
惜別〜中村豊、上坂太一郎
 プロ野球シーズンが終了すると、ドラフト、FA、トレードによる新戦力の話題がスポーツ紙を賑わす。その反対に戦力外を通告されて静かにグラウンドを去る選手もいる。今シーズン限りでタイガースのユニフォームを脱ぐ選手の中から、中村豊と上坂太一郎のことを書きとめておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/07 23:55
攻撃的な打者がほしい阪神タイガース
 2007年の阪神タイガースをふりかえると、とにかく打てなかった、に尽きるだろう。打てない→僅差の接戦→JFKの出番のパターンで完投が極端に少なかった。先発ローテ入りを期待された投手が軒並み不調だったにせよ、もう少し打線が投手を育てる面がほしかったように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/31 22:24
JFKの最後はKで
 まだ春季キャンプも始まっていないが、スポーツ紙を見る限り、岡田監督の頭には藤川とウィリアムスをセットアッパー、久保田をクローザーにするという2005年と同じ構想が大方を占めているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/18 22:12
関本健太郎の評価はやはり低かった
 タイガースの関本について思うところを書いたところ(http://nagisatei.at.webry.info/200611/article_30.html参照)、契約更改交渉で彼の悔し涙を見せられることになってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/06 19:12
阪神打線に欠かせないエスプリ・関本健太郎
 2006年度のシーズン開幕直後にタイガースの2番打者は藤本より関本の方がいいと書いた(「阪神タイガース連覇のためには」http://nagisatei.at.webry.info/200605/article_1.htmlの付記2参照)。この指摘は間違っていなかったと思う。極力スコアブックをつけるよう心がけていたが、それを見ても、藤本が2番に入った時は、赤星のあとに長打力皆無の3番が控えている、という感じなのに対し、関本は2番打者の役割をこなしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/30 01:32
リンドバーグの……
 タイガースの藤川球児について書いた文章(http://nagisatei.at.webry.info/200608/article_22.html)が予想外のアクセスでびっくり。どうやら、入場テーマ曲を調べている人が辿りつくみたいだ。なのに本文中では書いていない。すまんのう……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/30 08:15
藤川球児こそミスタータイガース
 8月27日の対巨人16回戦に勝利し、ヒーローインタビューのお立ち台に上がった藤川球児の目から涙がこぼれた。一軍を離れている間、勝ち星の上がらないチーム状況に責任を感じていたのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/29 11:24
“ゲームを作る”三東が好きだ
 阪神タイガースの、果てしなく長くもの憂い低迷時代の勝ちパターンといえば、できるだけ最小失点に抑えてロースコアの僅差の勝負に持ち込むというパターンだった。遠山、伊藤敦規、葛西のリリーフ陣の奮闘は現在のJFKとは趣を異にする悲壮感溢れるものだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/08 07:42
今年も福家雅明の季節がやってきた
 僕は阪神タイガースが大好きだ。どうしようもないくらいに。けれども、このブログではあまりタイガースのことを書いていない。ここらでまとまって書いてみるか、ということなのだが、書くにしてもかなりの変化球を投げることにする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/02/06 03:01

トップへ | みんなの「阪神タイガース」ブログ

ワンダーランド・なぎさ亭 阪神タイガースのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる