ワンダーランド・なぎさ亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 初勝利を目指す気迫が火花散る熱戦 同志社、雪辱の白星・関西Aリーグ第2節 同志社大学vs天理大学

<<   作成日時 : 2013/10/15 06:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 10月13日、第1グラウンドと第2グラウンドで4試合が開催された関西大学Aリーグの第2節。第1の2試合目に組まれていたのは注目カード、同志社大学vs天理大学の1戦だった。同志社は立命に、天理は大体に、それぞれ開幕戦で黒星を喫している。同志社はタックルミスが度重なり、防御面の脆さを露呈した。天理は終盤に追い上げたものの、接点への寄りが悪く、生きたボールが出なかった結果、大体の圧力に屈した印象。満足できない内容だった点が共通していて、プレーヤーと首脳陣、そして応援するファンは、どちら側に属していたとしても、このままではいけない、ここでマシなゲームができなかったら大学選手権へ出られなくなるぞ――といった危機感を抱いていたのではないだろうか。賭ける思いの強さはノックアウトトーナメント並みだった、といっても過言ではない。スタンドに陣取ったベンチ外のメンバーたちの応援の声も、普段以上に気合いが入っているように聞こえた(スクラムのときにフロントロー3人の名を呼ぶ応援、結構好きだ。TLの応援団もやればいいのに、と思う)。

画像 風下、天理のキックオフで試合が始まった。同志社のSH岩村昴太のキックがダイレクトとなり、いきなり敵陣22メートル地点でラインアウトを得た天理だったが、4フェーズ目、左チャンネル1でSO後藤大輔がノックオン。チャンスを逃してしまう。1分、同志社はSO渡邉夏燦のキックのあと、天理のFB東口剛士のカウンターランを左LO山田有樹が止めたポイントでHO秋山哲平が横入りを取られたものの、天理がPK後のラインアウトで左LO青野天悠のパスをSH佐川敦希がノックオンしたことにより、4分、敵陣10メートルと22メートルのあいだ右でスクラムを得た。6フェーズ目、左展開で渡邉のカットパスを受け、タッチ際のスペースを駆けようとした左WTB宮島裕之がカバー防御の東口に残り5メートルでタッチへ出される(5分)、ラインアウトモール後の近場勝負でアクシデンタルオフサイド(6分)、bW田淵真理が右FL梶間歩に好タックルを見舞い、こぼれたボールを獲得したあと、敵陣奥の右展開で渡邉のパスがスローフォワード(9分)と惜しいシーンが続いたが、スローフォワード後の天理ボールスクラムを押し込んでターンオーバー、前列が下馬評どおりの強さを見せた同志社に、再びチャンスが訪れる。しかし天理は4フェーズ目、相手防御を引きつけた渡邉にスイッチで入った左CTB木村洋紀を右LO吉崎隼人が止め、2人目の右PR原健将がスイープ。ターンオーバーして右へ振り、13番トニシオ・バイフがグラバーキックを蹴った。処理するFB藤本貴也がタッチを踏んだことにより、12分、ハーフウェイ過ぎでラインアウトを得る。ところが2―5−9−10−8、左展開でbW橋本壮平がノックオン。スクラム後、岩村に好タッチキックを蹴られたことにより、天理は再び地域で劣勢になってしまった。

画像 15分に同志社が敵陣10メートルのラインアウトを起点に攻めた2フェーズ目、左展開の藤本に天理はバイフがタックル、すぐに立ち上がって左CTB斎藤遼太郎とともに乗り越えてボールを奪い、蹴り合いのあと、同志社はバイフを止めた接点でファイトし、山田がいいハンマーになってターンオーバーと、ボール争奪戦でお互いにファインプレーが出た。山田の好プレーのあと、同志社は岩村がさばき損ねてノックオンしたが、天理が自陣22メートルと10メートルのスクラムを起点に仕掛けた連続攻撃、左へ振って9−13−11−15−13−9とタッチ沿いを細かくつないできた17分、岩村が反応よく佐川をタッチへ出した。初戦とは見違えるディフェンスの粘りである。

画像 このラインアウトに始めるアタックの2フェーズ目、9−10−7−14の右展開で右WTB松井千士が内へステップを切って敵陣22メートル近くまでゲインしたのを端緒に、同志社に好機到来。しかし19分、左チャンネル1、左FL末永健雄が捕まったポイントで山田が倒れ込み。20分、このPKをタッチへ蹴り、敵陣10メートル手前のラインアウトから天理が右へ展開し、バイフが後藤にスイッチで入って縦突破した場面は、これまで敵陣の起点がすぐにハンドリングエラーで潰れていただけに、初めてのチャンスといってよかった。が、同志社は、敵陣22メートル付近で松井がバイフに食らいつく。倒された際、バイフがボールを1度放さずに立ち上がったプレーに、ノットリリースザボールの笛。松井のタックルが外れて捕まえられていない、よってタックル成立ではないという解釈もできようが(競技規則第15条、定義参照)、判定なので仕方がない。ただ、当座のピンチを脱した同志社に直後、ハーフウェイ過ぎのラインアウトで秋山のロングスローを岩村がノックオン、そしてスクラムで岩村がオフサイドの位置から橋本にプレッシャーをかけるペナルティとミスが出て、天理のアタックが継続する。26分、同志社がパスコースに手を出したノックオンにより、ハーフウェイ手前左のスクラムを起点に攻めた天理は2フェーズ目、9−10−13の右展開でバイフのオフロードパスをもらったHO中村光希が前進、のちの内側のアタックでもテンポのいい球出しが叶ってフェーズを重ねると、9−10−14、後藤が左へ放したリターンパスを受け、右WTB東丈太郎が右PR才田智とのミスマッチを衝いて抜け出した。右コーナーを目指して走る東。同志社は、藤本が残り5メートルで東を捕まえ、すぐに立ち上がってジャッカル。ターンオーバーで抵抗したが、インゴールから蹴った左WTB宮島裕之のキックが、タッチインゴール。28分、天理は残り5メートル右でスクラムと、なお絶好機が続く。左チャンネル1でバイフがクラッシュ、さらに順目で吉崎が突っ込んだあと、サイドを変えた9−10−14の右展開で後藤のロングパスが東に入っていれば、トライは確実だった。しかし、インターセプトを狙った宮島の手に触れてパスの軌道が変わり、東はノックオン。先の宮島のノックオンが適用されて天理ボール、敵陣22メートル内右のスクラムで再開となった。左順目を攻め続けた3フェーズ目、後藤にアングルチェンジ、左WTBジョシュア・ケレビを入れたアタックで、後藤のフラットパスがわずかに前。スローフォワードにより、天理は先制のチャンスを逃した。

画像 タッチキック後、31分、天理のラインアウトに始まる右展開で、同志社は木村が橋本の足元へタックルに入った。ノックオンを誘ったハーフウェイ過ぎ中央のスクラムを起点に8−10−12、左へ振ったラックから、岩村が空いていた右サイドを抜ける。東口に敵陣22メートル内で留められたあと、山田のピック&ゴーを挟み、9−10−13の右展開。右CTB林真太郎がバイフに阻まれたものの、ノットロールアウェイのPKを得た同志社は34分、残り5メートル右端でスクラムを選択した。ここまでの圧倒的優勢を見れば、当然の策。プッシュオーバートライで仕留めに行く。こぼれ球を梶間に奪われたが、キャリーバックで同位置のスクラム。田淵の負傷によってbWへ回っていた末永が左サイドを突いたのを手始めに、同志社はチャンネル0の力勝負に拘った。4フェーズ目、左PR北川賢吾が右中間へトライ。渡邉のコンバージョンも成功し、36分にして、ようやく0×0の均衡が破れた。

画像 7×0、同志社がリードして折り返し。後半1分、天理は敵陣10メートルのラインアウトから攻めた2フェーズ目、HB団のパスをもらったバイフが縦に抜け、東、東口とつないで22メートル内へ入った。左チャンネル2で梶間がクラッシュしたあと、さらに左へ振ろうとした天理だったが、後藤が外側の死角から来た松井のタックルを受け、落球してしまう。ボールを手に入れた同志社は藤本が裏へキック、このイーブンボールをマイボールとし、左チャンネル1、木村が敵陣奥へ一気にゲインした。ケレビに捕まったあと、防御ラインが揃う左の狭いほうへ放したのはもったいなく、2フェーズ後、パスミスのボールを奪われる。ここで天理は即座に左オープン、ケレビに託そうとした場面は震撼が走ったが、ノックオン。同志社は残り10メートル右の位置でスクラムと、チャンスが続く。渡邉がパスダミーで縦を突いたあと、先制トライのときと同様、チャンネル1を4度。オフサイドのPKをもらった5分、途中出場のSH大越元気がタップキックして左へ放し、才田がクラッシュしたのち、大越が右へさばいた。ここでパスをもらった藤本がリターンパス。外側に目が向いた天理は虚を衝かれた。木村が足元を捕まえようと内側から飛び込んでくる原、青野を軽やかにかわし、中央へトライ。ゴールも決まって14×0、同志社がリードを広げた。

画像 しかし、天理の決定力を思えば、このままで済むわけがない、と考えるのが妥当。実際、天理は次々と好機を創出する。7分、大越のハイパントをキャッチしたケレビが右へロングパス、キャッチしたバイフが3人を外して裏へ抜けた。両チームの応援団から歓声と悲鳴が交錯する。が、同志社は残り5メートルで藤本が止めた。ここで佐川が右へクイックボールを出せていれば、おそらく天理がトライを挙げていただろう。そうでなくてもオフサイドのアドバンテージはもらえる。ところが、ボールに敵味方が折り重なっていて、若干滞ってしまった。右チャンネル1、後藤が阻まれたあと、斎藤が順目へ放したロングパスがインターセプトを狙った末永にカットされてしまう。末永がノックオンし、敵陣22メートル内右でスクラムと天理はなおチャンスだったが、2フェーズ目、バイフが左チャンネル1で止められたブレイクダウンでノックオン。タッチキック後、敵陣22メートル内のラインアウトで仕切り直しとなった局面でも、SHに入ったばかりの福元志郎がプレッシャーを受けてノックオンしまった。16分にもホールディングのPKにより、敵陣22メートルでラインアウトのチャンスがあったが、17分、左へ振った局面で斎藤のカットパスをもらったケレビが松井に捕まり、2フェーズ後、右チャンネル1で青野がノックオン。ハンドリングエラーが続出した天理には、ゴールラインが近くて遠い。3連覇を続けていた昨年までは、ピッチの長さが1キロくらいあってもかまへんで、というくらいに、自陣奥からでも簡単にトライを取っていたのだが。

画像 同志社は19分、自陣10メートルの位置で天理ボールのスクラムをターンオーバー、連続攻撃で敵陣22メートル付近へ攻め込んだ。近場のアタックが硬直したタイミングで、大越が右奥へ好タッチキック。天理ボールのラインアウトではあったが、停滞した場面だったからこれでいい。後藤のキックをキャッチした藤本が左へワンパス、松井がカウンターランで勝負し、同志社は再び敵陣を席巻。松井が中村と左FL李淳也に止められたのち、21−7−19の左ショートサイド、途中出場のLO森山雄が前へ出る。渡邉と左CTBへ入っていた長井一史のループが合わない連係ミスはあったが、渡邉が拾い、林、宮島とつないだあと、21−22−6、長井が左へ放したリターンパスをもらった左FL柴田悠司が裏へ出た。天理はバイフがタックル、すぐに立ち上がってボールへ絡み、ターンオーバーのファインプレー。そして、後藤がタッチへ切って22メートルラインまで戻した同志社ボールのラインアウトを青野がスチールする。後藤のキックをキャッチした藤本に中村が好タックルを浴びせたところまでは好守備が連鎖した天理だったが、24分、同志社はアタックを継続し、右展開で林が斎藤のタックルを受けたこぼれ球を大越が拾って、右ショートサイド、松井−渡邉とつなぎ、敵陣奥へゲインした。渡邉が福元にタッチへ出されたあと、天理ボールのラインアウトをスチールして、なおチャンスだったものの、ノットリリースザボール。天理はここから東が速攻する。直後の右オープン、21−12−13−10の右展開で、同志社は林が後藤を引きずり倒した。天理は左チャンネル1の吉崎を挟み、順目へ振って21−10−12−11。斎藤のロングパスがケレビへ通った。しかし、同志社はカバー防御が素早くスペースを埋める。それを見たケレビはグラバーキックへ切り替えた。カウンターランの藤本を早々に捕まえたケレビ。しかし、大越の球出しにオフサイドの位置からはたらきかけてしまった。

画像 29分、天理は相手パスが吉崎に入るラッキーがありながら、斎藤のキックが前方にいた福元に当たるアクシデンタルオフサイド。同志社は中央線を越えた位置左のスクラムから、チャンスをつかむ。末永が右8単で前進したあと、大越のパスアウトを受けた渡邉が左裏へキック。途中出場の左WTB岩本大志が、蹴り返そうとする東にプレッシャーをかけに走った。東のキックは伸びず、同志社ボールのラインアウトは敵陣奥。ノットロールアウェイのPKを得た31分、同志社は残り5メートル左の位置で、天理に対して絶対の自信を持つスクラムを選択した。狙いはプッシュオーバートライ。じわじわと押し込んでいく。ところが、末永の足元にあったボールが、外へこぼれ出てしまった。天理は福元が反応、ボールを奪ったラックから左WTBに入っていた吉村勇輝が左へさばき、斎藤がバイフへ向かってパスを放す。そこへ、外側から躍り出てきた紺グレのジャージが1人。松井だった。狙いすませていたのだろう。32分、猛禽類が上空から舞い降りて地上の獲物をさらっていくみたいにインターセプトし、中央へトライ。渡邉のコンバージョンも成功し、21×0。同志社の応援席が歓喜に沸く。

画像 残り時間からいって、天理の逆転勝利はきわめて厳しくなった。35分、天理は敵陣10メートル過ぎ中央のスクラムから20−21−13の右、バイフがカットインで柴田を外したあと、21−22−12−19と左へ振る。このアタックはフラットパスからの接近プレーが特徴の天理にしては深いラインに分類されるもので、同志社のディフェンスラインの外側の詰めが空砲になりかけた。大外にはケレビもいて仕留め切れるシーンではあったが、斎藤のパスを左LOに入っていた庄司壽之がノックオンしてしまう。パスの強さからいって、斎藤が狙ったのは飛ばしパスだったか。しかし、同志社にラインオフサイドがあり、天理のチャンスは継続。36分、敵陣22メートル内のラインアウトモールをドライブした。ところがラックへ移行後、福元がパスアウトにミスしてノックオン。さらに、タッチキック後のラインアウトを森山にスチールされた。もどかしいシーンが続く天理は、大越のキックをケレビがキャッチしてカウンターラン、バックスタンド側のタッチ際をゲインし、敵陣10メートルまで地域を進めて再攻撃開始。8フェーズ目、右チャンネル1で途中出場のSO野村宏輝がギャップを抜けた。渡邉に捕まりながらオフロード、左へついた斎藤へパスがつながる。残り5メートルまで肉薄したが、同志社は松井が追って後方からタックル。斎藤を止めた。その後、4度のチャンネル1。41分、オフサイドのPKをbWに入っていた杉中昭太がクイックタップしてクラッシュしたあと、左チャンネル1。庄司が突っ込んでいった。右中間へトライ、と誰もが思った瞬間、末永と林のタックルを受け、ゴールラインを目前にしてノックオン。庄司は地面を叩いて悔しがった。42分、敵陣22メートル手前のラインアウトに始まるアタックでも、1次の左オープンでケレビが松井に食い下がられ、2フェーズ後、チャンネル2でHOに入っていた清水洋志がノックオン。大事なところでハンドリングミスが出る忌まわしき呪縛が、最後まで解けない天理だったが、スクラムから攻めた同志社のハンドリングエラーにより、43分、最後の攻撃機会がめぐってくる。左展開で斎藤が縦を突き、敵陣22メートルへ入ったところで、同志社にオフサイド。タップキックしたバイフが足元を刈りに来るディフェンダーを飛び越え、ようやく左中間へトライを挙げた。自身のコンバージョンも成功、21×7となったところで、試合終了の笛。同志社は昨年、勝利目前のインジャリータイムにトライを奪われ、逆転負けで大学選手権出場を逃した相手、天理に雪辱を果たした。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

画像 敗れた天理のほうから記そう。敵陣奥へビッグゲインした局面の1つでもトライへ至っていれば、流れは変わったと思う。スクラムでやられるのは織り込み済みだったと思うので、一番の敗因はハンドリングエラーだろう。また、同志社のディフェンスが外側からプレッシャーをかけてきた分、端のスペースを生かすシーンがほとんどなかった。昨秋から力をつけてきた印象のある佐川、昨年の高校大会で優勝した常翔の司令塔だった後藤、東海大仰星時代に表舞台の活躍こそなかったものの技術的にはレギュラーと遜色のないものを持っていて、天理へ進学後、昨季、オールラウンドにスキルの高さを見せていた斎藤……この9−10−12の並びを楽しみにしていたが、同志社は、バイフやケレビにスペースのあるところでボールを持たせない、と3人を包囲した。その結果、梶間のアングルチェンジが小銃、バイフのインサイドブレイクが大砲だった以外にこれといった武器を使えなかった。彼ら3人にとってストレスの多いゲームだったと思うが、今後、他チームも同じディフェンスをやってくることが考えられるので、いかに打破するか、対策を練る必要がある。ただ、以上のような減点材料に属する事柄よりも、大体戦の黒星をこの目で見た者として、FWの頑張りを称えたい。2人目、3人目の寄りが全然違っていた。大体戦のときは、梶間が縦にクラッシュしたところでいつも絡まれかけていたのだ。この1戦だけを観た人は「なんだ、今年の天理のBKはたいしたことないじゃないか」と思ったかもしれない。ここはラグビー観の違いがあるだろうが、筆者はボールを持っていないプレーヤーがこの競技の根幹をなす、と考えている。フィジカルで劣勢を強いられる試合が多い天理の場合、FWが俊敏に動き、圧力に屈しそうになりながらも生きたボールを供給するのが生命線。それが2戦目にできるようになっただけでも、収穫である。もちろん、ハンドリングミスが皆無で、BKが次々とパスをつないでトライを量産するに越したことはないけれど。ピックアッププレーヤーには中村を挙げる。タックルに、あるいはボールキャリアーとなった際のしぶとさ、泥臭さにキャプテンとしての責任感が滲み出ていた。

画像 お互いが開幕戦で見えた課題を修正できないままだったとしたら、このゲームはたとえば48×39といったスコアの乱打戦、夏祭りの熱気に高揚した男女が好みや理想をかなぐり捨てて次々と引っついていくような展開になったはずだ。天理はしぶといディフェンスで何度かターンオーバーに成功したし、同志社も初戦で目についたタックルミスがなく、天理のハンドリングエラーの多さが気にならないくらいに緊張感が漂う、締まった内容になった。自分たちだけはたくさん点を取りたいのが本音だろうが、21×7のスコアは両者にとって意義深い。初戦の立命戦から大幅に良化し、タックルの質がまったく違った同志社の、バイフに突破を許したあとの粘りは、ここ数年、淡白な面があったこのチームのディフェンスには観られなかったものである。そしてアタックでは、スクラムの圧倒的優位に顕著だったFWの強さを、うまくフィニッシュで生かした。また、天理のアタックに対し、外側が前へ出てプレッシャーをかけていたと先に書いたが、この意識を持って天理のパスワークにタイミングを合わせていたおかげで、松井のインターセプトによるダメ押しトライが生まれたという見方もできる。その松井はトライを取る力、決め足もさることながら、守備において、1度抜かれた相手に対するねちっこさを見せたのが新境地だ。藤本もFBらしい最後の砦となった。体を張るという点でチームが相当な覚悟を持って臨んだとみえ、そういう意味では全員がヒーローだろう。松井、大越、山田、リザーブの右PR海士広大といった高校時代、すでに全国区だった選手に負けず劣らず将来性十分の1年生だと思わせたのが、田淵の負傷によって前半途中、bWへ回った末永。前へ出る力があって、ワークレートも高い。敗者の天理にもいえることだが、今回の同志社の勝利に関しては、タックル、ディフェンス、接点で体を張るというラグビーの根幹部分を2戦目に改善できたことを、第一に高く評価する。

付記 本文中、選手名の敬称は省略しました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初勝利を目指す気迫が火花散る熱戦 同志社、雪辱の白星・関西Aリーグ第2節 同志社大学vs天理大学 ワンダーランド・なぎさ亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる