窮屈→「辻褄」……………(しりとりエッセイ)

画像 当欄にたびたびご登場いただく知人の現役フーゾクプレーヤーの話を聞いていると、フーゾクへ行く目的は単にいやらしいことをするためだけではないような気がしてくる。お嬢さんと楽しく会話することを重視しているフシがあるのだ。かつてNHKのドキュメンタリーでデリヘル嬢を話し相手として利用する客の存在が取り上げられていたけれども、かの業界は性欲処理の市場化という一面のみでは計れない部分をどこかに内包している。

 「移り香」に、彼から聞いた、洗っていないオチンチンを咥えるのが好きなお嬢さんの話を書いた。局部を洗うなと命令しておいて自らを潔癖症と宣言する姿がユニークなので紹介させてもらったけれど、今回はまた別のお嬢さんの話である。女の子の多人数アイドルユニットについて雑談していたところ、彼女はこう言った。

 「AKB48はスカートが短い」

 言外に込められた真意は、スカートが短いのは下品だ、だらしない、ということだろう。また、彼女は街中で人目をはばかることなくイチャイチャしているカップルの話題になると、

 「頭がおかしいんじゃないかと思う」

 と言い放ったそうな。

 ここで、密室とはいえ、初対面の男の前で裸になるフーゾク嬢が他人のことを偉そうに言えるのかと指摘するのは、閉塞にすぎる。そういう指摘をして鬼の首をとったような優越感に浸る人とは、深くかかわりたくない。彼と僕の共通した意見だった。人間というのは辻褄の合わない、矛盾した面を内包する。先に記した、潔癖症を自称するにもかかわらず洗っていないオチンチンが好きという性癖と同様、これくらいは興趣として感受したい。

 もう1つ、僕が好きなエピソードを書いておこう。読売巨人軍の終身名誉監督、国民的英雄でもある長嶋茂雄さんの話。

 長嶋さんはとにかくエピソードに事欠かない。動物的カンというのか、万事を思いつくままに行動して過ごしているような人である。しかし、意外な一面はゴルフへ出かけたときに表われる。動物的カンをもとにせかせかとプレーするのかと思いきや、マナー上、ご法度とされているスロープレーで有名なのだそうだ。なぜゴルフだけ、こんなにも考え込んでしまうのか。長嶋さんと一緒にコースを回った人は不思議でならないという。

 長嶋さんの行動は概ね本能的だ。ゴルフになると考えてしまって迅速さが失われるのも、実は本能なのかもしれない。本能的なふるまいは、すなわち本質である――と考えると、深慮や駆け引きなどを一切排除し、自然な反応のみを頼りにプレーするのが野球の根源的な姿で、ゴルフはあくまでも考えながらプレーするスポーツなのかもしれない。しかし、連れてきた息子(一茂さんである)のことをコロッと忘れ、球場へ置き去りにして自分だけ帰宅したとか、あるときは自分の家の場所さえも忘れたという、思慮分別とはおよそ無縁の強烈なエピソードをいくつも持つ長嶋さんに、ゴルフだけは考え込んでしまうという矛盾したところがあるのは可笑しい。

 人間は矛盾しているからこそおもしろい、と僕は思っている。辻褄の合わない部分は襞や模様のようなもので、人間がただの1枚紙やスクリーントーンを切り貼りした単純な絵ではないことを示し、それが当人の魅力の一端をなす。テレビ東京系で放映している「ローカル路線バスの旅」において、ふだんはグータラしている蛭子能収さんが次に乗り継ぐバスの時刻表を走って見に行く姿を目にするたび、僕は、なんて魅力的な、と思う。もっとも、これは蛭子さんが本当に大切なことに直面したときだけに素早く行動するバックアップ型の人間であることの証し。自然界全体からみれば、実は辻褄が合っているのだけれど。

 昨今、丁々発止の議論で、相手の矛盾点を引っぱり出してきて槍玉には挙げては「論破した」などと勝ち誇っている人をよく見かける。もちろん、看過できない矛盾もあるだろう。だが、矛盾の何を人間臭さとして許し、どの部分を許さないか――ここに懐の深さ、魅力の有無が表われると僕は思う。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2015年10月04日 22:10
矛盾をあえて気にもとめないおおらかさ、無駄をゆとりと見る心の広さ、今の時代、小賢しい優等生タイプ、それもガリ勉野郎どもが、世間に幅をきかせているような気がします。
そもそも無駄や矛盾を認めないのなら、人生は必要ない、地球上で一番辻褄が合わない存在は人間なのかもしれません。
ついついつられて、日頃の鬱憤晴らしのコメントをご容赦下さい。
そう言えば、阪急と阪神を経営統合すべしと声高に言っていた方がいらっしゃいましたが、実際何か画期的に良くなったのでしょうか、関西に出張するたびに、阪急は阪急、阪神は阪神と感じますが。これも無理に辻褄をあわせなく良かったのではなどと思います。
なぎさ
2015年10月09日 21:03
 コメントありがとうございます。
 こういう鬱憤晴らしのコメントは大歓迎ですよ。仰るとおりで、もっとおおらかになれないもんですかねえ。ほんと、息苦しい世の中です。

この記事へのトラックバック