テーマ:エッセイ

経済効果→「彼氏」……………(しりとりエッセイ)

 彼氏という言葉を広辞苑に当たると、「①彼。あの人。からかいや親しみの気持を含めていう語。②転じて、恋人や愛人である男性の意」と記されている。そこには、昭和初期の新造語である、と由来が明記されていた。昭和初期というからおそらく、和服の服装習慣をやめて洋服姿で街を闊歩した当時の流行の最先端、モダンガールと呼ばれた女性たちあたりが彼氏という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゃん付け→「経済効果」……………(しりとりエッセイ)

 経済効果という言葉をよく聞く。新幹線開通やオリンピック招致の意義を説明するとき、新聞やニュースショーなんかで、経済効果は何百億といった話を耳にする機会が多い。  そのたびに僕は思う。経済効果を数値化しなければ物の価値がわからないのか、と。経済効果を一義的な指標にする風潮は危険だ。偏った見方を増長する可能性がある。  新幹線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街→「ちゃん付け」……………(しりとりエッセイ)

 〈アキコという名の女性が仲間うちで“アッコ”と呼ばれていたりする。メグミは“メグ”で、シンイチローは“シン”。僕はどうもこういった短縮名称、ってやつが苦手だ。ある程度うちとけた仲になっても、なかなか短縮できない。照れてしまう。〉  泉麻人さんのエッセイ『チトフナの男』(「地下鉄の友」講談社文庫所収)に以上のような文章があって、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金玉→「街」……………(しりとりエッセイ)

 コンビニや外食チェーンの店が1軒もない街。今の時代にそんな場所は存在しないと思っていたら、関西の都心からさほど離れていない土地にあった。それはJR福知山線の篠山口駅から東へ約6キロ、篠山城跡の北側に広がる篠山の旧市街である。篠山口は大阪、神戸のベッドタウンの北のはてともいうべき所で、駅前やJRに沿って通る国道176号線、舞鶴若狭自動車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレが2メートルの世界――ワイドショー報道で遊ぶ

 サッカー日本代表の長友佑都(敬称略、以下も同じ)と女優、平愛梨の交際が明らかになった。長友は取材に対し、「大切な人だし『アモーレ』ですね。イタリア語で『愛する人』という意味です」とコメント。以来、メディアもサッカーファンも何かにつけて『アモーレ』を連発していて、この言葉が今年の流行語大賞にノミネートされるのはほぼ確実と思われる。流行度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙器→「金玉」……………(しりとりエッセイ)

 金玉フェチの女性は意外に多い、と知人の男が言う。女性と一緒にお風呂へ入って湯船に浸かっていると、彼の金玉を触りながら、気持ちいい、という感想を洩らす女性が多いのだそうだ。  僕たちがオッパイを触っていて気持ちいいのに似た、非日常的な独特の触り心地があるのかもしれない。また、この話を聞いて、湯船の中というのが肝なのではないか、と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

騙されたい!

 Womans Newsというウェブサイトに「昭和歌謡が平成女子の心に響くワケ」というコラムがあった。かつて共有されていた価値観が多様化していく状況を世相と絡めて著す筆致がふるう、好コラムである。筆者の鈴木かつよしさんは、昭和40年代以降の曲は古臭さを感じさせずに耳へ馴染むというベースがあり、そこでうたわれている言葉の美しさに惹かれる若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五郎丸→「涙器」……………(しりとりエッセイ)

 涙器。聞き慣れない言葉である。明鏡国語辞典には載っていないが、広辞苑には「涙を分泌する涙腺と、それを鼻腔にまで導く涙道との総称」とある。ここではタイトルが涙腺だと思って読んでいただきたい。涙腺とすると、タイトルをしりとりでつなぐ手前、末尾が「ん」で終わってしまって都合が悪いのである。  年をとると涙腺がもろくなる、とよく言う。先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーフタイムのコーヒーブレイク(128)

 ラグビーマガジンに連載中の「MENTAL SPECIAL」は毎回、新たな知見をさずけてくれる。講師を務めるのは東海大学体育学部教授でスポーツ心理学、応用スポーツ心理学、競技力向上のメンタルトレーニングを専門に研究する高妻容一さん。7月号は『失敗やミスは悪いこと?』と題し、失敗やミスをポジティヴなものへ変える方法が説明されていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弛緩と緊張

 マラソンや駅伝中継の視聴率が概ね好調だと聞く。  その理由は弛緩と緊張の適度なバランスにあるのではないか、と僕は考えている。有力選手が先頭集団から放されるとか給水ポイントで転んでしまう、あるいは40キロを過ぎてもまだ優勝者の行方がわからないようなデッドヒートが繰り広げられている、といったスリリングな場面もままあるとはいえ、テレビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“クマさん”後藤次男さんを偲ぶ

 1969年、78年と2度、阪神タイガースの監督を務めた後藤次男さんが5月30日、老衰のために亡くなられていたことが阪神球団から発表された。享年92歳。後藤さんは熊本工業から法政大学を経て48年に阪神へ入団し、ルーキーイヤーに放った129安打は、98年に坪井智哉に抜かれるまで阪神の新人最多安打記録だった。そして49年から52年、4年連続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流行語→「五郎丸」……………(しりとりエッセイ)

 当シリーズはタイトルをしりとりでつないでいく趣向である。「流行語」のあとに「五郎丸」とは、なんとも収まりがいい。なぜなら、2015年の新語・流行語大賞に「五郎丸(ポーズ)」がノミネートされたからである。すべては同年9月19日、ラグビーW杯で日本代表が南アフリカを相手に勝利するという、ラグビー史どころかスポーツ史上最大の奇跡をやってのけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪よ、どこへ行く

 2020年に開かれる東京五輪が何かと物議を醸している。先日亡くなったザハ・ハティド氏の設計案に沿って建てられることがいったん決まった新国立競技場が、べらぼうに高い建設費が問題視され、世論の反発を受けて計画自体を白紙撤回したかと思えば、再コンペを経て新たに選ばれた案に聖火台を置く場所がないというまぬけな展開をみた。大会エンブレムは盗用疑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ズボン吊り→「流行語」……………(しりとりエッセイ)

 先日、インターネットで過去の新語・流行語大賞の一覧を眺めていた。第1回、1984年の新語部門に「特殊浴場」が入っていたことに、ちょっと驚いた。性的なサービスを伴う入浴施設はかつてトルコ風呂と呼ばれていて、在日トルコ人青年の訴えをきっかけに、この年に名称が変更された(当シリーズ「ソープランド」参照)。ただ、ソープランドではなく“お役所言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トトカルチョ(再録エッセイ)

 イングランドのサッカー、プレミアリーグで岡崎慎司(敬称略。以下も同じ)が所属するレスターが優勝した。開幕前の予想で残留争いと見られていたチームの優勝は、史上最大の番狂わせとも評され、サッカー界にとっては青天の霹靂たる大事件だった。  岡崎の存在もあり、日本でもレスターの優勝が大きく報じられた。5月3日、憲法記念日にたまたまTBS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪神ファンが山本昌さんに抱く親近感について

 4月7日、東京ドームでおこなわれた巨人vs阪神戦をMBSラジオで聴いていた。解説は阪神OBの八木裕さんと中日OBの山本昌さん。2人は昭和40年生まれの同い年で仲がいい。阪神が途中で大量リードを奪ったこともあって八木さんは上機嫌、昌さんとの思い出話に花が咲いていた。  昌さんの決め球といえば、左腕から繰り出すスクリューボールだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォーターボーイズ→「ズボン吊り」……………(しりとりエッセイ)

 小学生のころ、僕は1年中、半ズボンで過ごしていた。真冬も、である。子供は風の子というけれど、よくあんな格好で寒さに耐えていたと思う。だが、中学校へ入ると制服がある。詰襟に長ズボン。半ズボンを着る機会はなくなり、普段着も長ズボンになった。  僕が大学生になった時代には、半ズボンではなく短パンという言い方をされたけれども、このころの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いけず返しが心地よし~「京都ぎらい」(井上章一著・朝日新書)

 京都人がさす京都の範囲がきわめて限定されていることは僕も承知している。以前、モーニング娘にいたころの中澤裕子さんが、京都出身であることをささやかながらアピールしていた時期があった。それをテレビでたまたま見た僕は、控えめにしておいたほうがいいよ、と思った。中澤さんは福知山出身。京都市内に住む人は、福知山出身者が京都人を名乗ることを許さな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自由→「ウォーターボーイズ」……………(しりとりエッセイ)

 「ウォーターボーイズ」はシンクロナイズドスイミングをする男子高校生を描いたテレビドラマ。のちに映画化もされた。女子専門の競技に男が青春を賭ける意外性が人気の一要素をなしていたと思うが、それは今、現実のものになっている。2015年から、男女混合のミックスデュエットが世界選手権の公式種目として採用されたのである。  メディアは滑稽味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の美を損ねるのは……

 ある人が、川や城のお堀に向かって咲く桜がいちばん美しいと力説していた。それを聞いた僕はおおいに共感した。水面に映り込む桜、水の上にひらひらと舞い落ちる花びらは美しい。だが、それだけが理由ではなく、花の下に人がウジャウジャと群れていないということが、水辺に咲く桜が最上の美であることの根幹を成していると思う。  桜並木の下に宴席を設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女文字→「自由」……………(しりとりエッセイ)

 ふりかえってみれば、今まで僕は自由に結婚する権利をずいぶんと侵害されてきた。設楽りさ子(以下も敬称略)、渡辺典子、田中律子、小池栄子、吉岡美穂、山口智子、斎藤由貴、井川遥、佐藤江梨子、安めぐみ、関根麻里、山岸舞彩、TBSの女子アナである小倉弘子に同じく桝田絵理奈……結婚したかった女性の名前を挙げるとキリがない。  これを呼んで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショーンK氏への興味

 月間お騒がせニュース大賞といった表彰があれば、3月はテレビのコメンテーター、タレントとして活躍していた、ショーンKことショーン・マクアードル川上氏の経歴詐称がトップ受賞するに違いない。米テンプル大の学位やハーバードビジネススクールのMBA取得、パリ第一大学への留学がすべて嘘で、経営コンサルタントとしての実体も怪しいという。また、本名は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロビデオ→「女文字」……………(しりとりエッセイ)

 書かれた文字を見れば、男が書いたものか、女が書いたものなのか、だいたいは区別がつく。筆圧の関係で曲線やはね方に男性性、女性性が表われるのだろうか。ただ、丸文字が流行った1980年代中期は、丸文字を好んで書く男子の文字に関しては性別の見分けがつかなかった記憶がある。もっとも、今となっては、丸文字の流れを汲むポップな字を書く人こそたまに発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子スポーツチームが批判の矢面に立たされることへの抵抗感

 サッカー女子日本代表、なでしこジャパンがリオ五輪出場を逃した。3月4日に中国に敗れ、五輪出場が絶望的になった試合のあと(一応、この時点では数字上の可能性は残していた)、デイリースポーツが大儀見優季選手の次のようなコメントを掲載した。  「全員がそういう(筆者注・この試合にすべてをかける)気持ちを持っていなかった。ベンチ、スタッフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じゃりン子チエ→「エロビデオ」……………(しりとりエッセイ)

 大学へ入って一人暮らしを始めたとき、エロビデオを存分に見られるぞ、と思った。  それまで僕はエロビデオというものを見たことがなかった。当然、興味津々である。入学式、オリエンテーション、最初の講義が終わってひと息ついたころ、さっそく近所のレンタルビデオ屋へ出かけた。まずは会員にならなければならない。  しかし、ここでいきなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚実は編集次第

 石坂浩二(敬称略、以下も同じ)が、レギュラー出演しているテレビ東京系の人気番組、「開運!なんでも鑑定団」を降板するという話がスポーツ紙の芸能面を賑わせていた。  もう20年ばかり続く長寿番組なのに、我が家でこの番組にチャンネルが合い始めたのはここ2年くらいである。それまではまったく見たことがなかった。理由はたぶん、僕が前司会者、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BNV――バッドニュース・バイオレンス

 新聞の投稿欄に、「ニュース断ち」という雑誌記事に対する意見が掲載されていた。新聞やテレビは悪いニュースばかりを扱っていて、それらに接していると心身の不調を招くからニュースは見ないほうがいい――当の雑誌記事を読んでいないので詳細を語ることはできないが、投稿によればそうした内容の記事だったらしい。  投書主は「ニュース断ち」を批判し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サテン生地→「じゃりン子チエ」……………(しりとりエッセイ)

 1981年春、アニメ映画として劇場で公開され、同年秋からテレビアニメで放映された「じゃりン子チエ」は、約2年間のテレビ放映が終わったあとも、関西地区ではフィルムがすり切れるのではないかという頻度で再放送されていた。物語の舞台が大阪の西成ということもあり、当時、「じゃりン子チエ」をノンフィクションだと思い込んでいた子供もいたくらいである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェンダー差→「サテン生地」……………(しりとりエッセイ)

 1970年代後半、女性アイドルの親衛隊(という言葉も死語に近いが)がよく蛍光色のサテン生地のはっぴを着ていた。また、79年夏以降、若者の風俗としてメディアに取り上げられた、東京の代々木公園へ日曜日ごとに集まり、ラジカセを持ち込んで音楽に合わせて踊る「竹の子族」のあいだでもサテン生地が大流行した。アラベスクやノーランズ、ボニーMの曲に合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノスタルジー→「ジェンダー差」……………(しりとりエッセイ)

 2015年女子サッカーW杯で日本がアメリカに敗れ、準優勝に終わったあと、キャプテンの宮間あや選手が、  「女子サッカーの文化をもっと日本に根づかせたい」  という主旨の発言をした。  国内のなでしこリーグがもっと盛り上がり、女子選手がサッカーに専念できる環境が実現することを願っての発言であろう。前回大会で日本が優勝し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more