テーマ:ラグビー

サンウルブズ、前半食い下がるもワラターズに大敗~スーパーラグビー第15節(2)

 2日、秩父宮ではスーパーラグビー第15節、サンウルブズvsワラターズの1戦が組まれていた。冬にさしかかったオーストラリアから蒸し暑い東京へ移動しての試合は、ワラターズにとっては過酷な条件だったに違いないが、その影響をまったく感じさせず、オーストラリア・グループの首位を争うチームにふさわしいパフォーマンスを見せてくれた。  ワラタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チーフス、クルセイダーズを貴重な勝ち星 NZ首位へ浮上~スーパーラグビー第15節(1)

 1日、フィジーの首都、スバで当地初となるスーパーラグビーの公式戦、チーフスvsクルセイダーズ戦がおこなわれた。フィジー代表、NECで活躍したクルセイダーズのネマニ・ナドロを始め、両チームにはフィジー系の選手が複数いて、あいにくの雨にもかかわらず、スタジアムはほぼ満員の盛況だった。  フィジーの試合ではなぜか画面の時計表示がフルタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパン、一時7点リードも スコットランド、したたかに逆転勝ち~テストマッチ 日本vsスコットランド

 25日、味の素スタジアムで日本vsスコットランドの第2戦がおこなわれた。観客数は日本のテストマッチ史上最多の3万4073人。前半19分、ジャパンのトライシーンにおける大歓声は、これぞテストマッチのホームゲームという音量だった。先週の第1戦の敗戦内容からいって、ジャパンがスコットランドを射程圏にとらえていることは明らか。この日、味スタへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、芸術の域に達したディフェンス勝ち~テストマッチ オーストラリアvsイングランド

 18日、ワラビーズvsイングランドのテストマッチ、第2戦がおこなわれた。場所はレベルズがホームとするメルボルンのAAMIパーク。このスタジアムは芝の状態が悪いことで知られている。まるで苔の上で試合をしているような感じで、スクラムが組まれるたびに芝がごっそりとめくれあがっていた。スクラムはイングランドが3番側で内組み、相手1番を弾き出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパン、スコットランドへの雪辱ならず 勝機あるも攻め切れず~テストマッチ 日本vsスコットランド

 18日、豊田スタジアムでジャパンとスコットランドのテストマッチ、第1戦がおこなわれた。昨年のW杯、プール戦で3勝1敗の好成績を収めながら予選敗退に終わったジャパンが唯一、敗れた相手がスコットランド。あのときはジャパンが中3日のハードスケジュールだったこともあり、選手もファンも今度は勝つという雪辱の思いをもって、この1戦を迎えたに違いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細田退場のピンチにも動じず ジャパン、終盤の反撃をしのいで白星発進~テストマッチ カナダvs日本

 日本時間の6月12日朝、バンクーバーでカナダvs日本のテストマッチがおこなわれた。ジャパンは№8リーチ マイケル、FB五郎丸歩など一部主力に故障者が出ていて、HO堀江翔太が今回の遠征には不参加だったものの、海外クラブ組、サンウルブズ組、アジアラグビーチャンピオンシップで代表チームとして戦った面々が集結した。FWが全員、日本生まれの選手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールブラックス、出来冴えないも終盤に突き放す~テストマッチ ニュージーランドvsウェールズ

 6月のテストマッチシリーズは例年、北半球のチームが南半球へ遠征する。今年、ニュージーランドへ乗り込んだのはウェールズ。第1戦は6月11日、オークランドのイーデンパークでおこなわれた。ウェールズは一部主力に故障者が出ているものの、この試合で代表初先発を果たしたのは2人のみで、ほぼ昨年度と同様のメンバー構成。迎え撃つオールブラックスはFL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、セットピースで凌駕! 逆転で初戦に勝利~テストマッチ オーストラリアvsイングランド

 6月11日、ブリスベンのサンコープスタジアムで注目のテストマッチ、オーストラリアvsイングランド戦がおこなわれた。イングランドを率いるのは言わずと知れた前日本代表HC、エディー・ジョーンズ氏。母国へ、敵将としての凱旋である。そして、ワラビーズのHCは現役時代、ランドウィックでともにプレーしたマイケル・チェイカ氏。選手だけでなく、両指揮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーフタイムのコーヒーブレイク(128)

 ラグビーマガジンに連載中の「MENTAL SPECIAL」は毎回、新たな知見をさずけてくれる。講師を務めるのは東海大学体育学部教授でスポーツ心理学、応用スポーツ心理学、競技力向上のメンタルトレーニングを専門に研究する高妻容一さん。7月号は『失敗やミスは悪いこと?』と題し、失敗やミスをポジティヴなものへ変える方法が説明されていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルーズ、前半リードで折り返すも クルセイダーズ、慌てずに逆転勝ち~スーパーラグビー第14節(4)

 ウインドウマウス前の最終第14節のTV観戦記(4)は,28日のブルーズvsクルセイダーズ戦について。(3)、同日のブランビーズvsサンウルブズ戦の前文で書き漏らしたが、同カードの解説を担当した野澤武史さんの声がとても弾んでいた。何か楽しいことがあったのかなと思っていたら、野澤さんは、昼間の練習試合、サントリーvs東芝戦を観戦してきたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正確無比、ブランビーズ 攻守に容赦なくサンウルブズに大勝~スーパーラグビー第14節(3)

 5月28日、第14節、豪州遠征の2戦目を迎えたサンウルブズの相手はブランビーズ。豪州カンファレンスの首位をワラターズと争うブランビーズは、NZのチームが好調ゆえ、2位に終わるとプレーオフのワイルドカードに入れないことが十分に考えられる。絶対に負けられない思いを抱いてボーナスポイントを追加する大勝を目論む相手だけに、サンウルブズは厳しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワラターズ、後半に大ブレイク NZ首位チーフスを撃破!~スーパーラグビー第14節(2)

 第14節のTV観戦記(2)は5月27日のワラターズvsチーフス戦を記す。豪州カンファレンス、NZカンファレンスの首位同士の試合だったが、切迫した事情を抱えるのはワラターズのほうだった。今季はNZのチームが好調で、ブルーズ以外の4チームは順調に勝ち点を積み上げている。豪州/NZグループのワイルドカード3チームをNZが独占する可能性が高く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

A・サヴェア、土壇場で決勝トライ! ハリケーンズ、ハイランダーズ撃破~スーパーラグビー第14節(1)

 このところ、ウェリントンのウエストパックスタジアムにトロンボーンを持って応援する一団がいる。鳴り物といえばチーフスの本拠地、ワイカトスタジアムのカウベルが有名だが、ラグビーで楽器を使用するのは珍しい。日本における野球の応援みたいだ。  スーパーラグビー第14節のTV観戦記(1)は27日におこなわれたハリケーンズvsハイランダーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流行語→「五郎丸」……………(しりとりエッセイ)

 当シリーズはタイトルをしりとりでつないでいく趣向である。「流行語」のあとに「五郎丸」とは、なんとも収まりがいい。なぜなら、2015年の新語・流行語大賞に「五郎丸(ポーズ)」がノミネートされたからである。すべては同年9月19日、ラグビーW杯で日本代表が南アフリカを相手に勝利するという、ラグビー史どころかスポーツ史上最大の奇跡をやってのけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルズ、ストーマーズとのライバル対決に勝利 南アC首位へ浮上~スーパーラグビー第13節(4)

 スーパーラグビー第13節のTV観戦記(4)はブルズvsストーマーズ戦について。この試合、ブルズの7番で先発したピーター・ラブスカフニがクボタへ加入することが先日、正式に発表された。ラブスカフニがもっとも輝いていたのは、前所属のチーターズでプレーオフ進出へ貢献した2013年だったと思うが、まだ27歳で伸びしろもある。クボタのFWに大いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チーフス、レベルズから5トライを奪う快勝~スーパーラグビー第13節(3)

 このところ、チーフスはアーロン・クルーデンがプレースキッカーを務めることが多いが、中盤節までPGやコンバージョンを蹴っていたのは、蹴る直前にニタリと笑う「顔ルーティーン」で注目を集めたダミアン・マッケンジーだった。21日のチーフスvsレベルズ戦、スタンドを映した画面には、あのニタリ顔の写真を貼りつけたボードを掲げて応援するファンの姿が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五郎丸先発のレッズと注目の戦い サンウルブズ、いったん追いつくも惜敗~スーパーラグビー第13節(2)

 21日、ブリスベンのサンコープスタジアムで組まれていたレッズvsサンウルブズ戦は日本のラグビーファンが注目する試合で、レッズは五郎丸歩が先発出場を果たした。とくに日本から現地へ出かけた人は、五郎丸が3~10節でリザーブ、11節のクルセイダーズ戦でメンバー外だったのを見てやきもきしていたと推測するが、当日を迎えてみれば願ったり叶ったりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルセイダーズ、コンタクト強し ワラターズに快勝~スーパーラグビー第13節(1)

 スーパーラグビー第13節のTV観戦記(1)は20日におこなわれたクルセイダーズvsワラターズ戦について。この日、ワラターズはWTBザック・ギルフォードがリザーブ入りし、後半途中から出場した。ギルフォードはかつてクルセイダーズに所属。古巣との対戦だったわけだが、2011年の休暇中に酒に酔って全裸でバーへ乱入して暴れるなどアルコールにまつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サラセンズ、戦略的キックでゲームを支配! ラシンを下して頂点へ~欧州ラグビーチャンピオンズカップ決勝

 14日、フランスのリヨンでヨーロピアンラグビーチャンピオンズカップの決勝、ラシンvsサラセンズの1戦がおこなわれた。いっとき激しい雨に見舞われたこともあり、キックとFW勝負が中心の地味な攻防に終始する内容だったものの、5万人以上の観客が詰めかけたスタジアムは熱狂に包まれていた。こういう肉弾戦は、専用スタジアムで観ると、ボールが動かなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリケーンズ、レッズを相手に勝ち点5ゲット 地力の高さを見せる~スーパーラグビー第12節(4)

 14日、ウェリントンでおこなわれたハリケーンズvsレッズ戦で、レッズのFB五郎丸歩が第2節のフォース戦以来の先発出場を果たした。カーマイケル・ハントのケガによってめぐってきた出番である。パフォーマンスはまずまずといったところだろうか。レッズに所属するもう1人のジャパン戦士、FLツイ ヘンドリックは押しも押されぬレギュラーになっていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンウルブズ、白星目前も ストーマーズ、土壇場で追いついてドロー~スーパーラグビー第12節(3)

 14日、サンウルブズはシンガポールで同じ南アフリカ・カンファレンス1の首位、ストーマーズと戦った。結果は引き分け。サンウルブズの出来が上向いたこと、ストーマーズの低調が重なったことの2つが作用したと考えるが、バックボーンには高温多湿のシンガポールという地理的な要因があると思う。今季、シンガポールで戦った3試合はいずれも接戦。こうなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブランビーズ、大事な1戦に勝利 レベルズはミスとスクラムの劣勢が響く~スーパーラグビー第12節(2)

 TV観戦記(2)は13日のレベルズvsブランビーズ戦について。後半1分、レベルズが敵陣22メートルのラインアウトで前後に分かれた陣形を敷いた。手前にスローを投げて谷間に走り込んだ選手にショートパスを放し、HOへ戻すというサインプレーを使ったとき、解説の藤島大さんが「大学チームはサインプレーにもっと知恵を集結させるべき」と仰っていた。た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイランダーズ、クルセイダーズを鮮やかな逆転で下す~スーパーラグビー第12節(1)

 スーパーラグビー第12節のTV観戦記(1)はNZのライバル対決、13日におこなわれたハイランダーズvsクルセイダーズ戦について。ハイランダーズのホーム、フォーサイスバースタジアムのゴール裏は「ZOO(動物園)」と呼ばれ、学生を中心とする若者たちが賑やかに応援することで知られている。この日はそこへ赤いジャージを着たクルセイダーズファンも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイランダーズ、チーフスとのハイレベルな激戦に勝利~スーパーラグビー第11節(4)

 第11節のTV観戦記(4)は7日におこなわれた前節終了時点でカンファンス首位、チーフスと前年度優勝のハイランダーズの1戦を記す。試合を観て、NZカンファレンスの上位対決はスーパーラグビーの中でもレベルが違うとつくづく思った。1つ上の世界を行くラグビー。そのような試合にリーチ マイケル、山下裕史(以上チーフス)が先発で、田中史朗(ハイラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンウルブズ、前半の大量失点が響く フォースに敗れ、連勝ならず~スーパーラグビー第11節(3)

 7日、秩父宮ではサンウルブズvsフォース戦がおこなわれた。この1戦が終わると、次に秩父宮へサンウルブズが登場するのはウインドウマウスを挟んだ第15節、7月2日のワラターズ戦である。ここで観ておかないと、と現地へ行かれたかたも多いのではないだろうか。BYEウィーク前のジャガーズ戦に勝利したばかり、しかも相手には失礼だが下位常連で勝機が大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブランビーズ、コンタクト局面を制してブルズに快勝~スーパーラグビー第11節(2)

 6日、キャンベラでブランビーズvsレッズ戦がおこなわれた。ブランビーズにとっては、豪州カンファレンスの1位通過へ向けて負けられない試合といっても過言ではなかった。NZカンファレンスのチームが好調で、ワイルドカード枠でのプレーオフ進出が危うくなっている中、手っ取り早いのは無条件に進出できるカンファレンス1位でレギュラーシーズンを終えるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マジライがハットトリック! クルセイダーズ、レッズを寄せつけない完勝~スーパーラグビー第11節(1)

 スーパーラグビー第11節のTV観戦記(1)は6日のクルセイダーズvsレッズ戦を記す。この日、クルセイダーズは今季チーフスから移籍、SOをはじめにBKならどこでもこなせるマーティー・マッケンジーをリザーブに入れた。現在、リーグの得点王ランキングでトップに立っているチーフスのSOダミアン・マッケンジーの兄で、顔つきもよく似ている。マーティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッズが2勝目 ミス続出、後半に崩れたチーターズを突き放す~スーパーラグビー第10節(4)

 レッズのFB五郎丸歩は4月30日の第10節、チーターズ戦でもリザーブ入りした。しかし、今回は出番なし。開幕当初の試合を観て、現在FBを務めているカーマイケル・ハントをインサイドCTBで使うのがいいかなと個人的に思ったが、このポジションへ復帰したアンソニー・ファインガアが好プレーを連発。堅実なA・ファインガアに、粗削りではあるものの爆発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レベルズ、猛追も及ばず ブルーズがフィジカルの強さを生かして勝利~スーパーラグビー第10節(3)

 4月30日に組まれていたブルーズvsレベルズ戦はある意味、注目カードだった。レベルズは第9節を終わった時点でオーストラリア・カンファレンスの首位。これについて、レッズvsチーターズ戦の解説を担当した小林深緑郎さんが「事件ですよ」と感想を洩らしておられた。レベルズがブランビーズやワラターズとの直接対決で優位かといえばノーだが、昨年来の内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイランダーズ、ブランビーズのシェイプをきっちり封じて守り勝ち~スーパーラグビー第10節(2)

 まず、4月30日にニッパツ三ツ沢球技場で開幕したアジアラグビーチャンピオンシップ、日本vs韓国戦について軽く触れておきたい。日本が85×0で完封勝ち。ジャパンは安定して生きたボールが出てゲインラインを越える場面の連続、韓国のラッシュディフェンスの足を鈍らせたうえで、横の守備範囲が狭い防御の弱点を衝いてトライを次々と重ねた。昨年までのジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more