経済効果→「彼氏」……………(しりとりエッセイ)

 彼氏という言葉を広辞苑に当たると、「①彼。あの人。からかいや親しみの気持を含めていう語。②転じて、恋人や愛人である男性の意」と記されている。そこには、昭和初期の新造語である、と由来が明記されていた。昭和初期というからおそらく、和服の服装習慣をやめて洋服姿で街を闊歩した当時の流行の最先端、モダンガールと呼ばれた女性たちあたりが彼氏という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちゃん付け→「経済効果」……………(しりとりエッセイ)

 経済効果という言葉をよく聞く。新幹線開通やオリンピック招致の意義を説明するとき、新聞やニュースショーなんかで、経済効果は何百億といった話を耳にする機会が多い。  そのたびに僕は思う。経済効果を数値化しなければ物の価値がわからないのか、と。経済効果を一義的な指標にする風潮は危険だ。偏った見方を増長する可能性がある。  新幹線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街→「ちゃん付け」……………(しりとりエッセイ)

 〈アキコという名の女性が仲間うちで“アッコ”と呼ばれていたりする。メグミは“メグ”で、シンイチローは“シン”。僕はどうもこういった短縮名称、ってやつが苦手だ。ある程度うちとけた仲になっても、なかなか短縮できない。照れてしまう。〉  泉麻人さんのエッセイ『チトフナの男』(「地下鉄の友」講談社文庫所収)に以上のような文章があって、お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金玉→「街」……………(しりとりエッセイ)

 コンビニや外食チェーンの店が1軒もない街。今の時代にそんな場所は存在しないと思っていたら、関西の都心からさほど離れていない土地にあった。それはJR福知山線の篠山口駅から東へ約6キロ、篠山城跡の北側に広がる篠山の旧市街である。篠山口は大阪、神戸のベッドタウンの北のはてともいうべき所で、駅前やJRに沿って通る国道176号線、舞鶴若狭自動車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレが2メートルの世界――ワイドショー報道で遊ぶ

 サッカー日本代表の長友佑都(敬称略、以下も同じ)と女優、平愛梨の交際が明らかになった。長友は取材に対し、「大切な人だし『アモーレ』ですね。イタリア語で『愛する人』という意味です」とコメント。以来、メディアもサッカーファンも何かにつけて『アモーレ』を連発していて、この言葉が今年の流行語大賞にノミネートされるのはほぼ確実と思われる。流行度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンウルブズ、前半食い下がるもワラターズに大敗~スーパーラグビー第15節(2)

 2日、秩父宮ではスーパーラグビー第15節、サンウルブズvsワラターズの1戦が組まれていた。冬にさしかかったオーストラリアから蒸し暑い東京へ移動しての試合は、ワラターズにとっては過酷な条件だったに違いないが、その影響をまったく感じさせず、オーストラリア・グループの首位を争うチームにふさわしいパフォーマンスを見せてくれた。  ワラタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チーフス、クルセイダーズを貴重な勝ち星 NZ首位へ浮上~スーパーラグビー第15節(1)

 1日、フィジーの首都、スバで当地初となるスーパーラグビーの公式戦、チーフスvsクルセイダーズ戦がおこなわれた。フィジー代表、NECで活躍したクルセイダーズのネマニ・ナドロを始め、両チームにはフィジー系の選手が複数いて、あいにくの雨にもかかわらず、スタジアムはほぼ満員の盛況だった。  フィジーの試合ではなぜか画面の時計表示がフルタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパン、一時7点リードも スコットランド、したたかに逆転勝ち~テストマッチ 日本vsスコットランド

 25日、味の素スタジアムで日本vsスコットランドの第2戦がおこなわれた。観客数は日本のテストマッチ史上最多の3万4073人。前半19分、ジャパンのトライシーンにおける大歓声は、これぞテストマッチのホームゲームという音量だった。先週の第1戦の敗戦内容からいって、ジャパンがスコットランドを射程圏にとらえていることは明らか。この日、味スタへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙器→「金玉」……………(しりとりエッセイ)

 金玉フェチの女性は意外に多い、と知人の男が言う。女性と一緒にお風呂へ入って湯船に浸かっていると、彼の金玉を触りながら、気持ちいい、という感想を洩らす女性が多いのだそうだ。  僕たちがオッパイを触っていて気持ちいいのに似た、非日常的な独特の触り心地があるのかもしれない。また、この話を聞いて、湯船の中というのが肝なのではないか、と思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来のスタジアムを考えるにも好適な本~「2020狂騒の東京オリンピック」(吉野次郎著・日経BP社)

 僕は市場原理主義の過度な拡大に警戒心を抱いていて、一定の枠内にとどめておくべきだと考えている人間である。具体例を挙げれば、年間3万匹もの犬や猫が殺処分されている事実によってペット産業は“倫理的に”破綻している、と思う。また、どこもかしこも全国展開のチェーン店で溢れ返っている状況は、雇用を促進しているという意見もあろうが、大方は半ばブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、芸術の域に達したディフェンス勝ち~テストマッチ オーストラリアvsイングランド

 18日、ワラビーズvsイングランドのテストマッチ、第2戦がおこなわれた。場所はレベルズがホームとするメルボルンのAAMIパーク。このスタジアムは芝の状態が悪いことで知られている。まるで苔の上で試合をしているような感じで、スクラムが組まれるたびに芝がごっそりとめくれあがっていた。スクラムはイングランドが3番側で内組み、相手1番を弾き出す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャパン、スコットランドへの雪辱ならず 勝機あるも攻め切れず~テストマッチ 日本vsスコットランド

 18日、豊田スタジアムでジャパンとスコットランドのテストマッチ、第1戦がおこなわれた。昨年のW杯、プール戦で3勝1敗の好成績を収めながら予選敗退に終わったジャパンが唯一、敗れた相手がスコットランド。あのときはジャパンが中3日のハードスケジュールだったこともあり、選手もファンも今度は勝つという雪辱の思いをもって、この1戦を迎えたに違いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

騙されたい!

 Womans Newsというウェブサイトに「昭和歌謡が平成女子の心に響くワケ」というコラムがあった。かつて共有されていた価値観が多様化していく状況を世相と絡めて著す筆致がふるう、好コラムである。筆者の鈴木かつよしさんは、昭和40年代以降の曲は古臭さを感じさせずに耳へ馴染むというベースがあり、そこでうたわれている言葉の美しさに惹かれる若…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細田退場のピンチにも動じず ジャパン、終盤の反撃をしのいで白星発進~テストマッチ カナダvs日本

 日本時間の6月12日朝、バンクーバーでカナダvs日本のテストマッチがおこなわれた。ジャパンは№8リーチ マイケル、FB五郎丸歩など一部主力に故障者が出ていて、HO堀江翔太が今回の遠征には不参加だったものの、海外クラブ組、サンウルブズ組、アジアラグビーチャンピオンシップで代表チームとして戦った面々が集結した。FWが全員、日本生まれの選手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールブラックス、出来冴えないも終盤に突き放す~テストマッチ ニュージーランドvsウェールズ

 6月のテストマッチシリーズは例年、北半球のチームが南半球へ遠征する。今年、ニュージーランドへ乗り込んだのはウェールズ。第1戦は6月11日、オークランドのイーデンパークでおこなわれた。ウェールズは一部主力に故障者が出ているものの、この試合で代表初先発を果たしたのは2人のみで、ほぼ昨年度と同様のメンバー構成。迎え撃つオールブラックスはFL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、セットピースで凌駕! 逆転で初戦に勝利~テストマッチ オーストラリアvsイングランド

 6月11日、ブリスベンのサンコープスタジアムで注目のテストマッチ、オーストラリアvsイングランド戦がおこなわれた。イングランドを率いるのは言わずと知れた前日本代表HC、エディー・ジョーンズ氏。母国へ、敵将としての凱旋である。そして、ワラビーズのHCは現役時代、ランドウィックでともにプレーしたマイケル・チェイカ氏。選手だけでなく、両指揮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五郎丸→「涙器」……………(しりとりエッセイ)

 涙器。聞き慣れない言葉である。明鏡国語辞典には載っていないが、広辞苑には「涙を分泌する涙腺と、それを鼻腔にまで導く涙道との総称」とある。ここではタイトルが涙腺だと思って読んでいただきたい。涙腺とすると、タイトルをしりとりでつなぐ手前、末尾が「ん」で終わってしまって都合が悪いのである。  年をとると涙腺がもろくなる、とよく言う。先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーフタイムのコーヒーブレイク(128)

 ラグビーマガジンに連載中の「MENTAL SPECIAL」は毎回、新たな知見をさずけてくれる。講師を務めるのは東海大学体育学部教授でスポーツ心理学、応用スポーツ心理学、競技力向上のメンタルトレーニングを専門に研究する高妻容一さん。7月号は『失敗やミスは悪いこと?』と題し、失敗やミスをポジティヴなものへ変える方法が説明されていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弛緩と緊張

 マラソンや駅伝中継の視聴率が概ね好調だと聞く。  その理由は弛緩と緊張の適度なバランスにあるのではないか、と僕は考えている。有力選手が先頭集団から放されるとか給水ポイントで転んでしまう、あるいは40キロを過ぎてもまだ優勝者の行方がわからないようなデッドヒートが繰り広げられている、といったスリリングな場面もままあるとはいえ、テレビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“クマさん”後藤次男さんを偲ぶ

 1969年、78年と2度、阪神タイガースの監督を務めた後藤次男さんが5月30日、老衰のために亡くなられていたことが阪神球団から発表された。享年92歳。後藤さんは熊本工業から法政大学を経て48年に阪神へ入団し、ルーキーイヤーに放った129安打は、98年に坪井智哉に抜かれるまで阪神の新人最多安打記録だった。そして49年から52年、4年連続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more