近大、大量得点の快勝! 4位以内、選手権出場が確定・関西Aリーグ第6節 摂南大学vs近畿大学~鶴見

画像 11月10日、鶴見緑地球技場では関西大学Aリーグ第6節の2試合がおこなわれた。第1試合に組まれていたのは、摂南大学vs近畿大学の1戦。ここまで5戦、いまだ白星のない摂南と、開幕戦で同志社を破るなど力をつけてきて3勝2敗と勝ち越している近大である。近大が圧勝するだろうというのが大方の見立てではあったが、トンガからの留学生を中心とする摂南のアタックがどこまで通用するかという楽しみもあった。

 キックオフは近大。前半2分、左へ展開した摂南のSO安田大地のパスが低く、左LO山本朋弥がノックオン。自陣10メートルのスクラムを得た近大だったが、2フェーズ目の左チャンネル1、左LO村北晃一が止められたポイントでオフザゲートのペナルティがあり、3分、摂南は敵陣22メートル内でラインアウトのチャンス。左へ振り、左CTB中澤勇人がそばについた右CTBフェツアニ・ラウタイミにショートパスと見せかけてカットイン、前進してチャンスを広げたものの、2フェーズ後、順目のオープンでラウタイミがFB上野誠司に止められたところで、ボールを放せなかった。PKがノータッチとなり、カウンターで仕掛ける摂南。しかし6分、乱れたパスのボールを左PR越田祐麻が拾ったポイントで、村北に絡まれてノットリリースザボール。近大は、PKをタッチ→ハーフウェイ手前のラインアウトを起点に仕留める。右FL小林亮太にスローを合わせ、1度モールを組んだあと、SH光井勇人-村北-HO山岡瑞槻とつなぐ右ショートサイドの攻め。そこから左へ振った。左CTB渡邊真人がクイックハンズで放すと、小林亮が目の前のギャップを抜けて裏へ抜け、順目へツーパス。上野が角度をつけたランでラウタイミのタックルから逃れるようにして、左隅へトライ。SO藤井湧気のコンバージョンも決まり、0×7。近大が先制した。

画像 摂南は11分、藤井のキックを処理したFB出口耀介のカウンターを皮切りに、20フェーズ近い連続攻撃。近大はタックルが堅実だった。そのあいだ、ほとんどゲインを切らせない。右チャンネル1、右PR我妻康平のハンドリングエラーにより、守り勝ち。いったんはマイボールとした近大だったが、切り返しの左展開に対し、摂南は、素早くスペースを埋めて対応する。2フェーズ後の右展開で、右LO山本朋弥が渡邊に鋭く前へ詰めてタックル。パスコースを狂わせて、右WTB阪本一樹のノックオンを誘った。ハーフウェイ過ぎ中央でスクラムを得た摂南は、№8セコナ・トプイの左8単からパスをもらった左LO太田修平がゲイン。右へボールを放し、SH石塚雄大、左WTB酒谷拓弥とつないで残り5メートルまで迫る。上野のカバー防御に捕まったものの、すぐに太田がピック&ゴー。右コーナーへボールを押さえこんだ。

 石塚のコンバージョンキックも決まり、同点とした摂南だったが、19分、流れを左右する大きなペナルティを犯してしまう。自陣から攻めた局面でラウタイミが石塚のショートパスをハンドリングエラー、近大ボールとなり、縦につながれて渡邊にゴールラインまで5メートルまで肉薄されたあとの右チャンネル1、右LO前田大輔にラウタイミがハイタックルを見舞ってしまってシンビン。20分、残り10メートルやや右でスクラムを選択した近大は3フェーズ目の左展開で、右CTB古川克己が出口に外のパスコースを塞がれたのを見て、縦に切り替えた。ラックから左へパスアウト、藤井にもプレッシャーをかけて、1人少ない中、ふつうに守っていてはどこかで数的不利が生じてしまう摂南がその場に賭けたディフェンスをしたのは正解だったが、藤井がその上を行くプレーでチャンスを切り開く。裏へ小さくグラバーキック。チェイスの左WTB山田一輝が確保して、左中間へトライ。さらに24分、安田のパスが渡邊に入って攻守交代、古川がランで裏へ出た。その右にサポートはもう1度、渡邉。中央へトライ。コンバージョンも連続成功し、7×21となった。

画像 26分、近大は自陣22メートル過ぎのスクラムから仕掛けた際、阪本がハンドリングミス。ボールを獲得した摂南にチャンスが訪れたが、チャンネル1を中心とするアタックでトライラインを脅かしたものの、右WTB徳田颯馬が止められたポイントでターンオーバーされてしまう。自陣から攻める近大。2フェーズ後、摂南はトプイが前田にハイタックル。ラウタイミ、トプイと不動明王のごとき体格の留学生に続けてノーバインドに近い体当たりを食らった前田が気の毒だったが、トプイにイエローカードが出て、近大としては再び攻勢に出る絶好の機会だ。29分、このPKによる自陣10メートル地点のラインアウトモールののち、右サイドを突いた山岡がノットリリースザボールを取られたものの、直後の摂南ボールラインアウトをスチールした近大は2フェーズ目、右展開で阪本がゲインしたあと、左オープンへ振る。オーバーラップができあがってはいたが、HB団の手を渡ったボールが4-3-7-2とFWの手を渡る中、対峙するディフェンダーをカットインで外して裏を通した小林亮のセンスが光った。山岡は左にまだ山田が余る状況で、カバー防御の安田、石塚をもろともしないパワフルラン。左隅へトライを決めた。ゴールも成功、7×26となり、一方的な流れに。36分には、ハーフウェイ地点のラインアウトを起点に2フェーズ目、右展開から上野にスイッチで入った阪本が22メートル内へゲインすると、光井は右ショートサイドへパスアウト。前田が右コーナーへトライ。さらに39分、またも阪本のゲインで敵陣10メートルラインを越え、ラックから持ち出した光井が右ショートサイドを抜くトライ。コンバージョンも連続成功し、7×40。この2つのトライは、摂南がオープンサイドをケアする防御ラインを敷く中、トプイのシンビンによってショートサイドの分担が曖昧になっていた隙を衝いた。光井の状況判断が素晴らしい。41分には、摂南がラインアウトでウエストオブタイム。FKでスクラムを選択すると、古川がパスダミーでクラッシュしたラックから、右ショートサイドへツーパス。阪本がスワーブランでトイメンの徳田をかわすと、目前にカバーのディフェンダーを認めて、ショートパント。自らチェイスして確保するトライを右中間へ。近大が7×45としたところで、前半が終わった。

画像 後半の入り、摂南のアタックに見どころがあった。近大は自陣10メートルのラインアウトが乱れ、摂南ボールに。後半からSOへ投入された川田正人がフラットパスでリズムを生み出し、受け手はギャップを狙うポジショニング。近大の堅い防御を崩す萌芽が感じられたのである。ラウタイミの力強い走りで敵陣22メートル内へ進んだあと、石塚が右サイドへ仕掛けた場面は光井のタックルに阻まれてノックオンとなったが、このスクラムで近大はペナルティ。3分、摂南はクイックタップで仕掛けたトプイがぶち当たっていく。左中間へ強引なトライ。12×45としたあとも、前半と比較して前へ出るシーンが増えた摂南。しかし近大は決定的なチャンスまではつかませず、堅実な守備でしのいでいく。12分、右展開された先、中澤を止めたポイントにプレッシャーをかけ、相手のハンドを誘った。このPKをタッチへ蹴り出し、ハーフウェイ手前のラインアウトを得て、攻守交替。14分、上野が右FL森山皓太の好タックルに捕まったラックで5秒ルール。ハーフウェイ上ほぼ中央の摂南ボールクラムで再開となったが、すぐにターンオーバーして、残り5メートルまで地域を進める好タッチキックを蹴る。16分、この摂南ボールのラインアウトがジャンパーに合わず、イーブンボールを拾った右PR山本幸輝が右中間へ飛び込んでいった。大台の50点到達である。

画像 18分、近大は自陣からのアタックで、途中出場のSH吉田一機がラックのボールをさばこうとしてノックオン。摂南は敵陣22メートルやや左でスクラムを得ると、確実性という意味で強力な2人に託す。トプイの左単に、ラウタイミ。ラウタイミは渡邊、竹内、上野の3人を外す迫力満点、野生動物的なトライを左コーナーへ。17×50としたが、近大は連続トライで突き放す。24分、相手タッチキックで敵陣10メートル地点のラインアウトを得ると、モールドライブ後の2フェーズ目、チャンネル1で左PR間原健士郎が左FL湯浅恵祐のタックルを受けてハンドリングミスしたものの、すぐにボールを奪い返した。25分、ラックアンプレイヤブルにより、敵陣22メートル内のスクラムで再開。近場の縦中心にフェーズを重ねた26分、吉田のパスをもらった間原、竹内と左へつないで、右中間へトライ。摂南とすれば、前へ詰めた山本が竹内にズラされてしまったのが残念だった。さらに35分、近大のハンドリングミスによってマイボールとした摂南が左へ振ってカウンターに出てきたところを、阪本が石塚に食らいついてタッチへ押し出す好守備。36分、敵陣10メートル過ぎのラインアウトを得て、1度吉田のパスが流れて相手にセービングされたが、すぐにルーズボールを獲得した。摂南のコンタクト・フィットネスにいささかの衰えが見え始めていて、近大の左展開、途中出場の右PR井上直哉の背中を押すスネークプレーの推進がより強烈に映る。フィジカルを強化した今季を象徴するようなプレーのあと、SOに入っていた酒井貴弘の右リターンパスを受けた山岡が裏へ抜けた。サポートランの古川へつないで、中央へトライ。コンバージョンの2点を併せ、17×64。摂南は40分、このリスタートキックをマイボールとし、近大のオフザゲートで得たPKをタップキックで仕掛け、山本がラック左サイドを突くトライを左隅へ。しかし、意地のトライをもう1本、とロスタイムに攻め続けたものの、近大のディフェンスに阻まれた。22×64、近大の圧勝。この勝利により、近大の4位以内が確定し、12月に開幕する大学選手権への出場が決まった。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

画像 摂南は積極的に前へ出るディフェンスが目を惹いた。チャレンジャーはかくあるべし、の姿勢で好感を持てたし、実際、ゲームの入りは近大のリズムを狂わせることに成功していた。ところが、ラウタイミ、トプイがシンビンで一時退出しているあいだに、近大が埋め切れないスペースを巧みに衝いてトライを量産し、前半途中で趨勢が決してしまった。また、近大はボールキャリアーが裏へ出たあと、サポートのリアクションが速いのに対し、摂南のディフェンダーの反応は少し鈍かった。それが大量失点のひとつの要因にはなったが、内容をいえば、先週の関学戦より良化がうかがえた。ピックアッププレーヤーは、後半に投入された川田。パスの巧い選手で、先述したように、ギャップを狙ってポジショニングした選手が彼のフラットパスをいい姿勢でもらって前へ出るアタックに、見どころがあった。川田は現在2年生。今後の成長に期待したい。彼とラウタイミが入ったフロントスリーからはいいオプションが生まれそうな気がする。そこにセットの安定が加われば、もう少し僅差で戦えるようになるはず。

画像 近大は上々の内容を示して、快勝。スクラムで完全に組み勝ってセットの安定を得たうえ、縦の強さをアクセントにしながらボールを動かして、スペースを衝いていくラグビーができた。前半、摂南の20フェーズ近い連続攻撃にさらされながらほとんどゲインラインを越えさせなかったように、ディフェンスも堅実。ふつうに戦えば白星がついてくる力関係で小林亮、阪本、山本が順当に持ち味を発揮する中、この試合では山岡の好調が目立った。好タックルを連発し、アタックでは1トライ。腰の強いランが随所に見られた。ラグビーの根幹となるフィジカルプレーと、何かしでかしそうな雰囲気を常にたたえる阪本の忍者的なスピードランを切り札とするテンポのいいアタックがバランスよく融合しているのが、近大の魅力。11月25日、キンチョウスタジアムにおける関学戦は好勝負になりそうだ。セット、ブレイクダウンの優劣もさることながら、ディフェンスでミスしたほうが負けという展開になる予感。阪本vs金尚浩(きむ・さんほ)など、楽しみなマッチアップも幾組か存在する。

付記 本文中、選手名の敬称は省略としました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック