ワンダーランド・なぎさ亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 天理、粘り強い守りで立命を完封! 今季初勝利〜関西大学Aリーグ第2節 立命館大学vs天理大学

<<   作成日時 : 2014/10/14 06:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 10月12日、京都の宝ヶ池球技場でおこなわれた関西大学Aリーグ第2節、2試合目のカードは立命館大学vs天理大学。立命は初戦、大体を相手に粘り強いディフェンスでピンチをしのぎ、チャンスで効率よくトライを奪って快勝した。主力選手が卒業で抜けたとはいえ、今年もブレイクダウンに練達したチームを仕上げてきたという印象。対する天理は同志社の前へ出るタックルにゲインラインを越えられなかった前半のビハインドが響き、開幕黒星スタート。シーズン序盤で実力上位校との対戦が続く天理にとって、この1戦は勝利を得て波に乗りたい試合ではなかったか。開幕直後のつまずきが響いて大学選手権出場を逃した昨年の二の舞とならないためにも、是が非でも白星が欲しい1戦だった。同志社が大体を下した1試合目と同様、台風が近づいて強めの風が吹く中、午後2時、風下の立命のキックオフで試合が始まった。

 前半1分、ハーフウェイ過ぎのラインアウトを起点にフェーズを重ねた立命は、SO宗像仁が空いていた右裏へキック。ボールはインゴールへ転がり、FB白井竜馬に押さえられてドロップアウトになったものの、左へ短めに蹴った天理が地面のボールをノックオンしたことにより、立命は敵陣10メートルと22メートルのあいだ右でスクラムを得た。1次で左オープンへ振り、左WTB宮田遼が右WTB井関信介に止められたあとはチャンネル1が2度、チャンネル2が1度だけで、それ以外の7フェーズはFWによるチャンネル0、近場勝負に拘った。大体戦において、手渡しでズラす器用さを見せて取り切った戦術だったが、4分、SH三輪貴将がラックのボールをさばき損ねてノックオン。先制機を逃した。風上の天理は6分、蹴り合いでSO斎藤遼太郎が中央インゴールへ達するキック。ドロップアウトのキックをキャッチしたSH藤原恵太から白井、左CTBモセセ・トンガと左へつないだ。しかし立命は、左FL南友紀が絡んでノットリリースザボールのPKを得る。敵陣22メートルへ進出し、2次で三輪が左裏へ好タッチキックを蹴って手堅く陣地をキープする作戦に出たが、斎藤のタッチキック後、敵陣10メートルと22メートルのあいだのラインアウトで捕球ミス。マイボールとした天理は9−10−12−13−12−15−11、ループを入れた左展開で敵陣10メートルまでゲインし、9−10−6の右。外のパスコースを塞がれた斉藤が近場へパスを放したのを見て停滞する予感がしたのか、次フェーズ、藤原が右へ放したパスをもらった右CTBジョシュア・ケレビは、右裏へキックを蹴った。ゴールライン手前で止まったボールを処理した右WTB藏田知浩がタッチキック。敵陣でラインアウトの起点を得た天理は、途中、左チャンネル1の右FL橋本壮平が宗像に止められ、bW中村優樹にボールをもぎ取られはしたものの、すぐに奪い返して連続攻撃。12分、ホールディングのPKにより、残り8メートルでラインアウトのチャンスを迎えた。

画像 ここで競りかけた立命にノックオン。ピッチ左でスクラムを得た天理は9−10−12の右展開、モセセのアングルチェンジを皮切りにチャンネル1で体を当て続ける。立命の2人目が速く、絡まれそうになったシーンが何度かあったが、内に防御を集めた通算7フェーズ目に取り切った。9−15−13の右展開、ケレビが白井のパスを開いてもらい、ミスマッチの右FL小原稜生を振り切って右斜めラン。14分、ギャップを切り裂くようにして右中間へ。ゴールも成功し、0×7とした天理は風上を意識したゲームメイクで19分、白井が敵陣奥へキック。インゴールに達してドロップアウトとなったが、キックカウンターで攻められるなら良しという心持ちだっただろう。捕球した白井が左へ横走り。しかし立命は南と小原が白井を捕まえ、左LO清水両佑らも加わってリフトアップ。モールアンプレイヤブルにして、自陣10メートル左でスクラムを得る。ここで宗像が入りから多用していたハイパント。風下なので自軍側に戻ってくるという計算があったと推測する。また、チェイスが先に落下点に入り、相手側が手を伸ばして捕球する体勢にしてやると、向かい風で逃げるボールをノックオンするケースが生まれる。だが、この場面は井関がキャッチした。その後、天理にパスミスやラインアウトのミスがあり、一進一退。21分、天理は立命のハンドリングエラーによってマイボールとした3次、ハーフウェイ付近から斎藤が右裏へキックを蹴った。ボールは処理に走ったFB山中駿佑の前で弾み、頭上を越えてタッチを割ってエリアで優位に立つ。

 そして天理はこのラインアウトを左LO西川太郎がスチール。立命はムーヴを入れたものの、シンプルにミドルで跳んだ西川に奪われてしまったのだった。敵陣22メートルで攻撃権を得た天理。ところが、2フェーズ後の左チャンネル1で右PR西村颯平に絡まれ、ノットリリースザボール。ハーフウェイまで戻した立命は、このラインアウトを小原が捕り損ねてしまった。しかし、このチームにはブレイクダウンのしつこさがある。4次の右チャンネル1、橋本を清水が止め、HO原山光正がジャッカルしてターンオーバーした。タッチキックを蹴って敵陣へ進出した26分、天理のラインアウトスローが曲がるミスにより、立命は10メートルと22メートルのあいだ右でスクラム。が、1次の左展開で右CTB宮本将希のパスが宮田へ合わず、タッチを割って追撃機を逸した。

画像 29分、立命は宗像のハイパントを追ったプレーヤーがノックオン。ハーフウェイ右でスクラムを得た天理は、サインプレー一発で仕留めてきた。9−10−14の左展開。この場面の写真を右に掲載したが、斎藤のそばへ接近したケレビが囮となって立命の防御を寄せ、左のスペースをオープン側に並んでいた井関が駆け抜けたのだった。そのまま左中間へトライ。コンバージョンの2点を併せ、0×14となった。

 天理は34分、ハンドのPKにより敵陣22メートルでラインアウトの好機を迎えた。しかし、2次で左サイドを突いた左PR山口知貴がノックオンし、直後のスクラムで天理にアーリーエンゲージの笛。FKで自陣10メートルまで地域を戻した立命は、相手ラインアウトミスによってマイボールとし、36分にはノットロールアウェイのPKを得て、敵陣22メートル内でラインアウト。モールを組んだあと、右ショートサイドを突いたFWがタッチへ出されたが、天理のタッチキック後、38分のラインアウトは22メートルを越えた位置と、立命のチャンスが続く。清水がキャッチしたモールのあと、FWが左サイドを2フェーズ。ここで天理は藤原が、サポートプレーヤーがわずかに遅れた隙を衝いてボールへ絡んだ。ノットリリースザボールに陥れてピンチを脱出。ハーフウェイまで手前まで地域を戻し、2−5−9−10−13の展開、斎藤のカットパスをもらったケレビが前進したのを皮切りに連続攻撃。7次で9−15−2と左へ展開、フラットパスを捕球したHO高部大志が宗像とすれ違いでゲインし、モセセからオフロードを媒介に8−13と左へつないだ。立命はケレビに宮本と藏田がダブルタックル。ボールがこぼれ、防御側にノックオンの笛が鳴ったところで前半が終わった。

画像 14点のビハインドで後半、風上で戦えるのなら、立命としては悪くない折り返しである。4分、ハイタックルのPKを得た立命は残り5メートルでラインアウトの絶好機を迎えた。右LO杉下暢にスローを合わせたモールがラックになったのち、チャンネル0、1、0と右サイド。ところがダウンボールし切れず、ボールは倒れたプレーヤーの上。高部に絡まれ、モール状態のアンプレイヤブルになってしまった。天理はマイボールスクラムから、白井のキックでタッチへ逃れる。立命は敵陣10メートル過ぎのラインアウトで仕切り直し、右展開で宗像と左CTB市原淳平のループから宮本へつなぐ。ここで天理は左WTB永松哲平がハイタックルを犯し、10分、立命は再び残り5メートルでラインアウトのチャンス。モールから21−7、オープン側の左チャンネル1へ小原が角度へ変えて入ったあと、SHへ入っていた後藤大が右ショートサイドへさばく。アタッカーは市原1人、ディフェンダーも1人。1対1の勝負をさせようという肚だったと思われるが、パスコースに藤原が狙いを定めていた。インターセプト。しかし立命は、細かくパスをつないだ天理のボールをすぐに奪い、完全にオーバーラップができあがっていた左へ展開した。5−8−7、小原がギャップを狙った縦で右ポスト下をうかがう。ところが、タックルに来た井関と激突し、インゴールノックオン。双方ともが担架で運ばれる事態となった。

 斎藤のタッチキック後、立命のラインアウトは敵陣10メートルと22メートルの中間点。なお好機だったが、スローをキャッチできず天理ボールに。天理は4フェーズ目、入ったばかりの左CTB王子拓也がグラバーキックを蹴って陣地を獲りにいく。山中がキック処理した立命は左右のスペースを見据えながらショートサイドや逆目を巧みに使って敵陣へゲインした4次、3対2の右へ展開した。しかし天理は、斎藤が内側からのタックルで藏田を倒す。2人目が即座に絡んでターンオーバー。ここで立命にノットロールアウェイがあり、16分、天理は自陣10メートルでラインアウト。連続攻撃の末、18分に取り切る。接点のしつこい立命ではあったが、この局面では攻め疲れがあったのか、ボールへ働きかけることがままならなくなっていた。速いテンポでアタックを継続した天理は6次、9−15−2−11の左展開で永松がミスマッチ、bWに入っていた玉置寛之をスワーブランで外すと、タッチ際で小刻みなステップを駆使。藏田、山中を次々とかわし、左中間へトライ。0×19とした(ゴールは不成功)。

画像 21分、立命は天理のアクシデンタルオフサイドにより、敵陣22メートル手前右でスクラムを得る。1次で20−12−10−13−11の左展開。宗像が市原を、宮本が山中を飛ばすカットパスの連続でスペースを得た宮田がゲインし、22メートル内へ。右チャンネル2、FLへ回った中村が縦を突いたあと、ハーフ近辺に複数がパスをもらえる陣形の9シェイプで崩しにかかったが、天理はきっちり対応。5フェーズ目、後藤の球出しにモセセがプレッシャーをかけた。しかし、ノットロールアウェイをとられ、23分、立命は残り5メートルでラインアウト。またも絶好機をつかんだが、杉下がスローをキャッチミス。天理はボールをキープしようとした立命の選手を潰し、ハンドのPKを得てピンチを逃れた。

 自陣から蹴らずに攻めた天理のノックオンにより、25分、立命は敵陣22メートル手前中央でスクラム。残り時間からいって、そろそろトライを挙げておかないと逆転勝ちの目がない局面である。天理はスクラムにプレッシャーをかける。なんとかボール出しに成功し、21−10−12と左へ回す立命。そこへ天理は斎藤が凄まじいタックルを浴びせる。出鼻を挫かれた立命は9シェイプのチャンネル1を中心とした攻めで立て直そうとした。ノミネートを揃える天理の防御になかなか穴が開かず、ゲインが叶わなかったものの、辛抱強く攻めた27分、21−10−12の右展開で市原がカットイン。ミスマッチの右PR大竹智也を外しで前進した。右LO吉崎隼人に阻まれたが、ノットロールアウェイの笛。立命は途中出場のHO江口晃平が速攻し、22メートル内へ入る。直後の右チャンネル1で杉下がノックオン。しかし江口のポイントでノットロールアウェイがあり、その場から再び仕掛けていった。ところが30分、近場のチャンネル0でノックオン。直後、自陣奥のスクラムからポイントを前へ出そうとした天理の9−12の右、モセセに市原がタックル。ノックオンさせる好守備により、立命は敵陣22メートル内やや左でスクラムを得た。インテンショナルノックオンにオフサイドが2つ、計3回のPKをタップキックで仕掛けてゴールラインへ迫った立命だったが、35分、3度目のPKを後藤がタップし、3−13とつないだところで、宮本が斎藤に足元へ刺さられ、ノックオンしてしまう。

 取り切れない、もどかしい展開が続く立命。敵陣22メートル手前のラインアウトでエアチャージのPKを速攻した局面は、2次の21−6−20、南の左リターンパスをもらった玉置が藤原にきっちり止められ、直後の左展開でパスが後方へ流れるミス。39分、ターンオーバーした天理がノックオンし、ハーフウェイ中央のスクラムで得たFKをタップで仕掛けた場面でも、ディフェンスの激しいプレッシャーを受けた立命はハンドの反則を犯す。このプレーを境に地域で優位に立った天理はますます元気一杯。立命のゲインをまったく許さなかった。42分、自陣22メートル手前でスクラムのFKを速攻した立命の連続攻撃は、44分には自陣インゴールの右展開と、場所を下げられてしまっていた。そして46分、21−3−16と左へつないだ立命は江口が落球。天理はルーズボールをFBへ入っていた東口剛士が獲得し、1人を外して右中間から中央へ回り込むトライ。ケレビのコンバージョンも決まり、0×26となったところで、フルタイムの笛が鳴る。天理が立命を見事に完封した。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

画像 奇しくも第1試合の同志社vs大体戦と似た展開。許容範囲のビハインドを背負ったチームが後半、風上に回り、攻勢に転じたものの、再三のチャンスを生かし切れず、逆に突き放されて敗れたのである。立命は開幕戦とは異なり、ゴールラインを前にしたFW勝負でミスをしてしまった。天理のディフェンスを褒めるべきだろうが、昨年には見えなかったナイーブな一面がのぞいた印象もある。前半35分の段階で、ボールさばきにミスがあった三輪、ラインアウトスローが不振だった原山をチェンジし、早目に手を打って巻き返しを図ったが、不発に終わった。ラインアウトの獲得率が9/15だったとか、前半に4つをかぞえたブレイクダウン・ターンオーバーが後半は0、FWの動きが鈍っていたことなどが敗因として挙げられよう。ただ、決して良くはないとはいえ、メチャクチャに悪い出来でもないので、この黒星は精神力を試されたいい機会だと思って切り替えるしかない。後半12分、オーバーラップの左へ展開し、小原がタックルに来た井関と激突してインゴールノックオンした場面がトライになっていれば、流れは変わったかもしれない。先週、キャプテンのFL萩原寿哉が右足を負傷し、穴を埋めるべく奮闘していた小原も途中交代。3列の技能者が抜けるのは痛い。彼らの早期復帰を祈るばかりだ。

画像 天理は前半、追い風を味方にエリアを獲得しながら攻め、14点のリード。ただ、先ほど数字を紹介したように4回、ブレイクダウンでボールを奪われた。接点の密着感、2人目のレースで立命が明らかに上。後半はボールキャリアが前へ出て、アタック有利のブレイクダウンをもっと増やさないことには苦戦は免れないぞ、と予感した。ところが、後半の入り、約15分をほとんど守りっぱなしで辛抱したあと、攻撃へ転じてみれば、立命はボールへ絡めなくなっていた。交際を猛反対していると聞いた彼女の父親に2人の結婚を許してもらうべく恐る恐る訪問したら、父親はよそに拵えた女の家へ転がり込んだとかで家族と絶縁して不在、話がトントン拍子に進んだ――というような展開である。相手に疲れが見えた隙を衝いて永松がさっさとトライを挙げた天理は元気が湧いてきて、反対に立命は精神的ショックが肉体面に影響したようなパフォーマンスとなり、勢いが減じた。もちろん、天理が修正した部分もあったと思う。結局、天理のブレイクダウン・ターンオーバーの数は最終的には5つをかぞえ、立命の数字を上回っている。このチームらしい、粘り強い勝利だった。立命の9近辺のシェイプとアタックラインに対し、穴を開けないように防御を並べ、前で止めることのできた接点で勝負したディフェンスに好感。アタックは先週、モセセとケレビが徹底マークされたのを受け、彼らにスペースでボールを持たせる工夫が見られた。相手防御が狙って詰めてくるフラットパスを渡すのではなく、いったんFWを使って下げた位置でパス、あるいは彼らを囮にする裏のプレーで立命のラッシュを止めながら攻めていた。MOMは観客を沸かせて2トライのケレビではなく、斎藤が受賞した。前半の巧みなゲームコントロールと、ピンチの局面においてビッグタックルが4度あったのが評価されたのだろう。藤原も上々の出来で、このHB団が攻守において本来の達者ぶりを試合で発揮すれば、天理の試合は懐の深い内容になる。白井も好調が光った。FWからは運動量が光った高部を挙げておきたい。

付記 本文中、選手名の敬称は省略としました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
天理、粘り強い守りで立命を完封! 今季初勝利〜関西大学Aリーグ第2節 立命館大学vs天理大学 ワンダーランド・なぎさ亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる