テーマ:シックスネーションズ

イングランド、フランスを破ってグランドスラム達成! 全勝優勝~シックスネーションズROUND5(2)

 欧州№1を決めるシックスネーションズはROUND4を終了した時点でイングランドの優勝が決定した。この結果について、新任のエディー・ジョーンズHCは「とりあえずハネムーンは成功した」とメディアへコメントしたという(TV解説の大西将太郎さんがオンエアで紹介していた)。あとはしっかり調教して超一流の変態へ育てあげるのみ――なんてことを言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイルランド、ボールキャリーで完全凌駕 スコットランドを下す~シックスネーションズROUND5(1)

 シックスネーションズ最終節、ROUND5は19日に3試合がおこなわれた。ウェールズvsイタリアはウェールズが力の違いを誇示して67×14で勝利。今回は大勝だったけれども、ウェールズの戦いからは、80分間全体を考えて最後にスコアで上回ろうというストーリー性を感じる。セットピース起点で最初に12番ジェイミー・ロバーツをクラッシュで当てて脅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコットランド、完成度の高さを見せてフランスに勝利~シックスネーションズROUND4(2)

 シックスネーションズROUND4のTV観戦記(2)は13日のスコットランドvsフランス戦について記す。その前に、12日におこなわれたアイルランドvsイタリア戦に触れておきたい。58×15でアイルランドが完勝。イタリアが主導権を握ったのは試合の入りと後半に2トライを挙げた場面に限られ、その時間帯以外はアイルランドが一方的に攻める展開だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、ウェールズの猛追をしのいで5年ぶりの優勝~シックスネーションズROUND4(1)

 欧州№1を決めるシックスネーションズは12日と13日、ROUND4の3試合がおこなわれた。一番の注目は12日、トゥイッケナムでおこなわれたイングランドvsウェールズの1戦。ウェールズは敗れると優勝の望みがなくなる、追い込まれた立場。イングランドが勝利したうえで、翌日、フランスがスコットランドに負けるか引き分けに終わるとイングランドの優…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、攻守に激烈! アイルランドを下して3連勝~シックスネーションズROUND3(3)

 シックスネーションズROUND3の(3)は2月27日、トゥイッケナムでおこなわれたイングランドvsアイルランド戦について。イングランドは今大会初のホーム試合。昨秋のW杯、予選敗退が決まってスタンドに失望が渦巻いた10月3日のオーストラリア戦以来、約半年ぶりにトゥイッケナムへ登場した(予選プールの最後、ウルグアイ戦はマンチェスターでの試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコットランド、途中詰め寄られるも最後はイタリアを突き放す~シックスネーションズROUND3(2)

 3月1日の夜9時から、WOWOWで加入キャンペーンを兼ねたシックスネーションズのダイジェスト番組が無料放映された。招かれた4人のゲストのうち、“ラグ女”代表として出演したのは吉木りささん。吉木さんはJ-SPORTS、スーパーラグビーの開幕直前スペシャルにも出演していた。両方の番組で話していたけれども、初めて80分間を通してラグビーを観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェールズ堅守、フランスに持ち味を出させず 大会2勝目~シックスネーションズROUND3(1)

 シックスネーションズは2月26日、27日にROUND3の3試合がおこなわれた。TV観戦記(1)は26日のウェールズvsフランス戦について記すが、ウェールズといえば、ラグビーファンのあいだでプレースキッカー、ダン・ビガーのルーティーンワークが話題になっている。キックを蹴る前、肩を前後に揺らしながら体のあちこちを触る。このルーティーンワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

前半モタつくも後半にきっちり イングランド、イタリアに完勝~シックスネーションズROUND2(3)

 14日、ローマのスタディオ・オリンピコでシックスネーションズROUND2、イタリアvsイングランドの1戦がおこなわれた。スタンドにはアウェイ、イングランドの白いジャージも目立ち、イタリアサポーターに負けない音量の声援を送っていた。それに応えてイングランドが順当勝ち。フランスとともに連勝と快調なスタートを切った。  今年のシックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロバーツが逆転トライ! ウェールズ、スコットランドを下す~シックスネーションズROUND2(2)

 シックスネーションズROUND2(2)は13日、カーディフ、プリンシパリティスタジアムでおこなわれたウェールズvsスコットランド戦について。聞くところによると、スコットランドが昨年のW杯、準々決勝へ進出したことで、当地のラグビー人気が高まっているそうな。2011年の予選プール敗退から巻き返しただけでなく、攻撃的なスタイルに変わり、観て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス激変! 連覇狙うアイルランドに逆転勝利!~シックスネーションズROUND2(1)

 シックスネーションズROUND2のTV観戦記(1)はフランスvsアイルランド戦について。2011年にイングランドが優勝したあと、ウェールズ、アイルランドがそれぞれ連覇し、その間、フランスは隔靴掻痒の低迷が続いている。今年は監督がトゥールーズを1993年度から率いたギー・ノヴェルに代わり、メンバーも入れ替わった。初戦のイタリア戦を観た印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堅守譲らず アイルランドvsウェールズは壮絶なるドロー~シックスネーションズROUND1(3)

 シックスネーションズのROUND1は7日、ダブリンでアイルランドvsウェールズの1戦がおこなわれた。アヴィバスタジアムは超満員。壮観なスタンド風景にふさわしい熱戦となり、両者のセールスポイント、粘り強いディフェンスに唸りっぱなしの80分だった。アイルランド、ウェールズのサポーターとも、胃が痛くなったのではないだろうか。ラグビーを手っ取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、スコットランドに勝利 エディーの初陣を飾る~シックスネーションズROUND1(2)

 シックスネーションズROUND1のTV観戦記(2)は、スコットランドvsイングランド戦について。イングランドの新監督は前日本代表HC、エディー・ジョーンズ氏。また、スコットランドは今年6月に来日し、豊田スタジアムと味の素スタジアムでジャパンとテストマッチをおこなうことが決まっていて、日本のファンにとっても気になる1戦といえた。イングラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス、辛くも勝利 イタリアはリードを守り切れず~シックスネーションズROUND1(1)

 6日、欧州№1を決める伝統の大会、シックスネーションズが開幕した。今年はJ-SPORTSではなく、WOWOWでの放送。フランスvsイタリア戦の解説は清宮克幸さんと野澤武史さんで、僕が好きな、タッチペンを使った書き込み入りの解説があったのがうれしかった。  フランスは昨季までトゥールーズを22季に渡って率いた名将、ギー・ノヴェスを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド7T奪取、乱戦制すも得失点差で及ばず2位止まり~シックスネーションズROUND5(3)

 21日、3試合が組まれていたシックスネーションズROUND5の大トリはイングランドvsフランス戦。アイルランドがスコットランドを40×10で破り、得失点差を+63として暫定首位へ浮上。イングランドが優勝するためにはフランスに勝ち、なおかつ得失点差26点のビハインドを逆転しなければならなかった。フランスに圧勝しなければならないということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイルランド、スコットランドに貫録勝ち 連覇達成!~シックスネーションズROUND5(2)

 21日にROUND5の3試合がおこなわれたシックスネーションズは、まずウェールズが61×20でフランスを下し、暫定首位へ浮上した。得失点差は+53。マレーフィールドのスコットランドvsアイルランド戦のキックオフはその直後、エディンバラの現地時間で午後2時30分だった。連覇を狙うアイルランドの得失点差は+33。スコットランドを破ったうえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェールズ、後半に大爆発 イタリアに完勝!~シックスネーションズROUND5(1)

 3月21日、シックスネーションズは最終節、ROUND5の3試合がおこなわれた。前節を終えた時点でイングランド、アイルランド、ウェールズが3勝1敗。順位は得失点差の順で+37のイングランドが1位、+33のアイルランドが2位、+12のウェールズが3位という並びになっていた。この上位3チームがそれぞれ下位の3チームと対戦。ただ、2勝2敗で4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス、フィジカルとスクラムの強さ顕著 イタリアに完勝~シックスネーションズROUND4(3)

 シックスネーションズROUND4(3)は3月15日の日曜日にローマでおこなわれたイタリアvsフランス戦について。イタリアは前節、スコットランドに勝利。その勢いでホームへ戻ったのだから、格上のフランスにひと泡吹かせてやろうとチーム内のムードは上々だったのではないだろうか。フランスはすでに優勝戦線から脱落。パフォーマンスにムラがあり、強み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、スコットランドを撃破 得失点差で首位へ浮上~シックスネーションズROUND4(2)

 シックスネーションズROUND4、イングランドvsスコットランド戦の放送が始まるやいなや、イングランド国歌をうたう美人シンガーに目を奪われた。イングランド国歌のメロディーはニュージーランド国歌と同様、妖精的な風貌を持つ美人シンガーがうたうのがしっくりくる。ドレス1枚という薄着で寒くないかな、風邪でもひいたら大変、と心配せずにはいられな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェールズ粘る 全勝アイルランドを下して優勝に望み~シックスネーションズROUND4(1)

 シックスネーションズROUND4のTV観戦記(1)はウェールズvsアイルランド戦を記す。この日、ミレニアムスタジアムは屋根を開けて試合をおこなった。日本でラグビーの試合がおこなわれる会場で開閉式の屋根がついているのは、ホムスタ神戸と豊田スタジアム。ホムスタ神戸は寒さを考慮してか、いつも屋根が閉じられているけれど、雨の日はともかく、天気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全勝対決はアイルランド! イングランドを破り、頭1つ抜け出す~シックスネーションズROUND3(3)

 ROUND3の(3)はアイルランドvsイングランド戦について。途中、アイルランドのサポーターがうたう歌について、解説の藤島大さんが「イングランドに苛められた男の歌」と仰っていた。昨年も同じことを言われていたが、貧しさに耐えかねてトウモロコシを盗み、オーストラリア行きの囚人船に乗せられた男が主人公の歌なのだそうだ。産業革命によって全世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェールズ、粘り勝ち フランスはFW戦優位を生かせず~シックスネーションズROUND3(2)

 シックスネーションズROUND3の(2)はフランスvsウェールズ戦について。ホーム、フランスはブルーのジャージで登場した。しかし、今季からデザインが変更され、背番号が赤色なのは、ちょっといただけない。ジャージが青、番号が赤という組み合わせは立ち止まっている分にはいいが、試合になると見にくいのだ。TLでは宗像のファーストジャージが同様の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イタリア、土壇場のペナルティトライでスコットランドに逆転勝利~シックスネーションズROUND3(1)

 シックスネーションズのROUND3、スコットランドvsイタリア戦においてイタリアの重鎮、3番のレギュラーを張るマルティン・カストロジョヴァンニが欠場した。カストロジョヴァンニといえば海外ラグビーに数多い、ヒゲもじゃの野人的風貌の持ち主だが(でも、よく見ると優しい目をしている)、欠場の理由に思わず失笑が洩れた。なんでも友人の飼っている犬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコットランド、追い上げ及ばず ウェールズが競り勝つ~シックスネーションズROUND2(3)

 (3)はマレーフィールドでおこなわれたスコットランドvsウェールズの1戦。芝のコンディションに問題があったマレーフィールドも人工芝と天然芝のハイブリッド式のグラウンドに変わり、スクラムのときに芝がゴゾッとめくり上がることはなくなった。芝の状態といえば、日本ではシーズン終盤の秩父宮が必ず話題になる。解説の小林深緑郎さんは、日本の蒸し暑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOセクストン堅実 アイルランド、ノートライもフランスに勝利~シックスネーションズROUND2(2)

 (2)はアイルランドvsフランス戦について。J-SPORTSの解説は藤島大さんだった。途中、選手の背中に貼りつけられたGPSの記憶装置について「スポーツは本来、開放するためにやるものなのに管理されてかわいそう」というようなことを仰った。もちろん、糾弾するのではなく、いつもの(?)冗談めいた口調。こういう本質を突いたうえでのユーモアが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド快調、イタリアに危なげなく完勝~シックスネーションズROUND2(1)

 シックスネーションズは2月14、15日にROUND2の3試合がおこなわれた。(1)はイングランドvsイタリア戦について。2年前、イタリアがここトゥイッケナムであわやアップセットかという接戦を演じたことがある。だが、当時と比較すると、イングランドが力をつけた一方でイタリアが伸び悩んでいる印象が否めない。両者の差は開きつつあり、極論すれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス堅守 ノートライもスコットランドとの接戦に勝利~シックスネーションズROUND1(3)

 どこで耳にしたかは忘れたが、フランスで人気があるスポーツの1番目がラグビーで、2番目が柔道という話を聞いたことがある。なんとなく日本的な……と思う。日本ではラグビーが1番というわけではないけれど。フランスのラグビーの熱狂ぶりは楽しい。スタッド・トゥ・フランセには楽隊がいて、試合中、観客が「ラ・マルセイエーズ」をたびたび大合唱している。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイルランド、後半に加速 イタリアを突き放して順当に開幕勝利~シックスネーションズROUND1(2)

 シックスネーションズと日本選手権が重なる時期は楽しい。そこに2月半ばからスーパーラグビーが加わり、ラグビーファンにとっては心躍る季節といえそうだ。昨年暮れから年明けのTLと大学選手権、高校ラグビーが重なった時期ほど、時間に追われることはないのだが。  (2)はイタリアvsアイルランド戦について。(1)のウェールズvsイングランド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、フィジカルの強さを顕示 ウェールズに逆転勝ち~シックスネーションズROUND1(1)

 2月6日(日本時間の7日早朝)、欧州最強国を決めるシックスネーションズが開幕した。今年はW杯イヤーということで、各チームの内容がW杯へ直結すると思われる。伸ばすべき長所、修正すべき短所、さらにはメンバーの見極めといったあたりが焦点になろう。もちろん、ビッグな大会ゆえ1戦ごとが勝負の場でもある。(1)はウェールズvsイングランド戦につい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェールズ7Tを挙げる爆勝、スコットランドを蹂躙~シックスネーションズROUND5(後編)

 シックスネーションズROUND5、TV観戦記の後編はウェールズvsスコットランド戦について記す。試合はスコットランドのFBスチュアート・ホッグが前半22分、退場処分を受けたあと、ウェールズが一方的に突き放す展開になった。ミレニアム・スタジアムはお祭り騒ぎ。TVカメラが宴会場と化したスタンドをさかんに映していたが、後半32分ごろに登場し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランド、イタリアに大勝! 最終2位も収穫十分~シックスネーションズROUND5(中編)

 3月15日に3試合がおこなわれたシックスネーションズ、TV観戦記の中編はイタリアvsイングランド戦について記す。この試合は同日、会場であるローマのスタディオ・オリンピコ、現地時間で午後1時30分に開始。3カードの中で最初にキックオフの笛が鳴った。3勝1敗、得失点の差でアイルランドに続く2位のイングランドは、優勝するためには、この1戦に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more