テーマ:釣り

シラ→「ライフジャケット」……………(しりとりエッセイ)

 僕はライフジャケットを持っている。一時期、海釣りに凝っていたからである。渡船に乗らなければ行けない沖合の防波堤へ1度、行ってみよう、と思い立ったとき、渡船屋のホームページを見ると、注意事項として、ライフジャケット着用の旨が付されていた。レンタルも可能とのことだったが、これからも通うことになるだろうし、と釣具屋を物色し、そこそこの値段の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タコのお話

 親戚からクール宅配便で瀬戸内海産のマダコが送られてきた。さっそく刺身にしていただいたが、これがめちゃくちゃに巧い。身が引き締まっていて食感はプリプリ、噛んだ時の弾力性がふだん食べているタコとは全然違う。瀬戸内海産のマダコはほとんどが高級料亭へと流れ、スーパーマーケットではまず手に入らないといっていい。スーパーのタコは大西洋、とくにモロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記憶の片隅から離れない大物

 釣りはフナに始まりフナに終わるという言葉がある。子供時分にフナ釣りをしたのをきっかけに釣り漬けの人生が始まり、やがて海へ、谷を分け入って渓流へと東奔西走したあげく、老いた釣り師は寿命の時を悟るがごとく童心に帰って近くの川へフナ釣りに出かける、というイメージだろうか。  投げ釣りが好きな僕だが、この文明社会においてもっとも身近な狩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガソリン価格高騰

 開高健の「夏の闇」に主人公が湖へパイクを釣りに行く場面がある。ボートの上で冷たい雨に降られ、濡れ鼠のようになって陰鬱な沈黙の時が泥のように堆積しているところへ1匹のパイクが鉤にかかる。開高はこのシーンを、 《更新された。私は一瞬で更新された。》  と書いている。  これほど的を得た表現があろうか。魚の食いが芳しくなく…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「関西のつり」を買う

 毎月欠かさないこと、10日が発売日の「関西のつり」を書店で購入した。僕の本職の投げ釣り情報も豊富だし、他のジャンルの記事もおもしろい。読み物も興味深いものばかりだ。  やや高尚に感じるかもしれないが、釣りという娯楽を透徹することによって浮き彫りになる現代社会の問題点にも気づかされる。そうでなくても、ほんと、毎月購入していると竿を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

釣りの前夜は眠れない

 釣りに行く前日の夜はいつも寝つきが悪い。過去に一睡もせずに出かけて現地で倒れ、救急車で運ばれた経験があるので、体力に過度な負担を強いられるスケジュールはなるべく組まないようにしている。これが複数での釣行なら、ぶっ通しで釣り続ける気合いの入った猛者が混じっていて、彼に荷物番を任せて仮眠と言う手段もとれるのだが、単独行だとそうもいかない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良型快引も数が出ず――京丹後・箱石浜の落ちギス

 10月中旬から下旬にかけてはキス狙いかカレイ狙いか、頭を悩ませるところである。乗っ込みの始まるカレイは待ちに待ったという感じでウズウズしてくるのだが、この時期の人の少ない砂浜における引き釣りの心地よさは何物にも変えがたいので……。  10月19日の釣りは後者をとって結局、キス釣りに決定。場所はどうせならと日本海を視野に入れ、京丹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロアナゴの味

 9月22日付のブログ記事(http://nagisatei.at.webry.info/200609/article_15.html)の写真にあったひときわ大きいアナゴはクロアナゴである。持ち帰ったからにはもちろんきちんと料理して食べた。  釣りたてを食べればその旨さに感動もののマアナゴさえリリースしてしまう人が多いのは、ちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風波の中、大ギス~淡路島・久留麻海岸

 9月21日の午後、淡路島へ車を走らせる。考えてみれば釣りもおよそ2ヶ月ぶりである。今年は予定する日に限って天候が悪い。  この夏はまだ25センチ以上の良型にめぐり合えていないので、ここらで一発デカいのを釣りたい。そう考えての夜釣りである。淡路島は西浦方面の釣れ出しが遅かったものの、以降は数、型ともに揃っている。釣行先選びに迷った…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

釣りキャンセルの代わりに

 天候不順で釣りキャンセルが続く。  キスは雨後は食いが渋る。僕は悪条件が予想される時はあっさりと釣りに行くのをやめるタイプだ。その分、11~12月のカレイに全力投球すればいいと考える。次は中紀のサーフへ出かけるつもりと書いたが、良型狙いならもう淡路島か日本海だろう。  代わりにといってはなんだが、釣具店で別冊関西のつり77…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダイワ・プロバイザーIZMサーフ1600Xを購入

 1年前に投げ釣り用クーラーを製作した(http://nagisatei.at.webry.info/200508/article_6.html)。レジャー用の17Lクーラーに金具やら穴つきのステンレス帯板などをごちゃごちゃと取りつけ、探り釣り用のウエストバッグ、小物入れ(ガテン系の人が仕事する時に腰につける工具入れ)、エサ箱が装着でき…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

竿は出していないけど弓ヶ浜

 お盆は法事があって鳥取県の米子にいた。沿岸すべてが投げ釣り場といっても過言ではない(淡路島みたい)鳥取県へ出かけるのに釣り道具を持参しないというのも淋しいが、運転手役を務めなければならず、釣りに没頭するまとまった時間はとれなかった。決してお盆だから殺生を戒めたというわけではない。某大型釣具店の掲示板でお盆の釣行の是非を問うスレッドが立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランドサーフ、使い心地良

 7月15日付の「投げ竿新規購入」(http://nagisatei.at.webry.info/200607/article_8.html)にあるとおり、ダイワのランドサーフT-30-425を新しく投げ釣りのパートナーに選んでみた。今回、都志港での夜釣りがこの竿のデビュー戦である。残り2本はシマノのサーフリーダーなので、両者を平行して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜ギス苦戦! 有名カレイ釣り場は好ギス場にあらず~淡路島・都志港

 8月3日の釣行先は淡路島に決めた。泉佐野を午後2時5分に出船する南海淡路フェリーで津名港へと向かう。昨年11月4日に佐野埋立地へ行った時(http://nagisatei.at.webry.info/200511/article_2.html参照)のように、ガソリン代がここまで高騰すると片道フェリーもありかなと思う。南海淡路フェリーの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快感!!波止ギスサーフスタイル~泉佐野一文字

 7月27日のキス釣りは早朝から竿を出すことに決めた。問題は場所である。海水浴場になる砂浜は朝9時には退散しなければならず、消化不良に終わってしまいがちだ。キス釣りの天敵、水上バイクやプレジャーボートが走り回らないという条件も念頭に置かなければならない。夜釣りは前後のスケジュールからきついし……。  ということで選んだのは近場の泉…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

投げ竿、新規購入

 前回の釣りブログで古い安物の投げ竿を折ってしまい、新しく買わなければ、と書いた。ニューモデルにチェンジしたシマノのサーフリーダーCX-425を目当てに近所の量販釣具店へ出かける。  3割引で2万6000円ちょっとの価格。しかし、ニューモデルのせいなのか、他の種類の竿のパッケージには「レジにてさらに15%引き」のシールが貼られてい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

和歌山を釣行先に選んだのが失敗~新和歌浦→紀ノ川河口

 7月13日は良型キスを狙った夜釣りの計画を練った。波は高めの予報だったが出発時に波浪注意報は出ておらず、湾内なら大丈夫かもと新和歌浦へ向かった。  田ノ浦へ続く遊歩道から竿を出す予定だったが、高い波に洗われて沿岸部の海がくっきりとカフェオレ色に変色している。2投してみたが反応なし。見切りをつけて場所替えを決める。  太刀魚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投げ釣りをしようという方へのお勧め本

 釣りには地域性が色濃く反映されるので、僕の住む関西地方の方向けとなる。  まず入門には旧釣りサンデー発行のビギンブックスシリーズの「なるほど投げ釣り」。キスの投げ釣りを中心に入門書としては過不足のない内容なので、これ1冊でおおよその釣り方は把握できると思う。  他ジャンルの釣りにも満遍なく触れてはいるものの、岳洋社発行の「…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

針結び器

 針結び器を購入した。写真に写っているのがそうで、ナショナルのBH-713という型番である。  キスの引き釣り用の針にはささめ針のキス競技用ヒネリ6号を愛用している。ホンテロン1号のハリス付きの50本パック。こいつを幹糸の輪にチチワで結んで絡み防止用パイプで止める。  ところがこの商品、投げ釣り用品をコアに揃えている釣具店で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

照り輝く月を見ながら、大ギスを待つ~田ノ浦漁港

 6月13日は大ギスを狙って夜釣りの計画を練る。さて場所はと考えてひらめいたのが和歌山の田ノ浦漁港。今のうちに行っておかなければならない期間限定の場所でもある。規則で決まっているわけではないけれども。  昨年夏にいい思いをした沖波止の下段東寄りの広まった場所、あるいは沖波止東端は先客がいる。そこで人の姿のほとんどない遊歩道側の東波…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キスの引き釣り開幕戦~浜の宮海水浴場

 いよいよ6月。最近は天候不順のために釣行キャンセルが多く、戻りガレイ最終戦に出かけることなくキスシーズンに突入である。結局、3月下旬の泉佐野一文字が最後の戻りガレイ狙いとなってしまった  とりあえず今季のキスの寄り具合をチェックしようと6月1日、暁闇の中を浜の宮海水浴場へと向かう。有料駐車場がまだ開いていないので、まずは立入禁止…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

良型が顔見せ、有田川河口のキス

 5月2日は午後4時から有田川河口右岸(場所の写真は昨年7月、10月、12月の釣行記参照)でキス狙い。紀北方面でぽつぽつ釣れ始めたという情報を耳にしての竿出しである。ほんとは先週、カレイも交じってくれたら最高という昼釣りをするつもりだったが、風邪をひいてしまって自重。下げ潮時に竿を出しても無駄な場所なので、潮時に合わせて半夜釣り。餌はマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘って貴重な1匹ゲット!~泉佐野一文字のカレイ

 昨秋、泉南でカレイの好釣果が聞かれたのはりんくうタウン周辺から貝塚人工島にかけての地域だった。12月に入るやいなや到来した大寒波はよほど根性の座った釣り人以外を海辺へ寄せつけなかったが、例年通りの気候であったなら、このエリアはカレイスポットとして相当な賑わいだったのではないかと思う。  乗っ込みが好調だった場所は戻りガレイも良好…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東播のカレイ狙いは確率高し

 去年の秋から本荘ケーソン2回、3月9日の播磨人工島と東播地区へは3度釣行しているが、3度ともカレイの顔を拝んでいる。それぞれ1匹ずつだし、デカいサイズでもないので偉そうなことはいえないのだが、ぼくごときがカレイをゲットできているのだから、巧いひとが行けばまとめ釣りもあるのではないかと思う(ぼくが複数釣ったのは、淡路島の佐野で3匹。詳細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春の投げターゲットを求めて~播磨人工島

 3月9日の朝はこの季節の投げ釣りの最大のターゲット、カレイを求めて兵庫県播磨町の播磨人工島にいた。赤灯波止の付け根から100メートルくらい手前に釣り座を構える。  長潮でさほど期待の持てない潮ではあったが、2日間暖かい晴天が続いたあとなので水温は安定しているはずという読みである。4月半ば頃までは寒の戻りや雨のあとは食いが渋ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有田川河口はシーズンオフ

 今月はエアロビクスで足首を捻挫したり、風邪で高熱を発するなどして釣りには行けずじまいだった。もちろん、連日の寒波にやる気が萎えたというのもあるのだが、防寒対策はほぼ万端なのに釣りに行かないのも癪な話だ。12月30日、夜明けからキビレをメインに考えて有田川河口の右岸テトラへ行った。  阪和道を海南で下り、エサを買いに千代吉へ寄った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

荒れ模様の海でもボウズは逃れた~本荘ケーソン

 11月29日は播磨町、本荘ケーソンへ釣行した。いつものようにくさべ渡船のお世話になる。キス、グチ交じりにカレイ5匹が目標。イメージトレーニングだけはしっかりできていて、この日は投げ竿4本で勝負する予定だった。  波止につくと風が強い。ケーソン曲がり角付近か段の下、どちらで竿を出すか迷ったが、勝手知ったる段の上に釣り座を構えること…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

キス釣り納め~浜の宮海水浴場

 11月22日は浜の宮海水浴場へキス釣りへ出かけた。カレイ釣り最盛期を思わせるかのようにエサ店、ネットでカレイ情報が飛び交っている中のキス釣り。対馬暖流の影響で海水温の高い日本海側なら落ちギスシーズンだが、何を好んでいま浜の宮海水浴場へ、という感じである。ひねくれているというか、天ぷらを思いっきり食べたかった、それだけのことである。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

須磨浦漁港で投げ釣り~修行釣行

 11月17日は朝3時に家を出発してカレイ釣りに出かけた。大潮だけに気合いが入る。  目指す場所は須磨の海水浴場の一文字だ。良型キスも含めて堅い釣りをしようといういつもどおりのプランである。  先週の土曜に第三福丸へ問い合わせたときは休業日はとくになしとのことだったが、当日行ってみると朝の6時を過ぎても渡船屋の姿がない。電話…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

淡路島・佐野埋立地でカレイ! 中型だけど快適釣行

 11月4日はカレイを狙って淡路島、佐野へ釣行した。  10月20日に久留麻海岸へ行った時は終始エサ取りとの格闘で、ほとんど忙しく立ち回っていただけだった。マムシもあっというまになくなったし。  シーズン初期の淡路のカレイ釣りはエサ取りとの戦いは避けられようもない。そのためには塩マムシ、バイオワーム、冷凍ムキエビといった…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more